“ファンタジスタ”の象徴バッジョが相手GK無力化の完璧FK【ビューティフル・フリーキック】

2020.07.29 11:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は元イタリア代表FWロベルトバッジョ氏がユベントス時代に決めたフリーキックだ。

◆バッジョが相手GK無力化の完璧FK

1981年にセリエC1のヴィチェンツァで15歳にしてプロデビューしたバッジョ氏は、1985年にフィオレンティーナへと移籍。ケガに悩まされながらも結果を残すと、1990年に当時最高額の150億リラ(約16億5000万円)でユベントスへと移籍した。

ユベントスではキャリアの絶頂期を過ごし、1992-93シーズンはユベントスをUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝に導くと、FIFA最優秀選手賞とバロンドールを同時受賞した。そして、ユベントスをリーグ優勝に導いた1994-95シーズンのUEFAカップ準決勝、1995年4月19日に行われたドルトムントとの2ndレグでは見事なFKを決めている。

1-1で迎えた31分、ユベントスはゴールのほぼ正面の位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーのバッジョが長めの助走から右足を一閃。スピードを保ったまま、ゴール左上へと吸い込まれる絶妙なFKに相手GKも成す術はなかった。

その後は、ミラン、ボローニャ、インテル、ブレシアとイタリアのクラブを渡り歩いたバッジョ氏。「偉大なるポニーテール」と称され、今なお“ファンタジスタ”の象徴的な存在となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

セーブ不可能!健在のルーニーが鮮やかなバナナFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ダービー・カウンティで選手兼コーチとしてプレーする元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆健在のルーニーが鮮やかなバナナFK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQOFd1SW4zayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020年1月に選手兼コーチとしてチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービーに加入したルーニー。第37節のブラックバーン戦を除く全24試合にキャプテンとして先発出場を果たすなど、欠かせぬ戦力となっていた。 2020年7月1日に行われたチャンピオンシップ第40節のプレストン・ノースエンド戦では、全盛期を彷彿とさせるような鮮やかFKを決めた。 18分、ダービーはゴール正面右、ゴールまで約20mの好位置でFKを獲得すると、ルーニーがキッカーを担う。 放たれたシュートは、相手の壁の端を通過すると、そこから急激に曲がり、左のサイドネットへと吸い込まれるような軌道を描いた。あまりのコースと変化に相手GKは微動だにできず。ただただ見送ることしかできなかった。 試合は、ダービーこの1点を死守し、そのまま1-0で勝利。チームは5連勝を飾った。 2020.08.11 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

3年ぶりの一発はビューティフル!C・ロナウドが決めた待望の一撃【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウドが決めた待望の一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQOFd1SW4zayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年にユベントスに移籍して以降も変わらぬパフォーマンスを披露するC・ロナウド。今季もここまで公式戦45試合35ゴールと素晴らしい成績を残している。 しかし、FKとなると話は別。レアル・マドリーに所属していた2017年のクラブ・ワールドカップ決勝以来成功させることができていなかった。 ユベントス移籍以降もキッカーを担いながら42本連続失敗に終わっていたが、2020年7月4日に行われたセリエA第30節のトリノ戦でその不名誉な記録に終止符を打った。 2-1とリードする中、ユベントスは61分にゴールほぼ正面の絶好の位置でFKを獲得する。 いつもの佇まいからC・ロナウドは右足を振り抜く。以前のような無回転ではなく、巻いて落とすキックを選択すると、少しだけコースは甘かったものの、威力が十分だったことでゴールネットを揺らすことに成功した。 ユベントス移籍後初の直接FKによる一撃は今季のセリエA25ゴール目。ユベントスの選手がセリエA1シーズンで25得点以上決めるのは1960-61シーズンのオマール・シボリ氏以来の好記録となった。 2020.08.10 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ハムシクとのコンビネーション!相手GKの逆を突くメルテンスのピンポイントFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンスが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆相手GKの逆を突くメルテンスのピンポイントFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0eHpybzlBSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> メルテンスは、アンデルレヒト、ヘントの下部組織で育ち、オランダのユトレヒトやPSVでプレーした後、2013年7月にナポリへと加入。 加入当初は左ウイングでの起用も多かったが、コンスタントに得点を重ねると、2016-17シーズンはセリエAで28ゴール8アシストと大活躍。2020年6月にはクラブ通算122得点目を記録し、クラブ歴代最多得点の新記録を樹立した。 ドリブル突破や味方とのパス交換から多くのゴールを奪うメルテンスだが、時にはセットプレーでもゴールを奪う。 2017年2月4日に行われたセリエA第23節のボローニャ戦では、FKを含むハットトリックの活躍でチームの大勝に貢献している。 序盤からゴールを奪ったナポリは、2-0で迎えた33分にゴールほぼ正面のペナルティーアーク間際の絶好の位置でFKのチャンスを獲得する。 相手の壁の横にMFマレク・ハムシクが立ち、キッカーはメルテンスが務める。メルテンスがシュートモーションに入る直前でハムシクが避けると、メルテンスはそのコースへと蹴り込んだ。 この動きで相手GKが動揺したのか、メルテンスのシュートに完全に逆を突かれる形となり、シュートはゴール右上へと突き刺さった。 その後もゴールを量産したナポリは、メルテンスとハムシクがダブルでハットトリック達成し、7-1と大勝を収めている。 2020.08.09 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

