オーウェンが来季のプレミア優勝を争う4クラブを予想!

2020.06.30 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表のエース、マイケル・オーウェン氏が、来季のプレミアリーグの優勝争いについて予想した。『プレミアリーグ・プロダクション』の内容をもとに、イギリス『ミラー』が伝えている。

現役時代、リバプールなどで活躍したオーウェン氏は、今シーズン圧倒的な強さで30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールの来シーズンの優勝争いの相手として3クラブの名を挙げた。

「リバプールは本当に強いチームで、恐らく今後しばらくはその強さを保つと思う」

「しかし、それは他を寄せ付けないというわけでない。マンチェスター・シティは信じられないくらい素晴らしいチームで、彼らが調子を取り戻せば、我々は両チームによる素晴らしいタイトル争いを見ることができるだろう」

「この2チームの次に頭に浮かぶのはマンチェスター・ユナイテッドだ。彼らは凄い速さでチームが強くなっている」

「チェルシーも、積極的な補強でクラブとしての強い意志を感じる。しばらく補強が禁止されていたが、また大型補強を行っているし、若いタレントも揃っている。それにフランク・ランパード監督からも強い決意を感じる」

「リーグタイトル争いに絡めそうなチーム自体はたくさんいるが、シティの他にメインとなるのはこれらの2クラブだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルンCEO、チアゴの新たな挑戦願望を認める! 一方でリバプールの接触なしも主張

バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏がスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)の移籍願望を認めた。 チアゴは2013年にジョゼップ・グアルディオラ氏(現マンチェスター・シティ監督)から誘われる形でバルセロナから加入。公式戦通算230試合に出場して31得点37アシストの数字を誇り、7度のブンデスリーガ制覇や3度のDFBポカール優勝など、数々のチームタイトルに寄与している。 2021年に失効するバイエルンとの契約を巡り、延長間近といわれる時期もあったが、最近の報道で一転して新たなチャレンジを望み、リバプール行きの可能性が浮上しているチアゴ。ルンメニゲ氏がドイツ『ビルト』に対して、移籍の可能性を認めた。 「彼はピッチ内外で律儀な男だ。真剣に彼と交渉して、彼の希望を満たそうとした。しかし、彼はキャリアの終わりに向けて、何か新たなチャレンジがしたいと思っているみたいだ」 一方で、「リバプールとは一切接触していない。間違いなくだ。彼がそれを望んでいるようであれば、我々はそれに対処しなければいけないがね」とコメント。現時点におけるリバプールとの交渉を否定したが、選手本人の意思を尊重する姿勢も示した。 また、「来季、選手をタダで手放したくない。それははっきりと言い切れる」とも語り、フリー移籍を避けたい意向も口にしている。 2020.07.04 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

元リバプールのバロシュが38歳で現役引退…ユーロ2004では得点王を獲得

バニーク・オストラヴァは3日、元チェコ代表FWミラン・バロシュ(38)が現役生活に終止符を打ったことを発表した。 世代別のチェコ代表にも選ばれ、将来を嘱望されたバロシュは母国のバニーク・オストラヴァでプロキャリアをスタート。2002年から2005年かけてはリバプールでプレーし、2005年にはチャンピオンズリーグ優勝を経験した。 その後、アストン・ビラやリヨン、ガラタサライ、アンタルヤスポルなどを渡り歩き、2014年からは母国のクラブを転々。2017年からは古巣バニーク・オストラヴァに4度目の復帰を果たすと、今シーズンは公式戦18試合に出場し3ゴールを記録していた。 キャリア通算ではプレミアリーグ122試合に出場して28ゴール7アシスト、リーグ・アン24試合に出場して7ゴール3アシスト、スュペル・リグ101試合に出場して50ゴール17アシスト、フォルトゥナ・リーガ(チェコ1部)138試合に出場して45ゴール8アシストをを記録した。 また、2001年にデビューを飾ったチェコ代表では通算93試合に出場し41ゴールを記録。2004年のユーロでは5試合の出場で5ゴールをマークし、ゴールデンブーツ(得点王)を獲得した。 2020.07.04 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

拍手なんて完全拒否!ベルナルド・シウバのガード・オブ・オーナー中の様子が話題に

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのリバプール戦前の様子が話題になっている。 6月25日のプレミアリーグ第31節でチェルシーと対戦したマンチェスター・シティが敗れたことで、30年ぶりのリバプール優勝を達成していたリバプール。2日のリバプールとシティの直接対決では、優勝が決まったリバプールの選手たちに対して、ピッチ入場の際にシティの選手たちが花道を作り、拍手で出迎える「ガード・オブ・オーナー」が行われる予定だった。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ガード・オブ・オナーでリバプールを讃える<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1p5af2hfv03t11vrzurzwq9s8h" async></script></div> これについては、スポーツマンシップに則った敬意に溢れる行為であるとする見方が多い中、優勝した側であるリバプールのユルゲン・クロップ監督が「必要性を感じない」とコメント。強制されるべきでないとの懐疑的な見方もあるなど、意見の分かれるトピックとなっていた。 そんな中、リバプール戦の前には予定通りシティの選手による「ガード・オブ・オーナー」が行われたが、その際のベルナルド・シウバの様子が話題になっている。 この日ベンチスタートだったベルナルド・シウバは、「ガード・オブ・オーナー」には参加はしているものの、他の選手とは違い、拍手をする素振りを全く見せずにリバプールの選手たちを静観。さらに、途中で手に持っていたドリンクを飲むと、リバプールの選手たちが入場しきる前にシティベンチへ向けて歩き出す姿がカメラにとらえられていた。 ベルナルド・シウバが拍手を拒否した理由は定かではなく、もちろん強制されて行うことではないが、少し悪目立ちしてしまっている感が否めない結果となってしまった。なお、ベルナルド・シウバはこの試合で79分から途中出場を果たしている。 2020.07.03 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

J・ゴメスのリーグ無敗記録に終止符…約2年半ぶりの黒星に

リバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメスのリーグ戦無敗記録に終止符が打たれることになった。イギリス『Squawka』が伝えている。 2015年にチャールトンから加入したジョー・ゴメスは、これまで本職のセンターバックに加え、左右のサイドバックを主戦場にリバプールの最終ラインの準主力として活躍。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ジョー・ゴメス、リバプールでのハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhbVp1Snc5TyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 度重なるケガの影響でオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの完全な相棒とはなり切れていないが、スタメンや試合のクローザー役として近年のレッズの多くの勝利に貢献している。 そのジョー・ゴメスは2018年1月22日に行われたスウォンジー戦(0-1)の敗戦を最後に、自身が出場したプレミアリーグの試合で無敗を維持。リバプールにとって、今シーズンの初黒星となった今年2月末のワトフォード戦(0-3)ではメンバー外となっており、敗戦を免れていた。 しかし、2日に行われたプレミアリーグ第32節のマンチェスター・シティ戦ではまさかの0-4の大敗を喫し、無敗記録が41試合でストップ。シティの先制点に繋がるPKを献上するなど、微妙なパフォーマンスに終始したジョー・ゴメスは前半のみの出場となり、892日ぶりの敗戦を味わうことになった。 また、『Squawka』が伝えるところによれば、今回の敗戦はジョー・ゴメスとファン・ダイクがセンターバックでコンビを組んだリーグ戦で初めての敗戦となったという。 これまで両者がコンビを組んだリーグ戦23試合の戦績は21勝2分けで、15回ものクリーンシートを記録していたという。 そのため、リバプールは今回のシティ戦で2つの記録が途切れることになった。 2020.07.03 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「リバプールは酔いを覚まして来た」 4発快勝のペップが選手の発奮を主張

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が選手たちの発奮を主張した。イギリス『ガーディアン』が報じている。 今季のプレミアリーグでリバプールに王者の座を奪われ、3連覇の夢が潰えたシティ。2日に行われた第32節で、そのリバプールをホームに迎え撃った。シティはその試合前のピッチ入場時、王者のリバプールをガード・オブ・オナーで祝福。しかし、試合が始まると、王者に対して見事な戦いぶりを披露してみせ、4-0の快勝で飾った。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆マンチェスター・シティvsリバプール<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1p5af2hfv03t11vrzurzwq9s8h" async></script></div> グアルディオラ監督は試合後、「ガード・オブ・オナーで健闘を称える選手たちからチャンピオンを倒すべく、信じられないほどの集中力を目の当たりにした。この試合に意識があって、労いの言葉すらかけてもいなかったね」と述べ、選手たちが示した意地を称賛した。 ユルゲン・クロップ監督は試合後、「チャンピオンが決まった1週間前のような戦いができなかった」と話したが、グアルディオラ監督は「彼らは今週、ビールを浴びるように飲んだが、酔いを覚ましてここにやって来た」と語り、ケチのつけようがない勝利だと誇った。 また、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを名指しで絶賛。さらに、U-21イングランド代表MFフィル・フォーデンも褒めちぎっている。 「間違ったことは言いたくないが、代表チームのガレス・サウスゲイトはインクレディブルな才能を持っていると思う。私自身、これまで多くの選手を見てきて、信じられないような才能を指導してきた。フィルもその1人だ」 2020.07.03 11:15 Fri
twitterfacebook