セルタ、ペルー代表MFタピアを完全移籍で獲得

2020.07.22 01:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルタは21日、フェイエノールトを退団していたペルー代表MFレナト・タピア(24)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までとなっている。ペルー代表として50試合の出場歴を持つタピアは、これまでトゥベンテやフェイエノールト、ヴィレムIIと、オランダでキャリアを築いてきたセントラルMF兼センターバック。


2019-20シーズンはフェイエノールトでエールディビジ15試合に出場、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。
関連ニュース
thumb

セルタとの壮絶な打ち合いを制したセビージャが上位を追走!《ラ・リーガ》

セビージャは12日、ラ・リーガ第30節でセルタとアウェイで対戦し4-3で勝利した。 前節、首位アトレティコ・マドリーとの上位対決を制した4位セビージャ(勝ち点58)は、その試合から先発を1人変更。L・デ・ヨングに代えてエン=ネシリが最前線で起用された。 前節3試合ぶりの白星を飾った10位セルタ(勝ち点37)に対し、セビージャは早い時間に先制する。7分、アクーニャの左CKからボックス中央のクンデがヘディングシュートをゴール右に突き刺した。 幸先良く先制したセビージャだったが、19分にピンチ。ノリートのパスでボックス左に抜け出したサンティ・ミナをクンデが後ろから倒してしまいPKを献上。このPKをアスパスに決められ、試合は振り出しに戻った。 さらにセビージャは、24分にもロングカウンターを受けると、デニス・スアレスのパスでDFの裏に抜け出したアスパスにゴールネットを揺らされ、勝ち越しを許した。 連続失点で逆転を許したセビージャたが、すぐに反撃に転じると35分に中央を持ち上がったフェルナンドがミドルシュート。これがアイドの足にディフクトすると、GKの逆を突く形でゴールに吸い込まれた。 このまま前半終了かと思われたが、ホームチームが43分にカウンターから勝ち越しに成功する。中盤でボールを奪ったブライス・メンデスが前線のデニス・スアレスにボールを預け、前線へ駆け上がるとボックス右で再びパス受けたブライス・メンデスがゴール前まで切り込み冷静にゴールネットを揺らした。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのは1点を追うセビージャ。60分、スソのパスでボックス左横まで上がったエン=ネシリがダイレクトクロスを供給。これをニアに走り込んだオカンポスの落とすと、最後は走り込んだラキティッチが冷静にゴール右にシュートを突き刺した。 再び試合を振り出しに戻したセビージャは、64分にジョルダンとエン=ネシリを下げてL・デ・ヨングとオリベル・トーレスを投入。さらに67分にスソを下げてパプ・ゴメスをピッチに送り出した。 するとセビージャは76分、アイドのクリアミスを敵陣でカットしたパプ・ゴメスがそのままボックス内まで持ち上がりゴール左へシュートを突き刺した。 結局、これが決勝点となりセビージャが4-3で勝利。セルタとの壮絶な打ち合いを制したセビージャが上位追走に成功し優勝争いに踏みとどまっている。 2021.04.13 06:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心の25歳MFタピア、同胞の大先輩ピサーロ氏はバイエルンに獲得を推奨