新監督電撃就任のピルロ、長距離をモノともしない無回転FK!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ユベントスの新監督に急遽就任したアンドレア・ピルロ監督の現役時代の一撃を紹介する。 <div id="cws_ad">◆惚れ惚れするピルロの無回転気味FK!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBQTFUV1V0YSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブレシアのユースで育ったピルロは、インテルやレッジーナでプレーした後、2001年7月にミランへ移籍。ここで出会ったカルロ・アンチェロッティ監督(現エバートン)によりボランチというポジションを見出されると、ジェンナーロ・ガットゥーゾ(現ナポリ監督)とのコンビネーションでミラン黄金期を築いた。 屈指のゲームメーカーとして名をはせると、2011年7月からはユベントスへ完全移籍。ここでもその高い能力を発揮し、その後に加入したニューヨーク・シティFCで2018年1月に現役を引退した。 ピルロは、ゲームメーカーとしての能力だけでなく、プレースキッカーとしても高い精度を誇り、屈指の存在として君臨。そのピルロが、2014年5月18日に行われたセリエA最終節のカリアリ戦のゴールを紹介する。 すでにセリエA優勝を決めていたユベントスはホームにカリアリを迎えた一戦。ゴールは8分に生まれる。 ボックスからやや離れた位置でFKを獲得したユベントス。ボールのそばにはピルロしかいない中、距離がありながらも無回転気味のシュートがゴールマウスへ。 ゴール手前で落ちたシュートは、GKマルコ・シルベストリが触れるも、クロスバーに当たってボールは地面へ。これがシルベストリの背中に当たって、ゴールとなった。 最終的にはシルベストリのオウンゴールと記録されたが、ピルロの性格無比なキックでほぼ決着がついていた。 監督キャリアゼロで古巣でありセリエAの絶対王者であるユベントスを率いることになったピルロ監督。どのような手腕を見せるのか、新シーズンの開幕が楽しみだ。 2020.08.09 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

GKも見送ることしかできず!元Jリーガーファネンブルグの超変化FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元オランダ代表MFのジェラルド・ファネンブルグ氏がアヤックス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆元Jリーガーファネンブルグの超変化FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0SWZkZjlGMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスの下部組織出身のファネンブルグ氏は、アヤックスと1986年に移籍したPSVで中心選手として活躍。8度のオランダリーグ制覇を経験している。また、1993年には当時JFLのジュビロ磐田に加入し、3年間日本でプレーした。 172cmと小柄ながらそのテクニックとキックの精度を武器としていたファネンブルグ氏は、1984年3月25日に行われたエールディビジ第26節のフローニンヘン戦で素晴らしいFKも決めている。 4-1と3点リードで迎えた79分、アヤックスはペナルティーアーク左の絶好の位置でFKを獲得する。 FKの名手であるDFロナルド・クーマンもいた中、ファネンブルグが右足で擦り上げるように蹴ると、強烈な回転がかかったシュートが急激に曲がってゴール右上隅の完璧なコースへと決まった。 枠外から一気に曲がる軌道に相手GKは見送ることしかできず。見事な一撃だった。 2020.08.09 11:00 Sun
twitterfacebook