小林祐希の新天地はカタール? アル・ホールのメディカルチェック受診へ

2020.09.15 10:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベベレンのMF小林祐希(28)だが、移籍先は中東になるようだ。ベルギー『Voetbal Nieuws』が伝えた。2019年7月にヘーレンフェーンを退団し、同9月にベベレンに加入した小林。2019-20シーズンはジュピラー・プロ・リーグで20試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。

しかし、今シーズンはここまで5試合が行われ出場はわずか1試合となっている小林。第4節のOHルーヴェン戦で先発していたが、12日に行われた第5節のクラブ・ブルージュ戦ではメンバー外となっていた。

今シーズンから監督に就任したニッキー・ヘイエン監督の下で構想に入っていない小林だが、ヘイエン監督は「小林は、他クラブと話をする許可を求めてきた。我々は彼にも許可を与えた」と移籍を容認する発言をしていた。

退団が確定的となった小林だが、『Voetbal Nieuws』によると移籍先は中東のカタールになるとのこと。アル・ホールのメディカルチェックを受診する予定があるようだ。

小林は東京ヴェルディの下部組織出身で、ジュビロ磐田を経て2016年8月にヘーレンフェーンへ完全移籍。エールディビジでは、89試合に出場し2ゴール8アシストを記録していた。

カタールでは、同じ東京V下部組織出身の日本代表MF中島翔哉がかつてアル・ドゥハイルでプレーした経験がある。なお、アル・ホールは2020-21シーズンのスターズ・リーグで3試合を終え、10位(12チーム中)に付けている。
コメント
関連ニュース
thumb

現地紙がシティ戦3失点の酒井宏樹を酷評「フォーデンとジンチェンコが背後で宴を開いた」

マルセイユは27日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第2節でマンチェスター・シティと対戦した。 試合は序盤から導権をシティに握られたマルセイユが、守勢一方にまわる展開に。前半にバックパスのパスミスからシティに先制を許すと、その後もマルセイユが押し込まれる展開が最後まで続き、後半にも2失点を許したマルセイユが0-3とシティに惨敗した。 <div id="cws_ad">◆名門マルセイユで活躍を続ける酒井宏樹のリーグ・アン初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCclNKT0NRaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 日本代表DF酒井宏樹は、[5-3-2]と守備的な布陣を採用したマルセイユの右のウイングバックで先発フル出場していたが、3失点の惨敗に現地メディアからは酷評を受けている。 フランス『Foot Mercato』は試合後のレーティングで、酒井にチーム最低タイとなる「3」の評価を付け、「フォーデンへのマークも、攻撃参加してきたジンチェンコへのマークも遅く、彼らが背後で宴を開いていた」と守備面でのパフォーマンスを痛烈に批判。「後半に入り、攻撃面ではやや存在感を見せていたが、限界が見えていた」「ここ数ヶ月、マルセイユサポーターは彼のパフォーマンスに苛立ちを覚えていたが、今日の試合では信頼を回復することはできない」と寸評を付けている。 ただし、酒井の出来だけが悪かったわけではなく、ホームでの0-3という一方的な敗戦ということもあり、孤軍奮闘の活躍を見せて「6」の評価を得たDFアルバロ・ゴンサレス以外、酒井を含む守備陣は全員「3」の評価を受けている。 久々のCL出場を果たしたものの、これで2連敗と幸先の悪いスタートとなったマルセイユは、グループ内唯一の勝ち点0で最下位に沈んでいる。リーグ戦ではここまで8試合を戦い4勝3分1敗の4位につけるなど、調子は悪くないだけに、CLでの今後の復調に期待だ。 2020.10.28 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「味方に恵まれなかった」ミッティラン戦見せ場なしの南野拓実に現地紙「苦しんでいた」

