セルティック、湘南FWタリクの“いとこ”ノルウェー代表FWエルユヌシのレンタル期間延長を発表

2020.07.01 10:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックは6月30日、サウサンプトンからレンタル移籍中のノルウェー代表FWモハメド・エルユヌシ(25)のレンタル期間延長を発表した。

エルユヌシは、ノルウェーのサルプスボルグ08でキャリアをスタート。その後、モルデ、バーゼルを経て2018年7月にサウサンプトンへと完全移籍した。

2019年8月にセルティックへレンタル移籍すると、2019-20シーズンはスコティッシュ・プレミアシップで19試合に出場し4ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグでは6試合で1ゴール1アシストを記録していた。

今シーズンのセルティックは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でシーズンが打ち切りに。それでも勝ち点で首位に立ち9連覇を達成していた。

なお、今シーズンから湘南ベルマーレでプレーするノルウェー代表FWタリクはいとこにあたる。
コメント
関連ニュース
thumb

スコットランド代表GKクレイグ・ゴードンがハーツに復帰

ハーツは28日、スコットランド代表GKクレイグ・ゴードン(37)と契約を結んだことを発表した。 スコットランド代表として54キャップを誇るゴードン。ハーツは下部組織から過ごしていたクラブで、2005-06シーズンには国内カップ戦を制覇しトロフィーを掲げている。 その後、2007年にサンダーランドに移籍したが、ヒザのケガで長期離脱。実に913日もの間、戦線を離れていた。この影響で2012年にサンダーランドとの契約を解除。2年間に及ぶ治療を終えたあと、2014年夏にセルティックに加入した。 セルティックでは公式戦242試合に出場。打ち切りで優勝が決定した今シーズンも含めて、リーグ9連覇に貢献した。同クラブにおける通算タイトルの数は、リーグ優勝6回、リーグカップ5回、スコットランドカップ3回の計14個となっている。 そして、セルティックとの契約満了を受けて、この度13年ぶりに古巣のハーツに復帰。契約期間は2年となっている。 2020.06.29 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

セルティック、アーセナルら関心のFWエドゥアール慰留に全力! 「できる限りのことをする」

セルティックがU-21フランス代表FWオドソンヌ・エドゥアール(22)の慰留に全力を注ぐ構えだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 パリ・サンジェルマン(PSG)のアカデミー出身のエドゥアールは2017年にセルティックへレンタル移籍で加入すると、昨夏に完全移籍へ移行した。 高い身体能力と決定力が売りの187cmの大型ストライカーは、今シーズンのスコティッシュ・プレミアリーグで27試合21ゴール12アシストを記録し、自身初の得点王を獲得。 そして、セルティックとU-21フランス代表での活躍を受け、アーセナルやレスター・シティなどプレミアリーグを中心とする複数の強豪クラブが獲得に動いている。 しかし、セルティックを率いるニール・レノン監督は2022年6月まで契約を残すエドゥアールの慰留へ、すでにクラブが動き始めていると語る。さらに、エースストライカーの残留に全力を注ぐ構えであることを強調している。 「現時点で彼の代理人と話し合いを行っている。彼は我々が残留を望むプレーヤーだ。本当に素晴らしいプレーヤーであり、ここ数シーズンで完全に開花した」 「彼は今年、本当に素晴らしいシーズンを送った。そして、我々は彼を守りたいと思っている。少なくとも、次のシーズンも彼を留めておくためにできる限りのことをするつもりだ」 「個人的には彼がここで幸せを感じていると思う。私を含むコーチングスタッフ、チームメートとの間には素晴らしい関係があるからね。サポーターも彼に対する大きな敬意を感じている」 「彼はトップクラスのストライカーに成長している。そういったプレーヤーに関しては憶測が出るものだ。しかし、我々は現時点で彼を巡る状況に満足している」 2020.06.08 14:12 Mon
twitterfacebook
thumb

