アミアンの元フランス代表DFジャレが現役引退 かつてPSGでも活躍

2020.06.27 08:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アミアンは26日、元フランス代表DFクリストフ・ジャレ(36)の現役引退を発表した。

ジャレは2003年にシャモア・ニオールでプロデビュー後、ロリアンを経て、2009〜2014年にかけてパリ・サンジェルマンでプレー。2度のリーグ・アン優勝などを経験して、PSGをカタール資本が買収する前から長らく右サイドバックとして活躍した。

2014年からリヨンに加わると、2017年にニース入り。今季からアミアンに移り、公式戦13試合1得点2アシストの数字を収めた。リーグ・アン通算成績は349試合15得点36アシスト。2012年にデビューの代表としては通算16キャップを記録している。

アミアンはクラブ公式ツイッター(@AmiensSC)を通じて「ジャジャの幸せな引退を願う。アミアンは彼のキャリア、プロ意識、そして彼の喜びに満ちた人生に敬意を表す。クリストフ、ありがとう!」と記している。
コメント
関連ニュース
thumb

リーグ・アン22チーム制案、LFP理事会が全会一致で否決

検討されていたリーグ・アンの22チーム制について、 フランス・プロリーグ機構(LFP)理事会は全会一致で否決したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 新型コロナウイルスの感染拡大によって、4月30日に打ち切りが決まったリーグ・アン。最終順位はその時点での順位表に基づき、パリ・サンジェルマンの優勝と、19位アミアン及び20位トゥールーズの降格が決定した。 しかし、時期尚早の決断だったうえに10試合も残していたため、アミアンとトゥールーズ、そして来季の欧州カップ戦の出場を逃したリヨンが猛反発。3クラブは行政裁判の最高裁に当たる国務院に上訴していた。 9日にリヨンの訴えは棄却されたが、アミアンとトゥールーズに関しては、来シーズンに限り22チーム制にする、降格に対する再検討がフランスサッカー連盟(FFF)とLFPの間でなされていた。 しかし、『レキップ』によるとLFP理事会は全会一致で同案を否決。アミアンとトゥールーズは改めて降格待ったなしという状況に追い込まれている。 2020.06.20 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

フランスの国務院がリヨンの訴えを棄却…アミアンとトゥールズの降格処分は一時停止に

フランスの国務院(最高行政裁判所)は9日、2019-20シーズンのリーグ・アン打ち切りを巡ってリヨン、アミアン、トゥールーズの起こした訴訟の判決を言い渡した。 フランス・プロリーグ機構(LFP)は4月30日、フランス政府の意向を受け入れる形で、今シーズンのリーグ・アンとリーグ・ドゥ(フランス2部)を終了することを決定した。 だが、1試合あたりの平均勝ち点で算出された最終順位の決定に関しては、10節を残していたこともあり、戦わずして降格が決定した19位のアミアン、最下位のトゥールーズ、来シーズンのヨーロッパコンペティション出場圏外の7位となったリヨンの3クラブが不服として訴訟を開始した。 しかし、パリの行政裁判所は5月22日に、今回のケースがフランス国家が関与する問題を含んでいることを理由に訴えを棄却。これ受けて、3クラブは行政裁判の最高裁に当たる国務院に上訴していた。 そして9日、国務院はリーグ終了の決定に関しては重大な疑いはなかったとし、リヨンの訴えを棄却。その一方、アミアンとトゥールーズに関しては、降格処分を一時停止とし、2020-21シーズンに2クラブを加えた新たなリーグ形式を採用できないかフランスサッカー連盟(FFF)と共に再検討するようにLFPに命じた。なお、降格に関する再検討は6月30日までに行われるとのことだ。 2020.06.10 01:01 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン打ち切りを巡る3クラブの訴訟に動き…パリ裁判所は判決を棄却

2019-20シーズンのリーグ・アン打ち切りを巡ってリヨン、アミアン、トゥールーズの3クラブが起こしている訴訟に動きが見られた。 フランス・プロリーグ機構(LFP)は4月30日、フランス政府の意向を受け入れる形で、今シーズンのリーグ・アンとリーグ・ドゥ(フランス2部)を終了することを決定した。 だが、1試合あたりの平均勝ち点で算出された最終順位の決定に関しては、10節を残していたこともあり、戦わずして降格が決定した19位のアミアン、最下位のトゥールーズ、来シーズンのヨーロッパコンペティション出場圏外の7位となったリヨンの3クラブが不服として訴訟を開始していた。 3クラブが起こした訴訟はいずれもパリの行政裁判所が担当していたが、同裁判所は22日に、今回のケースがフランス国家が関与する問題を含んでいることを理由に棄却を決定した。 なお、パリの行政裁判所の棄却を受け、LFPが「棄却の決定に満足」との反応を示した一方、リヨンは「LFPが22日時点でパリの行政裁判所の態度を喜んでいることに驚きを感じている」と不快感を示している。 フランス『レキップ』などが伝えるところによれば、3クラブは25日にも破毀院(最高裁判所にあたる)で改めて訴訟を起こすようだ。 2020.05.23 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

アミアン、リーグ・ドゥ降格撤回求め申し立て

アミアンは、リーグ・アン打ち切りによる降格撤回を求め、訴訟を起こす構えのようだ。フランス『レキップ』が報じている。 フランス・プロリーグ機構(LFP)は4月30日、フランス政府の意向を受け入れる形で、2019-20シーズンのリーグ・アンとリーグ・ドゥ(フランス2部)を終了することを決定。基本的に全会一致で決議されたこの決定だが、残り試合を戦わずして無念の2部降格が決定した19位のアミアンは決定を不服として訴訟の意向を以前より明らかにしていた。 そして、12日に記者会見を開き、ベルナルド・ジョアナン会長が声明を発表。不公平で一貫性がないことを強調し、裁判所に訴えることを公式に伝えた。 「LFP理事会の決定は不公平で一貫性がなく根拠もない。まだ4分の1が残った状態でどうして2つのチームを降格させることができようか。金銭の問題ではない。そんな補償は求めていない。我々はスポーツの公平性のために、そしてこの決定に反対するために我々は戦う」 「我々の願いはこの困難な時期に、リーグ機構や連盟に人間性と連帯感を持ってもらうことだった。だが不幸にも今回それは見受けられなかった。我々は法廷に出向かなければならないかもしれない」 「裁判によって、正義が我々が正しいことを証明してくれることを確信している また、同じくリーグ打ち切りにより欧州カップ戦の出場権が得られない7位フィニッシュとなったリヨンのジャン=ミシェル・オラス会長もLFPやフランスサッカー連盟(FFF)などを相手取り、訴訟を起こすことを発表している。 2020.05.12 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

元チェルシーFWカクタ、リーグ・ドゥ降格クラブからリーグ・アン昇格クラブに移籍か

かつてチェルシーにも在籍したフランス人FWガエル・カクタ(28)の古巣復帰の可能性が報じられている。 チェルシーユース出身のカクタは、その将来が期待されながらも度重なるレンタル移籍で飼い殺しにされた選手の1人だ。チェルシー在籍時のレンタルは4年で6回を数え、トップチームでは満足な出場機会を得られないまま、2015年夏にセビージャに完全移籍した。 しかし、その後も才能を開花させることは出来ず、中国の河北華夏に活躍の場を移すも結局レンタル移籍を繰り返すことに。そして昨夏、河北華夏在籍時にもレンタル加入したアミアンへ移籍。今季はリーグ戦24試合で2ゴール5アシストとまずまずの成績を残したものの、先のリーグ戦打ち切りにより、無念の降格が決定した。 だが、カクタには来季もリーグ・アンでプレーするチャンスがあるという。フランス『レキップ』によると、サンテチェンヌやストラスブールからリクエストが届いているようで、そうなるとアミアンに束縛力はない。 また、リーグ打ち切りによってリーグ・ドゥ2位が確定し、6シーズンぶりの1部昇格が決定したラシンも今後オファーを出す可能性が高いとのこと。契約は2022年までとなっているが、『transfermarkt』による推定市場価格は280万ユーロ(約3億2500万円)となっており、負担にはならないと見込まれている。 2020.05.05 14:35 Tue
twitterfacebook