ヴェルナー、CL残してのチェルシー移籍を語る 「僕自身も心が痛む」

2020.06.30 13:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(24)がチャンピオンズリーグ(CL)を戦い切らずしてのチェルシー移籍を語った。

ライプツィヒのゴールゲッターとして不動の地位を確立するヴェルナーは先日、来季からのチェルシー移籍が内定。近年のライプツィヒに尽力した功労者だけに、本来なら快く旅立たせたいところだが、7月1日からのチェルシー合流が明らかとなり、8月に予定するCLの戦いを待たずしての移籍が一部で物議を呼んでいる。

27日に敵地で行われたブンデスリーガ最終節のアウグスブルク戦で惜別の2ゴールを挙げ、チームの勝利締めに貢献したヴェルナー。ドイツ『Sportbuzzer』で、ライプツィヒの今季を全うせずのチェルシー移籍に集まる一部の批判的な声に対して、弁明した。

「もちろん、CLに臨むライプツィヒの手助けができないのは僕自身も心が痛む。でも、僕は7月1日からチェルシーの選手になる。それ以降はチェルシーからお金をもらうんだ。その件はチェルシー、RBライプツィヒ、そして僕ら側、全ての関係者で解決すべきで、解決しなければならないのも明らかだった」

「もちろん、僕自身はCLの問題に口を挟むと、片方を傷つけてしまうのが目に見えたから、なるべく関わらないようにして、代理人が最終的にクラブ側と合意した。RBライプツィヒとの繋がりは永遠だ。準々決勝の戦いはテレビの前で祈る」
コメント
関連ニュース
thumb

CLライプツィヒ戦を控えるアトレティコ、遠征に向けた検査で2名に新型コロナ陽性反応が発覚…

アトレティコ・マドリーは9日、土曜日に行われた新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で2名に陽性反応が出たことを発表した。 アトレティコは、8日にポルトガルで行われるチャンピオンズリーグ(CL)ファイナル8に向けて新型コロナの検査を実施。その結果、2名に陽性反応が確認されたという。なお、感染者は自宅で隔離措置を取っているとのことだ。 13日にポルトガルで行われるCL準々決勝のRCライプツィヒを控えるアトレティコは、公式サイトで以下のように声明を発表している。 「チャンピオンズリーグ準々決勝に向けてリスボンへの遠征に参加する選手とすべてのスタッフは、8日にUEFAのプロトコルに従って新型コロナウイルスの検査を実施した」 「そして本日、その中の2名に陽性反応が確認された。感染者は現在、それぞれの自宅での隔離措置をとっている。なお、今回の結果はスペイン及びポルトガルの保健当局、UEFA、スペインサッカー連盟、ポルトガルサッカー連盟、スペイン・スポーツ上級評議会(CSD)に報告した」 「これによりリスボンへの遠征に参加する選手、スタッフ及び濃厚接触者と思われる人々は新たな検査を実施する必要があり、ポルトガルへの出発時期やトレーニングスケジュール、ポルトガルでの宿泊施設などが変更される可能性がある。クラブはすぐにUEFAと調整を行い、新たな契約を作成する」 2020.08.10 06:02 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン、右SBの補強候補にムキエレ?

バイエルンがRBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFノルディ・ムキエレ(22)への関心を強めているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 2018年夏にモンペリエから加入して以降、右サイドバックやウイングバック、センターバックを主戦場に主力として活躍するムキエレ。 圧倒的な身体能力を生かした幅広い守備エリアと対人能力に加え、攻撃面の成長も著しい万能型DFに関しては、パリ・サンジェルマンやリバプールといった国外のビッグクラブがこぞって関心を寄せている。 そして、新たに争奪戦に参戦する構えを見せているのが、右サイドバックの補強を目指すバイエルンだ。 フランス代表DFバンジャマン・パヴァール(24)のバックアップとしてアヤックスのアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)、ノリッジのU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズ(20)の獲得を優先事項としているものの、その2選手と異なるプロフィールを持つムキエレへの関心も持っているという。 ただ、2023年までの契約を残すムキエレに関してライプツィヒは今夏の非売品に設定しており、獲得にはそれ相応の金額が必要になると見られている。 2020.08.09 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒへステップアップした韓国代表FWファン・ヒチャン、移籍の決め手は?

