大宮、柏からGK松本健太が育成型期限付き移籍で加入

2020.07.08 11:56 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大宮アルディージャは8日、柏レイソルからGK松本健太(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。背番号は「46」に決定。なお、移籍期間中に行われる柏との公式戦には出場できない。

千葉県出身の松本はU-15のカテゴリーから柏の下部組織でプレーし、東洋大学(在学中はJFA・Jリーグ特別指定選手)を経て、今シーズンから古巣のトップチーム入り。だが、ここまで公式戦の出場はなかった。

今回、大宮への初の武者修行が決定した松本は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。

◆大宮アルディージャ
「大宮アルディージャに関わる全ての皆さま、はじめまして、松本健太です。シーズン途中からの加入になりますが、アルディージャの勝利、J1昇格のために全力で戦います。応援よろしくお願いします!」

◆柏レイソル
「リーグ戦が再開したばかりですが、移籍を決断しました。ここまでチームの力になることができずに悔しい気持ちでいっぱいですが、レイソルの選手として日立台で活躍するという目標は今も変わっていません。力を付けて必ずレイソルに戻ってきます。半年間、本当にありがとうございました」

なお、育成型期限付き移籍は、18~23歳の選手が所属チームより下部カテゴリーへ移籍する場合に限り、移籍期間外での期限付き移籍を可能とする制度。
コメント
関連ニュース
thumb

大宮vs福岡の中止でJリーグが緊急会見、U-19日本代表選手の陽性反応による「極めて例外な対応」と予定外の発見と報告

Jリーグは2日、大宮アルディージャ、アビスパ福岡との共同緊急会見を実施した。 2日、明治安田生命J2リーグ第9節の大宮アルディージャvsアビスパ福岡が試合開始直前に中止と発表されていた。 この要因として、福岡の選手1名が新型コロナウイルスの陽性反応を示す可能性が高いと判断。濃厚接触者が特定できないという状況から、試合が中止となっていた。 会見で村井満チェアマンは「大宮でのホームゲームが直前で中止とされることで、スタジアム周辺、またスタジアムに到着された中で中止を知ったことかと思います。リーグを代表して、改めてお詫び申し上げます」と謝罪した。 今回の急な試合中止に関しては「17時ごろ、今回の陽性の可能性が極めて高いという連絡を受けた」と明かしており、試合キックオフ2時間前に知ったとのことだ。 陽性反応を示す反応が高いという理由については「CT値が低いと、少ない回数でウイルスが増えていく状況。今回は、CT値が低いがために、陽性反応を示す可能性が高いと判断した」とコメント。「陽性となった場合、チーム内で濃厚接触になっている可能性も高いと判断した」と語り、感染が拡大する可能性があることから中止と判断したことを明かした。 なお、検査に関しては「今回は31日に検体を採取し、火曜日(4日)の夜に検体結果が判明するという予定だった。しかし、昨日、U-19日本代表に招集されていた町田の選手が陽性だったと連絡を受けて、極めて例外な対応を検査チームに行った」と、異例の対応を行ったと明かした。 また、「最終的には当該の代表選手1名のみが陽性だったが、J2も検査スピードを上げていただいた中に、福岡の選手が含まれていた」とし、予定外の早期発見となったとコメント。「通常であれば、火曜日の判定となった中、この夕刻に来たことで、可能性が高いのであれば見合わせようと判断した」とし、本来の検査スピードであれば試合がそのまま実施されていたとしている。 なお、福岡の川森敬史社長は「Jリーグから第一報、可能性がある、専門家の方との協議をする段階で16時ごろにもらい、チームヘ連絡。当該選手は席を外し、他の選手から話したという状況です」と語り、試合会場へ移動する前にストップしていたことを報告。また、「大宮にいる段階で、地元の保健所の指示を仰いでいる状況なので、そちらの指示をもとに行動したいと思います」と語り、選手の移動に関しても、今後の状況を待って判断するとしている。 2020.08.02 18:51 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮vs福岡が急きょ中止に、福岡の選手が陽性反応の可能性が非常に高いと判断

