奥川雅也所属のザルツブルクがリーグ7連覇! 国内2冠を達成!

2020.06.29 14:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本人MF奥川雅也が所属するレッドブル・ザルツブルクは、28日に行われたオーストリア・ブンデスリーガのハルトベルク戦を3-0で勝利し、7年連続14度目のリーグ優勝を飾った。

今シーズン、7連覇を目指してシーズンに臨んだザルツブルクは、22試合制のレギュラーシーズンをLASKリンツに次ぐ2位で終えることに。しかし、リンツがコロナ禍での練習規約違反により勝ち点6をはく奪されたため、6月2日に再開された上位6チームによるチャンピオンシップラウンドを、最終的に2位のリンツと勝ち点3差の首位でスタートした。

そのチャンピオンシップラウンドではここまで5勝2分けの無敗を継続し、優勝争いのライバルであるリンツ、ラピド・ウィーン相手の直接対決をモノにし、7連覇に王手をかけた。

そして、奥川もフル出場を果たしたハルトベルク戦では韓国代表FWファン・ヒチャンやザンビア代表FWパトソン・ダカのゴールにより、3-0の完勝で7連覇を決めた。

なお、ザルツブルクは先月末に行われた国内カップも制しており、シーズン2冠に輝いている。
コメント
関連ニュース
thumb

韓国代表FWファン・ヒチャンがザルツブルクからライプツィヒへ! 2025年までの5年契約

RBライプツィヒは8日、レッドブル・ザルツブルクに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン(24)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は2025年までの5年間となり、背番号は11を着用する。 浦項スティーラースの下部組織出身もザルツブルクでプロキャリアをスタートしたファン・ヒチャン。オーストリアの地で着実にプレーヤーとしてのレベルを上げた韓国代表は今季、今冬にリバプール、ドルトムントへステップアップを果たした日本代表FW南野拓実やノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと共に攻撃を牽引していた。 公式戦38試合16ゴール21アシストの見事な数字を残し、オーストリア・ブンデスリーガ7連覇と国内カップ戦のシーズン2冠に大きく貢献。その活躍もあり、今冬から今夏にかけてウォルバーハンプトンやエバートンといったプレミアリーグのクラブからの関心が伝えられていた。 ライプツィヒではエースストライカーであるドイツ代表FWティモ・ヴェルナーのチェルシー移籍に加え、ローマからレンタル加入中のチェコ代表FWパトリック・シックの去就が不透明な状況となっている。 2020.07.08 22:13 Wed
twitterfacebook
thumb

ファン・ヒチャン、ライプツィヒ移籍濃厚! 独メディアがすでに契約済みと主張

レッドブル・ザルツブルクに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン(24)がRBライプツィヒ移籍の見通しだという。 浦項スティーラースの下部組織出身ながらザルツブルクでプロキャリアをスタートさせたファン・ヒチャン。今季途中まで同僚だった日本代表FW南野拓実(リバプール)やノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(ドルトムント)が去って以降も攻撃陣の軸を担い、公式戦38試合16ゴール21アシストの見事な数字でオーストリア・ブンデスリーガ7連覇と国内カップ戦のシーズン2冠に大きく貢献した。 そんな韓国人アタッカーの去就を巡り、先日の母国メディア『KBS』で来季のライプツィヒ移籍がまことしやかに報じられたが、ドイツ『スカイ』によると、その動きは事実だという。チェルシー移籍のドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに代わるアタッカーを探すライプツィヒともすでに契約が結ばれ、来季のステップアップ移籍が決定的とみられる。 ファン・ヒチャンの移籍を巡る両クラブ間の合意額は移籍金1500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの最大1800万ユーロ(約21億7000万円)。ファン・ヒチャンは実際にザルツブルクから姉妹クラブであるライプツィヒ移籍となれば、17人目の選手になる。今季のブンデスリーガ3位フィニッシュで来季のチャンピオンズリーグ(CL)も手にするライプツィヒでどんな活躍を姿を見せてくれるのか。注目だ。 2020.07.01 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ファン・ヒチャンがライプツィヒ移籍へ! 韓国メディアが加入決定的と報道

