アトレティコと引き分けたソシエダが6位でEL出場権獲得! 特例で7位グラナダも初出場決定!《ラ・リーガ》

2020.07.20 06:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ最終節が19日に一斉開催された。レアル・マドリーの3季ぶりの優勝に加え、すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ出場枠も全て埋まった中、注目となったのはヨーロッパリーグ(EL)出場権争いだ。新型コロナウイルスの影響でご多分に漏れず異例のシーズンとなったラ・リーガ。紆余曲折ありながらも無事に最終節を迎えることになったが、一方でコパ・デル・レイはビルバオとソシエダによる決勝戦が再開未定となっている。無観客では行わないとの方針も固められており、中止もしくは来シーズンへの後ろ倒しの可能性が高まりつつある。

そうなると、同大会優勝チームに送られる来季のEL出場権は、リーグ7位のチームに与えられることになるようだ。すでにビジャレアルが一枠確保しているため、残る2つの椅子はソシエダ、ヘタフェ、バレンシア、グラナダが争うことになった。

勝てば自力で出場権を獲得できる6位のソシエダ(勝ち点55)はアトレティコ・マドリーと対戦。互いに硬い入りとなり試合は均衡。数少ないチャンスをモノにしたのはホームのアトレティコだった。

30分、右サイドからのクロスをH・エレーラが胸で落としたところをジエゴ・コスタがシュート。ボールの行き先は右に逸れてしまったが、これを上手く収めたモラタがバックヒールでオシャレに繋ぐと、最後はコケがゴール正面から豪快に蹴り込んでネットを揺らした。

後半はお互いに攻撃的な交代カードを切る中、ソシエダは途中出場のポルトゥが終盤に決定機を迎えるがゴールならず。このまま終わるかに思われた87分、右サイドのボックス付近でのFKのチャンスで、こちらも途中出場のヤヌザイがゴール前に送ると、コースが変わったのか、GKオブラクが弾ききれずゴールイン。

このゴールで勝ち点「1」をもぎ取ったソシエダは、勝ち点「56」でシーズンを終えた。

7位のヘタフェ(勝ち点54)はレバンテとの対戦となったが、前半と後半に2度もVARでゴールが取り消しにされると、71分にPKを獲得するも、ハイメ・マタがこれをミス。さらには後半アディショナルタイムに失点し敗戦を喫した。また、8位のバレンシア(勝ち点53)もセビージャに敗れ勝ち点を伸ばすことが出来ず。

一方、9位のグラナダ(勝ち点53)は難敵ビルバオに4-0で快勝を収め、最終勝ち点を「56」に伸ばした。

この結果、ソシエダが6位で来季のEL出場権を獲得。そして、土壇場で7位に浮上したグラナダも初のヨーロッパ大会出場が決定した。
コメント
関連ニュース
thumb

マキシ・ゴメス弾で逃げ切ったバレンシアが暫定首位浮上!ソシエダは今季初黒星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第4節のレアル・ソシエダvsバレンシアが29日に行われ、0-1でバレンシアが勝利した。 ここまで1勝2分けで3位のソシエダが、1勝1敗1分けで5位のバレンシアをホームに迎えた一戦。前節エルチェに快勝したソシエダは、その試合から先発メンバーを4人変更。オヤルサバルやポルトゥらに代えてヤヌザイやバレネチェアらを起用。古巣対決となるシルバも先発に名を連ねている。 一方、前節FW岡崎慎司の所属するウエスカと1-1の引き分けに終わったバレンシアは、先発メンバーを5人変更。ゴンサロ・ゲデスやマヌ・バジェホらに代えてイ・ガンインやティエリ・コレイアらが先発で起用した。 立ち上がりからボールの主導権を握るソシエダは13分、シルバのパスで左サイドを抜け出したバレネチェアのクロスをゴール前のイサクがスコーピオンキックで狙うもシュートは枠の上に外れた。 対するバレンシアは28分、ショートコーナーの流れからミドルサード中央でパスを受けたヴァスがロングシュート。このシュートはゴール右隅を捉えたが、GKレミロの好セーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、ソシエダはバレネチェアを下げてオヤルサバルを投入。すると55分、メリノのパスを受けたオヤルサバルがボックス左から侵入しシュートを放ったが、これはGKジャウメがセーブ。 膠着状態が続く中、ソシエダは67分にシルバやヤヌザイ、イサクらを下げて ウィリアン・ジョゼやポルトゥ、ゲバラらを投入。5枚の交代カードを使い切った。一方のバレンシアは、70分にイ・ガンインを下げてガメイロをピッチに送り出した。 この交代で先にチャンスを迎えたのはソシエダ。74分、右サイドを抜け出したゴロサベルがマイナスの折り返しを入れると、ジェイソンのブロックしたこぼれ球をボックス内のオヤルサバルがダイレクトシュート。しかし、これはジェイソンの背中に当たりゴール左に外れた ピンチを凌いだバレンシアは75分、ヴァスのサイドチェンジで左サイドを抜け出したガヤの折り返しをゴール前に走り込んだマキシ・ゴメスが流し込み、待望の先制点を奪った。 このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムにドラマが待っていた。ソシエダは95分、オヤルサバルの左クロスをボックス右のメリノが頭で折り返すと、ゴール前に詰めたエルストンドに当たったボールを最後はル・ノルマンが押し込んだ。 しかし、VARのレビューの結果、エルストンドの腕にボールが当たっておりハンドの判定でゴールは取り消された。結局、試合は0-1でバレンシアが勝利した。 2020.09.30 04:15 Wed
twitterfacebook
thumb

