ウルブズ、今夏最初の補強はモンテネグロ代表GK

2020.07.28 04:44 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンは27日、モンテネグロ代表GKマティヤ・サルキッチ(23)をアストン・ビラから獲得したことを発表した。契約は2023年6月30日までとなる。イングランド出身のサルキッチは、ベルギーのアンデルレヒトの下部組織出身。2015年にアストン・ビラに移り、ウィガンなど国内下位リーグのクラブで経験を積んできた。今季は昨夏からの半年契約でスコットランドのリビングストンに加入。正GKとして公式戦18試合に出場した。

その中で昨年11月には、父の出身であるモンテネグロで代表デビュー。ベラルーシ代表戦で2-0のクリーンシートに貢献した。

なお、チェアマンのジェフ・シー氏によると、来季はレンタルで武者修行に出す予定のようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールがウルブスから多彩なアタッカーのジョタ獲得! 移籍金総額は60億円に

リバプールは19日、ウォルバーハンプトンからポルトガル代表FWジオゴ・ジョタ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「20」に決定。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。 なお、イギリス『BBC』によると、今回の移籍金は4100万ポンド(約55億4000万円)となり、インセンティブ次第で最大4500万ポンド(約60億8000万円)となる可能性があるという。 ただ、リバプールは今回のオペレーションの一環でU-18オランダ代表DFキー=ヤナ・フーフェル(18)をウルブスに売却しており、同選手の移籍金総額は1350万ポンド(約18億2000万円)程度となっており、実質的な移籍金の負担は3000万ポンド(約40億5000万円)ほどになるという。さらに、ジョタの契約年数は2025年までの5年となるようだ。 母国ポルトガルのパソス・フェレイラ下部組織出身のジョタは、2016年にアトレティコ・マドリーに移籍。その翌年に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)にいたウルブスに完全移籍した。 ウルブスでは公式戦131試合の出場で44ゴール19アシストを記録し、昨季は公式戦48試合の出場で16ゴール6アシストをマーク。左ウイングを主戦場にストライカーやセカンドトップでもプレー可能な右利きのアタッカーは、優れたアジリティとドリブルテクニックに加え、オフ・ザ・ボールのランニングの質も高く、チャンスメーカーとしてもフィニッシャーとしても機能する万能型だ。 リバプールへのステップアップを果たしたポルトガル代表FWは、クラブ公式サイトのインタビューで喜びを露わにしている。 「僕にとっても家族にとっても 本当にエキサイティングな瞬間だよ」 「子供の頃からここまでのすべての道のりが、リバプールのようなビッグクラブ、ワールドチャンピオンに繋がるなんて信じられないことだよ。ここでのスタートが本当に楽しみだね」 「リバプールは世界で最高のチームの一つさ。彼らはワールドチャンピオンだし、現時点では最高のチームだ。プレミアリーグを見ても、リバプールは常に国内屈指のチームの一つとして見られているし、そんなクラブからの誘いにノーとは言えないよ」 「だから、僕らは望んでこの場所に来たんだ。ベストを尽くすつもりだし、将来的にはリバプールにとって良いオプションになることを願っているよ」 多彩なアタッカーであるジョタは、日本代表FW南野拓実と共に“ビッグ3”を支える貴重な攻撃オプションになりそうだ。 2020.09.20 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルブス、若手DFフーフェル獲得! リバプール行き迫るジョタの交渉の一部

ウォルバーハンプトンは19日、リバプールからU-18オランダ代表DFキー=ヤナ・フーフェル(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「2」に決定。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 アヤックスのアカデミー出身のフーフェルは、2018年8月にリバプールU-18ヘ入団。2018-19シーズンのFAカップでは今回の移籍先となったウルブス戦で16歳354日でのトップチームデビューを飾った。昨シーズンはEFLカップのMKドンズ戦で初ゴールを挙げるなど、公式戦3試合に出場も、プレミアリーグデビューはお預けとなっていた。 なお、イギリス『The Athletic』などが伝えるところによれば、右サイドバックとセンターバックを主戦場に、スプリント能力、空中戦の強さ、安定した足元の技術を兼ね備える総合力の高い若手DFの移籍金総額は、1350万ポンド(約18億2000万円)程度になったという。 一方、リバプールはこの契約に将来的なリセール時の移籍金15パーセントを受け取れる条項を契約に盛り込んだようだ。 また、フーフェルの移籍はポルトガル代表FWジオゴ・ジョタ(23)のリバプール移籍のオペレーションに組み込まれたものだという。 2020.09.19 23:40 Sat
twitterfacebook
thumb

チアゴ獲得のリバプール、ウルブスFWジョタも獲得へ!

リバプールがウォルバーハンプトンのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタ(23)も手中に収めたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 同メディアが伝えるところによると、リバプールは2500万ポンド(約33億7000万円)の移籍金に加え、市場価値が1000万ポンド(約13億5000万円)と評価されるU-18オランダ代表DFキー=ヤナ・フーフェル(18)を差し出すことで交渉をまとめたとのことだ。 左ウイングを主戦場にストライカーとしてもプレー可能なジョタは、2017年夏にアトレティコ・マドリーからレンタルでウルブスに加入。ウルブスでは公式戦131試合の出場で44ゴール19アシストを記録し、昨季は公式戦48試合の出場で16ゴール6アシストをマークしていた。 一方、センターバック兼右サイドバックのフーフェルは、2018年夏にアヤックスからリバプールに加入。トップチームデビューは果たしていないが、オランダの年代別代表に選出されてきており、将来を嘱望されている。 2020.09.19 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルブスが初戦敗退… バーンリーがブレイズとのプレミア対決をPK戦で制す《EFLカップ》

EFLカップ2回戦の3試合が17日に行われ、ウォルバーハンプトンは2部のストーク・シティとホームで対戦し、0-1で敗れた。 ヒメネスやモウティーニョをベンチスタートとしたウルブスは、アダマ・トラオレやネヴェスをスタメンで起用。立ち上がりからボールを保持する展開となるも、ゴールを割るには至らず0-0で後半へ折り返した。 後半もウルブスが押し込む展開となるも攻めあぐねていたことで66分にヒメネスを投入。しかし終盤の86分に被弾してそのまま敗戦。初戦敗退となった。 また、プレミアリーグ同士の対戦となったバーンリーvsシェフィールド・ユナイテッドは1-1で90分を終了した後に行われたPK戦を5-4で制したバーンリーが勝ち上がっている。 そして、ブライトン&ホーヴ・アルビオンは3部のポーツマスとホームで対戦し、4-0で快勝している。 2020.09.18 05:36 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブスがヌーノ監督との契約を2023年まで延長を発表!

ウォルバーハンプトンは13日、ポルトガル人指揮官ヌーノ・エスピリト・サント監督(46)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 2017年夏にウルブズの指揮官に就任したヌーノ監督は、初年度にチームをチャンピオンシップ(イングランド2部相当)優勝に導き、7シーズンぶりのプレミアリーグ復帰に貢献した。 その手腕はプレミアでも通用し、昇格初年度からチームをヨーロッパリーグ出場圏内の7位に躍進させると、昨季はヨーロッパリーグ(EL)ベスト8に導いた。 就任4年目となる新シーズンは、14日にプレミアリーグ開幕節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦する。 2020.09.14 03:00 Mon
twitterfacebook