バルサが好調ビジャレアルを4発粉砕! スアレスとグリーズマンが鮮やかゴラッソ《ラ・リーガ》

2020.07.06 06:51 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは5日、ラ・リーガ第34節でビジャレアルと対戦し、1-4で勝利した。

ここ2試合引き分け続きで、首位のレアル・マドリーとの勝ち点差が「4」に広がってしまったバルセロナ。残り5試合となる今節は、すでにマドリーがビルバオを下して勝ち点を伸ばしているため、逆転優勝の望みを繋ぐためにも負けられない。

今節はグリーズマンが3試合ぶりの先発起用。すると開始4分、セルジ・ロベルトの押し上げから左のジョルディ・アルバのクロスにグリーズマンが飛び込んで先制。記録はオウンゴールだった。

幸先よく先制したバルセロナだが、コロナ明け6試合で5勝と絶好調のビジャレアルもすぐさま反撃に出る。14分、自陣でボールを奪い大きく前方へ送球。絶妙なタイミングで最終ラインを抜け出したアルカセルがボックス右から左へ展開すると、カソルラのシュートはGKテア・シュテーゲンに止められるも、こぼれ球をジェラール・モレノが押し込んで同点に。モレノは3試合連続ゴールとなった。

あっという間に振り出しに戻されたバルセロナだが20分、ロングボールを収めたメッシがドリブルで相手を引き付けて左のスアレスにラストパス。スアレスはこれをボックスの端からダイレクトで蹴り込むと、シュートはゴール右上に突き刺さり、再びリードをもたらした。

撃ち合いの様相を呈する中、ビジャレアルはアルカセルが足を痛めるアクシデント。36分にバッカとの負傷交代を余儀なくされた。だが投入されたバッカが直後にチャンス。ボックス右への侵攻からそのままシュートを狙うも、GKテア・シュテーゲンに弾かれた。

以降はバルセロナが主導権を握り試合が進むと迎えた45分にスーパーゴールが飛び出す。右サイドのビダルからセルジ・ロベルト、グリーズマン、メッシと中に繋いでメッシがドリブルで左へ。するとここで相手の意表を突いてバックパス。そして最後は、グリーズマンがボックス手前から息を呑むような鮮やかなループシュートを沈めて、バルセロナがリードを2点に広げた。

ビジャレアルは後半から選手を2人代えて望んだが、主導権を渡さないバルセロナが次々とゴールに迫っていく。60分にリキ・プッチとラキティッチを投入しさらに加速。69分、相手をゴール前に釘付けにしながら二の矢三の矢を放っていく。最後はセルジ・ロベルトの折り返しをメッシが押し込んでネットを揺らしたが、その前のプレーでオフサイドがあったとして、VARの末に取り消された。

その後も危なげない試合運びを見せたバルセロナは、87分に途中出場のファティが4点目を決めて勝利。3試合ぶりの白星を挙げた。一方のビジャレアルは再開後初黒星となった。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサのセティエン監督、ナポリを抑え込んだ守備を評価「うまく状況に対応した」

バルセロナのキケ・セティエン監督が、ナポリ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでナポリと対戦したバルセロナは、10分に左CKからDFクレマン・ラングレが先制ゴール。23分にFWリオネル・メッシが加点すると、前半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスが3点目を奪う。 その後、FWロレンツォ・インシーニェに1点を返されたが、3-1で逃げ切り。2戦合計4-2で13シーズン連続のベスト8進出を果たした。 試合後、セティエン監督は2ndレグで勝利し、勝ち進めたことを喜んだ。 「我々はこの最初の一歩を踏み出し、この試合に臨んだものと同じ熱意を持って、残りの試合を楽しみたかった。チームは素晴らしく、勝利に値した」 「我々が行ったことは簡単ではなかった。優れた知性で守る必要があった。イタリアで最高のチームの1つだ。」 また、ナポリのポゼッションに苦しめられたと語ったセティエン監督。しかし、チームの守備の一貫性には満足感を示した。 「ナポリからボールを奪うのは難しい。彼らが我々のプレッシャーを掻い潜ったとき、多くの方向性を変化させ、犠牲を払った」 「ピッチ全体で一貫性を保つよう努めてきて、かなり順調にできたと思う。うまく状況に対応した。全てを完全にコントロールできたと思う。このチームとその記録はとても難しいチームになっていくだろう」 また、準々決勝で対戦することが決まったバイエルンについては「全ての対戦相手が強敵であり、全試合が難しくなるだろう。我々にとっても、彼らにとっても難しいだろう。素晴らしいチームだが、我々もそうだ」と、強敵であることを認めながらも、負けていないと意気込みを語った。 2020.08.09 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

