ブライトン、アヤックス一筋19年のオランダ代表DFフェルトマンを完全移籍で獲得

2020.07.30 07:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは29日、アヤックスからオランダ代表DFヨエル・フェルトマン(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの3年間となる。

幼少期からアヤックスのアカデミーに在籍していたフェルトマンは、2012年にトップチームに昇格。2013-14シーズンからレギュラーに定着した同選手は、右サイドバックとセンターバックを主戦場に主力として活躍。トップチームでは在籍9シーズンで公式戦246試合に出場し10ゴール15アシストをマーク。3度のエールディビジ制覇や1度のKNVBカップ優勝、2度のスーパーカップ制覇に貢献してきた。

また、2013年にデビューを飾ったオランダ代表では、ここまで21試合に出場しており、2014年ブラジル・ワールドカップでは3位入賞を果たした。

ブライトンへの移籍を決めたフェルトマンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「僕はかつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたアヤックスの最高経営責任者エドウィン・ファン・デル・サールからプレミアリーグの試合のテンポなどについての話を聞いていたんだ。それはチャンピオンズリーグ(CL)に似ていると思ったね。これまでCLは1シーズンで4試合程度だったけど、プレミアリーグは毎週行われる。とても楽しみだよ」

「新シーズンが待ちきれないよ。テレビでブライトンの試合を沢山見てきて、アメックススタジアムは最高雰囲気だと思ったよ。あと、トレーニング施設も素晴らしいね。オランダのリーグは4月で終了したから、ここ数週間はトレーニングが出来なくてイライラしてたんだ。ブライトンの選手になって新しいチャレンジとプレミアリーグの挑戦を楽しみにしているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ブライトンがDFラーズ・デンドンケルを獲得!ウルブズ所属レアンデルの弟

ブライトンは7日、クラブ・ブルージュからU-19ベルギー代表DFラーズ・デンドンケル(19)を獲得したことを発表した。2年契約で、当面はリザーブチームでプレーすることになるようだ。 同選手は188㎝のセンターバック。各世代の代表に名を連ねてきた逸材で、充実した育成態勢が整うベルギーの次世代を担う一人になると期待されている。 ウォルバーハンプトンでプレーするベルギー代表MFレアンデル・デンドンケルは実の兄で、こちらはアンデルレヒト出身。今回の移籍もアドバイスを受けていたようだ。 「イングランドは経験しておかなければならないリーグだと兄から言われたよ。成長を手助けしてくれる良い指導者がたくさんいるともね」 「とても充実しているみたいだ。僕も望んでいたことだよ」 また、自身の特徴について「僕の最も得意なポジションはセンターバックだ。身長もあるし空中戦に強い。両足も使えて視野も広いと認識しているよ」と説明している。 2020.08.08 02:40 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール退団のララナがブライトンに加入!

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは27日、元イングランド代表MFアダム・ララナ(32)の加入を発表した。契約は2023年6月30日までとなる。 ユース時代を過ごしたサウサンプトンから2014年夏にリバプール移籍を果たしたララナ。通算178試合に出場し22ゴール22アシストを記録したものの、近年では出場機会を減らし、契約満了をもって今シーズン限りでの退団が決定していた。 新天地となったブライトンは、今季は15位フィニッシュ。3期連続でのプレミアリーグ残留に導いたグラハム・ポッター監督は即戦力候補ララナに大きな期待を寄せた。 「アダムのクオリティに疑いの余地はない。彼はクラブでも代表でも最高のレベルでプレーしてきた。技術的な質と共に豊富な経験も持っている」 「そしてリバプールでの名誉とアンフィールドでの評価は、彼の能力とキャラクターをさらに際立たせている」 「アダムは我々にとって本当にエキサイティングな契約となった。サポーターの皆さんは相当楽しみにしていることだと思う」 「彼の経験と質をピッチで表現できれば、我々にとって大きなプラスになるだろうし、若い選手たちの模範になることは間違いない」 「数週間後のプレシーズントレーニングで彼と一緒に仕事ができることを楽しみにしているよ」 2020.07.28 04:58 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール退団のララナ、新天地はブライトンが濃厚

リバプールの元イングランド代表MFアダム・ララナ(32)の新天地が決定しそうだ。 ララナは、サウサンプトンの下部組織出身で、ボーンマスへのレンタル移籍を経験。2014年7月に移籍金2500万ポンド(約34億円)でリバプールへと加入した。 <div id="cws_ad">◆ララナのシュート練習!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwMzVFUHdYRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リバプールでは通算178試合に出場し22ゴール22アシストを記録。しかし、近年は出場機会を減らしており、契約満了をもって今シーズン限りでの退団が決定していた。 イギリス『BBC』によると、ララナの新天地はブライトン&ホーヴ・アルビオンになるとのこと。ブライトンとは3年契約で交渉を続けてきたとのことだ。 イングランド代表としても34試合に出場するなど経験豊富なララナ。悔しい形でリバプールを去ることになるが、新天地では中心となって輝けるかに期待だ。 2020.07.26 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

