大迫が今季6ゴール目もブレーメンはリーグ戦連敗で自力残留が消滅…《ブンデスリーガ》

2020.06.21 00:57 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大迫勇也の所属するブレーメン(17位/勝ち点28)は20日、ブンデスリーガ第33節でマインツ(15位/勝ち点34)とアウェイで対戦し、1-3で敗戦した。大迫はフル出場し、58分にゴールを記録した。

前節、バイエルンに惜敗したブレーメンは、その試合からスタメンを2人変更。ラシツァとフォクトに代えてサージェントとグロスをスタメンで起用した。大迫は5試合連続のスタメン出場となった。

立ち上がりから積極的な入りを見せるブレーメンは4分、大迫のポストプレーからゴール前に侵入したビッテンコートに決定機が訪れたが、シュートは相手GKの好セーブに弾かれた。

良い入りを見せたブレーメンだったが、25分にセットプレーから先制点を許す。バイタルエリア右でFKを獲得したマインツはブロシンスキがクロスを供給。これをファーサイドのバクがヘディングで折り返すと、ゴール前の混戦からクアイソンが頭で押し込んだ。

先手を許したブレーメンは30分にも、ラツァの横パスをバイタルエリア中央で受けたボエティウスがペナルティアーク内までドリブルで切り込みシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。

立て続けに失点を喫したブレーメンは、43分に反撃。敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ボックス左まで侵入したサージェントのクロスをゴール前の大迫がヘディングシュート。しかし、これは相手GKの正面に飛んでしまう。

迎えた後半、ブレーメンはビッテンコートとグロスを下げてフュルクルクとバルテルスを投入する2枚替えを敢行。すると58分、ボックス左深くまで仕掛けたフュルクルクが倒されながらもライン際でボールを残すと、これを拾ったクラーセンのラストパスを最後は大迫がダイレクトシュートでゴールに流し込んだ。

その後、マインツに反撃を許したブレーメンだったが、守護神パブレンカが好セーブを連発。しかし85分、バクのスルーパスでボックス右に侵入したE・フェルナンデスのシュートがゴール右隅に吸い込まれ、マインツに試合を決定づける3点目を奪われた。

結局、ブレーメンはそのまま1-3で敗戦。この結果、勝利したマインツのブンデスリーガ残留が決定。一方のブレーメンは、自力残留が消滅。しかし、16位のデュッセルドルフが同日に行われたアウグスブルク戦を引き分けで終えたため、プレーオフ進出の可能性はわずかに残している。
コメント
関連ニュース
thumb

ペップが引退ピサーロにコメント「監督としてフットボール界に残ってほしい」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(41)の引退にコメントした。 両者はバイエルンで2シーズンの間共闘。ピサーロは2013-14シーズンに公式戦26試合、14-15シーズンには同17試合に出場した。 以前、ピサーロに「今までで最高の監督」と称賛されたグアルディオラ監督がわずか8歳差の教え子の引退にコメント。指導した当時はすでに35歳と全盛期を過ぎていたことを指揮官は惜しんでいたようだ。 「彼が24歳か25歳の時に会いたかったよ」 「彼は私が見てきた中で最も優れたフィニッシャーの1人だった。ボックス内だけでなく深く下がった位置でも上手かった」 「スタイルはカリム・ベンゼマに似ているかな。でも彼は人間としても素晴らしかった」 「41歳は引退に適した年齢だと思う。フットボールはクラウディオのような人物を必要としている。願わくば監督として続けていって欲しい」 2020.07.08 17:18 Wed
twitterfacebook
thumb

コーフェルト監督が引退のピサーロに謝罪と賛辞「ここ数十年のブレーメンにはいつも同じ笑顔があった」

今シーズン終了を以って現役を引退した元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(41)。ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は、最後の試合となったハイデンハイムとのプレーオフ2ndレグで出場のチャンスを与えられなかったことを謝罪するとともに、その功績を手放しで称えた。 6日に行われた当試合。今季のブンデスリーガ1部を16位で終えたブレーメンは、2部で3位となったハイデンハイムと昇格と降格をかけて対戦。ホームで行われた1stレグを0-0で引き分けていたブレーメンは2-2で試合を終え、アウェイゴール差で残留を決めた。 だがこの2試合で今季限りでの引退を表明していたピサーロに出番がなかったことをコーフェルト監督は謝罪。その感情を試合後本人に伝えたことを明かした。 「私は試合後、彼と話して最後の試合に出場させてあげられなかったことを謝罪した。状況が許さなかったんだ」 「それでも彼は私に悪態をつくことはなく、重要なのは残留出来たことだと言ってくれた」 そのキャリアの中でバイエルンやチェルシー、ケルンでプレーしてきたピサーロだが、ブレーメンにとっては象徴と言うべき存在。2018年7月に4度目となるブレーメン加入を果たし、通算では320試合に出場。コーフェルト監督が過去の試合を見ると、そこにはいつもピサーロがいたという。 「ここ30年ほどの試合をチェックしていると、そこで笑っているのはいつも同じ顔なんだ。それは彼がブレーメンのファンに与えた喜びだ。彼がこのクラブにどれだけ重要であるか示しているんだ」 「クラウディオ・ピサーロがブレーメンやブンデスリーガのためにしてきたことに、私はいくら脱帽しても、どれだけ頭を下げようとも足りないぐらいだ」 「私は、そんな彼の最後の章をブンデスリーガで終えることが出来てとても嬉しいよ」 2020.07.08 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデス残留のブレーメン、大迫勇也も乗っていたチームバスが襲撃に遭っていた

来シーズンもブンデスリーガで戦うことが決まったブレーメンだが、試合後にバスが襲撃されていたようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ブレーメンは6日、ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグでアウェイに乗みハイデンハイムと対戦。1stレグを0-0で終えていたが、2ndレグは2-2のドローに。アウェイゴール差でブンデスリーガ残留を掴んでいた。 <div id="cws_ad">◆ブレーメン戦で魅せたノイアーのセーブ<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxZ2tJRjAwYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、試合後ハイデンハイムのサポーターが暴動を起こしていたとのこと。スタジアム周辺で暴動が起こり、ブレーメンのバスが襲撃されていたようだ。 『ビルト』によると、スタジアム周りに約150人のハイデンハイムファンが集まっていたとのこと。地元警察は「下り坂を進んでいるブレーメンのチームバスに、石や瓶が投げられた。そしてバスの窓が割れた」と発表していた。 警察はすでに関与している数人を特定。捜査は進行中とのことだ。 2020.07.07 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

490試合のブンデス外国人最多出場記録を持つピサーロが現役生活に別れ、197ゴールは歴代外国人2位

ブレーメンに所属する元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(41)が現役生活に別れを告げた。 ピサーロは、すでに今シーズン限りでの現役引退を発表。所属するブレーメンは残留争いに巻き込まれた中、ブンデスリーガ最終節で滑り込みで昇格・降格プレーオフに進出。プレーオフではハイデンハイム相手に2戦合計2-2、アウェイゴール差でなんとかブンデスリーガ残留を決めていた。 <div id="cws_ad">◆ピサーロ、バイエルンでのベストゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwcDdUSlZIMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ピサーロは、母国のアリアンサ・リマから1999年8月にブレーメンに加入。その後は、バイエルンやチェルシー、ブレーメン、ケルンでプレーし、2018年7月に4度目となるブレーメン加入を果たしていた。 今シーズンはブンデスリーガで18試合に出場。中断明けはハムストリングのケガで欠場すると、シーズンのラスト3試合に数分間だけ出場。プレーオフもメンバー入りはしたものの、出場機会は訪れないまま現役生活に幕を下ろした。 ブンデスリーガでは通算490試合に出場し197ゴール76アシストを記録。試合出場数は外国人選手としてブンデスリーガ最多を記録。ゴール数もバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに次いで歴代2位とブンデスリーガで偉大な功績を残していた。 なお、ピサーロは今季開幕前にシーズン終了後の引退を発表。4月には、引退後はかつて所属していたバイエルンでのブランド・アンバサダーに就任すると報じられていた。 2020.07.07 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「何度も死んだと言われた」自動降格圏から生き返ったブレーメン指揮官が残留を評価

ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が、ハイデンハイム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブレーメンは6日、ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグでアウェイに乗り込んだ。 ホームでの1stレグをゴールレスドローで終えていたブレーメンは開始3分でオウンゴールにより先制。幸先良いスタートを切ると試合終盤にスコアが大きく動くも、2-2のドロー。アウェイゴール差でブンデスリーガ残留を掴んだ。 試合を振り返ったコーフェルト監督は残留に向けて選手たちが示したパフォーマンスを評価。自動降格圏からの逆転での残留について語った。 「このようなシーズンを経て、今日は普通のプレーをしていたのであれば、それは普通のことではなかった。でも、それは問題ではない。我々はブンデスリーガに残る。明日からは他のことについて話し合う」 「リーグを守れたことは嬉しく思う。何度も死んだと言われたが、いつだって戻ってきた。私は、この街のチームが降格することが、ブレーメンの人々や私にとって何を意味するかを分かっている」 「サッカーのレベルでの批判は正当化されるが、選手たちはキャラクターとメンタリティを示した。最後に彼らが行ったことをリスペクトしてもらいたい」 2020.07.07 09:34 Tue
twitterfacebook