リーズがスペイン代表DFジョレンテをレアル・ソシエダから完全移籍で獲得

リーズ・ユナイテッドは24日、レアル・ソシエダのスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は非公開となっており、契約期間は2024年夏までの4年間となる。背番号は「14」に決定した。 レアル・マドリーの下部組織出身のジョレンテは、2015年7月にマドリーのファーストチームへ昇格。その後、ラージョ・バジェカーノ、マラガへのレンタル移籍を経て、2017年7月にソシエダへと完全移籍した。なお、マドリーでは公式戦3試合の出場に留まっていた。 ソシエダでは公式戦88試合に出場し8ゴール2アシストを記録。2019-20シーズンはラ・リーガで29試合に出場し1ゴール2アシストを記録し、守備の要としてチームを支えた。 今シーズンも開幕節のレアル・バジャドリー戦に先発フル出場していた。 なお、スペイン『アス』によれば、契約解除金は5000万ユーロ(約61億4000万円)に設定されていたものの、移籍金は2000万ユーロ(約24億5000万円)になったとのことだ。 2020.09.24 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ストライカー獲得難航のバルサ、今冬に獲得失敗のウィリアン・ジョゼに再関心か

バルセロナがレアル・ソシエダに所属するブラジル人FWウィリアン・ジョゼ(28)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 新監督に就任したロナルド・クーマン新監督が、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスを構想外としたことから新たなストライカー獲得に乗り出すことになったバルセロナ。インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスや、リヨンのオランダ代表メンフィス・デパイがその候補に挙げられているが、ここ最近は交渉は停滞している模様だ。 そこで、バルセロナは現実的な代替案として、今年1月に緊急補強の候補としても獲得に動いていたウィリアン・ジョゼをリストアップ。その際には高額な移籍金の支払いを渋って破談に終わっていたが、今回は出し惜しみしないようだ。移籍金は3000万ユーロ(約37億円)と見込まれている。 ソシエダ側も適切なオファーが届けば移籍を許容する姿勢とのことで、10月5日のスペイン移籍市場の閉鎖に向けて、いかに迅速に交渉を進められるかが鍵となるようだ。 2016年夏にソシエダに加入したウィリアン・ジョゼは公式戦通算149試合で56ゴール14アシストの成績を残す。昨シーズンはラ・リーガで37試合に出場し11ゴールをマーク。契約は2022年6月までとなっている。 2020.09.23 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、スペイン代表DFディエゴ・ジョレンテのリーズ行き合意を発表