スターリングのハットトリックなどで5発大勝のシティ、2位が確定しCL出場権を獲得!《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは11日、プレミアリーグ第35節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦し、5-0で勝利した。 ミッドウィークに行われた第34節のニューカッスル戦で大勝を飾った2位シティ(勝ち点69)が、ホームに15位ブライトンを迎えた一戦。 勝利すれば来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権が確定するシティは、前節から先発メンバーを6人変更。シルバとフォーデンに代えてスターリングとベルナルド・シウバを起用。また、最終ラインを4人を全員変更し、右からウォーカー、エリック・ガルシア、ラポルテ、メンディと並べた。 立ち上がりから地力に勝るシティがブライトン陣内で試合を進める。すると21分、マフレズのサイドチェンジをペナルティアーク手前のガブリエウ・ジェズスが頭で落とすと、これを拾ったスターリングがボックス手前からシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。 先制したシティは、22分にもマフレズのパスでボックス左までオーバーラップしたメンディに決定機が訪れたが、シュートは左サイドネットに外れた。さらに36分には、敵陣でボールを奪ったデ・ブライネのパスを受けたガブリエウ・ジェズスがボックス左から切り込みシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 このまま前半終了かと思われたが、シティはセットプレーから追加点を奪う。44分、デ・ブライネの右CKをニアでロドリがフリックすると、最後はゴール左前のガブリエウ・ジェズスが流し込んだ。 後半に入っても主導権を握るシティは53分、デ・ブライネのパスをボックス右で受けたマフレズのクロスをスターリングがダイビングヘッドで叩き込み、3点目。さらに57分には、マフレズのパスを受けたベルナルド・シウバがボックス内で持ち込みシュート。相手GKがファンブルしたボールをガブリエウ・ジェズスが詰めると、相手GKがブロックしたこぼれ球をベルナルド・シウバがゴールに流し込んだ。 大勝ムードのシティは、64分にガブリエウ・ジェズス、デ・ブライネ、メンディを下げてフォーデン、シルバ、ジンチェンコ。72分にロドリとエリック・ガルシアを下げてフェルナンジーニョとストーンズを投入し5枚の交代カードを使い切る。 その後も危なげない試合運びを見せたシティは、81分にシルバのロングパスからボックス内に侵入したスターリングがゴールネットを揺らし、ハットトリックを達成。2試合連続となる5ゴールで圧勝したシティは、シーズン2位が確定した。 2020.07.12 06:01 Sun
twitterfacebook
thumb

PL100ゴール関与のサラー、“ロボ”との計画通りの一発に満足!

リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーは、ブライトン戦での自身の2点目のゴールに満足感を示している。 リバプールは8日、敵地で行われたプレミアリーグ第34節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦し、3-1で勝利を収めた。 前節、アストン・ビラ相手に苦しみながらも勝利したリバプールは、今節もブライトン相手に厳しい戦いを強いられた。それでも、サラーの2ゴール1アシストの活躍により、最終的には2点差を付けての勝利となった。 同試合後、殊勲のエジプト代表FWはイギリス『スカイ・スポーツ』でシーガルズとの一戦を振り返っている。 「個人的にファンが楽しめる試合だったと思うよ。彼らは後方から丁寧にボールを繋いだり、本当に良いプレーをしていたよ」 「僕らは少しラッキーな形で立ち上がりに2点を奪うことができた。それによって初めから自信を持ってプレーすることができた。だけど、彼らも本当に良い試合をしていたと思うよ」 「2-1のスコアになってからは、相手はより自信を持ってプレーしていた。本当に素晴らしいプレーをしていたし、2点目にも迫っていた。だから、僕らが3点目を奪ったこと後には、ようやく試合が落ち着き、終わらせることができた気がしたよ」 ブライトンの健闘を称えたサラーは、試合を決めた自身の2点目についても言及。この一戦に向けて2日前から準備していたプレーだったことを明かしている。 そのサラーの2点目は76分、右CKの場面でキッカーのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンがニアサイドに鋭いクロスを入れ、ボックス中央から走り込んできたサラーが頭でニアを破る形のゴールだった。 そのゴールについてサラーは、「僕たちは昨日も2日前にもあのプレーを練習していた。そして、ついにロボ(ロバートソン)がアシストしてくれたんだ。だから、より嬉しい気持ちさ」と、“ロボ”との計画通りの一発に喜びもひとしおであると語っている。 また、イギリス『Squawka』が伝えるところによれば、サラーはブライトン戦での2ゴール1アシストの活躍により、リバプール加入後のプレミアリーグで100ゴールへの関与を達成。その内訳は73ゴール27アシストという素晴らしい数字だ。 とりわけ、目を引くのが、その他のプレミアリーグのゴールスコアラーに比べて明らかに目立つアシスト数。 その点について問われたサラーは、「正直、理由はよくわからないんだ。ただ、このクラブに来て以降、良い数字を継続できているね。自分のポジションではかなり頑張っているんじゃないかな」と、自身のチャンスメーク能力に満足感を示している。 2020.07.09 16:38 Thu
twitterfacebook