浦和、下部組織出身の流経大MF伊藤敦樹の来季加入内定を発表「浦和レッズの誇りを持つ」

2020.06.25 10:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浦和レッズは25日、流通経済大学のMF伊藤敦樹(21)の2021シーズン加入内定を発表した。

伊藤は埼玉県さいたま市出身で、浦和のジュニアユース、ユースに所属。トップチームに昇格することなく、流通経済大学へと進学していた。

浦和は伊藤について「状況判断が良く、常に安定したプレーができる選手。また、正確なロングフィードなど、高い基本技術を持っている」と特長を紹介している。

伊藤はクラブを通じてコメントしている。

「この度、浦和レッズに加入することになりました流通経済大学の伊藤敦樹です。小さい頃から憧れであった浦和レッズでプロ生活をスタートできることを大変うれしく思います」

「今までお世話になった全ての方々に感謝の気持ちを忘れず、浦和レッズの誇りを持ち、勝利に貢献できるように精いっぱいがんばって行きます。応援をよろしくお願いします」

なお、伊藤は24日付で2020年JFA・Jリーグ特別指定選手に認定されたとのこと。今シーズンの公式戦出場も可能となる。
コメント
関連ニュース
thumb

興梠が浦和での通算100ゴール達成! レオナルドとの新旧仙台キラー共演で再開後初白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第3節、ベガルタ仙台vs浦和レッズが8日にユアテックスタジアム仙台で行われ、アウェイの浦和が2-1で勝利した。 4カ月ぶりの再開となった前節、湘南ベルマーレ相手に木山体制初白星を飾った仙台は開幕2戦無敗と好調を維持。連勝を目指す今節は中3日の過密日程を考慮し、吉野、椎橋、関口を除くフィールドプレーヤー7選手を変更。前線では加入後初先発となるアレクサンドレ・ゲデスが赤崎、山田と共に3トップを形成した。 一方、横浜F・マリノスとの再開初戦をゴールレスドローで終えた浦和は、今季の公式戦開幕戦となったルヴァンカップで5-2の大勝を飾った相手に再開後初白星を目指す。スタメンの変更は3選手に留め、興梠、青木、長澤に代えてファブリシオ、レオナルド、柏木を起用し、より攻撃的な布陣で臨んだ。 開始直後に汰木の左クロスから杉本がいきなりヘディングシュートを枠に飛ばすなど、激しい打ち合いとなった前回対戦同様にオープンな展開を予感させる入りとなる。 しかし、以降は球際の勝負、狙いを持った好守で流れを掴んだ仙台が、左サイドの柳、ゲデスを起点に幾つもの決定機を創出していく。9分と10分にはその左サイドからのお膳立てからボックス内の山田に続けて決定機が訪れるが、DF岩波の見事なシュートブロックに遭うなど、最初のチャンスをモノにできない。 その後も仙台はビルドアップの局面でミスが目立つ浦和を相手に効果的なカウンターを繰り出していくが、赤崎らが最後の場面で精度を欠き仕留め切れない。 すると、飲水タイムによる中断をキッカケに修正を施した浦和が徐々に盛り返していく。序盤はほぼボールに触れなかったレオナルドと杉本にボールが入り始めると、フィニッシュのシーンが増えていくが、DF吉野を中心に集中した対応を見せるホームチームを崩し切るまでには至らず。 しかし、ゴールレスでハーフタイム突入と思われた前半アディショナルタイムに浦和の助っ人ストライカーが個人技でゴールをこじ開ける。46分、左サイド深くで山中が上げたクロスに反応したレオナルドがDF金正也を背負いながらも、見事な左足のシュートをゴール右サイドネットへ流し込んだ。 ルヴァンカップの前回対戦で2点を決められたレオナルドに一瞬の隙を突かれ、ビハインドで試合を折り返した仙台は浜崎に代えて佐々木をハーフタイム明けに投入。すると、後半最初の決定機で追いつく。49分、左サイドに流れて関口からパスを受けた赤崎がカットインを匂わせながら意表を突く左足のクロス。GKとDFの間を射抜くスーパーなクロスにファーサイドで反応した山田が丁寧な右足のワンタッチで流し込んだ。 この同点ゴールをキッカケに試合は再び一進一退の攻防に。55分に山中のクロスからレオナルドが惜しいヘディングシュートを放てば、60分には関口の粘りからハーフウェイライン付近でDFトーマス・デンと入れ替わったゲデスが相手陣内を独走。ボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、自ら打たずに後方から走り込んできた赤崎へのマイナスのパスという消極的な選択はDFの戻りに阻まれた。 その後、60分を過ぎて両ベンチが動く。ホームの仙台はゲデス、山田、赤崎に代えてジャーメイン良、西村、長澤駿と3トップをそっくり入れ替える。対する浦和は柏木、ファブリシオに代えて長澤和、マルティノス。杉本に代えて仙台キラーの興梠をピッチに送り込む。65分にはボックス右でパスを受けたマルティノスが左足のコントロールシュートをゴール左隅に飛ばすが、18歳の若き守護神・小畑がビッグセーブで阻止した。 その後、約10分を残して互いに5枚の交代カードを使い切った総力戦に決着を付けたのは、浦和の頼れるエースストライカーだった。83分、ボックス左でDF2枚を引き付けた関根からの折り返しをレオナルドがワンタッチでボックス中央の興梠の足元へ付ける。すると、巧みなターンでDFを剥がしシュートコースを作った興梠が左足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。 そして、興梠の浦和での通算100ゴール目となるメモリアルゴールで勝ち越したアウェイチームは、このまま仙台の反撃をしのぎ切って2-1のスコアで逃げ切りに成功。 新旧・仙台キラーが違いを生み厳しいゲームをモノにした浦和は、再開後初白星を挙げると共に開幕3戦無敗とした。一方、善戦も決定力の差が勝敗を分ける形となった仙台は、今季初のホームゲームで初黒星を喫することになった。 ベガルタ仙台 1-2 浦和レッズ 【仙台】 山田寛人(後4) 【浦和】 レオナルド(前46) 興梠慎三(後38) 2020.07.08 20:03 Wed
twitterfacebook
thumb