レアル・ソシエダは22日、スペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(27)がリーズ・ユナイテッドへ完全移籍することで合意したことを発表した。 レアル・マドリー下部組織出身のジョレンテは、2013年6月にトップチームデビューを果たすと、ラージョ・バジェカーノ、マラガへのレンタル移籍を経て、2017年夏にソシエダへ加入した。 在籍約3年で公式戦通算88試合8ゴールの成績を残し、2019-20シーズンも公式戦30試合に出場していた。 過去にリバプールなどビッグクラブからの関心も伝えられていたジョレンテに関して、契約解除金は5000万ユーロ(約61億4000万円)に設定されていたが、スペイン『アス』によれば、移籍金は2000万ユーロ(約24億5000万円)とのことだ。 なお、原則合意に達したものの、ジョレンテはメディカルチェックに合格してから契約を結ぶという。 17年ぶりにプレミアリーグ昇格を果たしたリーズはここまでの2戦7ゴールと攻撃力を発揮している一方、7失点を喫しており、守備に問題を抱えている。 2020.09.23 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

王者マドリーの連覇に向けた初陣はゴールレスドロー…ソシエダはダビド・シルバがデビュー!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第2節、レアル・ソシエダvsレアル・マドリーが20日にアノエタで行われ、0-0のドローに終わった。 今夏の移籍市場ではここまでハメス・ロドリゲスやベイル、レギロンと余剰人員の整理を優先し、主力クラスの補強なしと継続路線を歩む王者マドリー。連覇を狙う新シーズンの初陣となったソシエダ戦ではコンディションの問題を抱えるアザールやアセンシオらが招集メンバーを外れたものの、昨季の主力が揃って先発に。ただ、レンタルバックのウーデゴールがカゼミロに代わって古巣アノエタのピッチに立った。 一方、昨季6位のソシエダはバジャドリーとの開幕戦を1-1のドローで終えており、王者相手のホーム開幕戦で今季初勝利を狙う。マンチェスター・シティから加入した注目のダビド・シルバは、この試合で初のベンチ入りを果たした。 1トップのベンゼマの下にウーデゴール、ロドリゴ、ヴィニシウスの若手3選手を[4-2-3-1]の布陣で臨んだマドリーは、立ち上がりからボールを握ってホームチームを押し込んでいく。13分には中央でのウーデゴールとのパス交換からベンゼマが枠内シュートを放っていく。 その後も相手陣内でのプレーが続くマドリーだが、[4-4-2]の堅固な守備ブロックを築くソシエダを前にアタッキングサードでのアイデアが足りず、決定機まで持ち込めない。38分には左CKからセルヒオ・ラモスが強烈なボレーシュートを放つが、相手DFのブロックに。40分には相手のビルドアップのミスを突き、ボックス内でボールを受けたベンゼマにシュートチャンスも、ここは角度がなく枠に飛ばせない。 逆に、43分にはここまで鳴りを潜めたソシエダのカウンターに晒されてボックス左でフリーのイサクに絶好機を与えるが、ここはタイミング良く飛び出してシュートコースを消した昨季サモラ賞受賞の守護神がビッグセーブで阻止した。 結局、0-0で試合を折り返したマドリーは後半に入って攻勢を強めたいところだが、前半同様に相手の堅い守備に手を焼く。62分にはボックス手前でうまくシュートコースを作ったベンゼマが鋭いグラウンダーのシュートを枠に飛ばすが、ここはGKレミロに阻まれる。 一方、ソシエダは63分にイサクを下げてバレンシア時代以来、10年ぶりのラ・リーガ帰還となったシルバが“ラ・レアル”デビューを飾る。この交代でシルバがトップ下に入り、オヤルサバルが最前線にポジションを上げた。 こう着状態を打開したいジダン監督は70分、ウーデゴール、モドリッチ、ロドリゴを下げて、バルベルデ、カゼミロと共にこれがトップチームデビューとなる20歳カンテラーノのマルビンを同時投入。 この交代で攻撃を活性化させたいマドリーだが、引き分けを良しとするホームチームの絶妙な守備バランスを崩せず、セットプレー以外にゴールの匂いを感じさせるような攻めを見せられず。逆に、88分にはボックス手前でボールを持ったシルバに強烈な左足のシュートを浴びるが、ここはDFの身体を張った守備で何とか凌ぐ。 その後、ヴィニシウスに代えてデビュー戦となる18歳MFアリバスを投入したマドリーだが、試合はこのまま0-0でタイムアップ。攻撃陣の一部主力の不在の影響もあったか、攻撃面での停滞感が目立った昨季王者はゴールレスドローで新シーズンをスタートすることになった。 2020.09.21 06:06 Mon
twitterfacebook