まるで水切り!全盛期リバウドの地を這うグラウンダーミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWリバウド氏が、バルセロナ時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆全盛期リバウドの地を這うグラウンダーミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBUUpFUnM0MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> “左足の魔術師”と称され、バルセロナで見事な活躍を見せたリバウド氏。1997-98、1998-99シーズンでのリーグ連覇に貢献し、1998-99シーズンにはバロンドールにも選ばれている。 1999年4月4日に行われたラ・リーガ第28節のオビエド戦では、当時のリバウド氏の好調ぶりを象徴するような活躍を見せた。 0-0で迎えた23分、バルセロナはチャンスを迎えると、FWアンデルソン・ダ・シウバがDFを引き付け、リバウドへと落とす。 ゴールまでは30m近くあったものの、リバウドはこれをダイレクトでシュート。振り抜いた左足から放たれたシュートは、地を這うようなグラウンダーのシュートとなり、瞬く間にゴール右へと突き刺さった。 このゴールで先制したバルセロナは、一度は同点に追いつかれるものの、2本のPKをリバウドが決め、リバウドのハットトリックの活躍で3-1の勝利を飾った。 2020.08.09 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「ブラックアウトが発生したのはがっかり」ガットゥーゾ監督が敗戦の弁

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、選手達に喝を飛ばした。クラブ公式サイトが伝えている。 ナポリは8日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでバルセロナと対戦。10分に左CKからDFクレマン・ラングレに先制点を許すと、23分にFWリオネル・メッシ、前半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスと失点を重ねてしまう。 前半終了間際にFWドリエス・メルテンスが倒されて得たPKをFWロレンツォ・インシーニェが確実に決め反撃に出たナポリは、後半はバルセロナよりも多くのチャンスを作るも、ゴールネットを揺らせず。1-3で敗れ、2戦合計2-4でラウンド16で姿を決した。 試合後、ガットゥーゾ監督は「もっとうまくやれた」と選手たちのパフォーマンスに喝。勝ち進むことも不可能ではなかったと述べている。 「我々は本物の個性を見せてプレーしたことには満足している。しかし、試合全体で彼らを追えなかったという事実により、それほど満足していない。バルセロナに3点を許した時、突然ブラックアウトが発生したのはがっかりしている」 「私は相手にそういった機会を与えたので怒っている。スタッツを見れば我々はバルセロナよりも多くのチャンスを作っていた」 「我々は試合開始の10分と後半はとても良かった。バルセロナを敵陣でプレーさせていた。バルセロナは時々、彼らの陣内で立ち往生していた。我々がもう少し冷静だったら試合に勝てたと思う」 「先ほども言ったように、もっとうまくやれていたと思う。だから、ガッカリしているし、少し怒っている。2ndレグで我々がどのようにプレーしていたかをみると、我々が勝ち進むことは不可能ではなかった」 2020.08.09 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

インシーニェ、勝負が決した前半のパフォーマンスに「もっと何かできた」

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが、バルセロナ戦の結果に落胆した。クラブ公式サイトが伝えている。 8日に敵地でチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのバルセロナ戦に臨んだナポリ。開始早々にFWドリエス・メルテンスが決定機を逃すと前半アディショナルまでに3失点を喫してしまう。 前半終了間際にインシーニェがPKを決めて、1点を返すも反撃はここまで。1-3で試合に敗れると、2戦合計2-4でベスト8進出を逃した。 この試合で1ゴールを記録したインシーニェは、「最後までやり抜いた」と語るも、勝負が決した前半のパフォーマンスを悔やんだ。 「CL敗退はとても残念だが、最後までベストは尽くした。僕たちは素晴らしいチームと戦うことはわかっていた。試合に臨み、戦って最後までやり抜いた」 「おそらく前半にもっと何かできたと思うが、何個かの結果から幸せではない。バルセロナをさらに苦しめられたかもしれないから残念だ」 「僕たちは全体的にピッチ上でのプレーは正しい道に進んでいると思う。ゴール前でもっと点を取る必要があるが、この観点からも成長すると思う」 「来シーズンはCL権を取りに戻したい。次はチャンピオンシップで上手くスタートを切り、最後まで高いレベルを維持したいね」 2020.08.09 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、楽天とスポンサー契約を延長か? 現契約は2021年まで

バルセロナが、メインスポンサーである楽天との契約を1年延長する交渉をスタートさせたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 世界でも有数のビッグクラブであるバルセロナ。しかし、世界中で流行した新型コロナウイルス(COVID-19)の影響は大きく、次のシーズンは支出を抑える必要があるという。 加えて、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長の任期が2021年までとなっているが、メインスポンサーである楽天とBeko(トルコの大手家電メーカー)の契約も2021年で終了する予定となっており、会長退任と同時期となることは、クラブにとって見過ごせない事態となっている。 楽天は、年間5500万ユーロ(約68億7000万円)を支払い、チャンピオンズリーグ優勝で500万ユーロ(約6億2500万円)、ラ・リーガ優勝で150万ユーロ(約1億8800万円)のボーナスを支払う契約を結んでいる。なお、2017年に結んだ契約は4年間で、1年間の延長オプションが付いている。 一方、ユニフォームの袖とトレーニングウェアに載っているBekoは、1つあたり約1900万ユーロ(約23億7300万円)を支払っている状況。バルセロナは両者と契約延長の準備を進めているが、世界的なパンデミックによりスポンサー料が減る可能性があるという。 『ムンド・デポルティボ』によると、楽天の三木谷浩史社長とバルトメウ会長は契約延長に向けた交渉をスタートしたとのこと。バルトメウ会長は、自身の任期が終わる前に契約延長で合意させたいようだ。 2020.08.09 09:10 Sun
twitterfacebook