リバプールは27日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第2節でミッティランと対戦。苦戦を強いられながらも2-0で勝利している。 この試合では、ここ数試合の高パフォーマンスで評価を上げていたFW南野拓実が、先発出場のチャンスを掴んだ。[4-3-3]スリートップの中央でプレーした南野だったが、共に攻撃陣を形成したFWディヴォク・オリジやFWジオゴ・ジョタと連携が嚙み合わず、チームとして前半の枠内シュート0本と不発に終わった。 <div id="cws_ad">◆南野とヘンダーソンが華麗なリフティングパスを披露<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3U2V3MFViayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 後半から右サイドにポジションを変えた南野は、60分にFWサディオ・マネと途中交代。FWロベルト・フィルミノの休養の間に、彼の代役が務まることをアピールしたい場面だったが、悔しい結果となった。 見せ場のなかった南野に対しては、現地メディアの評価では苦しんでいたことを認めつつも、南野自身への評価にはやや相違があった。リバプール地方紙『リバプール・エコー』では、「インパクトを残すことにかなり苦しんでいた。ファーストタッチの乱れから自分自身へイライラを募らせていた」として、オリジと共にチーム最低タイとなる評価「5」。 一方、全国紙の『インディペンデント』では、「いつも通りのハードワークとプレッシングを見せたものの、ボックス内では運と、連携する味方にも恵まれなかった」として及第点の「6」を受けており、最低評価「4」を受けたオリジや先制点に絡んだMFジェルダン・シャキリの「5」よりも高い評価を受けた。 また、現地ファンの間でも南野の評価は同様に分かれており、最大級のファンメディアの1つ『The Anfield Wrap』では、「これが最初ではないが、彼のベストポジションが分からないまま終わった。試合中、常にスリートップの中でポジションを変え続けていたが、試合にはほとんど影響を与えなかった」として、オリジやDFアンディ・ロバートソンとともにチーム最低タイの評価「5」を受けている。 しかし別のファンメディア『This Is Anfield』では、「フィルミノの代わりとなるチャンスを得たが、ハードワークのできる才能あるFWに期待されたパフォーマンスではなかった」とする一方で「『10番』のポジションの方が合っていたかもしれない。一緒に先発メンバーに選ばれた他の選手とは連携が合っていないようだったが、それは彼だけの責任ではない。交代される前に何度か良いタッチを見せた」と、同情的な寸評と共に、及第点の「6」を受けている。 日本からの大きな期待以外に、現地ファンからも貴重な戦力として期待を寄せられている南野。この試合では悔しい結果に終わったが、ここが頑張りどころだ。 2020.10.28 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

南野先発も見せ場作れず… 主力ベンチスタートのリバプールは苦戦もミッティランに勝利《CL》

リバプールは27日、チャンピオンズリーグ(CL) グループD第2節でミッティランをホームに迎え、2-0で勝利した。リバプールのFW南野拓実は60分までプレーしている。 敵地での開幕節アヤックス戦を1-0と辛勝したリバプールは、3日前に行われたシェフィールド・ユナイテッド戦を2-1と競り勝った。そのシェフィールド戦のスタメンから4選手を変更。サラー、マネ、フィルミノらの3トップに代えて南野やオリジ、シャキリら控え主体の攻撃陣で臨んだ。 開幕節でアタランタに0-4と完敗したミッティランに対し、最前線に南野、2列目に右からジョタ、シャキリ、オリジと並べる[4-2-3-1]で臨んだリバプールは、立ち上がりのピンチを守護神のアリソンが凌ぐと、押し込む展開としていく。 しかしシュートには持ち込めずにいると、28分にファビーニョが右足を負傷し、リース・ウィリアムズが投入される。 南野が起点となれず攻撃の形が作れないリバプールは、40分にようやくミルナーがボックス右から可能性のあるシュートを浴びせると、追加タイム1分にはアーノルドの右クロスに南野がヘディングで合わせたが枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 後半から右サイドにポジションを変えた南野。そのリバプールは55分に先制する。シャキリのスルーパスでボックス右深くまでえぐったアーノルドの折り返しをフリーのジョタが押し込んだ。 先制後、見せ場を作れなかった南野が60分に交代となった中、サラーとマネを投入したリバプールがポゼッションを高めて試合をコントロールしていく。 そして88分には追加点のチャンスが訪れるもフィルミノは決めきれない。すると90分には大ピンチ。しかし、ボックス右に抜け出してドレイヤーの放ったチップキックシュートはわずかに枠を外れて助かった。 すると追加タイム1分にサラーがPKを獲得。このPKをサラーが決めたリバプールが2-0で勝利し、2連勝スタートとしている。 また、グループDもう一試合のアタランタvsアヤックスは2-2で引き分けた。オープンな展開で立ち上がった中、29分にタディッチのPKで先制したアヤックスは、38分にトラオレのゴールで加点。 苦しい展開となったアタランタだったが、後半に反撃。54、60分とD・サパタがゴールを決め、試合を振り出しに戻した。しかし反撃はここまで。勝ち点1を分け合っている。 リバプール 2-0 ミッティラン 【リバプール】 ジョタ(後10) サラー(後47)【PK】 アタランタ 2-2 アヤックス 【アタランタ】 D・サパタ(後9) D・サパタ(後15) 【アヤックス】 タディッチ(前29)【PK】 トラオレ(前38) 2020.10.28 07:12 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム下部組織出身の元U-17日本代表MFサイ・ゴダードがインドのムンバイ・シティへレンタル