王者・横浜FMは初勝利ならず 浦和の守り崩せず0-0ドロー《J1》

再開初戦となる明治安田生命J1リーグ第2節の浦和レッズvs横浜F・マリノスが埼玉スタジアム2002で行われ、0-0の引き分けに終わった。 2月21日に開幕したJ1だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断。約4カ月が経過し、リモートマッチでついに再開となった。 湘南ベルマーレとの開幕戦を制した浦和は、その一戦からスタメンを4名変更。トーマス・デンがセンターバックの一角に入り、ベンチ外となったレオナルドの代わりに杉本を起用したほか、青木と長澤をチョイスした。 一方、ガンバ大阪との開幕戦を落とした横浜FMは5名入れ替え。ロケレンから加入した天野と小池が名を連ね、チアゴ・マルチンスがベンチスタートとなったセンターバックの一角に實藤を抜擢した。 先に決定機を迎えたのはホームの浦和。6分、ボックス左外でボールを受けた汰木がカットインから右足シュートを放つも、GK梶川の好セーブに遭ってしまう。 前半の半ばにかけてポゼッションを高めていく横浜FM。サイド攻撃からゴールに迫るも、仲川と遠藤が供給するクロスは浦和DFのブロックに遭ってしまい、待ち構えるエリキや天野には繋がらない。 43分に小池のスルーパスを受けたエリキがボックス右からゴールに迫った横浜FMに対し、カウンターを仕掛けた浦和は44分に汰木がボックス手前から右足のコントロールシュート。だが、わずかゴール左に外れてしまう。 ゴールレスで試合を折り返すと、横浜FMは48分、敵陣左サイドの深い位置で遠藤からのパスを受けたエリキが対峙したDFをかわして、ボックス内に侵攻。GK西川と一対一の局面を迎え、右足シュートを放つも、ゴールネットは揺らせない。 さらに、横浜FMは80分にも決定機。マルコス・ジュニオールがエジガル・ジュニオからリターンパスを受けて、GK西川と一対一になる。しかし、またしてもGK西川のビッグセーブに阻まれ、1点が遠い。 後半アディショナルタイムにも、横浜FMはエジガル・ジュニオがボックス左からシュートまで持ち込むも、GK西川が片手一本で立ちはだかる。この直後に試合終了の笛が鳴り、1-1で試合終了。猛攻を耐え抜いた浦和は開幕からの無敗をキープした一方、王者の横浜FMは未勝利が続くことになった。 浦和レッズ 0-0 横浜F・マリノス 2020.07.04 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:浦和vs横浜FM】再開初戦で浦和が苦手の王者をホームに迎え撃つ!

4日、2020シーズンの明治安田生命J1リーグが約4カ月の中断期間を経て再開する。 今シーズンの開幕カードを戦った浦和レッズは、ホームに昨シーズン王者の横浜F・マリノスを迎える。 【明治安田生命J1リーグ第2節】 2020年7月4日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ vs 横浜F・マリノス [埼玉スタジアム2002] ◆苦手克服へ! 新システムで連勝なるか 【浦和レッズ】 今シーズンから導入した[4-4-2]の新システムが功を奏し、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断前は公式戦2試合で8ゴールと攻撃陣が絶好調だった浦和。なかでも、アルビレックス新潟から加入した昨季のJ2得点王であるFWレオナルドは周囲との息もあっており、2試合で3ゴールと早々にフィットしている。さらに練習試合とはいえど、新加入のDFトーマス・デンがFC町田ゼルビア戦でそのポテンシャルを発揮しており、期待が膨らむところだ。 しかし、再開初戦の相手となる横浜FMには直近3年間のリーグ戦で1勝5敗と苦手にしている。さらに、リモートマッチ(無観客試合)となるため、サポーターの声援がなく、ホームでありながら後ろ盾がないことが不安材料になりそうだ。 ★予想スタメン GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、岩波拓也、山中亮輔 MF:関根貴大、柏木陽介、柴戸海、汰木康也 FW:レオナルド、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆J屈指の選手層で今季リーグ戦初勝利なるか【横浜F・マリノス】 J1リーグ連覇を目指す横浜FMは、開幕戦でアタッキングフットボールを披露したものの、守備陣のミスが相次いでガンバ大阪に1-2で敗北。さらに、中断期間の6月中旬に守護神のGK朴一圭が2カ月の長期離脱を強いられるなど、早くも暗雲が立ち込めている。 一方で右第5中足骨骨折を負っていた守備の要であるDFチアゴ・マルチンスが練習復帰。さらに、アンジェ・ポステコグルー監督が掲げるアタッキング・フットボールを知るベルギー2部のロケレンへレンタルしていたMF天野純が復帰し、攻撃的サイドバックのDF小池龍太が完全移籍で加わった。 また、今季のJリーグでは試合方式が変更され最大5名の選手交代が可能に。この措置は、Jリーグ屈指の選手層を誇るJ1王者にはプラスに働きそうだ。 ★予想スタメン GK:梶川裕嗣 DF:松原健、實藤友紀、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、扇原貴宏 MF:マルコス・ジュニオール FW:仲川輝人、エジガル・ジュニオ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.07.03 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

王者をホームに迎える浦和・大槻毅監督「日常に一歩近づく日」、リモートマッチは「空気感、高め方が違う」

浦和レッズの大槻毅監督が3日、4日に控える明治安田生命J1リーグ第2節の横浜F・マリノス戦に向けた会見に出席した。 2020シーズンの開幕後、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、約4カ月の中断期間を経て4日に再開するJ1リーグ。浦和はホーム・埼玉スタジアム2002に昨年王者を迎える。 開幕戦の湘南ベルマーレ戦で勝利し、連勝を目指す浦和の大槻監督は「いよいよ始まるなという思いがあります」と再開に向けて語り、「選手の意識も強く見えました。連戦に対して全員がやってくれそうな雰囲気があります」と選手たちの気持ちも準備ができていると語った。 また、「我々が楽しみにしているだけでなく、サポーターや社会の皆様が日常に一歩近づく日だと思っています。中断があった中で、感慨深いというか、その日に立ち会えることを喜んでいます」と語り、日常へ戻る第一歩であると再開試合の位置付けを語った。 横浜FM戦はリモートマッチ(無観客試合)となり、普段声援を送り後押しをしてくれるサポーターがいない状況となる。大槻監督は「残念です。ただ、前の埼玉スタジアムになるスタートだと思うので、意味のあることだと思います」と語り、残念がりながらも観客動員が再開される一歩だと捉えている様子。試合への影響については「雰囲気だったりとか。埼スタで練習試合をやらせてもらった感じ、試合の入りなどの空気感、高め方が違うと思っている。みんなで高めて、雰囲気を作って試合に入りたいと思っている」と語り、気持ちの部分には影響があると語った。 今シーズンは過密日程となり、ミッドウィークの試合も増加する。大槻監督は選手起用について「1試合1試合の積み重ねだと思っているので、その試合でベストを出していきたい。コンディションもパフォーマンスの面も。体力的だけでなく、メンタルでも良い準備をしている選手を使っていきたい」と語り、その都度見極めると語った。 横浜FM戦については「点を取ること。点を取られないこと」がポイントとかたり、「どうやって取っていくか、どうやって相手の攻撃を止めるか。非常に走るチームなので」と、横浜FMの戦い方を警戒した。 また、交代枠が5人に増えたことについては「フレッシュなパワーを入れて交代選手がゲームに影響を与えて欲しいと強く思っていますし、選手に要求してきましたし、要求していきたいと思います」と語り、積極的に起用することを示唆した。 本来であればスタンドに大勢集まるはずだったサポーターには「勝負事なので、勝つところを見せたと思っています。ここまでやってきたこと、目指したことを表現するところを見ていただきたいです」と語り、勝利を届けたいとコメント。「日常へ戻る第一歩だと思いますし、これまでの埼玉スタジアムに戻るスタートだと思っています」と、ここからがスタートだと改めて強調した。 横浜FMとの再開初戦は4日の19時にキックオフを迎える。 2020.07.03 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグの村井満チェアマン、横断幕掲出禁止に反対の浦和からの謝罪を明らかに

Jリーグのチェアマンを務める村井満氏が浦和レッズから横断幕掲出禁止に対する反対の意見書を受けた件に言及した。 Jリーグは今月末からの再開に先駆け、12日に70ページにおよぶ新型コロナウイルス感染症対応のガイドライン最新版を発表。政府の方針にも則り、有観客試合は7月10日からを予定している。 Jリーグは無観客の間におけるファン・サポーターの横断幕掲出に関して、運営側の接触などの安全管理の観点から禁止に。それを受け、浦和は16日、反対の意見書を提出した旨を報告した。 村井チェアマンは22日に開いた臨時実行委員会後のウェブ会見でその件について、この日、自身や副理事長の原博実氏から浦和の社長を務める立花洋一氏に対して、「思うところを伝えた」と語り、こう続けた。 「Jリーグの中での話だが、意思決定のあり方で56クラブが全会一致で決まることはこの新型コロナウイルス禍でなかなかない。前回、再開日と開幕日を決めるにあたっても、7月4日を主張する者もいれば、一刻も早く27日からを求める者もいた」 「それは単なる経済的な事情だけでなく、それぞれフィロソフィーや理念、ファン・サポーターへの思い、信念、一刻も早くスポーツで地域を元気にしたいという思いに基づいてのもの。全く二分するような意見があった」 「今のJリーグにおいて、議決するタイミングでの議論は百出して結構。ただ、1つ決まったことについては意思決定をリスペクトして対応してほしいと伝えてきた。今回の横断幕の件についても随分と議論した」 「運営会議は3回にわたって議論してきた。私の方からも実行委員会でサポーターの思いを受け止められないかと議論したが、最終的に1つの結論に下り、浦和に対して、他のクラブをリスペクトしてほしいという旨を伝えさせてもらった」 また、この結論を受けた立花社長から侘びがあったことも明らかに。「Jリーグのみなさんにご迷惑をおかけしました。申し訳ない思いがあります。今後は喧々諤々、議論して決めたことは一緒に遂行していきましょう」との言葉をもらったという。 2020.06.22 18:15 Mon
twitterfacebook