GKお手上げ! 軌道が読めないドログバの無回転ミドルが炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

2020.07.01 21:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏がチェルシー時代に決めたゴールだ。

◆セーブ不能、ドログバの強烈ミドル!

ル・マンでのデビュー後、フランスで頭角を現していたドログバ氏は、マルセイユへ移籍。すると、チャンピオンズリーグで当時ポルトを指揮していたジョゼ・モウリーニョ監督の目に留まり、2004年に同監督と共にチェルシーへ移籍する。

強豪クラブへと移籍したドログバは、プレミアリーグにも次第に順応。チェルシーでは在籍した8シーズンで公式戦164ゴール86アシストを記録した。

中でも見事だったのが、2011年1月24日に行われたプレミアリーグ第24節のボルトン戦でのゴールだ。

前半11分、MFフローラン・マルダからのパスを受けたドログバは、相手のプレッシャーが弱いことをみるやすかさず右足でミドルシュートを放つ。ゴールまでは25m以上あったものの、シュートはグングンと伸び、浮き上がるような弾道でゴールネットに突き刺さった。

後ろからの角度で観ると、無回転のシュートは全く予想のつかない軌道を描いており、相手GKユッシ・ヤースケライネンの反応が遅れたのも納得だ。
コメント
関連ニュース
thumb

クラシコでも阿吽の呼吸!ベッカムの絶妙フィードをオーウェンが仕留める!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆イングランドの名コンビがクラシコで見せた技ありゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXQ3NHRUx2SiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リバプールの下部組織で育ち、そのままファーストチームへ昇格したオーウェン。“ワンダーボーイ”としても知られ、多くの注目を集めた。 リバプールで長らくエースとして活躍した後、銀河系軍団と呼ばれていたレアル・マドリーへと移籍。その後は、ニューカッスル、マンチェスター・ユナイテッド、ストーク・シティと渡り歩き、2013年に現役を引退していた。 そんなオーウェンが決めたゴールの中でも記憶に残るのは、2004-05シーズンのラ・リーガ第31節、2005年4月10日に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”でのゴールだ。 “怪物”ロナウドとの2トップを組んで先発出場したオーウェン。ジネディーヌ・ジダンやラウール・ゴンサレス、デイビッド・ベッカムといった銀河系の面々とともにピッチに立つと、3-1とリードして迎えた65分にゴールを奪う。 自陣でサミュエル・エトーからイバン・エルゲラがボールを奪うと、こぼれ球を拾ったベッカムがルックアップ。すぐさま右足で前線へフィードを送ると、最終ラインの裏へ飛び出したオーウェンの元へ。 ボールはバウンドとともにブレーキがかかりオーウェン冷静にトラップ。ボックス手前で右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがネットを揺らした。 イングランド代表のチームメイトでもある気心知れたベッカムからの絶妙なパスに、特徴でもある絶妙な飛び出しを見せたオーウェンのシュート技術。スペインの地でイングランドの2人が見せた素晴らしいゴールとなった。 2020.07.02 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

国王杯決勝でメンディエタが魅せた相手DF無力化のリフティングボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表MFガイスカ・メンディエタ氏がバレンシア時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メンディエタの落ち着きとテクニック!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2NUYycTFSSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カステジョンでデビューしたメンディエタ氏は、1992年7月にバレンシアへ移籍。元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマール氏らとともに2度のチャンピオンズ・リーグ準優勝に貢献した。 バレンシアでは在籍9年間で公式戦282試合に出場し52ゴール10アシストを記録したが、中でも見事だったのが、1999年6月26日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアトレティコ・マドリー戦でのゴールだ。 1-0とリードしている中、バレンシアはカウンターから敵陣左サイドでFWアドリアン・イリエがボールを持つと、右足で中央にクロスを供給する。これをオーバーラップしていたメンディエタがボックス内中央で受け、胸トラップする。 ゴールに背を向ける形になったものの、ボールをバウンドさせることなく、右足でリフティングし、次のタッチでふわりと浮かせる。それと同時に体を反転させ、一気にDFをかわすと、最後はGKとの1対1を冷静に左足で決めた。 クラウディオ・ラニエリ監督(現・サンプドリア監督)率いるバレンシアは、このスーパーゴールもあり、3-0で勝利。20年ぶりのコパ・デル・レイ優勝を果たした。 2020.07.02 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

