指揮官として初のNLダービーに挑むアルテタが敵将に敬意 「スパーズに特別な強みをもたらす」

2020.07.12 16:27 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が指揮官として初めて臨むトッテナムとのノースロンドン・ダービーに向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。前節のレスター・シティ戦を1-1のドローで終え、連勝が3試合でストップした8位のアーセナル(勝ち点50)は、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に向けて厳しい状況に立たされている。そういった中、今節は9位のトッテナム(勝ち点49)とのダービーで2戦ぶりの白星を目指す。

中2日の対戦相手に対して、アーセナルは中4日と比較的余裕がある中で敵地でのダービーに臨む。そして、スペイン人指揮官はダービーに向けたここまでの準備期間について言及している。

「試合翌日にはトレーニングを行い、その次の日はオフにした。(再開後は)なかなか丸一日を休みにあてることはできなかったからね。残りの2日間で試合に向けた準備を進めていく。非常にビッグな一戦に向けてプレーヤーが準備と集中ができていることを望んでいる」

また、現役時代に選手としてノースロンドン・ダービーを経験しているアルテタ監督は、ここ最近低調なプレーが続くライバルがダービーでは全く別物のチームになると考えている。

「ダービーはチームの調子や現状といったものとは全く異なる文脈で語られる類の試合だ。個人的にはジョゼ(・モウリーニョ)がスパーズでやっている仕事に大きな敬意を抱いている」

「ただ、我々は敵地に向かい、勝利を得る必要があることを理解している。そのためには本当に全力を尽くさないとならないし、非常にタフなゲームを予想している」

「ダービーでは本当に何が起きるかわからない。情熱と様々な感情が入り混じると、多くの想定外の事態が起こり、非常に統制の取れた試合から一気に異なる形の展開に変わることも起きる」

「我々はそういった幾つかの要素をうまくマネジメントしていく必要があるだろう。私は現役時代に幾度かダービーでプレーし、そういったサプライズを経験してきた」

また、アルテタ監督は指揮官として初めて対峙することになるジョゼ・モウリーニョ監督については、トッテナムに「特別な強み」をもたらす存在であると語り、敵将への敬意を口にしている。

「彼らは多少の浮き沈みはあるものの、全体的に見れば、ジョゼがクラブにもたらそうとしているものをハッキリと確認することができる。彼はエネルギーと勢いを管理し、これまで指揮したすべてのクラブで本当に強いカルチャーを築いてきた」

「同様に彼は勝利をもたらし、在任したクラブでタイトルを獲得してきた。彼が就任したタイミングは夏から新たなプロジェクトをスタートするのと大きく異なるが、彼は常に適切な方法を見つけてきた。したがって、彼の成功を確信している。時間は少しかかると思うが、彼がそれを遂行すると確信している」

「私見では彼らは長い間、多くのケガ人に悩まされており、彼は自身の考えをすべてのプレーヤーたちに落とし込むための十分な機会が与えられていなかったと思う。そこは彼らにとって大きなディスアドバンテージになったと考えている。それでも、彼は常に成功のための道筋を見つけてきたし、トッテナムでもそうなると考えている」

「それこそ彼らがジョゼを迎え入れた理由だと思う。彼は様々な状況に対処するための豊富な経験を持っており、トッテナムを常勝チームにするための特別な強みを持っている」
コメント
関連ニュース
thumb

プレミアの登録も外れ完全構想外のアーセナルMFエジルが声明「忠誠は今では難しい」「このような形で終わらせない」

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルが、プレー機会を完全に失ったことについて声明を発表した。 長らくアーセナルの攻撃の中心として活躍してきたエジル。クラブ内での最高給を受け取っており、ゲームメイクやアシスト力はワールドクラスと評されてきた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhVlVnMHYwOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、近年は出場機会が減少。パフォーマンスの低下も叫ばれる中、ミケル・アルテタ監督就任後は一時的に出場機会を得ていた。 そんな中、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断。その後再開したが、そこからエジルは1秒も出場していなかった。 今シーズンもプレー機会がない中、ヨーロッパリーグ(EL)の登録メンバーから外れる自体に。更に、20日に締め切りだったプレミアリーグの登録メンバーからも外れ、来年1月までアーセナルでのプレー機会を完全に失うこととなった。 その事を受け、エジルは自身のツイッター(@MesutOzil1088)を通じて声明を発表。アーセナルへの愛を語りながらも、 「ここ数年プレーしてきたアーセナルのファンに向けた難しいメッセージだ。プレミアリーグのシーズン登録が当分ないという事実に、本当に深く失望している」 「2018年に新しい契約にサインした際、僕は愛するクラブ、アーセナルに誠実に忠誠を誓った。ただ、これが報われていないことを悲しく思う」 「僕はちょうど知ったが、忠誠は今ではなかなか難しいものになっている」 「僕はいつも、またすぐにチームに戻れるチャンスがあるかもしれないと、毎週ポジティブな気持ちでいようとしてきた。だから、今まで沈黙を守ってきた」 「コロナウイルスが流行する前は、ミケル・アルテタ新監督の下での成長にとても満足していた。しかし、その後、物事はま変化し、僕はもはやアーセナルのためにサッカーをすることを許されなくなった」 「他に何が言えますか?ロンドンはまだ家のように感じているし、このチームにはまだ多くの良い友人がいる。そして、このクラブのファンとの強いつながりを感じている」 「何があっても、自分のチャンスを求めて戦い続け、アーセナルでの8年目のシーズンをこのような形で終わらせないようにしたい」 「僕は、この難しい決断が僕の心の中で何も変わらないことを約束する。僕はできる限りのトレーニングを続け、可能な限りこの残酷なことと正義のため、自分の声を使っていく」 2020.10.21 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

