FAカップ準決勝に勝ち進むも…ランパードは選手たちにより多くを要求

2020.06.29 12:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのフランク・ランパード監督が選手たちにより多くを求めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。チェルシーは28日に敵地で行われたFAカップ準々決勝でレスター・シティと激突。ハーフタイム明けの3枚替えが実を結び、途中出場のイングランド代表MFロス・バークリーが決勝点を挙げ、1-0の勝利で飾り、準決勝進出を果たした。

マンチェスター・ユナイテッドが待つベスト4に勝ち上がったランパード監督だが、選手たちの戦いぶりに納得がいっていないようだ。

「今季の前半45分において、あんなにもひどいものはなかったと思う。もっと良いプレーをしても、負けたことだってある。無気力なパフォーマンスから目を覚まさせる必要があったし、それができた。0-0でハーフタイムに入れたのはラッキーだったよ。こういう試合から学ばないと」

ただ、「良くないプレーをして1-0でリードしているときは気概を示す必要があるから、あまり引きずらないようにしたい。批判のように見えるかもしれないが、それはポジティブだ。我々にとって、珍しいことだからね」とも述べ、決して良くない戦いぶりから勝ち切った点も評価した。
コメント
関連ニュース
thumb

ドリンクウォーターがチェルシーから移籍へ トルコ行きが迫る

チェルシーに所属する元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター(30)のトルコ行きが秒読み段階のようだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、トルコ・スーパーリーグのカスムパシャと今季終了までのレンタル移籍で合意。移籍完了に向けたメディカルチェックや契約書へのサインを交わすべく、イスタンブール入りしたという。 ドリンクウォーターは2012〜2017年までを過ごしたレスター・シティで主軸を張り、2015-16シーズンの優勝に貢献。その活躍が認められ、イングランド代表にも呼ばれるようになり、2017年夏にチェルシー入りした。 しかし、ケガだけでなく、ピッチ外でのトラブルも明るみとなり、監督の信頼を勝ち取れず、バーンリーやアストン・ビラにレンタル。今季からチェルシーに復帰したが、依然として出番を得られずの状況だった。 2021.01.16 15:25 Sat
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ゾラの魔法のようなバックヒール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月16日にご紹介するのは、今から19年前に元イタリア代表FWジャンフランコ・ゾラ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ゾラが魔法をかける! 低弾道のCKを走りこみながらヒールで合わせる<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTZ0g5Y1FibSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 低弾道のコーナーキックに対し、ニアサイドに走り込みながらバックヒールでゴールネットを揺らす。角度的にバックヒールでしかゴールを狙えない位置から本当に決めてしまうゾラ氏の魔法のようなゴールでした。 ◆100回やっても1回しかできない ゾラ氏はチェルシーで7年間にわたりプレー。通算で80ゴールを記録し、4つの主要タイトル獲得に貢献しています。 魔術師の異名を取ったゾラ氏はいくつか記憶に残るスーパーゴールを決めていますが、中でも、2002年1月16日に行われたFAカップ3回戦再試合のノリッジ戦では素晴らしいゴールを決めています。 2-0とチェルシー2点リードの展開で迎えた63分、チェルシーは右CKを獲得。キッカーのDFグレアム・ル・ソーが左足でニアサイドに低い弾道のボールを供給すると、走りこんだゾラがバックヒールで合わせます。シュートは相手GKとポストの間ギリギリを通過し、ゴールネットを揺らしました。 本人も100回やっても1回しかできないと語るスーパーゴールです。 2021.01.16 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リフティングからそのままボレー!スタニッチが決めた誰もが憧れるスーパーゴール【スーパーゴール図鑑/チェルシー編】

【得点者プロフィール】 マリオ・スタニッチ(当時28歳) 国籍:クロアチア 所属:チェルシー ポジション:FW 身長:187cm 旧ユーゴスラビアの中でも最も才能のある若手選手の1人として、早くから注目を集めていたスタニッチ氏は、スペイン、ポルトガル、ベルギー、そしてイタリアを渡り歩き、各国で活躍。パルマでの活躍の後、2000年にチェルシーに加入した。 【試合詳細】 日程:2000年8月19日 大会:プレミアリーグ第1節 対戦相手:ウェストハム 時間:後半33分(2-1) <div id="cws_ad">◆スタニッチが決めたリーグ史に残るワンダーゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4YlJ3ZDBreCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2-1とチェルシーリードで迎えた78分、スタンフォード・ブリッジは歓喜の渦に飲まれることになる。 敵陣右サイドでボールを受けたスタニッチは、トラップからそのままリフティングを開始。そのまま前を向くと、4タッチ目で、ゴールめがけてボレーシュートを蹴り込む。アウトに回転がかかったシュートは、相手GKから逃げるような軌道を描き、ゴール右へと突き刺さった。 スタニッチはこの後にも追加点を奪取。チームも4-2で勝利し、最高のデビューを飾った。しかし、その後は定期的な背中の痛みに襲われ、満足な出場機会を得ることはなかった。 2021.01.15 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国代表の“怪物”CBを巡ってトッテナムvsチェルシー?