世界最高DFはドリブルも上手い? ファン・ダイクの60mドリブル弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は現在はリバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクのゴールだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzNTI5Y2R2MCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2018年1月に当時のDF史上最高額となる移籍金7600万ポンド(約101億9000万円)でサウサンプトンからリバプールへ加入したファン・ダイク。昨季チャンピオンズリーグ(CL)制覇の原動力となり、世界最高のディフェンダーとの呼び声も高い。 そのファン・ダイクが今より無名だったセルティック時代に、自陣からドリブルで運び、そのままゴールを決めるというセンターバックとは思えぬ離れ業をやってのけた。 2013年12月のセント・ジョンストン戦の序盤、自陣内でボールを受けたファン・ダイクは、相手の位置を確認しながらボールを運ぶと、途中からギアを入れ替え、193cmを誇る巨体と強靭なフィジカルで相手DFを寄せ付けず、最後はつま先でちょこんと合わせ、相手GKのニアサイドを抜いた。 やや相手ディフェンスの対応にまずさはあるものの、当時まだ22歳だったファン・ダイクが、そのポテンシャルの片鱗を見せつけた瞬間だった。 2020.05.30 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘンク、セルティックからレンタルしたコードジボワール代表MFエブエを完全移籍で獲得!

伊東純也の所属するヘンクは25日、セルティックからレンタル中のコードジボワール代表MFクアシ・エブエ(22)を完全移籍で買い取ったことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 2014年にクラスノダールの下部組織に入団したエブエは、2016年5月にトップデビューを果たすと、2016-17シーズンはヨーロッパリーグを中心に公式戦18試合に出場した。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjWXl3dHpxdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> この活躍が認められ、2017年の冬にセルティックに4年契約で加入したエブエだが、セルティックでは度重なるケガと熾烈なレギュラー争いに敗れ、在籍2年間で公式戦わずか22試合に出場に留まっていた。 今冬にレンタル移籍で加入したヘンクでは、ケガと新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、わずかリーグ戦4試合の出場にとどまっていた。 しかし、ヘンクは中断前に行われた3試合にスタメン出場したエブエのパフォーマンスを高く評価。そのポテンシャルに惚れ込み、買い取りを決断したと明かしている。 2020.05.26 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シーズン打ち切りで9連覇決定のセルティック監督が歓喜「選手たちは偉業を誇りに思うことができる」

セルティックのニール・レノン監督がリーグ9連覇を誇った。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、他国のリーグと同じく中断を決断したスコティッシュ・プレミアシップ。長らく打ち切りか再開かを協議していたスコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ(SPFL)だが、18日にスコティッシュ・プレミアシップの12クラブの全てと協議の結果、シーズンの即時終了が決定した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjWXl3dHpxdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> これを受け、SPFLはスコティッシュ・プレミアシップ1試合の平均勝ち点を基にして最終的な順位を決定。セルティックは優勝扱いとなり、見事9連覇、51回目のリーグ優勝となった。レノン監督は9連覇決定を受け、クラブ公式サイトを通じてリーグタイトル獲得の喜びを語った。 「9連覇の監督としてここに座り、その中で大きな役割を果たすことを、私はとても誇りに思っている。素晴らしい気分で、選手たちをとても誇りに思う。それは素晴らしい記録であり、その一部になれたことは非常に特別なことであり、私もそれは完全に値するものだと思っている。そして、ファンにとっても、このような困難な時期に、彼らを笑顔にできることを願っている」 「最高だ。間違いなく最高で、シーズンをとても楽しんだ。私はヨーロッパの大会とリーグカップでの優勝を楽しみ、毎日選手たちと一緒に仕事をすることを楽しみ、スタッフと一緒に仕事をすることを楽しんでいた」 「シーズンの前半と後半のどちらを見ても、私たちは素晴らしいサッカーをしていた。それから、ヨーロッパリーグに出場し、リーグカップでは優勝した。最近のスコットランドのサッカー界では、それらの多くが見過ごされている」 「プレースタイルは私を喜ばせ、ゴールの数は私を喜ばせた。そして、私たちは多くの選手から多大な貢献を受けた」 「確実な事実は、私たちが素晴らしいフォームで、シーズンの前半であろうと後半であろうと、非常に刺激的で攻撃的で自由に流れるサッカーをしていたということだ。私たちにも大きな目標があり、シーズン後半から、選手たちはどんどん良くなっていった」 「この記録を見ると、2度と見られることはないだろう。それは11の連続したトロフィーだ。“11”それは驚くべき一貫性、驚くべき意思、驚くべき才能だ。彼らはたださらに良くなりたいだけであり、他のチームが今シーズンに改善している間、私たちも改善していて、データがそれを示していることは間違いない」 「正しい決定がついに実現したと私は思っている。そして、選手たちは彼らの偉業を誇りに思うことができる」 2020.05.19 11:40 Tue
twitterfacebook