ローマとアーセナルがムヒタリアンの今季一杯のレンタルで合意、来季のレンタルもプレ合意

2020.07.01 14:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは6月30日、アーセナルからレンタル移籍中のアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(31)のレンタル期間延長を発表した。今シーズンいっぱいはローマでプレーする。

ムヒタリアンは、2019年9月にアーセナルから1年間のレンタル移籍で加入。今シーズンはセリエAで15試合に出場し6ゴール3アシストを記録。ヨーロッパリーグでも4試合に出場していた。

◆アーセナル時代のムヒタリアンのベストアシスト!

ローマの発表によると、今シーズン終了までのレンタル期間延長でアーセナルと合意に至ったとのこと。また、2020-21シーズンもローマでプレーすることでプレ合意をしたとのことだ。

ムヒタリアンはレンタル期間の延長についてコメント。また、来季の残留に向けてのプレ合意を喜んだ。

「僕はとても満足している。最後に、来シーズンもレンタル期間の延長で暫定的に合意をしたので、とても嬉しい。まだ達成していないことを成し遂げたいので、ここに残ることができて満足している」
コメント
関連ニュース
thumb

ライプツィヒに朗報! レンタル期間延長のシックが今季CLの戦い完遂へ!

チェコ代表FWパトリック・シック(24)は、RBライプツィヒの一員として今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが可能となったようだ。ドイツ『sportbuzzer』が報じている。 昨夏にローマからレンタルで加入したシックは、今季ここまでの公式戦26試合に出場して10得点3アシストを記録。ドイツの地で本来のパフォーマンスを取り戻したストライカーは、チームのブンデスリーガ3位フィニッシュに大きく貢献した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆チェコが誇る100年に1人の逸材!パトリック・シック<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGamowVHdadiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ただ、ライプツィヒとのレンタル契約は6月末で失効しており、8月初旬に再開されるチャンピオンズリーグ(CL)出場のためには、2900万ユーロ(約35億1000万円)と言われる買い取りオプションの行使あるいは、ローマの許可を取り、CL終了までレンタル期間を延長する必要がある。 そういった中、『sportbuzzer』はローマとライプツィヒ、シックの代理人を務めるパヴェル・パスカ氏の3者による話し合いの結果、レンタル期間を8月末まで延長することで合意に至ったという。 一方、シックの来季以降の去就は未だ不透明となっており、シックの完全移籍交渉に関してはローマが2500万ユーロ(約30億3000万円)を要求しているのに対し、ライプツィヒは2000万ユーロ(約24億2000万円)以上を支払うつもりがないようだ。 ただ、今回のレンタル期間延長はクラブ史上初のCL準々決勝に臨むライプツィヒにとっては朗報だ。同クラブではドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがリーグ戦終了と共に、来季加入が決定したチェルシーに旅立っており、加えてもう1人の主力の離脱となれば、大きな痛手となるはずだった。 2020.07.02 16:29 Thu
twitterfacebook
thumb

スモーリングとサンチェスはEL前にユナイテッド帰還へ

マンチェスター・ユナイテッドは1日、ローマにレンタル中の元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)と、インテルにレンタル中のチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)の両選手が8月に開催されるヨーロッパリーグ(EL)を前にユナイテッドに復帰することを発表した。 両選手共に買い取りオプションなしの1年レンタルでローマとインテルにそれぞれ加入し、スモーリングは今季の公式戦30試合に出場して2ゴール1アシストと主力として活躍。サンチェスはケガがあった中、公式戦19試合の出場で1ゴール4アシストを記録していた。 その両選手についてユナイテッドは「スモーリングとサンチェスの両選手に関するレンタル契約が、セリエAのシーズン終了となる8月の第1週まで延長された」と発表。 一方でセリエAのシーズン終了後に行われるELを前に両選手がユナイテッドに復帰することが決まった格好だ。 ローマとインテルはそれぞれEL決勝トーナメント2回戦に進出しており、ローマはセビージャとの対戦を、インテルはヘタフェとの対戦を控えているが、スモーリングとサンチェスを起用できないこととなった。 2020.07.02 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマのミスを突いたミランが再開後2連勝!《セリエA》

セリエA第28節、ミランvsローマが28日に行われ、2-0でミランが勝利した。 リーグ再開初戦となった前節レッチェ戦を4-1と快勝した8位ミラン(勝ち点39)は、レッチェ戦と同じスタメンで臨み、レビッチとボナヴェントゥーラの2トップで挑んだ。 一方、ジェコのドッピエッタでサンプドリア戦を逆転勝利した5位ローマ(勝ち点48)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを6ポイント差で追う中、サンプドリア戦のスタメンから6選手を変更。ペッレグリーニやクリスタンテ、G・マンチーニらが先発となった。 ジェコを最前線に、2列目に右からムヒタリアン、ペッレグリーニ、クライファートと並べたローマに対し、立ち上がりからミランがボールを保持する展開となった。 しかし、より多くゴールに迫っていったのは手数をかけないカウンターを仕掛けていたローマ。そして20分、クライファートの左クロスからジェコがヘディングシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。 前半半ば以降も同様の構図で試合が推移する中、39分にミランに決定機。テオ・エルナンデスの左クロスからチャルハノールがヘディングシュートを放つも枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もミランがボールを持った中、54分にパケタとサレマーカーズの2選手を投入。すると65分に決定機。サレマーカーズのスルーパスでボックス左に抜け出したチャルハノールが決定的なシュートに持ち込んだ。さらに67分、パケタの右足ミドルが枠を捉えるも、ここもGKミランテに阻まれた。 それでも76分、ミランが先制する。ザッパコスタのバックパスミスをカットしたレビッチがゴールに向かうと、ケシエのボレーシュートでGKを強襲。そしてルーズボールをレビッチが蹴り込んだ。 劣勢のまま失点し、追いかける展開となったローマはパストーレを投入するも、88分に痛恨のPKを献上する。ディアワラのカットミスからテオ・エルナンデスにボールが渡り、ボックス内でスモーリングが倒してしまった。 このPKをチャルハノールが決め、リードを広げたミランが2-0で勝利。再開後リーグ2連勝としている。 2020.06.29 02:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ペドロの新天地はローマ! 来季加入に向け合意報道