CL史上初16年連続ゴールのメッシが史上最多36クラブからゴール、最も決められた相手は?

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、チャンピオンズリーグ(CL)で新たな記録を樹立した。 バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第1節でフェレンツヴァローシュと対戦。この試合で先発出場を果たしたメッシは、27分にPKを決めて先制ゴールを記録。チームは5-1で勝利した。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDMHlIVVAwOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> このゴールにより、メッシはCLにおいて16シーズン連続ゴールを記録。これは史上初の出来事。16シーズンにわたってゴールを記録したのは、元マンチェスター・ユナイテッドのFWライアン・ギグス以来2人目の出来事となった。 また、メッシはフェレンツヴァローシュ戦でのゴールによりCLで36チームからゴールを奪ったことに。これは自身が持つ記録をまた1つ更新したことになる。 メッシは、CLでこれまで41チームと対戦し、ゴールを決められていないチームはルビン・カザン、アトレティコ・マドリー、ベンフィカ、ウディネーゼ、インテルの5チームとなった。 なお、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドとラウール・ゴンサレス氏が33チーム、レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマ、ミランのFWズラタン・イブラヒモビッチが29チーム相手にゴールを記録している。 メッシは16カ国のクラブと対戦し、最もゴールを記録した国はイングランドのクラブで「26」となっている。 最も多くゴールを決めた相手はアーセナルで6試合で9ゴール。ミランとセルティックが8ゴールとなっている。メッシがゴールを記録した36チームは以下の通り。 ◆CLでメッシがゴールを決めた相手 【イングランド】 アーセナル(9ゴール) チェルシー(3ゴール) リバプール(2ゴール) マンチェスター・シティ(6ゴール) マンチェスター・ユナイテッド(4ゴール) トッテナム(2ゴール) 【スペイン】 レアル・マドリー(2ゴール) 【ドイツ】 バイエルン(4ゴール) ドルトムント(1ゴール) ブレーメン(1ゴール) レバークーゼン(7ゴール) ボルシアMG(1ゴール) シュツットガルト(3ゴール) 【イタリア】 ミラン(8ゴール) ユベントス(2ゴール) ナポリ(1ゴール) ローマ(2ゴール) 【フランス】 リヨン(5ゴール) パリ・サンジェルマン(4ゴール) アヤックス(6ゴール) PSV(4ゴール) 【ポルトガル】 スポルティング・リスボン(1ゴール) 【ギリシャ】 オリンピアコス(1ゴール) パナシナイコス(4ゴール) 【スコットランド】 レンジャーズ(1ゴール) セルティック(8ゴール) 【ウクライナ】 シャフタール・ドネツク(3ゴール) ディナモ・キエフ(2ゴール) 【ロシア】 スパルタク・モスクワ(4ゴール) 【チェコ】 ヴィクトリア・プルゼニ(3ゴール) スラヴィア・プラハ(1ゴール) 【デンマーク】 コペンハーゲン(3ゴール) 【ベラルーシ】 BATEボリソフ(2ゴール) 【スイス】 バーゼル(2ゴール) 【キプロス】 APOEL(3ゴール) 【ハンガリー】 フェレンツヴァローシュ(1ゴール) 2020.10.21 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのレジェンドがアルテタの選択を批判「侮辱的な采配だった」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるアンディ・コール氏が、マンチェスター・シティ戦でアーセナルのミケル・アルテタ監督の采配を痛烈に批判した。イギリス『ミラー』が伝えている。 プレミアリーグ第5節でマンチェスター・シティに0-1で敗れ、今シーズン2敗目を喫したアーセナル。この試合、アルテタ監督はリーグ戦4試合で3ゴールをマークし、現在チーム得点王となっているフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットをベンチに置き、ウィングが本職のブラジル代表MFウィリアンをセンターフォワードに起用した。 この采配について、現役時代にストライカーとして通算187ゴールを記録したコール氏は、イギリス『talkSPORT』のなかで「ラカゼットへの侮辱だ」とアルテタ監督の采配に憤りを見せている。 「彼はラカゼットに失礼なことをしていると思う。ウィリアンはセンターフォワードではない」 「トップスコアラーのセンターフォワードをベンチに座らせて、『君(ラカゼット)は彼(ウィリアン)がセンターフォワードとしてプレーするのを見ていなさい』と言うのは、私は非常に敬意を欠いていると思うよ」 結局この試合でアルテタ監督の采配は奏功せず、ウィリアンはシュートどころかボックス内でパスを成功させることもできないまま、69分にラカゼットと交代。シティ戦後にこの采配の理由をメディアから問われたアルテタ監督は、戦術上仕方がなかったと説明した。 「我々は異なるフォーメーションで、いつもと違うスペースを占めるような多様性を持つ必要がある。シティのプレー、相手へのチェイシング、使用可能なスペースなどを考えると、ウィリアンが適任だった」 「2人のストライカー(ラカゼットとエディ・エンケティア)をベンチに座らせるのは本当に難しかった。しかし、それは戦術的な判断だったんだ」 昨シーズン指揮官に就任してから、ここまで称賛の声が絶えなかったアルテタ監督。今回裏目に出た采配を糧に、今後どのような手腕を振るっていくか注目したい。 2020.10.20 15:03 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルに痛手、ウォーミングアップ中に負傷のDFホールディングは最大4週間の離脱か

