フェリックスの弟ウーゴが16歳でベンフィカとプロ契約! 「すごく嬉しい」

2020.07.24 11:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベンフィカが23日、U-16ポルトガル代表MFウーゴ・フェリックス(16)とのプロ契約締結を発表した。

ウーゴは昨夏にベンフィカからアトレティコ・マドリーに移籍したポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの弟。2015年から兄フェリックスと同じくベンフィカの下部組織に所属している。

今季はベンフィカのU-16チームでトップのリーグ戦13ゴールを記録。ポルトガルの世代別代表にも定期的に選ばれており、U-16の一員として5試合1得点をマークしている。

今後にさらなる期待か集まるウーゴは自身のツイッター(@HFelix18)を通じて、「ベンフィカとプロ契約を結べてすごく嬉しい」と喜びの心境を綴っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ベンフィカがブラジル代表FWエヴェルトン獲得へ! 今週末にメディカルチェック受診

ベンフィカがグレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(24)獲得を決定的なモノとしたようだ。ポルトガル『RECORD』など複数メディアが伝えている。 以前から欧州への移籍が取り沙汰されていたエヴェルトンは昨年、ブラジル代表の優勝で幕を閉じたコパ・アメリカで得点王に輝き一気にその知名度を一気に上げた。また、昨年の公式戦で42試合12ゴール7アシストを記録しており、好調を維持している。 今冬の移籍市場からエバートンの強い関心が報じられてきたが、その新天地はポルトガル屈指の名門ベンフィカとなったようだ。 フランス『レキップ』が伝えるところによれば、ベンフィカは移籍金2000万ユーロ(約25億円)を3年の分割で支払い、今後他クラブに移籍した際の移籍金15%をグレミオに支払う予定だという。 また、9日にメディカルチェックを受診予定と言われるエヴェルトンは5年契約ににサインする見込みだ。 なお、ベンフィカは新シーズンから前フラメンゴ指揮官のジョルジェ・ジェズス監督が復帰しており、エヴェルトンのプレーは敵将として確認済みだ。 2020.08.08 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ベンフィカがジェズス監督の再任を発表! 5年前にクラブ初の2季連続三冠を達成

ベンフィカは17日、ジョルジェ・ジェズス氏(65)の新監督就任を発表した。 母国ブラジルで多くのクラブを歴任してきたジェズス監督は、2009年から2015年の間にもベンフィカを指揮。6シーズンで10のタイトルを獲得し、2013-14、14-15シーズンには2季連続での三冠を達成したクラブ史上初の指揮官となった。通算321試合で225勝51分け45敗という成績だった。 近年ではスポルティング・リスボンやサウジアラビアのアル・ヒラル、フラメンゴを率いており、昨夏に就任したフラメンゴではコパ・リベルタドーレスやカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを制覇したが、今回の就任発表の同日17日に契約解除を発表。ベンフィカは規定に基づいてフラメンゴと交渉を行っていたことを伝えている。 ブラジル『GloboEsporte』によると、ジェズス監督とベンフィカは年俸300万ユーロ(約3億6600万円)の3年契約を締結。監督を含むコーチ陣全体では、3年間で総額2400万ユーロ(約29億3400万円)とクラブ史上最高額の契約になるようだ。 ベンフィカでは今月7日に成績不振によりブルーノ・ラージェ監督の解任へ踏み切っており、アシスタントコーチをのネルソン・ヴェリッシモ氏が暫定監督を務めていた。 なお、ポルトガルのプリメイラ・リーガではすでにポルトの優勝が決定。残り2試合となった中、ベンフィカは最終節でジェズス監督の古巣スポルティングと対戦する。 2020.07.18 16:50 Sat
twitterfacebook
thumb

リーグ連覇に黄色信号のベンフィカがラージェ監督を解任…ヴェリッシモ氏が今季終了まで指揮

ベンフィカは7日、ブルーノ・ラージェ監督(44)を解任したことを正式発表した。アシスタントコーチのネルソン・ヴェリッシモ氏(43)が今シーズン終了まで指揮を執るとのことだ。 ルイ・ヴィトーリア前監督の後任として2019年2月にベンフィカBの指揮官からトップチームに昇格したラージェ監督。プリメイラ・リーガ第15節終了時点で3敗を喫するなど4位に位置したチームを立て直すと、最終的に28勝3分け3敗の成績でクラブを2年ぶりのリーグ王者に導いた。 今シーズンも前半戦を首位で折り返すなどその手腕を発揮したラージェ監督だが、直近の10試合ではわずかに2勝4分け4敗と低迷。直近に行われたマリティモ戦でも0-2と完敗し、今季2度目の連敗を喫した。 クラブはこの結果を受けてラージェ監督の解任を決断。今後はアシスタントコーチを務めていたネルソン・ヴェリッシモ氏が暫定監督として、今シーズン終了までチームを率いることになる。 2020.07.08 02:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ氏招へいを見据えるベンフィカ、ラージュ監督を解任

ベンフィカは6月30日、ブルーノ・ラージュ監督(44)の解任を発表した。 ベンフィカは29日、プリメイラ・リーガ第29節でマリティモに0-2で敗戦し、首位ポルトに6ポイント差を付けられていた。 2019年1月にルイ・ヴィトリア前監督の後を受けて就任したラージュ監督は、公式戦76試合を指揮し、51勝12分け13敗の戦績を残していた。そして今季はリーグ戦で20勝4分け5敗の戦績を残し、チームは2位に位置していた。 ベンフィカでは2019年11月にトッテナムを退任して以来、フリーとなっているマウリシオ・ポチェッティーノ氏(48)の招へいを画策していると報じられている。 2020.07.01 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

半年以上フリーのポチェッティーノにポルトガルから関心? プレミアクラブ指揮の話は進まず

アルゼンチン人指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏(48)の新天地としてベンフィカが浮上した。ポルトガル『レコルド』の情報をもとにイギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2019年11月に約5年半指揮したトッテナムを退任して以来、フリーの状態が続いているポチェッティーノ氏。プレミアリーグへの復帰が有力視されており、特にマンチェスター・ユナイテッドと、クラブ買収が報道されているニューカッスル行きはしきりに報じられていた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOOFBISDdmVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> しかし、マンチェスター・ユナイテッドはオーレ・グンナー・スールシャール監督の下、このところ調子を上げており、ニューカッスルの買収話は中々進展が見られない状況が続いている。 そんな中、ポルトガル『レコルド』は、ベンフィカがポチェッティーノ氏の招へいに動いていると報道。同氏を招くため、大きな資金を動かすことも辞さない姿勢のようだ。 現在、首位ポルトから勝ち点3ポイント差の2位につけているベンフィカは、ブルーノ・ラージェ監督(44)の解任を考えており、その後任としてポチェッティーノ氏を指揮官に据えることを画策しているようだ。 突如として挙がったポルトガルからの関心。以前には次のステップの準備ができていると語っていたポチェッティーノ氏はどのような選択をするのだろうか。 2020.06.29 23:20 Mon
twitterfacebook