チェルシーの元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲス(32)が、ローマへフリートランスファーで加入することになるようだ。イタリア『スカイ』が加入合意を報じている。 今月末でチェルシーとの契約が終了するペドロは、今週にブラジル代表MFウィリアンと共に、シーズン終了までの短期間の契約延長に合意。これにより、2019-20シーズンが完了するまでブルーズに残留することになった。 しかし、来シーズン以降の去就が不透明な元スペイン代表FWは、以前から新天地候補に挙がっていたローマ入りを決断したようだ。 『スカイ』が伝えるところによれば、ペドロは年俸350万ユーロ(約4億2000万円)の2年契約という条件でローマと合意に至ったという。さらに、この契約には1年間の延長オプションが含まれるようだ。 現在、深刻な財政問題を抱えるローマは今夏の移籍市場に向けてイタリア代表MFニコロ・ザニオーロや、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデル、元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ、オランダ代表FWユスティン・クライファートらに売却の噂が出ており、百戦錬磨のベテランアタッカーが、その穴を埋めることになるようだ。 バルセロナでプロデビューを飾り、豊富な運動量と積極果敢な仕掛け、質の高いオフ・ザ・ボールの動きを武器に一時代を築いたペドロは、2015年8月にチェルシーへ完全移籍。 左右のウイングを主戦場に主力を担ってきたが、今シーズンはフランク・ランパード監督の下で序列が下がり、公式戦18試合で2ゴール3アシストと思うような活躍を見せられていなかった。 2020.06.25 21:02 Thu
twitterfacebook
thumb

圧巻ドッピエッタのジェコがローマ歴代5位タイの104ゴールに到達!

サンプドリア戦で圧巻のドッピエッタを達成したボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが、ローマでの得点記録において歴代5位タイに浮上した。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは24日、リーグ再開初戦となったセリエA第27節のサンプドリア戦を2-1で競り勝った。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2SjRRRmhkSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 昨季終了までクラブを率いたレジェンド指揮官、クラウディオ・ラニエリ監督を無観客のオリンピコで迎えることになったローマは、立ち上がりから優位に試合を運ぶ。だが、11分に自陣深くでのミスからFWマノロ・ガッビアディーニに先制点を奪われ、前半を1点ビハインドで終えることに。 後半も攻勢は変わらずも相手GKエミル・アウデーロが再三の好守で立ちはだかり、ゴールが遠い。それでも、64分にMFロレンツォ・ペッレグリーニ、85分にMFブライアン・クリスタンテという途中出場の2選手からのループパスに反応したジェコが、いずれも見事なダイレクトボレーで合わせ、チームを逆転勝利に導いて見せた。 そして、このドッピエッタによってローマでの通算得点数を104ゴールに伸ばした頼れるカピターノは、1959年から1965年まで在籍していた元アルゼンチン代表FWペドロ・マンフレディーニ(故人)と並び歴代5位に浮上した。 同試合後、チームを勝利に導く見事な働きを見せたジェコは、「ようやくピッチに戻れて気分が良いよ」と、リーグ再開と共に初戦での勝利に満足感を示している。 「前半に多くの決定機を作ったが、自分たちのミスから先に失点してしまった。だけど、3カ月も試合から遠ざかっていれば、そういったミスも起こり得ることなんだ」 「重要なことはミスを犯しても頭を下げることなくプレーし続けることだった。後半に関しては勝つためにすべてを変える必要があったよ」 ペッレグリーニのループパスをゴール左角度のないところから左足ボレーで叩き込んだ1ゴール目はレジェンドFWガブリエル・バティストゥータが過去のパルマ戦で決めた伝説のゴールを彷彿とさせるものだった。 しかし、バティストゥータのゴールと比較する質問に対しては、「あれはジェコのゴールだよ。僕のゴールはいつでも自分のものさ」と、返答している。 なお、ローマを率いるパウロ・フォンセカ監督は試合後の会見で、「ジェコは私が共に仕事をしてきた中で最高のストライカーだ。今夜の素晴らしい2つのゴールは偉大なストライカーでなければ、決められない類のものだ」と、絶賛している。 在籍5年間でジャッロロッソでの通算得点ランキング5位に浮上したジェコは、今シーズン中に4位のFWロドルフォ・ヴォルク(106点)、3位のFWアメデオ・アマデイ(111点)と2人のレジェンド超えを目指す。 2020.06.25 14:35 Thu
twitterfacebook