アーセナルのDFロブ・ホールディングがしばらく戦列を離れることになるようだ。 ホールディングは17日に行われたプレミアリーグ第5節のマンチェスター・シティ戦で先発メンバーに名を連ねていた。 しかし、ウォーミングアップ中にハムストリングに張りを覚えたため、ダビド・ルイスが代わりに先発することに。試合は1-0でシティに敗れていた。 ミケル・アルテタ監督は「どれほど悪いかは分からない」とホールディングの状態をコメント。「ただ、ロブを試合から外し、ダビドを試合で起用するという決断を下すのは十分悪いことだった」とコメントしていた。 イギリス『デイリー・メール』によれば、ホールディングはハムストリングの負傷で3〜4週間の離脱になるとのことだ。 今シーズンのホールディングは、ここまで公式戦6試合に出場。しかし、この負傷により、ヨーロッパリーグ(EL)のラピド・ウィーン戦、ダンドーク戦、モルデ戦に加え、プレミアリーグのレスター・シティ戦、マンチェスター・ユナイテッド戦、アストン・ビラ戦を欠場することになるようだ。 2020.10.20 14:05 Tue
twitterfacebook
thumb

盟友・メルテザッカーが不遇のエジル問題に言及「ピッチ外で多くの変化があった」

アーセナルのアカデミーでチーフを務める元ドイツ代表DFペア・メルテザッカー氏が、盟友である元ドイツ代表MFメスト・エジルについて語った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 長らくアーセナルの攻撃の中心として活躍してきたエジル。クラブ内での最高給を受け取っており、ゲームメイクやアシスト力はワールドクラスと評されてきた。 しかし、近年は出場機会が減少。パフォーマンスの低下も叫ばれる中、ミケル・アルテタ監督就任後は一時的に出場機会を得ていた。 そんな中、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断。その後再開したが、そこからエジルは1秒も出場していない。 さらに、今シーズンは一度もメンバー入りしていない他、ヨーロッパリーグの登録メンバーからも除外されており、構想外の状態が続いている。 アルテタ監督は外国籍選手が多いことから、苦渋の決断でエジルをリストから外したとコメント。一方で、テクニカル・ディレクターのエドゥ氏と共に「ファーストチームでプレーするレベルではない」とエジルの問題も指摘していた。 そんな中、かつてはチームメイトとしてもプレーしてきたメルテザッカー氏が『Klick and Rush』のポッドキャストでコメント。今年に入ってからエジルには、ピッチ外で大きな変化があり、それがプレーに影響を与えていると語った。 「フィールドから離れた場所では多くの変化があった」 「彼は結婚し、家族がいる。おそらく彼がフォーカスする部分が変わったんだろう。それでも、彼はサッカーができることに喜びを感じているよ」 「彼は私がブレーメン、アーセナル、そしてドイツ代表の3つのチームで共にプレーした唯一の選手だ。だから、彼が今プレーさせてもらえない状況にあることをとても残念に思うよ」 メルテザッカーによれば、エジルは3月に第一子を授かったとのこと。この事が人生における転機になった可能性があり、フィールド上でのパフォーマンスに影響を与えている可能性があると考えられるようだ。 2020.10.19 21:36 Mon
twitterfacebook