今夏の移籍市場でザルツブルクからRBライプツィヒへ完全移籍した韓国代表FWファン・ヒチャン(24)がチームに合流。最初のインタビューに応えた。クラブ公式サイトが伝えた。 2019-20シーズンのファン・ヒチャンは、公式戦38試合16ゴール21アシストの見事な数字を残し、オーストリア・ブンデスリーガ7連覇と国内カップ戦のシーズン2冠に大きく貢献。ブンデスリーガへステップアップを果たした。 すでにチャンピオンズリーグ(CL)のベスト8に進出しているライプツィヒだが、ファン・ヒチャンは出場資格を持っていない。しかし、チームに合流し、ポルトガルへの遠征にも帯同するようだ。 同じレッドブル・グループのクラブへ移籍を果たした経緯について、ファン・ヒチャンがコメント。ユリアン・ナーゲルスマン監督の存在が大きかったと語った。 「移籍の前段階でユリアン・ナーゲルスマン監督に会い、彼と詳細な話をした。『ここは素晴らしいクラブだ。ここでプレーしたい』と私は周囲に居心地がすぐに言ったよ」 「ここに居られることをとても嬉しく思うよ。さらに成長したいと思っている。RBライプツィヒは僕にとって正しいステップだと確信している」 また、自身のポジションについてもコメント。何よりも大事なことは、「プレーすること」と語った。 「僕はとても強いです。ゴールを決めるのが好きだけど、1つのポジションだけでなく、他のポジションでの準備もするよ。様々なポジションで快適だと感じる。ウインガー、センターフォワードでもだ。最終的に僕にとって重要なのは、プレーすることでチームを前進させることだ」 新天地で、新たなリーグに挑戦するファン・ヒチャン。目標について問われると、チーム目標が最優先であると強調した。 「自分の個人的な目標は後ろに置いておきたい。チームのために最善を尽くしたい。それが常に最初に来る。だから、選手たちがシーズン開幕前に、リスボンで行われるトーナメントで成功することをの望む」 「残念ながらリスボンではプレーできないけど、チームと一緒に遠征はする。チームは誰もがトーナメントにとても熱心だし、できるだけ勝ち進みたいという意欲を感じた」 なお、ライプツィヒはCL準々決勝で、アトレティコ・マドリーと対戦。13日に行われる。 2020.08.04 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン監督就任が流れたラングニック氏がレッドブルに別れ、現場復帰を希望か

レッドブル・グループのサッカー開発部門の責任者であるラルフ・ラングニック氏(62)が7月31日、双方合意の下で同職を辞したことを明かした。 2021年まで契約を結んでいたラングニック氏は契約解消について、「今こそ、レッドブルでの仕事を終えるのに適切な時期だと考えた。近年は何かユニークなことを生み出すためにレッドブルで働いて欲しいと言われていた。そして、レッドブル・グループは世界中に素晴らしい方法で貢献できた。このことは誇りであり、光栄に思っている、今後のグループの発展を心から願っていることを伝えたい」と声明を発表した。 2012年7月にレッドブル傘下のザルツブルクとライプツィヒの統括スポーツ・ディレクター(SD)に就任したラングニック氏は、ライプツィヒでは一時的に監督も務め、ブンデスリーガ1部昇格やチャンピオンズリーグ出場権獲得などに貢献していた。 先日まではミランのSD兼監督就任が濃厚とされながらも、その話が流れたラングニック氏は、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとプレミアリーグ方面からのマネージャー職のオファーを望んでいるとのことだ。 2020.07.31 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがビッグクラブ注目のDFウパメカノと早期契約延長、2023年まで契約

RBライプツィヒは31日、U-21フランス代表DFダヨ・ウパメカノ(21)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月までとなる。 ウパメカノは2017年1月にザルツブルクからライプツィヒへと完全移籍。ライプツィヒではすぐにレギュラーとなり、これまで公式戦通算111試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。 今シーズンのブンデスリーガでも28試合に出場し2アシストを記録。チャンピオンズリーグでも6試合に出場していた。 高い身体能力と守備センスを武器に、ヨーロッパ屈指の若手センターバックとして評価を高めるウパメカノには、予てから多くのクラブが興味を示していたが、新型コロナウイルスによるクラブの財務状況悪化から、6000万ユーロ(約72億8000万円)に設定されている契約解除金を支払うクラブはないともみられていた。 なお、当初の予定より2年早く契約を延長したとのことだ。 ウパメカノは「RBライプツィヒでとても快適にプレーしている。オリバー・ミンツラフ(最高経営責任者)、マルクス・クレシェ(スポーツ・ディレクター)、ユリアン・ナーゲルスマン(監督)ととても良い議論を行った。彼らは、僕の契約を延長することが正しい決断であると、僕に示してくれたんだ」とコメント。クラブ幹部との会談で早期の契約延長を決めたと語った。 また「僕はライプツィヒに3年以上在籍しており、チームとともに常に改善し、成長することができた。僕はこの成長を続けたいと思っている。そして、ユリアン・ナーゲルスマンは僕を次のレベルに連れて行くことができる監督だ」と語り、クラブとナーゲルスマン監督への信頼を語った。 2020.07.31 19:25 Fri
twitterfacebook