Jリーグは2日、明治安田生命J2リーグ第9節の大宮アルディージャvsアビスパ福岡の一戦が中止となったことを発表した。 Jリーグの発表によると、Jリーグ公式検査の結果、アビスパ福岡の選手1名が新型コロナウイルスの陽性の可能性が非常に高いと判定。医師による陽性診断がなされた場合に、本日の試合開催前に濃厚接触者の特定ができないことが確認されたため、試合中止となった。なお、代替日については未定とのこと。 この試合は大宮のホーム・NACK5スタジアム大宮で19時から開催予定。2位の大宮(勝ち点18)と3位の福岡(勝ち点14)の上位対決だった。 なお、大宮vs福岡のカードは、昨シーズンも10月に台風の影響で試合が当日中止となっていた。 2020.08.02 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

J親子対決が4年ぶりに実現/六川亨の日本サッカー見聞録

6月27日に再開・開幕したJリーグも約1ヶ月が過ぎた。当初は新型コロナの感染拡大を防ぐため、移動のリスクを減らそうとチームを東西に分けての対戦だった。そして8月1日からは「超」厳戒態勢を厳戒体制に変更。東西のチーム分けはやめ、5000人か50%を上限に入場者数の引き上げやビジタ-席の開放を実施する予定だった。 しかし村井満チェアマンは東京都の感染拡大を受け、1日からの制限緩和を10日に延長し、さらにNPB(日本野球機構)と専門家による対策連絡会議の結果、政府の方針通り8月31日まで超厳戒態勢を継続することを決めた。 悪いことは重なるもので、先週末は名古屋の選手・スタッフに感染者が出たことと、濃厚接触者の特定に時間がかかったため、広島対名古屋戦は中止になった。その後は名古屋の選手寮の調理師、福岡のスタッフにも感染者が出た。 7月30日現在、東京都の1日の感染者は過去最多の367人を記録。名古屋市も初めて感染者が100名を越すなど、全国各地で感染拡大が拡がっている。 こうした状況で週末の8月1、2日にはJ1、J2、J3のリーグ戦が予定されていて、来週5日にはルヴァン杯も再開される。8月といえば、例年なら小中高校生は夏休みに入り、Jリーグにとってもゴールデンウィーク(今年はなかったが)に続く「かき入れ時」でもある。実際、8月は毎週末と水曜にJ1~J3の試合が組まれている。 果たして無事に8月を乗り切れるのかどうか。Jリーグに関わるすべての人が不安に感じていることだろう。 そんな不安とは裏腹に、ピッチでは毎週のように熱い戦いが繰り広げられている。先週末の25日はJ2の大宮対松本、そして今週の29日は東京V対新潟を取材した。渡邉(新潟)のアディショナルタイムの同点弾で1-1と勝点を分け合った東京V対新潟戦には、将来が楽しみな10代の選手が自信に満ちたプレーを披露したが、こちらの話題はまたの機会に譲ろう。 そして戸島の決勝点で松本を1-0と下して大宮が連敗を2でストップした試合では、4年ぶりに監督と選手の“親子対決"が実現した。 前半、メインスタンドから見て左側のベンチにいる高木琢也監督の目前を、松本の左サイドMF高木利弥が何度となく上下動する。飲水タイムには言葉を交わす機会があるのかどうか期待したが、さすがにそれはなかった。 2人の親子対決が初めて実現したのは2016年のこと。現役時代は「アジアの大砲」と言われ、16年当時は長崎を率いていた高木監督が、山形に加入して2年目の息子・利弥君と敵味方にわかれて戦ったのだった。 しかし、それまでも「親子Jリーガー」がいないわけではなかった。 日本国籍を取得したハーフナー・ディドは横浜MのGKコーチ時代、息子であり元日本代表FWのハーフナー・マイク(当時19歳)と2006年に1シーズンをともに過ごしたことがある。その横浜Mでは、水沼貴史と水沼宏太の親子もともにプレーした。父親である水沼貴史は2007年に横浜Mの監督を務め、その時は宏太君も3試合ほどJ1リーグでプレーしている。 彼らに続くのが、2017年に名古屋を率いていた風間八宏監督が、岐阜(当時はJ2)戦で次男の宏矢君と対戦したケースだ。こうして振り返ると、親子対決の実現した父親は1960年以降生まれで、1993年のJリーグ開幕時に現役としてプレーした世代が条件の1つになっているようだ(ディドは1957年生まれで一度は引退したが、Jリーグの開幕により現役に復帰)。 変わったところでは、大宮戦ではスタメン出場でチームを牽引した松本のレジェンド田中隼磨(38歳)の長男、新保海鈴(しんぼ かいり)君が、7月5日のJ3リーグでC大阪Uー23の一員として後半20分にデビューした(G大阪Uー23戦)。まだ高校3年生(17歳)のため出場機会も限られるだろうが、今シーズンは松本のJ1昇格により選手として初の“親子対決"が見られるかもしれない。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.07.30 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