セルタで活躍するペルー代表MFレナト・タピア(25)にビッグクラブが注目しつつあるようだ。 2013年夏にトゥベンテに移籍し、ペルーから渡欧したタピアは、以降はフェイエノールトやヴィレムIIなどオランダでキャリアを築いてきた。セルタには今シーズンから加入し、ここまでは主力としてリーグ戦26試合に出場している。 ペルー代表でもすでに53キャップを数えるタピアには、アトレティコ・マドリーやレアル・マドリーなどビッグクラブが関心を持っているという噂があり、今後の去就が注目されている。 そんな中、タピアと同胞でペルー代表で85キャップを誇った大先輩のクラウディオ・ピサーロ氏も太鼓判を押しており、ペルー『El Comercio』のインタビューで古巣のバイエルンに獲得を勧めた。 「彼ら(バイエルン)に誰の獲得を勧めるかと尋ねられたら、私はレナトと答える。今急成長している選手だ。サッカーとは一瞬を追うもので、その時々でアドバンテージを得なければならない」 「我々は代表で何度も会話を交わしていた。その頃から彼がキャリアにおいて重要なものを築いていたことに疑いの余地はない。彼の頭は非常に明確になっている」 伝えられるところでは、タピアとセルタの契約解除金は3000万ユーロ(約39億円)。ビッグクラブにとってはそれほど大金ではないように思えるが、果たして今夏にステップアップを遂げることになるのだろうか。 2021.03.23 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダン、セルタ戦でも輝いたベンゼマが代表復帰できずの状況に「どう理解すれば良いのか」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。 ラ・リーガ3位のレアル・マドリーは20日に行われた第28節でセルタと対戦。敵地に乗り込んでの一戦を3-1の勝利で飾り、リーグ2連勝の8戦不敗を継続した。 今節の戦いを残す首位のアトレティコ・マドリーにも3ポイント差に迫ったジダン監督は試合後、直近のリーグ8試合で6勝2分けの好調なチーム状況に満足感を示した。 「最近は良い試合が続いている。この調子を続けなければ。今の我々はすべてがかかった最後段階にある。フィジカル的にも問題なく、素晴らしい時期にあるね。今日は後半に苦しんだが、試合をうまく解釈することができた」 ジダン監督はまた、2得点1アシストの活躍を披露した元フランス代表FWカリム・ベンゼマにも言及。再び代表から声がかからない日々が続く状況を疑問視した。 「ベンゼマが代表に呼ばれない理由をどう理解すれば良いのか。多くの人々も理解できていないはずだ。しかし、私はマドリーの監督として、喜ばしく思っている。今日の彼もチームのために素晴らしい仕事をしてくれた」 2021.03.21 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

絶好調ベンゼマが公式戦4連発となるドブレーテ! マドリーがセルタに競り勝って公式戦3連勝!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第28節、セルタvsレアル・マドリーが20日にエスタディオ・デ・バライードスで行われ、アウェイのマドリーが1-3で勝利した。 3位のマドリー(勝ち点57)は、10位のセルタ(勝ち点34)を相手に公式戦3連勝を目指す。前節ではエルチェに大苦戦もFWベンゼマの劇的ドブレーテの活躍で競り勝ったジダン率いるチームは、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦でも相手のミスを生かす試合巧者の戦いぶりで3-1の快勝。2戦合計4-1のスコアで勝ち抜けを決めた。 インターナショナルマッチウィークの中断前最後の一戦となるこのアウェイゲームではアタランタ戦から先発1人を変更。負傷明けで連戦を戦ったセルヒオ・ラモスをマドリードに残し、カゼミロを起用。並びも[3-5-2]からバルベルデを右ウイングに配置した[4-3-3]に変更した。 立ち上がりから連戦の疲労を感じさせないアグレッシブな入りを見せたマドリーが主導権を握っていく。ベンゼマ、モドリッチを起点に左サイドのヴィニシウス、メンディの快足コンビが推進力のあるプレーで幾度か良い絡みを見せる。 以降はセルタにうまく攻撃をスピードダウンさせられて攻めあぐねる様子を見せ始めたが、絶好調のエースがワンチャンスを生かし切った。20分、右サイド深くを取って左にボールを展開した中でクロースが相手を振り切ってボックス左で動き出したベンゼマの足元に絶妙な斜めのパスを通す。そして、うまくシュートコースを作ったベンゼマがゴール右隅へ右足のシュートを流し込み、公式戦4試合連続ゴールとした。 幸先よく先制に成功したアウェイチームはこれで一息つくことなく、守備の局面でも高い位置から嵌めに行き果敢に2点目を狙う。すると、30分には相手ボックス付近でのビルドアップに強い圧力をかけてクロースがタピアからボール奪取。このボールをボックス中央で引き取ったベンゼマが冷静にゴール左隅へ左足のシュートを流し込み、エルチェ戦に続くリーガ2試合連続のドブレーテを達成した。 以降はセルタがよりリスクを冒して前に出た中、危なげなくゲームをコントロールしたマドリーだが、40分には自陣中央で与えたFKの場面でキッカーのデニス・スアレスがゴール前に入れた浮き球のボールを完全にフリーにしたサンティ・ミナに巧みなヘディングで合わせられ、1点差に詰め寄るゴールを奪われた。その後、ややバタつきを見せたものの、1点リードで試合を折り返した。 迎えた後半、相手の圧力を感じて前半のようにプレスをいなせなくなったマドリーはやや押し込まれる状況が続く。62分にはボックス付近でボールを持ったイアゴ・アスパスに枠の右を捉えたシュートを浴びるが、ここはGKクルトワの好守で凌ぐ。 ヴィニシウスを起点に幾度かカウンターで3点目に迫るも、最後のところで精度を欠いて試合を殺し切れないマドリー。70分にはカードを1枚もらっていたクロースに代えてアセンシオを投入。この交代でアセンシオが右ウイング、バルベルデがインテリオールにポジションを移した。 その後も一進一退の攻防が続く中、78分には相手のミスからボックス左でボールを回収したベンゼマに3点目を奪うチャンスも右足のシュートはGKビジャールの好守に遭う。一方、セルタも82分にペナルティアーク付近で得たFKを名手アスパスが左足で狙うが、壁に入ったカゼミロの頭にわずかに当たってコースが変わったシュートは左ポストを叩いた。 その後はホームのセルタがマドリーを押し込む終盤戦となったが、DFナチョを中心に粘りの対応を見せたアウェイチームが最後の最後に試合を決め切る。94分、ハーフウェイライン付近での空中戦を制して左サイドのスペースにスプリントするベンゼマにパスが繋がる。このままボックス左まで運んだベンゼマからの絶妙な折り返しを最後はアセンシオが太ももに当てて押し込み、アタランタ戦に続く2戦連続のダメ押しゴールとした。 難所バライードスで苦しみながらも見事な勝負強さで勝ち切ったマドリーが公式戦3連勝を飾った。 2021.03.21 02:13 Sun
twitterfacebook
thumb

セルタとの打ち合いに敗れたウエスカが3試合ぶりの黒星…岡崎は89分からプレー《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは7日、ラ・リーガ第26節でセルタと対戦し、3-4で敗戦した。岡崎は89分からプレーした。 最下位に沈むウエスカ(勝ち点20)が、3試合ぶりの白星を狙う12位セルタ(勝ち点30)をホームに迎えた一戦。 岡崎が3試合連続のベンチスタートとなったウエスカは、開始早々にロングカウンターから失点する。5分、右クロスのクリアボールを逆サイドで拾ったアスパスが中盤まで持ち上がり、逆サイドへ展開。これを受けたノリートがワンタッチで繋ぐと、最後はボックス右から侵入したサンティ・ミナがゴール左隅にシュートを流し込んだ。 先制を許したウエスカだが、14分にセットプレーの二次攻撃から同点に追いつく。ショートコーナーからガランが供給した左クロスが逆サイドに流れると、これを拾ったマフェオのクロスをシオバスがヘディングで叩き込んだ。 同点弾で勢いづくウエスカは、16分に華麗なカウンターで勝ち越しに成功する。相手のクロスをボックス内のセオアネが弾き返すと、こぼれ球を自陣中盤で拾ったフェレイロの落としからミケル・リコが前線へダイレクトパス。最前線でこれ受けたラファ・ミルはドリブルでボックス右まで切り込むと、ゴール左に強烈なシュートを突き刺した。 その後は一進一退の展開が続いたが、ウエスカは37分に再び失点する。デニス・スアレスのスルーパスでボックス右に抜け出したブライス・メンデスがスライディングシュート。これはGKアルバロ・フェルナンデスに弾かれたが、こぼれ球を拾ったノリートが落ち着いてゴールネットを揺らした。 同点で迎えた後半、ウエスカは立ち上がりにセットプレーから勝ち越しを許す。52分、デニス・スアレスの左CKをファーサイドのマージョが頭で合わせると、このシュートがゴール左に吸い込まれた。 1点を追うウエスカは、74分に再び同点に追いつく。右クロスを流れたボールを左サイドで拾ったガランが左サイド深くまで切り込みクロス。これをボックス中央のフェレイロが左足で流し込んだ。 しかし、同点からわずか2分後に失点を許す。76分、最終ラインからのロングパスで右サイドを抜け出したアスパスがボックス右から侵入。ゴール前に走り込んだ味方をおとりにマイナスへ落とすと、走り込んだフラン・ベルトランがダイレクトシュート。これがゴール左に突き刺さり、セルタが再びリードを広げた。 勝ち越しを許したウエスカは、78分にオンティベロス、82分にセルヒオ・ゴメスとドゥンビア、89分にフアン・カルロスと岡崎をピッチに送り出す。 その後、決死の猛攻を見せたホームチームだったが、最後まで同点ゴールは生まれず。3-4で敗れたウエスカは、3試合ぶりの敗戦となった。 2021.03.08 00:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly