2年8カ月の懲役刑を受けているアルダ・トゥラン、古巣ガラタサライに復帰へ

2020.07.13 17:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
現在無所属の元トルコ代表MFアルダ・トゥラン(33)は、古巣ガラタサライへ復帰するようだ。

補強禁止処分を受けた中で2015年7月にアトレティコ・マドリーからバルセロナへと完全移籍したアルダ・トゥラン。選手登録されても、アトレティコ時代のような結果を残せず。2018年1月にイスタンブール・バシャクシェヒルへ2年半のレンタル移籍をしていた。

しかし、イスタンブール・バシャクシェヒルでは、しかし、審判への侮辱や暴力、さらにはピッチ外での問題も発生し、16試合の出場停止処分や2年8カ月の懲役刑を言い渡され、1月に契約解除。バルセロナへ復帰したものの、試合には出場していなかった。

スペイン『アス』によると、アルダ・トゥランはガラタサライの事前契約にサイン。1試合プレーするごとに20万トルコリラ(約310万円)が支払われる契約のようだ。

加えて、ガラタサライがタイトルを獲得すれば390万トルコリラ(約6000万円)のボーナスを受け取るとのこと。契約期間は1年間となり、延長オプションが付いているようだ。

なお、『アス』によるとスュペル・リグの終了後3日以内に公式に契約を結ぶことになるようだ。

現在5年間の執行猶予中のトゥラン。新天地でも新たな問題を起こさないことを祈るばかりだ。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ退団の元トルコ代表MFアルダ・トゥランがガラタサライへ復帰

ガラタサライは5日、バルセロナの元トルコ代表MFアルダ・トゥラン(33)の復帰を発表した。 トゥランは、ガラタサライの下部組織で育ち、2005年1月からファーストチームでプレー。マニサスポルへのレンタル移籍も経験したが、ガラタサライでその名を挙げた。 2011年8月には1300万ユーロ(約16億2900万円)の移籍金でアトレティコ・マドリーへと完全移籍。アトレティコでは、2011-12シーズンにヨーロッパリーグ、2012-13シーズンにコパ・デル・レイ、2013-14シーズンにラ・リーガとタイトルを獲得。2015年7月に3400万ユーロ(約42億6000万円)でバルセロナへと移籍した。 しかし、バルセロナは当時選手登録が禁止されていたためにプレーできず。その後も不遇の時期を過ごすと、2018年1月からはイスタンブール・バシャクシェヒルへレンタル移籍していた。 ただ、イスタンブール・バシャクシェヒルでは、審判への侮辱や暴力、さらにはピッチ外での問題も発生し、16試合の出場停止処分や2年8カ月の懲役刑を言い渡され、1月に契約解除。2019-20シーズンはスュペル・リグで9試合に出場するにとどまっていた。 バルセロナへ復帰したものの、試合には出場していなかったアルダ・トゥランは、今回フリートランスファーでガラタサライへ復帰した。 ガラタサライではこれまで公式戦191試合に出場し44ゴール76アシストを記録。古巣でキャリアの締めくくりを行うことになりそうだ。 2020.08.06 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ガラタサライ&インテルが横やり? ヴィオラが狙うマンジュキッチ獲りに動く

ガラタサライが元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)に関心を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 マンジュキッチは、2019年12月にユベントスからアル・ドゥハイルへ移籍。ユベントスでは今シーズンから就任したマウリツィオ・サッリ監督の構想外となっていたところを、心機一転として挑戦的な移籍を決断した。 しかし、新型コロナウイルスの影響でカタールでも3月初旬にリーグ戦が中断。アル・ドゥハイルでは5試合の出場に終わり、今月5日に契約を解除していた。 マンジュキッチに関しては実力あるベテランの獲得でチーム力を上げているフィオレンティーナがターゲットに定めており、年俸約300万ユーロ(約3億7000万円)の2年契約+延長オプションのオファーを提示したと取りざたされていた。 しかし、『アス』が伝えるところによれば、今夏にエースFWラダメル・ファルカオの流出が噂されるガラタサライがマンジュキッチの獲得を検討しているようだ。 ファルカオは以前からサウジアラビアのアル・ヒラルが触手を伸ばしており、その後釜としてファティ・テリム監督は以前から高く評価しているマンジュキッチの獲得を熱望しているという。 なお、同メディアはガラタサライのほかにもチェルシーのフランス代表FWオリヴェル・ジルーの獲得に失敗し、ベルギー代表FWロメロ・ルカクのバックアッパーを探すインテルも興味を示していると伝えている。 2020.07.26 07:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ガラタサライ退団の長友佑都、ピッポ率いるベネヴェントの関心あり?

ガラタサライを退団した日本代表DF長友佑都(33)を巡り、セリエA復帰の可能性が浮上した。 長友は2018年1月にインテルからガラタサライに加わり、公式戦65試合3得点7アシストをマーク。スュペル・リグ2連覇にも貢献したが、今季になり、序列を落とすと、6月30日をもっての契約満了で退団が決定した。 注目される今後の去就に関して、カタールのアル・ナスル行きを報じるメディアもあるなか、イタリア『トゥットスポルト』がイタリア復帰の可能性を主張した。 その長友の獲得が噂されるのはベネヴェントだ。元イタリア代表FWのフィリッポ・インザーギ監督が指揮するベネヴェントは今季のセリエBを制して、2017-18シーズン以来2度目となる来季のセリエA昇格を決めた。 そんなベネヴェントは先日、来季のイタリアトップリーグ再挑戦に向けて、元フランス代表FWロイク・レミ、ポーランド代表DFカミル・グリク、元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレらに対する関心が浮上している。 経験豊富な選手の獲得を模索しているベネヴェントは長友にも着眼。選手の代理人とのコンタクトも図っているという。今後の動向に注目を集める長友は2度目のイタリア挑戦を果たすことになるのだろうか。 2020.07.05 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