“悪童”マテラッツィが日本人選手の前でオーバーヘッドを炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆CBマテラッツィの完璧なバイシクル<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZRFVxeTNZSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名ディフェンダーにしてサッカー界随一の“悪童”としても知られるマテラッツィ氏は、2000-01シーズンにはシーズン11ゴールを決め、当時のディフェンダーとしてのリーグ最多得点記録を塗り替えたこともある。 インテルに入団してからも公式戦209試合に出場し33得点を記録。パワフルな守備だけでなく得点力でもチームに貢献したが、2006年12月17日に行われたセリエA第16節のメッシーナ戦ではストライカー顔負けのゴールを決めている。 ゴールレスで迎えた49分、攻め込んだインテルはMFルイス・フィーゴが、敵陣右大度からゴール前へとクロスを供給する。これをファーサイドのFWズラタン・イブラヒモビッチが頭で折り返すと、高く上がったボールをボックス中央にいたマテラッツィがバイシクルシュート。難しいシュートだったが、しっかりと左足で捉えたシュートは相手GKマルコ・ストラーリの牙城を破った。 なお、この試合には当時メッシーナに所属していた元日本代表MFの小笠原満男氏も先発出場しており、このスーパーゴールの目撃者となっていた。 2020.07.02 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

“怪物”ロナウドはFKまで蹴れる! 同胞ロベカルを彷彿とさせる長距離弾丸シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWロナウド氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウド、意外な豪快FK弾!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhNmcxbkVaMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 圧倒的なパワー、スピード、テクニックに傑出した得点感覚を兼ね備えたロナウド氏だが、1997年9月27日のセリエA第4節のレッチェ戦では見事なFKを決めている。 ゴールまで30m近くある位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーのロナウドは、FKの名手ロベルト・カルロスを彷彿とさせるような長い助走を取る。思い切り走りこんだロナウドは勢いのまま弾丸シュートを放つと、ボールはゴールまで一直線。あまりの威力に相手GKファブリツィオ・ロリエリも防ぎきれず、ゴールへ吸い込まれた。 ロナウド氏はインテルでは在籍5年で98試合に出場し59ゴール11アシストを記録。2度の靭帯断裂という大怪我もあったものの、インテリスタの記憶に強く刻まれていることだろう。 2020.07.01 19:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ハイクロスをダイレクトボレー!現役復帰のロッベンがCLで見せた地を這うシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は現役復帰を発表した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロッベンがハイボールをドンピシャボレー!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNZHhReUp2WSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2009年夏から昨年までバイエルンでプレーしたロッベン。負傷に悩まされながらも公式戦通算307試合143ゴール101アシストの圧巻のスタッツを残し、7度のブンデスリーガ制覇やチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。 右サイドからのカットインや抜群のスピードを生かしたゴールを多く決めてきたロッベンだが、2010年4月7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの2ndレグでは見事なボレーシュートを決めている。 2戦合計3-4の1点ビハインドで迎えた74分、バイエルンは左CKのチャンスを獲得すると、キッカーのFWフランク・リベリが高く浮かせたボールは、ボックスギリギリのところで構えていたロッベンのもとへ。意表を突かれたユナイテッド守備陣はロッベンへのプレッシャーが少し遅れる。 落下点を見極め、少しポジションを修正したロッベンは狙いをすまして得意の左足を振り抜くと、地を這うようなボレーシュートはGKファン・デル・サールの手の先、ゴール左下隅へと吸い込まれていった。 ここしかないというコースに決まったこのゴールでバイエルンは2戦合計4-4に追いつき、アウェイゴールの差で準決勝進出を決めていた。 2020.07.01 11:50 Wed
twitterfacebook