レッドブル・ザルツブルクに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン(24)が、RBライプツィヒにステップアップを果たすことになるようだ。韓国『KBS』が報じている。 浦項スティーラースの下部組織出身もザルツブルクでプロキャリアをスタートしたファン・ヒチャン。オーストリアの地で着実にプレーヤーとしてのレベルを上げた韓国代表は今季、今冬にリバプール、ドルトムントへステップアップを果たした日本代表FW南野拓実やノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと共に攻撃を牽引。 公式戦38試合16ゴール21アシストの見事な数字を残し、オーストリア・ブンデスリーガ7連覇と国内カップ戦のシーズン2冠に大きく貢献した。 その活躍もあり、今冬から今夏にかけてウォルバーハンプトンやエバートンといったプレミアリーグのクラブからの関心が伝えられていた。 しかし、母国メディアの『KBS』は29日、ヨーロッパの移籍市場に精通する関係者からの情報として、ファン・ヒチャンのライプツィヒ移籍が決定的となり、近日中にも公式発表があると報じた。 ライプツィヒではエースストライカーであるドイツ代表FWティモ・ヴェルナーのチェルシー移籍に加え、ローマからレンタル加入中のチェコ代表FWパトリック・シックの去就が不透明なこともあり、前線の補強が急務となっている。 なお、実質系列クラブとなるザルツブルクとライプツィヒは非常に近いプレーモデルを採用しており、ファン・ヒチャン自身も2018-19シーズンにレンタル移籍したハンブルガーSV(ブンデスリーガ2部)でドイツでのプレーを経験している。そのため、新天地への適応に不安はないはずだ。 2020.06.29 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

奥川が今季9点目も逃げ切り失敗のザルツブルクはホームで痛恨のドロー《オーストリア・ブンデスリーガ》

ザルツブルクに所属するMF奥川雅也が今季9点目となるゴールを記録した。 首位に立つザルツブルクは21日、ホームで行われた1位~6位による優勝をかけたプレーオフ第6節でヴォルフスベルガーと対戦し2-2の引き分けに終わった。奥川はリーグ戦2試合連続のスタメン入りを果たし65分までプレーした。 立ち上がりからボールを支配するザルツブルクは19分、右サイドから中央に切り込んだファン・ヒチャンがスルーパスを供給。これに反応した奥川がボックス中央から侵入しダイレクトシュートをゴールネットに突き刺した。 先制したザルツブルクは、71分にもファン・ヒチャンのシュートのこぼれ球をゴール前で拾ったエムウェプがゴールネットを揺らし、追加点を奪った。 リードを広げたザルツブルクだったが、81分にオウンゴールで1点を返されると、直後の84分にリエンドルに同点弾を決められ、試合は2-2で終了。逃げ切りに失敗したザルツブルクは、ホームで痛恨のポイントロスとなった。 2020.06.22 01:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェルナー放出のライプツィヒ、代役にファン・ヒチャンをリストアップ

ライプツィヒが、ザルツブルクの韓国代表MFファン・ヒチャン(24)に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 絶対的エースのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーのチェルシー行きが決定的となっているライプツィヒ。ブレーメンで今季10ゴールのコソボ代表FWミロト・ラシツァなど、様々な若手有望株が後釜候補に上がる中、ザルツブルクで印象的な活躍を残すファン・ヒチャンもトップターゲットと見られているようだ。 今年1月にリバプールに移籍した日本代表MF南野拓実の同僚だった同選手。2015年からザルツブルクの下部組織に在籍し、ハンブルガーSVへのレンタルを経て迎えた今季は南野や、同じく1月にドルトムントに移籍したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドらと共にゴールとアシストを量産。オーストリア・ブンデスリーガで20試合9ゴール9アシスト、チャンピオンズリーグでも6試合で3ゴール5アシストの成績を残している。 2021年で契約が切れるファン・ヒチャンには、ウォルバーハンプトンが2300万ユーロ(約28億円)の移籍金で獲得に迫ったが、上述したように南野とハーランドを失っていたことから、なんとか慰留に務めたようだ。 ライプツィヒとザルツブルクといえば、共にレッドブル・グループの傘下クラブであるが、どのように移籍交渉に影響していくのだろうか。 2020.06.12 13:39 Fri
twitterfacebook