涙で別れた長友佑都が感謝のメッセージ「幸せであり、悲しい」、クラブは感謝の動画を投稿

ガラタサライを退団した日本代表DF長友佑都が、クラブを通じて感謝の気持ちを述べた。 長友はチェゼーナ、インテルでプレー後、2018年1月からガラタサライに移籍し、ここまで公式戦65試合に出場し、スュペル・リグ2連覇に貢献。今シーズンの前半戦も主力として公式戦24試合2得点を記録したが、シーズン終了後に失効する契約の影響もあり、今冬の移籍市場では放出候補に挙がっていた。 また、外国人選手登録枠の問題で後半戦の登録メンバーを外れたため、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による長期の中断を経て再開されたリーグ戦でプレー機会が与えられることはなかった 1日にクラブの最後の日を過ごした長友が涙を浮かべる写真がクラブのツイッターで投稿されたが、これに多くのサポーターが反応。長友との別れを惜しむ声が挙がっていた。 さらに、クラブは長友へチームメイトが別れを告げるメッセージ動画を投稿していた。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%94%E3%81%96%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ありがとうございました</a> <a href="https://twitter.com/YutoNagatomo5?ref_src=twsrc%5Etfw">@YutoNagatomo5</a> <a href="https://t.co/NnOXO0jHgD">pic.twitter.com/NnOXO0jHgD</a></p>&mdash; Galatasaray SK (@GalatasaraySK) <a href="https://twitter.com/GalatasaraySK/status/1278776082129391617?ref_src=twsrc%5Etfw">July 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 長友は、ガラタサライの公式サイトで2年半の日々を感謝し、複雑な心境であると告白。また、トルコへの感謝も述べている。 「今日は本当に混乱しています。僕は幸せであり、悲しいです」 「ここに2年半滞在し、2年半を成功に満ちて過ごしてきたので悲しいです。まず、監督に感謝したいです。僕をここに連れてきて、このチャンスをくれ、成功を収めさせてくれました」 「チームメイトやアシスタントコーチ、すべてのスタッフ、すべてのガラタサライファンに感謝します。忘れられない日々を過ごさせてくれた人たちを忘れません。ガラタサライは僕の心の中で最も美しい場所にあります」 「素晴らしい重要な目標を達成したので、とても幸せです」 「フットボールには始まりと終わりがあり、人生の様です。今日はガラタサライで最後の日となりますが、ガラタサライは僕の人生の最高の部分に居続けます」 「トルコの人々にも感謝したいです。ガラタサライのファンだけでなく、トルコのすべての人々にも」 「最初の日から僕と家族に興味を持ってくれてありがとう。僕の家族はここで信じられないほどの良い日々を過ごしました。次会う時には、トルコへ力強く戻ってきます。僕の家族と僕は、愛するトルコに住んでいます。とても寂しいです」 また、チームを率いるファティー・テリム監督も長友についてコメント。深い仲になれたことに感謝をし、長友に人間性を称賛した。 「イタリアの頃から彼を知っていたが、彼をよく知る事ができて良かった。ガラタサライには、サッカー、人間性、人格、プロ意識、家族、サッカーの様々な面で重要な印象を与えた。彼を知れて嬉しいし、幸せだ」 「クラブ、私、そして私の友人を代表し、サッカー選手であり友人であり続けることを感謝する。我々の友情は一生続くだろう」 「ガラタサライの名の下、彼は2年でそうしたが、ほとんどの選手は長い年月をかけてもできることではなかった。ガラタサライも我々も、そして私も決して忘れることはない」 2020.07.03 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

長友佑都がガラタサライでの最後の練習で男泣き…「これまでのすべてに感謝」

日本代表DF長友佑都(33)がガラタサライでの最後のトレーニングを終えた。 長友はチェゼーナ、インテルでプレー後、2018年1月からガラタサライに移籍し、ここまで公式戦65試合に出場し、スュペル・リグ2連覇に貢献。今シーズンの前半戦も主力として公式戦24試合2得点を記録したが、シーズン終了後に失効する契約の影響もあり、今冬の移籍市場では放出候補に挙がっていた。 また、外国人選手登録枠の問題で後半戦の登録メンバーを外れたため、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による長期の中断を経て再開されたリーグ戦でプレー機会が与えられることはなかった。 そして、シーズン終了を待たずしての退団が決定的と見られていた中、長友は1日にガラタサライでの最後のチームトレーニングに参加。クラブ公式『ツイッター』ではトレーニング前の円陣で別れの挨拶を行う長友が感極まった姿が投稿されていた。 その後、長友は自身の公式『ツイッター』を通じて当該投稿に反応。多くのガラタサライサポーターから感謝や惜しむ声が綴られた中、「僕の心は生涯、ガラタサライと共にあります。これまでのすべてに感謝しています」と、トルコ語で惜別のメッセージを綴った。 <div id="cws_ad">◆最後の練習で男泣き…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> Galatasaray’daki son antrenmanı öncesi Yuto Nagatomo <a href="https://t.co/IidKR3vMkl">pic.twitter.com/IidKR3vMkl</a></p>&mdash; Galatasaray SK (@GalatasaraySK) <a href="https://twitter.com/GalatasaraySK/status/1278625499464466432?ref_src=twsrc%5Etfw">July 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.02 20:36 Thu
twitterfacebook