北京国安の韓国代表DFキム・ミンジェ(24)を巡り、ロンドン勢が火花を散らす可能性が浮上している。イギリス『ミラー』が報じた。 2019年1月に全北現代から北京国安に加わり、アジア屈指のセンターバックとして定期的に欧州からの視線が指摘されるキム・ミンジェ。昨夏にもベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲン(現ベンフィカ)の代役に挙がり、最終的に動きが具体化しなかったトッテナムだが、依然として興味を示して、今冬にも獲得に乗り出す可能性があるようだ。 その理由として、同じくロンドンを拠点にするチェルシーも関心を示し始めているからだという。かつてブラジル代表MFウィリアン(現アーセナル)の獲得目前に迫りながらチェルシーに横取りされた過去があるトッテナムは同じ轍を踏まないよう今月中の入札を検討している模様だ。 身長190cmのセンターバックで、“モンスター”の愛称もつくキム・ミンジェは2019年1月に全北現代モータースから北京国安に移籍。韓国代表でも主力としての確固たる地位を築くが、北京国安との現行契約は2021年12月までとなっており、先日にスラヴェン・ビリッチ氏を新監督として招へいしたクラブ側も売却を視野に入れているようだ。 2021.01.15 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーの“忘れ去られた男”マルコ・ファン・ヒンケルが983日ぶりに公式戦出場

13日に行われたエールディビジ第16節のPSVvsAZは元オランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケルにとってメモリアルマッチとなった。 2013年7月、フィテッセの下部組織からチェルシーに青田買いされたマルコ・ファン・ヒンケルは、ここまでミランやストーク・シティ、PSVへのレンタルを繰り返すも、チェルシーでの出場機会がほとんどないまま、先月1日に28歳の誕生日を迎えた。 その間、元オランダ代表を苦しめたのはヒザのケガだった。2018年7月、前十字じん帯断裂の大ケガを負い、その後2シーズン以上も試合に出られない日々が続いた。 リハビリに励む中で、昨年10月にPSVがマルコ・ファン・ヒンケルをレンタルで獲得。PSVに移籍するのはこれが3度目のことで、過去2度のレンタル移籍で公式戦64試合に出場し31ゴール10アシストを記録していた。 同選手にとってはチェルシーよりも思い入れのあるとも言える母国クラブで、ついに待ちわびた瞬間が訪れる。 先日のAZ戦の87分、マルコ・ファン・ヒンケルは途中出場からピッチに立った。これは、最後に出場した2018年5月6日のフローニンヘン戦から実に983日ぶりのこと。チェルシーも公式SNSを通じて「おめでとう、そしておかえりなさい、マルコ!」と祝福のメッセージを送っている。 本人もまた、試合後の『ESPN』のインタビューで復帰の喜びを嚙み締めている。 「個人的には今日が(人生の)ハイライトだ。このためにハードワークを続けたんだ。長い時間がかかってしまったけどね」 「戻って来れたことは報酬みたいなものだ。アヤックス戦で僕は再びそこにいた。スタジアムの雰囲気を再確認し、何となく感触も掴めたよ」 「約1000日なんだって? 僕も聞いたばかりだよ。いつしか指折り数えることを止めていたよ。大した問題ではなかったから」 「ただただ回復に努めていた。再びフットボールができることを願いながらね。その可能性が限りなく小さかった時期もあって、幕引きも考えなくはなかったんだ」 「でも色んな感情的な物事を経て、僕はここに立つことができた。喜んでいいよね、うん」 「炎は決して燃え続けることをやめたりはしない。それが重要なんだ。さもなければ、僕は諦めていたかもしれない」 2021.01.15 14:49 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly