ブライトン、アヤックス一筋19年のオランダ代表DFフェルトマンを完全移籍で獲得

2020.07.30 07:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは29日、アヤックスからオランダ代表DFヨエル・フェルトマン(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの3年間となる。幼少期からアヤックスのアカデミーに在籍していたフェルトマンは、2012年にトップチームに昇格。2013-14シーズンからレギュラーに定着した同選手は、右サイドバックとセンターバックを主戦場に主力として活躍。トップチームでは在籍9シーズンで公式戦246試合に出場し10ゴール15アシストをマーク。3度のエールディビジ制覇や1度のKNVBカップ優勝、2度のスーパーカップ制覇に貢献してきた。

また、2013年にデビューを飾ったオランダ代表では、ここまで21試合に出場しており、2014年ブラジル・ワールドカップでは3位入賞を果たした。

ブライトンへの移籍を決めたフェルトマンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「僕はかつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたアヤックスの最高経営責任者エドウィン・ファン・デル・サールからプレミアリーグの試合のテンポなどについての話を聞いていたんだ。それはチャンピオンズリーグ(CL)に似ていると思ったね。これまでCLは1シーズンで4試合程度だったけど、プレミアリーグは毎週行われる。とても楽しみだよ」

「新シーズンが待ちきれないよ。テレビでブライトンの試合を沢山見てきて、アメックススタジアムは最高雰囲気だと思ったよ。あと、トレーニング施設も素晴らしいね。オランダのリーグは4月で終了したから、ここ数週間はトレーニングが出来なくてイライラしてたんだ。ブライトンの選手になって新しいチャレンジとプレミアリーグの挑戦を楽しみにしているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ブライトン、ドルトムントから19歳の若手アタッカーを獲得

ブライトンは10月1日、ドルトムントからドイツ人FWレダ・カレダ(19)を獲得したことを発表した。契約内容は非公式となっている。 ドルトムントの下部組織出身のカレダ。主戦場は右ウイングだが、サイドハーフやセントラルハーフ、トップ下など幅広い経験を持つ右利きのアタッカー。昨シーズンはU-19チームで24試合に出場し2ゴールをあげた。 ブライトンでは23歳以下のリザーブチームに籍を置き、トップチームデビューを目指すことになる。 U-23のサイモン・ラスク監督は「彼は中盤でも攻撃的な役割もこなすことができる。イングランドでキャリアを積めることを楽しみにしていたよ」とコメントを残している。 2020.10.01 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

マタが1G1Aの躍動! リーグ戦に続きブライトン退けたユナイテッドが準々決勝進出!《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、ブライトンvsマンチェスター・ユナイテッドが9月30日に行われ、3-0で快勝したユナイテッドが準々決勝進出を決めた。 奇しくも先週末のプレミアリーグで激闘を演じたブライトンとユナイテッドが、戦う舞台をEFLカップに変えて再び激突した注目の連戦第2ラウンド。 試合内容では完敗も、物議を醸す“試合終了後”の劇的PK弾で連戦初戦を3-2で制したユナイテッドは、週末にトッテナムとのビッグマッチを控える中、リーグ戦の前回対戦からリンデロフを除く先発10人を変更。前線の顔触れは1トップにイガロ、2列目に右からマタ、ファン・デ・ベーク、ダニエル・ジェームズとなった。 互いに大きくメンバーを入れ替えたものの、リーグ戦での対戦を再現するかのような一進一退の試合展開となる。開始18分にはボックス左に抜け出したイガロに決定機も、ここは腰が回り切らず左足のシュートはサイドネットへ。 前半半ばを過ぎると、左肩上がりの攻撃が機能するブライトンが徐々にユナイテッドを押し込み、26分には流れるような連係からボックス内でマク・アリステルのワンタッチパスを受けたジャハンバクシュに絶好機も、枠の左下に飛ばしたシュートはGKヘンダーソンの好守に遭う。 時間の経過と共になかなか攻撃の形を作れないユナイテッドだったが、前半終了間際に百戦錬磨のゲームメーカーが試合を動かす。43分、右サイドをドリブルで突破したマタがDFのファウルを誘い、相手陣内の好位置でFKを獲得。さらに、キッカーを務めた元スペイン代表MFは絶妙な左足インスウィングのボールをゴール前に落とすと、大外でオフサイドラインをかいくぐったマクトミネイが頭で合わせた。 前半を1点リードで終えたユナイテッドは後半立ち上がりにフレッジの直接FKで2点目に迫るも、モペイ、トロサールと主力を投入したブライトンに徐々に押し込まれる。67分にはボックス中央でグロスのパスを受けたトロサールにゴール右下隅を捉えた決定的なシュートを許すが、GKヘンダーソンのこの試合2つ目のビッグセーブで難を逃れる。 すると、イガロ、ダニエル・ジェームズに代えてポグバ、ラッシュフォードを投入した直後の73分に再びマタが魅せる。 フレッジからの縦パスをファン・デ・ベークが足裏を使ってゴール前のスペースに流すと、これに反応したマタが細かいボールタッチから利き足とは逆の右足でDFの股間を抜くグラウンダーのシュートを流し込み、貴重な追加点とした。 これで完全に試合の流れを引き寄せたユナイテッドは、80分にもボックス手前左で得たFKの場面でキッカーのポグバが直接狙ったシュートが割れた壁の間を抜けてゴール左隅に決まり、ダメ押しの3点目が入った。 そして、このまま逃げ切ったユナイテッドはリーグ戦で手を焼いたブライトン相手に今度は勝利に相応しい内容で勝利し、ベスト8進出と共に週末のトッテナム戦に弾みをつけた。 2020.10.01 05:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ブライトンの好調右SBがバイエルンのターゲットに…移籍金は37億円か

