ヴォルフスブルクのスイス代表DFが新型コロナ感染…8月に再開するELは欠場か

2020.07.26 00:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクは25日、スイス代表DFケビン・ムバブが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。

8月5日にヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのシャフタール・ドネツク戦を控えるヴォルフスブルクは、25日からトレーニングを再開。それに伴い、水曜日と金曜日に新型コロナの検査を実施した結果、水曜日の検査でムバブに陽性反応がが確認されたという。そして、現在は自宅での隔離生活を送っている。

ヴォルフスブルクのマルセル・シェーファーSD(スポーツディレクター)は、ムバブの症状について「これまでケビンには特に症状は出ていない。今は様子を見ている状態だ。我々は保険当局と緊密かつ、非常にうまく連絡をとっていく」と、コメントしている。

最終ラインの全ポジションをこなせるムバブは、2019年の夏にヤングボーイズからヴォルフスブルクに移籍。加入初年度の今シーズンは、公式戦27試合に出場し3ゴールを3アシストをマークしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

シャフタールとコペンハーゲンがベスト8進出《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の2ndレグが5日に行われ、シャフタールvsヴォルフスブルクは3-0でシャフタールが勝利し、2戦合計スコアを5-1としたシャフタールがベスト8進出を決めている。 3月12日に行われた1stレグではシャフタールが敵地で2-1と先勝していた一戦。静かな入りとなった中、シャフタールは13分にパトリックのミドルシュートでオンターゲットを記録した。 ここはGKカスティールスにセーブされたシャフタールは、その後も押し気味に試合を進めたが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、シャフタールが攻勢に出ていたが、68分に退場者を出してしまう。ディフェンスライン背後を突かれ、クリフツォフがジョアン・ビクトールを倒してしまった。 それでもヴォルフスブルクも70分にブルックスが2枚目のイエローカードを受けて10人に。勝ち上がりのためには2点が必要なヴォルフスブルクは意気消沈し、終盤にかけてもチャンスを作れず。 するとシャフタールが最終盤にジュニオール・モラエスの2ゴールとソロモンにゴールが生まれ、終わってみれば3-0で勝利。ベスト8進出を決めている。 また、コペンハーゲンvsイスタンブールBBSKは3-0でコペンハーゲンが勝利し、2戦合計スコアを3-1としたコペンハーゲンが勝ち上がっている。 開始4分にサイド攻撃から最後はウインドがヘディングシュートを決めてコペンハーゲンが先制すると、後半にもウインドがPKを決めるなど2ゴールを加えたコペンハーゲンが快勝している。 2020.08.06 03:51 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤加入のウニオン・ベルリン、ヴォルフスブルク退団のDFクノッヘをフリーで獲得!今夏8人目の補強

ウニオン・ベルリンは4日、ヴォルフスブルクを退団していたDFロビン・クノッヘ(28)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は明かされていない。 2005年にヴォルフスブルクの下部組織に加入したクノッヘは、2011年にトップチームデビュー。ここまで7シーズンを過ごして、公式戦226試合に出場し14ゴール5アシストをマーク。今シーズンはブンデスリーガ21試合に出場し、2年連続となるヨーロッパリーグ出場権の獲得に貢献した。 ウニオン・ベルリンへの加入が決まったクノッヘは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「15年間プレーしてきたクラブから移籍することは簡単なことではなかった。それでもウニオン・ベルリンでプレーできることを嬉しく思っている。このクラブは素晴らしい成長をみせているし、昨シーズンは多くのファンを熱狂させていたね。首脳陣との話し合いはとてもポジティブなものだったよ。それは今回の移籍を決める大きな要因となったね」 なお、ウニオン・ベルリンにとってクノッヘは、FWセドリック・トイヒャート、MF遠藤渓太、MFニコ ジェベルマン、DFニコ・シュロッターベック、GKアンドレアス・ルセらに次ぐ今夏8人目の補強選手となっている。 2020.08.05 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

今季公式戦20発のヴォルフス主砲にアーセナル&ニューカッスルが関心!

