ミュラー、ブンデス新記録の「21」アシストでバイエルンの8連覇に貢献

2020.06.28 12:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが偉大な記録を樹立した。

2019-20シーズンのブンデスリーガは27日に最終節を迎えた。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断期間があったものの、無事に終了。バイエルンの優勝で幕を閉じていた。

最終節でヴォルフスブルクと対戦したバイエルンは、0-4で快勝。ミュラーも先発フル出場を果たすと、1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献していた。

今シーズンのミュラーは、ブンデスリーガで33試合に出場し8ゴール21アシストを記録。このアシスト数は、ブンデスリーガでのシーズン最多記録となった。

ブンデスリーガ公式サイトによると、詳細なデータ集計し始めた1992-93シーズン以降でこれまでの最多記録は「19」だったとのこと。2014-15シーズンに当時ヴォルフスブルクに所属していたベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(現マンチェスター・シティ)と2016-17シーズンにRBライプツィヒのスウェーデン代表FWエミル・フォルスベリが記録していたものだった。
コメント
関連ニュース
thumb

レバークーゼンとのポカール決勝に挑むフリック、「2冠をミュンヘンへ持ち帰られるように努める」

バイエルンを率いるハンジ・フリック監督が、レバークーゼンとのDFBポカール決勝に向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 先週末に終了を迎えたブンデスリーガで前人未踏の8連覇を達成したバイエルンは、4日にベルリンのオリンピア・シュタディオンで行われるDFBポカール決勝で2年連続20回目のトロフィー獲得を目指す。 指揮官としてすでに初のトロフィーを手中に収めたフリック監督は、2つ目のトロフィーをミュンヘンに持ち帰ることを熱望している。 「前提条件はこれまでとは一変している。だが、それに立ち向かわねばならない。喜びは大きく、我々は再び2冠をミュンヘンへ持ち帰ることのできるよう努めねばならない」 「彼らが全てのラインにかなりのスピードを兼ね備えていることは承知している。我々はそれに備えてきた。今週のトレーニングの成果には満足している。そのやり方、クオリティ、インテンシティは非常に申し分がなかった。良い前提条件を整え、それは一定の安定感を与えてくれる」 また、この重要な一戦に向けて現時点での負傷者の状況についても言及。MFコランタン・トリソとMFハビ・マルティネスが欠場となるものの、いずれも長期離脱明けとなるDFニクラス・ジューレとMFチアゴ・アルカンタラが起用可能であると語っている。 「ジューレにとっては、再びチームに復帰することが重要だ。今日、最終調整を行い、メンバー入りできるかは様子を見て決める。彼からは非常に良い印象を受けた」 「チアゴに関しては水曜日から負荷を最大限にかけており、土曜日にはスタートからプレーできるはずだ」 なお、レバークーゼンとの今季リーグ戦での対戦戦績は1勝1敗。昨年11月の対戦では1-2で敗れ、フリック体制での初黒星を喫したが、先月行われた直近の対戦ではバイエルンが4-2でリベンジを果たしている。 2020.07.04 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン移籍のザネが新たな10番に! コウチーニョへの配慮で写真撮影せず

来季からバイエルンでプレーするドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)の背番号が「10」に決定した。 バイエルンは3日、マンチェスター・シティからのザネ獲得を正式発表。移籍金額はボーナスを含めると最大で総額5480万ポンド(約73億5000万円)にのぼり、ザネは5年契約での加入となる。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆シティ時代に見せたザネの輝き<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyZ2NrRDdCNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そのバイエルンは獲得発表から間もなくして、ザネの背番号「10」着用もアナウンス。「コウチーニョに敬意を払って、ザネが背番号入りのユニフォームを身にまとってのフォトセッションを見送った」ため、この形での背番号公表に至ったようだ。 バイエルンの背番号「10」は現在、バルセロナからレンタル加入中のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが着用。買取オプションを保有するバイエルンだったが、有効期限内に行使せず、今季終了後のバルセロナ復帰が規定路線になっている。 なお、今季のブンデスリーガを前人未到の8連覇で締めくくったバイエルンは4日に行われるDFBポカール決勝でレバークーゼンと対戦。8月にはチャンピオンズリーグ(CL)の戦いを控えている。 2020.07.04 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンCEOが今夏のハフェルツ獲得に白旗「そんな余裕はない」

今夏の移籍市場を賑わせる逸材として注目されているレバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)だが、移籍先有力候補と見られていたバイエルンは白旗宣言を出した。 2017年に17歳でレバークーゼンのトップチームデビューを果たして以降、すでに公式戦143試合43ゴール30アシストの堂々たる成績で、ドイツを代表するアタッカーに成長を遂げたハフェルツ。2022年まで契約を残しているものの、その才能をビッグクラブが放っておくはずもなく、今夏の目玉となっている。 中でもバイエルンがその移籍先として最有力と見られていたが、最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏がこの度、ドイツ『ビルト』のインタビューで今夏の獲得には動かないことを宣言。資金に余裕がないことを明らかにした。 「我々は今、経済的困難に直面している。たとえ新しい選手が欲しくても、今年はその余裕がない」 バイエルンが獲得に動けないという知らせは、一方で同じくハフェルツを狙う競合クラブにとっては朗報となった。とりわけチェルシーは多額の移籍金を用意していると言われており、MFハキム・ジイェフ、FWティモ・ヴェルナーに続くビッグディール実現の可能性に注目が高まっている。 ハフェルツとチームメイトのブラジル人MFウェンデウは先日こんなことを語っていた。 「彼がプレミアリーグに行くならたくさんのことを学べると思う。あそこでプレーするのは彼にとって夢なんじゃないかな。もしイングランドに移籍することになっても、必ず成功できるはずだ」 同僚からも太鼓判を押されたハフェルツ。果たしてその去就はどうなるのだろうか。 2020.07.04 14:58 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンCEO、チアゴの新たな挑戦願望を認める! 一方でリバプールの接触なしも主張

バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏がスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)の移籍願望を認めた。 チアゴは2013年にジョゼップ・グアルディオラ氏(現マンチェスター・シティ監督)から誘われる形でバルセロナから加入。公式戦通算230試合に出場して31得点37アシストの数字を誇り、7度のブンデスリーガ制覇や3度のDFBポカール優勝など、数々のチームタイトルに寄与している。 2021年に失効するバイエルンとの契約を巡り、延長間近といわれる時期もあったが、最近の報道で一転して新たなチャレンジを望み、リバプール行きの可能性が浮上しているチアゴ。ルンメニゲ氏がドイツ『ビルト』に対して、移籍の可能性を認めた。 「彼はピッチ内外で律儀な男だ。真剣に彼と交渉して、彼の希望を満たそうとした。しかし、彼はキャリアの終わりに向けて、何か新たなチャレンジがしたいと思っているみたいだ」 一方で、「リバプールとは一切接触していない。間違いなくだ。彼がそれを望んでいるようであれば、我々はそれに対処しなければいけないがね」とコメント。現時点におけるリバプールとの交渉を否定したが、選手本人の意思を尊重する姿勢も示した。 また、「来季、選手をタダで手放したくない。それははっきりと言い切れる」とも語り、フリー移籍を避けたい意向も口にしている。 2020.07.04 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ザネがシティへ別れのメッセージ! 「ここでの日々を喜びと誇りと共にいつでも思い出す…」

マンチェスター・シティからバイエルンへの完全移籍が決定したドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)が、自身の公式SNSを通じて古巣とファンに向けて別れのメッセージを送った。 2016年夏にシャルケからシティに加入したザネは、公式戦通算135試合で39ゴール45アシストをマーク。在籍期間を通じてプレミアリーグ、EFLカップ連覇を始め、通算7個のタイトル獲得した。 また、個人としては2017-18シーズンにPFA年間最優秀若手選手賞を受賞するなど、稀代の名将ジョゼップ・グアルディオラ監督やワールドクラスのチームメートたちから多くを学び、飛躍を遂げてきた。 しかし、昨年8月に右ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、今シーズンのリーグ戦出場は復帰戦となった6月22日のプレミアリーグ第30節バーンリー戦での11分間にとどまった。 そして、今月3日に予てより移籍が取り沙汰されたバイエルンへ総額5480万ポンド(約72億9000万円)と言われる移籍金で旅立つことになった。 チームメートやスタッフとは事前に別れの挨拶を交わせたものの、コロナ禍によって、これまで献身的なサポートを続けたファン・サポーターとは顔を合わせることなく別れることになったザネは、バイエルン移籍が発表された後、自身の公式SNSを通じて別れのメッセージを投稿した。 「これまでの4年間に渡る素晴らしい時間と、すべてのサポートに感謝しているよ」 「ここでの日々は本当に情熱的であり、数々の成功の瞬間はきっと忘れられないものになると思うよ」 「僕らは多くの試合に勝利し、数え切れないほどのゴールを挙げてきた。そして、幾つかの記録を更新し、7つのトロフィーを共に祝い合った」 「すべてのファン、スタッフ、チームメートに感謝したい! きっとここでの日々を大きな喜びと誇りと共に、いつでも思い出すことになると思うよ」 「同様に、僕を大きく成長させ、2018年のPFA年間最優秀若手選手賞を共に分かち合った監督にも感謝を伝えたい」 「ここでは本当にたくさんのことを学ぶことができた。そして、みんなと一緒に素晴らしい旅に参加できたことを心から誇りに思うよ」 2020.07.03 20:48 Fri
twitterfacebook