ピルロが古巣復帰で合意報道、元福岡のペッキア監督の後任としてユベントスU-23の監督就任へ

2020.07.16 18:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏(41)だが、既報通り古巣で指導者の道をスタートさせるようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。

現役時代に名レジスタとして名を馳せ、現フットボール界でも語り継がれる存在のピルロ氏。ブレシア、インテル、レッジーナ、ミラン、ユベントスを渡り歩いた後、2017年にニューヨーク・シティでのプレーを最後に現役を退いた。

◆ピルロ、ユベントスでの最高の輝き

引退後は『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるなど現場から遠ざかっていたが、先月に古巣ユベントスのU-23カテゴリーで監督を務める可能性が浮上していた。

ユベントスU-23は、かつてアビスパ福岡で指揮をとったファビオ・ペッキア監督が指揮。コッパ・イタリア セリエCで優勝したものの、セリエB昇格をかけたプレーオフで敗退し、昇格を逃していた。

『スカイ・スポーツ』によると、ピルロ氏はユベントスのU-23チームの監督就任で合意。ペッキア監督は退任となる。

なお、ナポリのプリマヴェーラで監督を務めていたロベルト・バローニオ氏とともにチームを率いることになるようだ。

今回のU-23チームの監督就任に関しては、将来的なファーストチームの監督になることを視野に入れてのものとのこと。ジョゼップ・グアルディオラ監督やジネディーヌ・ジダン監督の道を歩むことをクラブとしては描いているという。
コメント
関連ニュース
thumb

「今こそが反省の時間」C・ロナウドが難しいシーズンを振り返る「最高の期待に応えなければならない」

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身のインスタグラムで長いシーズンを振り返った。 C・ロナウドは、2018年7月にレアル・マドリーからユベントスへ加入。自身初のセリエA挑戦ということもあり、1年目はセリエA31試合で21ゴール9アシストとまずまずの成績を残し、チームのセリエA8連覇に貢献していた。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウド、2019-20シーズンのベストゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4d1RGVkt4diIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2年目となった今シーズンは、前年を超える活躍を披露。セリエAでは33試合で31ゴール6アシストを記録し、得点ランキングでも2位に輝くと、セリエA9連覇を達成。一方で、チャンピオンズリーグ(CL)ではラウンド16でリヨン相手にアウェイゴール差で敗れ、敗退となっていた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、前例のない3カ月中断期間を経験した今シーズンを振り返ったC・ロナウドは、想像より早くシーズンが終わったと心境を吐露。新シーズン開幕まで1カ月程度しかない中、今シーズンをしっかり反省するべきだと綴った。 「2019-20シーズンが終了した。通常よりもかなり遅くなったけど、予想よりは早くなった。批判的な思考が改善する唯一の方法であり、今こそが反省の時間であり、浮き沈みを分析する時だ」 「ユベントスのような巨大なクラブは、常に世界最高であると考え、世界最高として機能する必要がある。そうすることで、僕たちは自分たちを世界最高の最大のクラブの1つと呼ぶことができる」 「このような厳しい年に、セリエAで再び優勝したことは、僕たちがとても誇りに思っていることだ。個人的にはユベントスで37ゴール、ポルトガル代表で11ゴールを決めたけど、毎年より良い成績を残し続けたいという新たな野心と、願望を持った僕を未来に直面させるものとなった」 「でも、ファンは僕たちにより多くを要求する。彼らは僕たちにより期待している。そして、僕たちはそれに応えなければならない。僕たちは最高の期待に応えなければならないんだ」 「この短い休暇が、僕たち全員が未来に向けて最善の決断を下し、これまで以上に強く、より献身的になることを可能にしますように」 「また、近いうちに会いましょう」 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CDorgwAAx6k/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CDorgwAAx6k/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CDorgwAAx6k/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">The 2019/20 season is over for us, much later than usual but yet sooner than we expected. Now it’s time for reflection, time to analyse the ups and downs because critical thinking is the only way to improve. A huge club such as Juventus must always think like the best in the world, work like the best in the world, so that we can call ourselves one of the best and biggest clubs in the world. Winning the Serie A once again in such a difficult year is something that we are very proud of. Personally, scoring 37 goals for Juventus and 11 for the Portuguese National Team is something that makes me face the future with renewed ambition and desire to keep doing better and better each year. But the fans demand more from us. They expect more from us. And we have to deliver, we must live up to the highest expectations. May this short vacation break allow us all to make the best decisions for the future and come back stronger and more committed than ever. . See you soon! </a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/cristiano/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Cristiano Ronaldo</a>(@cristiano)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-08-08T16:49:29+00:00">2020年 8月月8日午前9時49分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.08.09 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

サッリ解任のユーベ、監督未経験のピルロを新指揮官に任命!