北九州が徳島を下し5位浮上! 大宮は翁長のFK弾で無敗長崎を追走《J2》

明治安田生命J2リーグ、第8節が29日に行われた。 ギラヴァンツ北九州vs徳島ヴォルティスの一戦は、2-0で北九州が勝利した。 昇格組ながらここまで3勝。ホームで連勝を目指す8位の北九州と、前節はアウェイでジュビロ磐田に0-2で勝利している3位徳島の一戦。 試合は北九州が最初のチャンスを生かす。7分、右サイドから逆サイドへ展開すると、左サイドから福森がクロス。ボックス中央で相手DFの前に入ったディサロ燦シルヴァーノがヘッドで合わせ、北九州が先制する。 徳島は右サイドからのFKを梶川がクロス。ボックス中央で清武がヘディングで合わせるも、GK永井がパンチングで防ぎ、ゴールを許さない。 互いに攻め合う中45分に北九州が追加点。縦パスを受けた町野がDFを背負った状態からターン。相手を上手くかわすと、最後はスルーパスに反応した椿がしっかりと決め、北九州がリードを広げる。 リードを広げられた徳島は前半アディショナルタイムに決定機。右サイドでのFKから梶川がクロスを上げると、石井がヘッド。しかし、GK永井がセーブすると、最後は西谷が押し込みに行くが、粘りを見せて得点を許さない。 後半に入り徳島は追いつこうと攻勢をかけるが、フィニッシュの精度を欠いてしまう。 72分には決定機。右に展開するとオーバーラップしてきた岸本がボックス内右から強引にシュート。こぼれ球を杉森が広い、ボックス手前から振り向きざまにシュートも、わずかに右に外れる。 その後も徳島が攻め込むが、最後までゴールを奪えず。北九州が2-0で勝利し連勝で5位浮上、徳島は1つ順位を落とし4位となった。 ツエーゲン金沢vs大宮アルディージャの一戦は、0-1で大宮が勝利を収めた。 前節はザスパクサツ群馬相手に0-5で快勝した金沢はホーム初勝利を目指して大宮を迎えた。対する大宮は、前節松本山雅FCに1-0で勝利。今季3失点の堅守で連勝を目指す。 試合は立ち上がりに大宮が押し込むと、ドリブルを仕掛けた奥抜がボックス手前で倒されFKを獲得。これを翁長が蹴ると、壁を越えたシュートが左隅に直接決まり、大宮が先制。翁長は加入後初ゴールとなった。 その後も大宮が押し気味に試合を進めるも、なかなかチャンスを作ることができない。 対する金沢は、ルカオや下川を中心に大宮ゴールを目指すが、堅い守備の前に決定機を作れない。 大宮の1点リードで迎えた後半、金沢は高安、島津を入れ攻勢を強めに行く。するとこの交代策が当たったのか、徐々に大宮を押し込む展開となる。途中投入の島津はカットインからボックス手前でシュート。しかし、これはGKクリャイッチがギリギリでセーブする。 60分には左からのクロス。クリャイッチがパンチングで弾くと、こぼれ球をつなぎ、最後は高安がボックス内で合わせたが、翁長が無人のゴールを防ぐ。 その後も金沢が押し込む時間帯が続くが、堅い大宮の守備が最後まで守り得点を許さず。結局そのまま試合は終了し、0-1で大宮が勝利。2試合連続ウノゼロで連勝を飾った。 4位のアビスパ福岡(勝ち点13)は、4連勝を目指して17位の愛媛FC(勝ち点7)と対戦。一進一退の攻防が続く中、有田が丹羽と負傷交代、一方の福岡はフアンマが戦術的交代で城後に代わり、互いに前半半ばに交代カードを切る展開に。 その後は攻勢を強めた福岡だが、ゴールレスで迎えた77分、試合を動かしたのは愛媛だった。自陣右サイドからカウンターを仕掛けた愛媛は、途中出場の長沼がドリブルで持ち上がり敵陣中央へ侵攻。全力で駆け上がってきた川村にスルーパスを通すと、川村はボックス手前から左足一閃。強烈なシュートがゴールに突き刺さり、アウェイの愛媛が先制に成功した。 それでもその5分後、福岡の右CKのシーン、エミル・サロモンソンのクロスを三國ケネディエブスが頭で合わせ同点に。三国は途中出場から2分後の得点となった。 その後は互いにチャンスは作れず1-1で試合終了。福岡は連勝が「3」でストップ。一方の愛媛は3試合連続で、勝ち点を落とす結果となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第7節 ▽7/29(水) モンテディオ山形 0-0 ジェフユナイテッド千葉 水戸ホーリーホック 2-2 ヴァンフォーレ甲府 ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> 東京ヴェルディ 1-1 アルビレックス新潟 松本山雅FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> ファジアーノ岡山 1-1 京都サンガS.C. レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> アビスパ福岡 1-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-0 徳島ヴォルティス FC琉球 2-2 ジュビロ磐田 2020.07.29 21:49 Wed
twitterfacebook
thumb