インド・スーパーリーグのムンバイ・シティは27日、ベネヴェントから元U-17日本代表MFサイ・ゴダード(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 イギリス人の父親と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、2013年にトッテナムのアカデミーに入団し、U-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていた。しかし、トップチームへの昇格は叶わず、2018年夏にベネヴェントへ完全移籍していた。 2018-19シーズンはセリエBでわずか2試合の出場に終わり、シーズンを通して18分間の出場にとどまっていた。2019-20シーズンはキプロスのパフォスへとレンタル移籍。そしてムンバイ・シティへと移籍することとなった。 U-16、U-17と日本代表に招集されていたサイ・ゴダード。東京五輪世代であり、かつてはアジアの有望な若手トップ10にも選ばれていた逸材。インドへの移籍についてコメントしている。 「インドだけでなく、インド・スーパーリーグについてもたくさんの素晴らしい話を聞いた。ムンバイ・シティに来る機会が来た時、僕はインドにきて、自分の才能を披露し、試合で披露したいと思っていた」 「僕はセルヒオ・ロベラ監督とここでの哲学を知っています。そして、それは僕が好きなサッカーのスタイルとあっています」 「ファンがいない中、この独特のコンディションでプレーしなければいけないのは残念ですが、クラブを助け、サポーターに良い思い出を作るために必要なことを全て出します」 2020.10.27 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍後初ゴールのレガネス柴崎岳がゴールと試合を振り返る「ハードワークを約束」

レガネスの日本代表MF柴崎岳が、加入後の初ゴールについて語った。 レガネスは25日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の第8節でレアル・オビエドと対戦。柴崎は0-0で迎えた61分にボックス内右を仕掛けたミチャエル・サントスからのマイナスのクロスを左足でコントロールし、右足でゴールを奪った。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCcDlJZDlsdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チームもそのまま2-1で勝利。柴崎も勝利に貢献したが、試合後のインタビューではスペイン語でゴールの感想を語った。 「最初のゴールを決められて嬉しいです。僕は僕たちの仕事に満足していますし、僕たちはこの勝利に値した」 また、チームの勝利についてもコメント。アウェイでの勝率を上げることが重要だと語った。 「このような仕事を続ける必要があります。そしてうまくいけば、僕たちはより連勝できると思います」 「ホームで強いチームになることが重要です。しかし、より多くの勝利を得るためには、アウェイでもっと強くならなければなりません」 「僕はハードワークを約束します。チームとしても、個人としてもです。努力を続けて、今日の様なプレーをしなければなりません」 2020.10.27 13:40 Tue
twitterfacebook