バイエルンが、ブライトンのU-20イングランド代表DFタリク・ランプティ(20)の獲得に興味を持っているようだ。ドイツ『スカイ』が伝えている。 右サイドバックを探す今夏のバイエルン。アヤックスのアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)への関心も取り沙汰されたものの、現在はバルセロナ行きが決定的とみられ、スペインメディアなどからは近く公式発表があると予想されている。 その代替案として白羽の矢が立ったのがランプティだ。チェルシーの下部組織出身という肩書を持つ同選手の評価は目下急上昇中。今年1月に出場機会を求めてブライトンに移籍すると、新型コロナウイルスによる中断明けからレギュラーを獲得。今季のプレミアリーグ開幕戦のチェルシーとの古巣対決では、豊富な運動量と鋭いドリブルで右サイドを支配し、一時同点に追いつくゴールをアシストした。 さらに続くニューカッスル戦、マンチェスター・ユナイテッド戦でもアシストを記録しており、絶好のスタートダッシュを切っている。 『スカイ』はランプティ獲得には3000万ユーロ(約37億円)の移籍金が必要になると推測。一方でノリッジの同胞DFマックス・アーロンズにも目を向けていると伝えている。 バイエルンのハンジ・フリック監督は右サイドバックの補強の必要性を訴えており、フランス代表DFバンジャマン・パヴァールと競争させる狙いがあるようだ。 2020.09.30 16:14 Wed
twitterfacebook
thumb