逆転の首位・長崎が唯一の無敗継続! 大宮連敗で2位以下は混戦の様相…《J2》

19日、明治安田生命J2リーグ第6節の9試合が行われた。 シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山vsV・ファーレン長崎は、アウェイの長崎が2-1で逆転勝利した。 前節、FC琉球とドローに終わり、開幕からの連勝が「4」でストップした首位の長崎。立ち上がりから集中した入りを見せたが、21分に岡山のセットプレーから徳元に見事な左足のダイレクトボレーを決められ、先制を許した。 ここから攻勢を強めて同点を目指す長崎だが、GKポープ・ウィリアムの再三の好守に遭い、なかなかゴールをこじ開けられない。その難しい展開の中で手倉森監督は積極的に交代カードを切っていくと、その采配が逆転劇を演出することに。 まずは73分、ゴール前での混戦からビクトル・イバルボが見事なボールキープから短く落とすと、これを途中出場の大竹がすかさず蹴り込んで同点に追いつく。さらに、78分には大竹のクロスを同じく途中出場の畑がペナルティアーク付近で丁寧に落とすと、カイオ・セザールが狙いすました右足のコントロールシュートをゴール右隅へ突き刺した。 その後、ホームチームの反撃をGK徳重を中心にきっちり撥ね返した長崎が鮮やかな逆転勝利で開幕から唯一無敗を継続することになった。 前節、共に今季初黒星を喫したヴァンフォーレ甲府と大宮アルディージャのリバウンドメンタリティが試される一戦は、ホームの甲府が1-0で勝利した。 互いに堅守速攻を売りとするチーム同士の一戦は堅い展開に。それでも、立ち上がりには大宮が翁長のミドルシュート、左CKからニアに飛び込んだ西村がゴールに迫るが、GK岡西の好守に遭う。 その後は一進一退の攻防となったが、ホームの甲府が後半立ち上がりに先制。51分、右CKの場面で藤田がニアにインスウィングの低いボールを入れると、これをドゥドゥが巧みな右足インサイドのボレーで蹴り込んだ。 その後はアウェイの大宮が終始、押し込む展開が続いたが、専守防衛を図るホームチームの堅守に手を焼きなかなか決定機まで持ち込めない。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、甲府が前節の東京ヴェルディ戦の大敗を払しょくする白星を手にした。一方、昇格候補の大宮は開幕4連勝から一転して連敗を喫することになった。 2位以下は混戦模様の様相に。愛媛FCをホームで迎え撃った京都サンガF.C.は、後半立ち上がりに愛媛に先制を許すも、エースのピーター・ウタカがわずか2分間で2ゴールを挙げる電光石火の逆転劇をみせ、2-1で勝利。勝ち点を「11」に伸ばして3位に浮上した。 また、3連勝を狙った徳島ヴォルティスを持ち味の堅守速攻で返り討ちにしたアビスパ福岡が今季初の連勝で6位に浮上。さらに、ジュビロ磐田は3戦無敗と好調を維持していた昇格組のギラヴァンツ北九州を相手にいずれも途中出場の中野、ルキアンが後半に挙げたゴールによって2-0の勝利。5位に浮上している。 その他の試合では長崎と共に開幕から無敗を継続していたFC町田ゼルビアが水戸ホーリーホックに0-4の大敗を喫して今季初黒星を喫している。 ◆明治安田生命J2リーグ第6節 ▽7/19(日) 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-0 ザスパクサツ群馬 アルビレックス新潟 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 4</span>-0 FC町田ゼルビア ファジアーノ岡山 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> ▽7/18(土) ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 東京ヴェルディ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口FC 4</span>-1 FC琉球 2020.07.19 21:28 Sun
twitterfacebook