駒井&金子のJ初弾に荒野が禊の1G1A! 札幌が横浜FMに鮮やか逆転で今季ホーム初勝利!《J1》

2020.07.26 16:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第7節の北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノスが26日に札幌ドームで行われ、ホームの札幌が3-1で勝利した。

リーグ再開後未だ無敗(2勝3分け)の札幌は、前節からメンバーを3名変更。田中、福森、ジェイに代えて、中野と出場停止明けの荒野、そしてルーキーの高嶺が初先発を飾った。

一方、横浜FCとの13年ぶりの“横浜ダービー”を4-0で快勝した横浜FMは、筋肉系のトラブルによって仲川とマルコス・ジュニオールの主力2選手が招集外に。前節からは松原、扇原、天野、水沼を新たに加えて臨んだ。

試合はキックオフ直後からチャンスが生まれる非常にオープンな展開に。開始1分、左サイドでボールを持った遠藤がボックス内へ侵入。横パスを選択すると、エジガル・ジュニオがダイレクトで狙う。しかし、GK菅野に弾き出されてしまう。

電光石火の先制点を逃したアウェイチームだが、2度目の決定機をゴールに結びつける。15分、敵陣右サイドで水沼がキープから中央へパス。これをボックス右手前でトラップした天野が左足を振り抜き、ゴール右下隅を射抜いた。

これで一気に横浜FMのペースかに思われたが、流動的な攻めで良い形を作っていたホームチームがわずか3分で試合を引っくり返す。まずは16分、GK菅野のフィードを収めたルーカス・フェルナンデスが中へ切り込みスルーパスを送る。中央から斜めの動きでボックス右に抜け出した駒井が強烈なシュートでGK梶川の牙城を破り、J1での5シーズン目にして待望の初ゴールを挙げた。

さらに、18分にはゴール前での混戦からうまくキープしたチャナティップが荒野へ繋ぐと、前々節のベガルタ仙台戦での愚行退場でチームに迷惑をかけていた荒野は冷静にシュートを流し込む。ゴール直後にはサポーターに向けて手を合わせて謝罪の意を表しながらも、逆転となる見事な禊弾とした。

一方、集中力の欠如で瞬く間に逆転を許した横浜FMはアクシデントにも見舞われる。前日にウニオン・ベルリンへの期限付き移籍が発表されていた注目の遠藤が1失点目の直後に腰の問題か、プレー続行不可能となり、急遽大津が投入された。

その後はペースを握った札幌が、36分に右サイドからコンビネーションを見せ左サイドへ展開。最後はオーバーラップしてきた菅が左足でシュートを放つも、これはGK梶川の好守に遭った。

後半も前半と同様に攻守が激しく切り替わるオープンな展開が続いていく。最終局面で精彩を欠く横浜FMは、交代カードで攻撃陣を活性化すべく、56分に仙頭、オナイウ阿道を同時投入。

すると66分、左サイド深くからの大津のクロスをオナイウがヘディングシュート。これは枠を捉えられないが、その後もオナイウを起点に攻め入っていく。

リードする札幌は76分、3枚替えを敢行。イエローカードを貰っていた高嶺などがアウトし、前線の収め所を求めてジェイ、さらに白井と金子を入れた。すると、交代選手がきっちり結果残す。

試合終了間際の89分、ディフェンスラインの背後へのロングフィードに荒野が抜け出し、GKと一対一に。ここで荒野は斜めのドリブルからヒールパスを選択すると、これに反応した金子がきっちり沈め、嬉しいJ1初ゴールに。

その後、後半アディショナルタイムのオナイウの強烈なシュートをGK菅野の好守で凌いだ札幌が、駒井と金子のJ1初ゴール、荒野の名誉挽回の1ゴール1アシストの活躍により、鮮やかな逆転勝利を収め待望の今季ホーム初白星を挙げた。

一方、前年王者の横浜FMは課題の守備を改善できず、今シーズン初のリーグ戦連勝を逃した。

北海道コンサドーレ札幌 3-1 横浜F・マリノス

【札幌】
駒井善成(前16)
荒野拓馬(前18)
金子拓郎(後44)

【横浜FM】
天野純(前15)