ブライトン監督、“試合終了後”のPK献上で敗北 「我々の立場からすれば、ただただ非常にがっかり」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのグラハム・ポッター監督が前代未聞な形での敗戦に肩を落とした。 ブライトンは26日に行われたプレミアリーグ第3節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え撃ち、先制に成功するなど、立ち上がりからペースを握る戦いを披露。逆転を許して1点を追う後半アディショナルタイム5分に追いついた。しかし、この試合のラストプレーが試合終了後のホイッスル後にVARの対象となり、ハンドを取られると、これを相手の勝ち越しゴールに結びつき、2-3で力尽きた。 試合終了後のPK献上だけでなく、実に5度もクロスバーやポストを叩いた不運もあり、善戦実らずの結果に終わってしまったポッター監督。試合後、イギリス『BT Sport』のインタビューで落胆の思いを吐露した。 「ちょっとしたジェットコースターのようなゲームだった。控えめに言ってもね。我々のパフォーマンスは素晴らしいものだった。選手たちはよくやってくれ、真の勇敢かつ質の高いプレーを披露してくれたよ」 「敗北は明らかに痛いが、トライをしなければならない。できるだけ哲学的になり、よくやったという事実に目を向けないと。同点ゴールは今日の我々に相応しく、あの瞬間は最後のキックで追いついたという感覚だった」 「そう多くは残り時間も残っていなかった。わからないが、審判も時間を管理する責任がある。それこそ彼らの仕事。我々の立場からすれば、ただただ非常にがっかりだ」 2020.09.27 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが“試合終了後”の劇的PK弾で今季初勝利! 内容は劣勢も勝負強さ発揮《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、ブライトンvsマンチェスター・ユナイテッドが26日に行われ、アウェイのユナイテッドが3-2で勝利した。 今季の初陣となったクリスタル・パレス戦で新戦力ファン・デ・ベークにデビューゴールが生まれたものの、ホームで1-3の完敗となったユナイテッド。ミッドウィークのEFLカップで格下ルートン・タウンを退け、公式戦初勝利を手にした中、ブライトンとのアウェイゲームで今季プレミア初勝利を目指した。 ルートン戦からはマグワイア、ワン=ビサカ、マティッチを除く先発8人を入れ替え、ポグバやブルーノ・フェルナンデス、マルシャルなど、昨季終盤戦のベストメンバーがスタメンに名を連ねた。 試合は立ち上がりからハイプレスを仕掛けるブライトンがサイドを起点にユナイテッドを押し込む入りに。9分にはボックス手前左でアルザテからパスを受けたトロサールが強烈な左足のシュートを放つが、これは左ポストを叩く。 一方、守勢の入りとなったユナイテッドも15分を過ぎて徐々に押し返していく。17分には相手のビルドアップのミスを突きボックス左に侵入したグリーンウッドがファーストシュート。その直後にもB・フェルナンデスが際どいクロスで相手ゴールを脅かす。 その後は再びブライトンペースが続く中、32分にはユナイテッドがグリーンウッドのシュートで先にゴールネットを揺らすが、ここはラストパスを出したラッシュフォードがオフサイドを取られ、ゴールは認められず。すると、40分にはボックス右に抜け出したランプティをB・フェルナンデスが後方から倒してPKを献上。これをキッカーのモペイにパネンカで決められ、先制を許した。 しかし、すぐさま反撃に転じたアウェイチームは43分、ショーの果敢な仕掛けから相手陣内左サイド深くでFKを獲得。キッカーのB・フェルナンデスがファーへ鋭いボールを入れると、大外でフリーのマティッチがワンタッチで折り返したボールがマグワイアと競ったDFダンクのオウンゴールを誘い、前半のうちに試合を振り出しに戻した。 迎えた後半、立ち上がりにコノリーのPK、グリーンウッドのゴールがそれぞれVARで取り消されるオープンな入りを見せた中、ユナイテッドが個の力で逆転に成功する。55分、自陣からのロングカウンターでB・フェルナンデスの絶妙なミドルスルーパスに反応したラッシュフォードが左サイドを独走し、そのままボックス内に切り込む。戻ったDFに囲まれたものの、細かい切り返しとフェイントで守備網をかいくぐって放った右足のシュートがDFにディフレクトしてゴールネットを揺らした。 これで一気にユナイテッドペースに傾くかに思われたが、ブライトンは前半同様簡単に流れを渡さない。60分にはボックス付近での細かい崩しからボックス左のマーチが左足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストの内側を叩く。 その後もブライトンの攻勢が続く中、トロサールらの決定機においてポストやクロスバーが最後の砦としてユナイテッドを助ける。この劣勢を受けて、スールシャール監督はグリーンウッドに代えてバイリー、マルシャルに代えてファン・デ・ベークをピッチに送り込み、割り切って守備を固める逃げ切り態勢に入る。 だが、試合終了間際の95分には相手のパワープレーに屈し、ウェブスターからの右クロスをファーでフリーのマーチに頭で叩き込まれて土壇場で追いつかれる。 これで万事休すと思われたユナイテッドだったが、最後の最後に勝負強さを発揮する。後半ラストプレーとなった左CKの場面でマグワイアの枠を捉えたヘディングシュートはDFのゴールカバーに遭い、主審はタイムアップのホイッスルを吹いた。 だが、ユナイテッド陣営が執拗に相手のハンドをアピールすると、VARのレビューの結果、モペイのハンドでのPKが与えられる。これを名手B・フェルナンデスがきっちり決め、“試合終了後”の劇的勝ち越しゴールで苦しみながらも今季リーグ初勝利を手にした。 2020.09.26 22:44 Sat
twitterfacebook