ヴォルフスブルクに所属するオランダ代表FWヴォウト・ヴェグホルスト(27)にアーセナルとニューカッスルが関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 母国オランダのヘラクレスで台頭したヴェグホルストは、AZを経て2018年夏にヴォルフスブルクへ完全移籍。加入1年目となった昨シーズンにブンデスリーガで17ゴールを挙げる活躍を見せると、今シーズンはリーグ戦でのゴール数こそ昨季を1ゴール下回ったものの、ここまでの公式戦42試合で20ゴールを挙げるなど、2シーズン連続で主砲として活躍した。 そして、『ビルト』が伝えるところによれば、今夏のステップアップが見込まれるオランダ代表FWには、アーセナルとニューカッスルというプレミアリーグの2クラブが関心を寄せているという。 アーセナルではガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(30)、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(29)の2人のストライカーの去就が不透明となっており、仮に2選手のいずれかが退団となった場合、ストライカーの補強が急務となる。 一方、ニューカッスルもサウジアラビア共同事業体によるクラブ買収が決定した場合、今夏の移籍市場で積極補強に動く可能性が噂されており、昨夏獲得したブラジル人FWジョエリントンが大きく期待を裏切る中、新たなストライカー候補としてリストアップしているようだ。 197cmの屈強な体躯を生かした地対空の競り合いの強さと、確度の高いポストプレーを特長とするターゲットマンタイプのヴェグホルストは、高いシュート精度も含めボックス内での駆け引きにも長けたプレミアリーグ向きのプレースタイル。 仮に、アーセナルに加入することになれば、利き足は異なるものの、フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(現チェルシー)が過去に担ってきた役割をこなす形になるはずだ。 なお、過去にウェストハム行きの可能性があったことを明かしているヴェグホルストは、自身の憧れのクラブとしてリバプールの名前を挙げていた。 2020.06.30 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ホフマン2発のボルシアMGが3戦ぶりの白星! 暫定ながら4位に浮上!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第32節、ボルシアMGvsヴォルフスブルクが16日に行われ、ホームのボルシアMGが3-0で快勝した。 直近の連敗でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したボルシアMGと、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位に位置するヴォルフスブルクによる上位対決。 試合は比較的早い時間帯に動く。10分、ボルシアMGが自陣ボックス付近からロングカウンターに転じると、シュティンドル、エンボロと繫ぎ、最後は細かい動きでDFの前に飛び出したホフマンがGKとの一対一を制した。 その後はヴォルフスブルクがカウンターからジョアン・ビクトールのシュートで相手ゴールを脅かすなど、アウェイチームが反撃に転じていくが、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 すると、カウンターから追加点に迫っていたボルシアMGがセットプレーでゴールをこじ開ける。30分、右CKの流れからシュティンドルが頭で折り返したボールをゴール前のギンターがセンターフォワード顔負けの見事なポストプレーで丁寧に落とすと、最後はホフマンが冷静にゴール左隅へ流し込んだ。 ホフマンの2ゴールによって2-0のスコアで試合を折り返したボルシアMGは後半も主導権を掌握。57分にはそのホフマンにハットトリックのチャンスが訪れるが、ボックス左フリーで放ったシュートはわずかに枠の左へ外れる。 それでも、攻勢を続けるホームチームは65分、中盤でのパスカットからカウンターに転じると、トラオレとのシンプルなパス交換でゴール前に走り込んだシュティンドルが右足のダイレクトシュートを流し込み、試合を決定づける3点目とした。 その後、積極的に交代カードを切って反撃に打って出るヴォルフスブルクをきっちりいなしたボルシアMGが3-0で完勝。3試合ぶりの白星を手にし、暫定ながら4位に返り咲いている。 2020.06.17 03:28 Wed
twitterfacebook
thumb

2連敗で降格迫るブレーメン、指揮官は攻守両面の問題を吐露

ブレーメンは7日、ブンデスリーガ第30節でヴォルフスブルクをホームに迎え、0-1で敗れた。この結果、2連敗となったブレーメンは降格圏の17位から抜け出せずにいる。 残り4試合となり、残留プレーオフに回れる16位デュッセルドルフとは3ポイント差となっている中、ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督は終盤の被弾に沈んだヴォルフスブルク戦を振り返っている。ドイツ『キッカー』がコメントを伝えた。 「敗戦には2つのシンプルな理由があった。まずはアタッキングサードでのプレー精度の低さ、そしてより良い守備をしなければならないということだ。ボックス内での守備をもっと良くしなければならない。これらは試合を決定付けるもので今日はうまくできなかった」 攻守に問題を抱える中、次節には長期離脱していたストライカーのFWニクラス・フュルクルクが戦列に戻ってくるようだ。 「ストライカーは自分でゴールをこじ開ける必要がある。ただ、我々にも希望がある。来週にはフュルクルクが戻ってきてくれるはずだ」 2020.06.08 07:00 Mon
twitterfacebook