関連ニュース
thumb

【Jリーグ出場停止情報】柏MFヒシャルジソン、湘南DF大岩一貴が出場停止

Jリーグは20日、出場停止選手の情報を更新した。 明治安田生命J1リーグからは柏レイソルのMFヒシャルジソン、湘南ベルマーレのDF大岩一貴が出場停止となった。 明治安田生命J2リーグでは松本山雅FCのMF下川陽太、V・ファーレン長崎のMFカイオ・セザールが出場停止に。明治安田生命J3リーグではいわてグルージャ盛岡のMFモレラト、Y.S.C.C.横浜のMF山本凌太郎が出場停止となった。 下川に関しては、19日に行われた明治安田J2第30節のツエーゲン金沢戦の71分、自陣右サイドでパスを受けたところ、MF平松昇に寄せられ倒されることに。しかし、その際に平松の後頭部にヒジ打ちを見せ、これにより一発退場となっていた。 Jリーグは「ボールとは関係の無いところで相手競技者の顔面を左手で打った行為は、「乱暴な行為」に該当する」とし、1試合の出場停止とした。 また、山本に関しては18日に行われた明治安田J3第19節のFC今治戦の13分に、ルーズボールに対して足を上げてスライディングを行い、一発退場となっていた。 Jリーグは「足裏を見せ過剰な力を用いてタックルした行為は、「著しい反則行為」に該当する」として1試合の出場停止を課した。 【明治安田生命J1リーグ】 MFヒシャルジソン(柏レイソル) 第30節 vsガンバ大阪(9/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF大岩一貴(湘南ベルマーレ) 第30節 vs川崎フロンターレ(9/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 MF下川陽太(松本山雅FC) 第31節 vsギラヴァンツ北九州(9/26) 今回の停止:1試合停止 MFカイオ・セザール(V・ファーレン長崎) 第31節 vsレノファ山口FC(9/26) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MFモレラト(いわてグルージャ盛岡) 第20節 vsFC今治(9/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山本凌太郎(Y.S.C.C.横浜) 第20節 vsカマタマーレ讃岐(9/26) 今回の停止:1試合停止 2021.09.20 20:50 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京が安田虎士朗、梶浦勇輝、野澤零温の来季トップ昇格を発表

FC東京は20日、同クラブU-18に所属するMF安田虎士朗(18)、MF梶浦勇輝(17)、FW野澤零温(18)の来季加入内定を発表した。 3選手はともに今季、2種登録選手としてトップチームに登録され、それぞれJリーグYBCルヴァンカップの1試合に出場。来季からのトップチーム入りが内定し、クラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語った。 ◆安田虎士朗 「子供の頃からのプロサッカー選手になるという夢を東京でスタートできる事をとても嬉しく思います。ここからが新たなスタートとなるので、何事も前向きに頑張ります。ファン・サポーターの皆さまがワクワクするようなプレーを魅せれるように努力し、勝利の喜びを届けられるように全力でプレーします。応援よろしくお願いします!」 ◆梶浦勇輝 「来シーズンからトップチームへ昇格することなりました梶浦勇輝です。プロサッカー選手のキャリアのスタートを幼い頃から憧れていたFC東京という素晴らしいクラブでスタートできることを本当に嬉しく思います」 「このスタートラインに立てたのは、ここまで成長させてくださった指導者の方々や、助けてくれたチームメイト、いつでも応援してくれたファン・サポーターの方々、そして常に支え続けてくれた家族と全ての人のおかげです」 「感謝と謙虚な気持ちを忘れずにいち早くJ1のピッチに立ってクラブに結果で貢献できるようにさらに努力をして成長していきたいと思います。東京のファン、サポーターの皆様これからもよろしくお願い致します」 ◆野澤零温 「来シーズン、トップチームへ昇格することになりました野澤零温です。プロサッカー選手になるという幼い頃からの夢を東京で実現することができ、とても嬉しく思います。また、今の自分があるのは家族をはじめとし、ファン・サポーターの皆様や今まで自分に関わってくださった指導者の方々のおかげです」 「本当に感謝しています。これからは1人のプロサッカー選手、1人の青赤戦士として、今まで以上に自覚と責任をもち感謝の気持ちを忘れず全力でプレーします。1年目から結果にこだわり必ずチームの勝利に貢献し、リーグ優勝を目指していくので応援よろしくお願いします!」 2021.09.20 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪GKダン・バン・ラムが左肩関節脱臼で全治4カ月…トレーニング中に負傷

セレッソ大阪は20日、GKダン・バン・ラムの負傷を報告した。 ダン・バン・ラムは13日に行われたトレーニング中に負傷。その後の検査で左肩関節脱臼の全治4カ月という診断結果を受けたという。 ベトナム代表選手でもあるダン・バン・ラムは今季からC大阪でプレー。天皇杯とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021の1試合ずつ出場していた。 2021.09.20 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

不振極めるG大阪に追い討ち…小野裕二&レアンドロ・ペレイラが負傷離脱

ガンバ大阪は19日、FW小野裕二とFWレアンドロ・ペレイラの負傷を発表した。 小野は12日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第28節のベガルタ仙台戦に先発したが、前半途中に負傷交代。一方、12日の仙台戦から欠場が続くレアンドロ・ペレイラは11日の練習中にしたという。 両選手はともに右ハムストリング肉離れの診断結果。全治については明らかにされていない。ここまで小野がJ1リーグ5試合1得点、レアンドロ・ペレイラが24試合5得点だった。 東京オリンピック中に未消化分をこなして、残留圏まで浮上した14位のG大阪だが、現在は今季2度目の4連敗中。まだ降格圏17位の徳島ヴォルティスとは7ポイント差だが、予断を許さない状況だ。 2021.09.19 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島DFブエノが全治約6週間…練習中に左股関節内転筋を損傷

鹿島アントラーズは19日、DFブエノの負傷離脱を報告した。 16日の練習中に負傷したというブエノはチームドクターの検査を受け、左股関節内転筋損傷の診断結果。治療期間として約6週間を要する見込みだ。 ブエノは今年7月にレンタル先だった母国ブラジルのアトレチコ・ミネイロから復帰。ここまで明治安田生命J1リーグ1試合に出場している。 2021.09.19 14:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly