セリエA昇格のベネヴェントの視線はすでに来季へ、代表クラス3選手獲得へ

2020.06.30 20:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA昇格を決めたベネヴェントが、すでに来シーズンに目を向けているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。今シーズンのセリエBで23勝7分け1敗と圧倒的な強さを見せ、7試合を残して優勝が決定したベネヴェント。セリエAでの戦いに向け、複数選手の獲得を狙っているようだ。

まず1人目がリールの元フランス代表FWロイク・レミ(33)だ。今シーズン限りでリールとの契約が切れるレミだが、契約延長はせず。すでにメディカルチェックのためにベネヴェントへと向かっているとも報じられている。

そして、2人目がモナコのポーランド代表DFカミル・グリク(32)。2016年にトリノからモナコへと移籍したグリクは、今シーズンもリーグ・アンで23試合に出場していた。

『スカイ・スポーツ』によると、ベネヴェントとグリクの間で個人間合意はなされているものの、獲得にはクラブ間での交渉が必要になるようだ。

最後が、ドルトムントの元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレ(29)だ。シュールレは今シーズン、スパルタク・モスクワへ買い取りオプション付きのレンタルで移籍していたものの、買い取りは見送られドルトムントへと復帰。復帰後もポジションはないとみられるシュールレにも触手を伸ばしているようだ。

昇格組がなりふり構わぬ補強でチームを作ることは少なくないが、来季のベネヴェントもその道を辿るのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ルカク2発にハキミの移籍後初弾などでインテルがベネヴェントに5発圧勝《セリエA》

インテルは9月30日、セリエA開幕節延期分でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、5-2で圧勝した。 インテルが8月にヨーロッパリーグを戦っていた影響で延期となっていたベネヴェント戦。4日前に行われた開幕戦のフィオレンティーナ戦を4-3と打ち勝って白星スタートとしたインテルは、フィオレンティーナ戦のスタメンから7選手を変更。ルカク、コラロフ、ヤング、GKハンダノビッチが引き続きスタメンとなり、新戦力のハキミとビダルが初先発となった。 サンプドリアに競り勝って白星スタートとしたインザーギ監督率いるベネヴェントに対し、ルカクとサンチェスの2トップで臨んだインテルは、開始30秒に先制する。 コラロフのサイドチェンジを受けたハキミがサンチェスとのパス交換でボックス右に侵入。クロスを送り、ルカクがダイレクトで合わせた。 あっさり先制したインテルが試合をコントロールする中、25分に加点した。ハキミの右クロスをファーサイドのヤングがダイレクトで落とし、ボックス中央に侵入していたガリアルディーニが左足ボレーでゴールに突き刺した。 さらに3分後、ガリアルディーニがGKのキックをカットした流れから、ルカクがこの試合2点目を決めてリードを3点に広げる。 その後、34分にGKハンダノビッチのパスミスからカプラーリにゴールを許したインテルだったが、42分に4点目。決めたのは移籍後初ゴールとなるハキミ。左サイドからのヤングのクロスをルカクがスルーし、後方に詰めていたハキミが右足でねじ込んだ。 4-1で迎えた後半、余裕のインテルが流し気味にプレーする中、65分にルカクらをお役御免とする。 それでも72分、サンチェスのパスを受けたL・マルティネスがボックス手前左からコントロールシュートを決めて5点目。 その後、1失点を喫したものの5-2で圧勝したインテルが開幕2連勝スタートとしている。 2020.10.01 02:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ベネヴェント、トリノからFWイアゴ・ファルケをレンタル!

ベネヴェントは29日、トリノからスペイン人FWイアゴ・ファルケ(30)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ファルケはバルセロナのカンテラ出身で、ユベントスやトッテナム、ローマなどビッグクラブでの在籍経験を持つレフティーのアタッカー。2016年に加入したトリノでは加入後2シーズン連続でセリエA二桁ゴールを記録するなど主力として活躍した。 しかし、2018-19シーズン以降、徐々に出場機会を失い、今年1月には出場機会を求めて、古巣ジェノアに5年ぶりに復帰。セリエAで10試合2ゴール1アシストの数字を残したが、完全移籍への移行は果たされず、今夏トリノにレンタルバックしていた。 2020.09.29 20:02 Tue
twitterfacebook
thumb

昇格組ベネヴェントがブルキナファソ代表MFダボをフィオレンティーナから2年契約で獲得

セリエAに昇格したベネヴェントは15日、フィオレンティーナからブルキナファソ代表MFブライアン・ダボ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2022年6月30日までの2年間となり、3年目の自動更新が付帯しているとのことだ。 ダボはモンペリエの下部組織出身で、ブラックバーンやサンテチェンヌでプレー。2018年1月にフィオレンティーナへ完全移籍で加入すると、2020年1月からはSPALへレンタル移籍していた。 フィオレンティーナでは公式戦36試合に出場し2ゴール2アシストを記録。セリエAでは通算49試合に出場し3ゴール5アシストを記録していた。 2020.09.15 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

セリエA昇格のベネヴェント、主将マッジョらベテラン2選手と契約更新

セリエA昇格組のベネヴェントは9日、元イタリア代表DFクリスティアン・マッジョ(38)、イタリア人GKピエール・グラツィアーノ・ゴーリ(40)との2020-21シーズンの契約を更新したことを発表した。 マッジョはヴィチェンツァでプロキャリアをスタートし、フィオレンティーナ、サンプドリアを経て2008年から10シーズンに渡ってナポリの右サイドを支えた。その後、2018年にセリエBのベネヴェントに加入すると、ここまで公式戦55試合5ゴールの活躍を見せると共に、カピターノとしてチームをセリエA昇格に導いた。 一方、ベテランGKのゴーリはクラブ通算在籍年数が10年を数える、ベネヴェントの頼れる控えGKだ。 2020.09.10 13:33 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格ベネヴェント、カプラーリを買い取りOP付きレンタルで獲得

新シーズンをセリエAで戦うベネヴェントは4日、サンプドリアのイタリア人FWジャンルカ・カプラーリ(27)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ローマの下部組織出身であるストライカーのカプラーリはペスカーラで活躍後、2016年夏にインテルに加入。インテルではプレーすることなくペスカーラにレンタルで復帰。2017年夏にサンプドリアへ移籍し、今年1月にパルマにレンタルで移籍していた。 そのパルマではセリエA12試合の出場で2ゴールを挙げていた。 2020.09.04 23:00 Fri
twitterfacebook