大宮FW藤沼拓夢が全治8カ月の重傷 トレーニング中の左ヒザ前十字じん帯損傷で手術

2020.07.10 17:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大宮アルディージャは10日、FW藤沼拓夢の負傷を報告した。藤沼は2日のトレーニング中に負傷して、9日にさいたま市内の病院で手術。左ヒザ前十字じん帯損傷で全治8カ月の見込みだ。


大宮下部組織出身の藤沼は栃木SC、グルージャ盛岡、ブラウブリッツ秋田への武者修行を経て、今季復帰。ここまで出場がなかった。

J1昇格を目指す大宮は明治安田生命J2リーグ開幕から3連勝。11日に行われる次節、東京ヴェルディをホームに迎え撃つ。
関連ニュース
thumb

大宮MF菊地俊介に第二子誕生「頑張ってくれた妻と娘には感謝の気持ちでいっぱい」

大宮アルディージャは12日、MF菊地俊介に第二子となる女の子が誕生したことを発表した。 クラブによると、菊地の次女は9日に誕生したとのことだ。菊地はクラブを通じて喜びのコメントを残している。 「私事ではありますが、2月9日に元気な女の子が産まれました。コロナ禍という大変な状況のなか、頑張ってくれた妻と娘には感謝の気持ちでいっぱいです」 「これまで以上に責任感を持ち、家族4人力を合わせて頑張っていきます!」 大宮の下部組織出身の菊地は日本体育大学から湘南ベルマーレに入団。2020シーズンに大宮へと完全移籍で加入していた。 2020シーズンは1トップでの起用が多く、明治安田J2で23試合に出場し2得点を記録していた。 2021.02.12 12:27 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮退団のラトビア代表DFマクシメンコが古巣オリンピアへ復帰「タイトル争いを助ける」

2020シーズンは大宮アルディージャでプレーしたラトビア代表DFヴィターリス・マクシメンコ(30)が、スロベニアのオリンピア・リュブリャナへと復帰した。 マクシメンコは2021年6月30日までの半年契約を結んでいる。 マクシメンコは、母国のダウガヴァ・リガやスコント・リガでプレー。また、CSKAモスクワのセカンドチームにも所属した過去がある。 2013年1月にイングランドへ渡り、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに加入すると、ヨービル・タウンやスコットランドのキルマーノック、オランダのVVVフェンロでプレー。2015年7月に母国のリアパーヤへと移籍した。 2015年8月からはオーストリアのマッテルスブルクでプレー。2017年7月にポーランドのブルク=ベット・テルマリカ・ニエチェツァへ移籍すると、2018年7月からオリンピアでプレーし、大宮へと移籍していた。 大宮では3バックの一角として明治安田J2で17試合に出場。しかし、1年で退団することとなった。 古巣への復帰となったマクシメンコは「スロベニア、リュブリャナに戻ることは素晴らしいこと。リュブリャナは僕にとって第2の故郷のようなもの」とコメント。「オリンピアと契約を結べてとても嬉しく思っている。とても良い思い出がある。チームのタイトル争いを助けるために最善を尽くす」と語っている。 マクシメンコは、オリンピアで公式戦52試合に出場し2ゴールを記録。チームは現在プルヴァリーガ(スロベニア1部)で2位につけており、首位のマリボルを勝ち点差1で追いかけている。 2021.02.11 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

海外移籍を目指した大宮MF黒川淳史、メディカルチェック通過できず残留

大宮アルディージャは25日、MF黒川淳史(22)に関して、海外移籍を断念したことを発表した。 黒川は2020シーズンは背番号10を背負い大宮でプレー。明治安田J2で37試合に出場しチーム最多の7得点を記録していた。 12月31日には2021シーズンも大宮でプレーすることが発表されていたが、15日にクラブによると海外クラブと移籍交渉をしていると発表されていた。 しかし、メディカルチェックを通過することができず契約に至らなかったため、大宮でプレーすることとなった。なお、黒川は1月中に帰国し、自主隔離期間終了後にチームへ合流する予定とのことだ。 黒川は大宮のジュニアユース、ユースと昇格し、2016年にトップチームへ昇格。しかし、シーズン前に重傷を負うとケガの影響もあり1年目は出場機会なし。2年目は明治安田生命J1リーグで3試合、リーグカップで4試合に出場し1得点、天皇杯で4試合に出場し1得点を記録していた。 2018年から2シーズンにわたって水戸ホーリーホックへ期限付き移籍。水戸では2シーズンで明治安田生命J2リーグ67試合位に出場し10得点、天皇杯で1試合に出場。2019シーズンはJ2で39試合に出場し7得点を記録していた。 2021.01.25 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

大宮の10番MF黒川淳史が海外移籍へ交渉中、クラブが発表

大宮アルディージャは15日、MF黒川淳史(22)の契約について発表した。 黒川は2020シーズンは背番号10を背負い大宮でプレー。明治安田J2で37試合に出場しチーム最多の7得点を記録していた。 12月31日には2021シーズンも大宮でプレーすることが発表されていたが、クラブによると海外クラブと移籍交渉をしているとのことだ。 黒川は大宮のジュニアユース、ユースと昇格し、2016年にトップチームへ昇格。しかし、シーズン前に重傷を負うとケガの影響もあり1年目は出場機会なし。2年目は明治安田生命J1リーグで3試合、リーグカップで4試合に出場し1得点、天皇杯で4試合に出場し1得点を記録していた。 2018年から2シーズンにわたって水戸ホーリーホックへ期限付き移籍。水戸では2シーズンで明治安田生命J2リーグ67試合位に出場し10得点、天皇杯で1試合に出場。2019シーズンはJ2で39試合に出場し7得点を記録していた。 2021.01.15 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮が助っ人FWハスキッチと契約更新「昨シーズン以上に強くなったことを見せなければ」

大宮アルディージャは14日、FWネルミン・ハスキッチ(31)との契約更新を発表した。 ハスキッチは、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身で、ブドゥチノスト・ポドゴリツァでキャリアをスタート。FCサラエボへと2011年7月に移籍すると、2012年8月にはセルビアのヴォシュドヴァツへと移籍。2013年7月からはスロバキアのコシツェに活躍の場を移すと、2015年9月にはジリナへと移籍した。 2017年2月にはポーランドのポドベスキジェへとレンタル移籍。2017年7月にスロバキアのルジョムベロクへと完全移籍すると、2018年7月からラドニチュキでプレー。ラドニチュキでは、1年半の在籍ながら60試合に出場し35ゴールを記録。2018-19シーズンはセルビア・スーペルリーガで24ゴールを記録し、リーグ得点王に。また、過去にヨーロッパリーグ予選で15試合に出場し4ゴールを記録していた。 2002シーズンに大宮に加入。明治安田J2では、12試合に出場し1得点を記録するに止まっていた。 ハスキッチはクラブを通じてコメントしている。 「昨年から学び、今年は昨シーズン以上に強くなったことを見せなければいけません。大宮はとても大きなクラブですし、ファン・サポーターの皆さまは私たちがJ1にいなければいけないチームであることを知っています。チームの目標を達成するために最善を尽くして貢献していきたいと思います!」 2021.01.14 18:08 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly