ポチェッティーノ息子のFWマウリツィオがトッテナムと契約延長

2020.06.30 12:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムが、スペイン人FWマウリツィオ・ポチェッティーノ(19)と新契約を結んだ。本人が自身のインスタグラムで発表している。

2019年11月までトッテナムを指揮したアルゼンチン指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏の実子であるマウリツィオは、2015年1月にサウサンプトンのアカデミーから移籍し、今はトッテナムのU-23チームでプレー。プレミアリーグ2で8試合、UEFAユースリーグで5試合に出場していた。

マウリツィオは、自身のインスタグラム(@maurizio.8)で、父・マウリシオと契約書にサインをしている写真とともに、「新シーズンが楽しみだ」とコメントしている。

この投稿をInstagramで見る

Looking forwards to the new season. #COYS

Maurizio Pochettino(@maurizio.8)がシェアした投稿 -

コメント
関連ニュース
thumb

ワニャマが“要塞”アンフィールドでみせた超絶キャノン砲ミドル!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はケニア代表MFビクター・ワニャマが、トッテナム時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆繊細かつ豪快!ワニャマのキャノン砲ミドル!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCMGJyRWxkbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベルギーのベースルホットでプロデビューを果たしたワニャマは、その後セルティック、サウサンプトンと順調にステップアップを重ねて2016年にトッテナムへ移籍。今年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトに移籍するまで、公式戦97試合に出場し、7ゴール1アシストを記録している。 恵まれたフィジカルと運動量を武器に、中盤の壊し屋として守備面での活躍が目立つワニャマだが、2018年2月4日に行われた、プレミアリーグ第26節のリバプール戦ではアタッカー顔負けのスーパーゴールを決めている。 0-1とゲームを追う展開となっていた試合の79分に投入されたワニャマ。ピッチ中央でボールを受けたワニャマは、中盤の底から左サイドに張っていたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンへ正確なフィード。ボックスの際からエリクセンがクロスを上げるものの、これは相手GKロリス・カリスがパンチングでクリアした。 トッテナムが攻めあぐねたシーンかと思いきや、クリアボールがボックス外へ転がっていったところへ、全速力で走ってきたワニャマが豪快なミドルシュート。キャノン砲のような強烈なシュートはリバプールゴールの左隅にネットを破るかのごとき勢いで突き刺さった。 守備的な選手らしからぬ強烈かつ正確なミドルを叩き込んだワニャマ。これがこのシーズン最初で最後のゴールだったが、印象に残るスーパーゴールとなった。 2020.07.10 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フランス代表とトッテナムで長年正GKの座を確保、ウーゴ・ロリス【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はトッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスだ。 <div id="cws_ad">◆フランス代表とトッテナムの守護神ロリスのセーブ集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxNEFPRElHQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ニースで生まれたロリスが、兄弟共にサッカー選手という家庭で育った。ニースの下部組織で育つと、2005年にトップチームデビューを果たす。徐々に当時の守護神ダミアン・グレゴリーニから定位置を奪うと、2007-08シーズンには、チームは8位ながらもリーグ最少失点を記録した。 そして、グレゴリー・クーペの後釜を探していたリヨンへと移籍。2シーズン連続でリーグ最優秀GKに選ばれるなど、その実力を示していく。 そして2012年夏の移籍市場最終日にトッテナムへと移籍。当時プレミアリーグ連続試合出場記録(310試合)を更新中だった元アメリカ代表GKブラッド・フリーデルからポジションを奪い、以降8年間に渡って同クラブの絶対的守護神に君臨。ここまで公式戦321試合に出場している。 トッテナムでは、2015-16シーズンからキャプテンに就任すると、若手選手が多いチームでまとめ役として引っ張り、チームのプレミアリーグ3位フィニッシュに大きく関与。2018-19シーズンはクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝進出にも大きく貢献した。 また、2008年にデビューを果たしたフランス代表でも、長年守護神を務め通算114試合に出場。こちらでもキャプテンを務めている。2018年のロシア・ワールドカップでも正GKとして君臨し、世界王者の座を掴み取った。 その反射神経とセービング能力は疑いの余地がないものの、足元の技術のなさと、たまに見せるミスで本来の実力よりも過小評価されている感が否めないロリスだが、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督体制下からは、試合の組み立てにも参加するようになり、キック精度にも成長が見られた。 キャプテンシーも健在で、6日のプレミアリーグ第33節エバートン戦では守備を怠った韓国代表FWソン・フンミンに対して厳しく要求をしていた場面もあった。 今季のトッテナムは昨季終盤からの不振を引きずるリーグ戦において、10位に低迷しているが、ここ数年プレミアリーグのトップ4の常連に成長したトッテナムにおいて今でも欠かせない存在であることに間違いはない。 2020.07.10 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PK認められず、モウリーニョは過密日程のドローに「最初の4、5分にチャンスが」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、ボーンマス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 9日、プレミアリーグ第34節でトッテナムはアウェイに乗り込みボーンマスと対戦。試合は、0-0のゴールレスドローに終わっていた。 <div id="cws_ad">◆トッテナム・ホットスパー・スタジアムの全貌<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4Tm5hRnkydCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> この試合では、開始4分のトッテナムのCKの場面で、ゴール前にクロスが送られると、ファーサイドで合わせに行ったハリー・ケインをジョシュア・キングが後ろから押しているように見えたが、ノーファウル。これにはジョゼ・モウリーニョ監督も怒りを露わにしたが、判定は覆らなかった。 このシーンではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)も介入したが判定は覆らず。しかし、試合後にはプレミアリーグがPKの誤審を認めるという異例の事態となり、トッテナムは貴重な得点機会を奪われたことになっていた。 試合後、モウリーニョ監督は立ち上がりのPKのシーンについて言及し、守備的なボーンマスを打ち破るには大きなチャンスだったと語った。 「試合の重要な瞬間は、4分か5分だと思った。破壊しなければいけないほどとても守備的だったチームに対し、我々が試合の序盤で破壊することができれば、試合は完全に変わる」 「最初の4〜5分間で彼らの守備を打ち破る大きなチャンスがあった。その後、彼らはある程度の自信を得て、安定感を得ていた。とてもよく守り、試合の大部分ではソリッドではなかった」 「私は「十分にシャープだった」という言葉を使うが、1つは姿勢の欠如、もう1つは鋭さの欠如だ。今日は態度の欠如はなかった」 「一部の選手は本当に疲れていると感じた。特に中盤の選手は、2日前にプレーが難しい選手がいたので、いくつか変更した」 「攻撃のエリアでは、ソリッドさや決断力に欠けていた。アタッキングサードでの時間は多く作れていたが、最後の数分を除いて、実際にはシュートではなくクロスが多かった」 「ポゼッションはしていたが、効率的にアシストするための技術的なクオリティがなかった。結果的に、かなりイライラさせられることになるが、それが現実だ」 トッテナムは現在勝ち点49で9位に位置。来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を得られる5位のマンチェスター・ユナイテッドとは勝ち点差9となっている。 2020.07.10 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

VARの存在価値なし!プレミアリーグ3試合全てでPKの誤審、2試合はドロー

プレミアリーグで由々しき問題が発生した。イギリス『BBC』は、9日に行われたプレミアリーグの3試合全てにおいて、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)がありながらもPKの判定でミスがあったと報じた。 プレミアリーグは9日、第34節の3試合が行われた、エバートンvsサウサンプトンは1-1のドロー、ボーンマスvsトッテナムは0-0のゴールレスドロー、アストン・ビラvsマンチェスター・ユナイテッドは0-3でユナイテッドが勝利していた。 シーズン終盤に差し掛かり、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権、そして残留争いとシビアな戦いが続く中、勝敗を左右するミスが起こっていた。 『BBC』によると、番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』に対し、プレミアリーグがVARで誤ったPKの判定を下したことを認めたとのことだ。 アストン・ビラvsユナイテッドの試合では、0-0で迎えた26分にブルーノ・フェルナンデスがエズリ・コンサに倒されPKを獲得。VARも介入しながらのPKとなったが、このシーンはB・フェルナンデスがターンをした際に倒れ込んだだけ。プレミアリーグは、「間違った決定だった。実際にはコンサのファウルではなかったはずで、VARによって覆されるべきだった」と誤審を認めた。なお、PKを含む3ゴールを奪ったユナイテッドが勝利している。 ボーンマスvsトッテナムでは開始4分のトッテナムのCKの場面。ゴール前にクロスが送られると、ファーサイドで合わせに行ったハリー・ケインをジョシュア・キングが後ろから押しているように見えたが、ノーファウル。これにはジョゼ・モウリーニョ監督も怒りを露わにしたが、判定は覆らなかった。なお、このシーンでVARは介入したもののオン・フィールド・レビューは使われていない。 エバートンvsサウサンプトンでは、ジェームズ・ウォード=プラウズがアンドレ・ゴメスに倒されたとしてPKが与えられた。接触はあったものの、正当なチャージであり、PKではないと判断されるべきだったという。なお、サウサンプトンはこのPKをウォード=プラウズがクロスバーに当てて失敗していた。 プレミアリーグではVARの運用が度々問題視され、特に主審がモニターで映像をチェックする回数が少なく、VARからの助言をベースに決定を変えたり、または全くVARの助言を聞かないというシーンが散見。他のリーグに比べて、主審の権限が強すぎるとし、多くの監督や選手から不満が出ていた。 今回のケースでは、3試合全てで誤ったPKの判定が下されてしまい、改めてVARと主審の関係性が重要であることが浮き彫りになった。この先、プレミアリーグでその辺りが改善される日は来るのだろうか。 2020.07.10 10:41 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム、降格圏ボーンマスとゴールレスドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節、ボーンマスvsトッテナムが9日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 5連敗中で降格圏の19位に沈むボーンマスと、前節のエバートン戦の勝利でコロナ明け4試合で2勝目をあげたトッテナムの一戦。トッテナムではこの前日に、FAカップ5回戦でノリッジ戦でホームサポーターと衝突したダイアーが4試合の出場停止処分を受けたため、代わりにヴェルトンゲンが5試合ぶりの先発入りを果たした。 まずはそのトッテナムの攻撃シーン。CKからのクロスに合わせようとしたケインが相手に倒されるが、ノーファウルの判定に。だがこれ以降は攻めあぐね、28分のラメラのそれが初シュートとなった。 一方、残留を目指すボーンマスは序盤からギア全開で押し気味に試合を進めていく。だが、前半はトッテナムを上回る4本のシュートを放ったものの、唯一枠に飛んだ45分のスタニスラスのボックス手前からのシュートはGKロリスに弾かれた。 トッテナムは後半に向けてベルフワインとロ・チェルソを下げて、ソン・フンミンとエンドンベレを投入。50分にケインがFKからシュートを狙うが壁に激突する。 その直後、ボーンマスはアダム・スミスが相手との衝突でしばらく倒れ込んでしまう。医療班が応急処置を施した後、ストレッチャーに乗せられてピッチを後へ。代わりにステイシーが起用された。 やや間隔を空けてリスタートされ、シソコを下げてルーカス・モウラを入れたトッテナムは、78分にオーリエのクロスにラメラが飛び込んだが、上手く合わせることが出来ずボールは左に逸れていった。 ゴールレスのまま迎えた90分、ボーンマスのFKシーンでウィルソンのオーバーヘッドシュートがネットを揺らす。しかし、VARでリプレイするとボールがキングの手に当たっており、ゴールは取り消しとなった。 アダム・スミスの治療があったため、後半アディショナルタイムは12分に。その中でボーンマスは途中出場のハリー・ウィルソンがシュートを狙うが、GKロリスがストップ。 試合はこのまま終了し、ゴールレスドローに終わった。 2020.07.10 04:08 Fri
twitterfacebook