ユベントスは8日、新指揮官にアンドレア・ピルロ氏(41)を任命したことを発表した。契約期間は2022年6月までの2年間となっている。 ユベントスでは8日、前日のチャンピオンズリーグ・ラウンド16でリヨンの前に敗退したことを受けてマウリツィオ・サッリ前監督が電撃解任されていた。 2018年1月に現役を引退したピルロ氏は選手時代、ユベントスのスクデット4連覇に大きく貢献。先月30日にU-23チームの指揮官としてユベントスに復帰したばかりだった。U-23チームでは指揮を執らず、監督未経験のままトップチーム指揮となる。 ピルロ氏の他、前トッテナム監督のマウリシオ・ポチェッティーノ氏も後任候補に挙がっていたが、サッリ前監督の高額な違約金に加え、1200万ユーロ(約15億円)とされるポチェッティーノ氏の給与に難色を示し、折り合いがつかなかったと現地メディアでは報じられている。 2020.08.09 03:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ新指揮官候補、ポチェッティーノがポールポジションか

ユベントスの新指揮官候補の筆頭にマウリシオ・ポチェッティーノ氏(48)の名前が挙がっているようだ。イタリア『Sportitalia』が報じている。 ユベントスでは8日に前日のチャンピオンズリーグ敗退を受けてマウリツィオ・サッリ監督を電撃解任していた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ポチェッティーノ氏の年俸はサッリ監督の2倍にあたる1000万ユーロ(約12億5000万円)から1200万ユーロ(約15億円)とのことで、その点がネックになる可能性があると伝えている。 一方でイタリア『スカイ・スポーツ』は先日、ユベントスのU-23チームの監督に就任したアンドレア・ピルロ氏(41)を後任候補筆頭に挙げている。ただ、ピルロは監督未経験のため、現実味は薄いようだ。 両者以外ではアンドレア・アニェッリ会長と現在も良好な関係を築いている、昨季まで指揮を執っていたマッシミリアーノ・アッレグリ氏(52)の名前などが上がっているが、解任を促したとされるスポーツ・ディレクター(SD)のファビオ・パラティッチ氏と、パベル・ネドベド副会長の存在が足かせになるのではないかと報じられている。 2020.08.09 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

セリエA9連覇のユベントス、CL敗退翌日にサッリ監督を電撃解任! 本人は前日に否定的な見解

ユベントスは8日、マウリツィオ・サッリ監督(61)の解任を発表した。 サッリ監督は、これまでペスカーラやエンポリ、ナポリなどを指揮。2018-19シーズンは自身初の海外挑戦となるチェルシーで指揮を執ると、ヨーロッパリーグを制し監督キャリアとして初のタイトルを獲得していた。 今シーズンからマッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任としてユベントスの監督に就任すると、セリエAでは26勝5分け6敗の成績で9連覇を達成。セリエA史上最年長での優勝監督となった一方で、これまでの圧倒的な強さを見せることはできていなかった。 また、7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのリヨン戦では、2-1で勝利したものの、アウェイゴール差で敗退。試合後には「トップレベルの監督が1試合の結果だけで判断されるとは思わない。彼らはシーズン全体を含めて評価してくれるだろう」と解任はないと試合後にコメントしていたが、一夜明け解任されることとなってしまった。 2020.08.08 22:06 Sat
twitterfacebook
thumb

“ゴールマッキナ”の異名を持つヴィアリの完璧なオーバーヘッドが炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWジャンルカ・ヴィアリ氏がユベントス時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴィアリの完璧なオーバーヘッドが炸裂<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6VGFQMVdlaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> クレモネーゼ、そしてサンプドリアで活躍したヴィアリ氏は1992年に当時世界最高額の移籍金でユベントスへ移籍。セリアA制覇やコッパ・イタリア、チャンピオンズリーグのタイトル獲得に貢献した。 オーバーヘッドなどアクロバティックなゴールも多く、1994年10月23日に行われたセリエA第7節のクレモネーゼ戦でも見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた39分、ユベントスはボックス内のFWファブリツィオ・ラヴァネッリをターゲットに浮き球のパスを送る。ラヴァネッリが頭で触るとボールは高く上がり、ボックス内のヴィアリのもとへ。 落下点に入ったヴィアリはマーカーを抑え、大胆なオーバーヘッドシュートを選択。しっかりと捉えたシュートは相手GKに触れられながらもゴールとなった。 そんなヴィアリ氏だが、2018年11月に膵臓がんを患っていることを告白。それから約17カ月にわたって膵臓がんと闘病し、2020年4月に克服している。 サンプドリアとユベントスでスクデットを勝ち取り、チェルシーではプレーイングマネジャーとしてFAカップを勝ち取ったヴィアリ氏は、病との闘いにも打ち勝って見せた。 2020.08.08 18:00 Sat
twitterfacebook