大迫が今季6ゴール目もブレーメンはリーグ戦連敗で自力残留が消滅…《ブンデスリーガ》

2020.06.21 00:57 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大迫勇也の所属するブレーメン(17位/勝ち点28)は20日、ブンデスリーガ第33節でマインツ(15位/勝ち点34)とアウェイで対戦し、1-3で敗戦した。大迫はフル出場し、58分にゴールを記録した。前節、バイエルンに惜敗したブレーメンは、その試合からスタメンを2人変更。ラシツァとフォクトに代えてサージェントとグロスをスタメンで起用した。大迫は5試合連続のスタメン出場となった。

立ち上がりから積極的な入りを見せるブレーメンは4分、大迫のポストプレーからゴール前に侵入したビッテンコートに決定機が訪れたが、シュートは相手GKの好セーブに弾かれた。

良い入りを見せたブレーメンだったが、25分にセットプレーから先制点を許す。バイタルエリア右でFKを獲得したマインツはブロシンスキがクロスを供給。これをファーサイドのバクがヘディングで折り返すと、ゴール前の混戦からクアイソンが頭で押し込んだ。

先手を許したブレーメンは30分にも、ラツァの横パスをバイタルエリア中央で受けたボエティウスがペナルティアーク内までドリブルで切り込みシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。

立て続けに失点を喫したブレーメンは、43分に反撃。敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ボックス左まで侵入したサージェントのクロスをゴール前の大迫がヘディングシュート。しかし、これは相手GKの正面に飛んでしまう。

迎えた後半、ブレーメンはビッテンコートとグロスを下げてフュルクルクとバルテルスを投入する2枚替えを敢行。すると58分、ボックス左深くまで仕掛けたフュルクルクが倒されながらもライン際でボールを残すと、これを拾ったクラーセンのラストパスを最後は大迫がダイレクトシュートでゴールに流し込んだ。

その後、マインツに反撃を許したブレーメンだったが、守護神パブレンカが好セーブを連発。しかし85分、バクのスルーパスでボックス右に侵入したE・フェルナンデスのシュートがゴール右隅に吸い込まれ、マインツに試合を決定づける3点目を奪われた。

結局、ブレーメンはそのまま1-3で敗戦。この結果、勝利したマインツのブンデスリーガ残留が決定。一方のブレーメンは、自力残留が消滅。しかし、16位のデュッセルドルフが同日に行われたアウグスブルク戦を引き分けで終えたため、プレーオフ進出の可能性はわずかに残している。
コメント
関連ニュース
thumb

大迫先発もブレーメンがホームでの開幕戦で4失点を喫し完敗…《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは19日、ブンデスリーガ第1節でヘルタ・ベルリンと対戦し、1-4で敗戦した。大迫は前半のみ出場した。 昨季16位に終わるもハイデンハイムとのプレーオフを制してブンデスリーガ残留を決めたブレーメンが、昨季10位のヘルタをホームに迎えた開幕戦。 そのブレーメンは、[4-4-2]の布陣を採用。2トップに大迫とゼルケを起用し、左MFにサージェント、右MFにマンチェスター・ユナイテッドからレンタルで加入したチョンを配置した。 試合はブレーメンが立ち上がりから積極的な入りを見せたが、決定機を先に作ったのはアウェイチームだった。19分、右サイドでスローインの返しを受けたペカリークがダイレクトでクロスを供給。これをボックス中央のピョンテクが頭で合わせたが、シュートはクロスバーを叩いた。 対するブレーメンは31分、チョンのパスをボックス左で受けたサージェントが左足でニアサイド狙ったが、このシュートはGKシュウォローの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、ブレーメンは前半終盤にピンチを迎える。42分、左サイドをオーバーラップしたミッテルシュタットの高速クロスをファーサイドで反応したペカリークが流し込み、ヘルタが先制した。 さらにヘルタは45分、ドリブルで仕掛けたペカリークがボックス右深くでフリードルに倒されると、主審はPKを宣告。しかし、VARによる検証の結果、倒れた場所はボックスの外と判定され、PKは取り消された。 VARでピンチを脱したブレーメンだったが、前半終了間際にも失点する。中盤でボールを奪われるとダリダのスルーパスに反応したルケバキオがボックス左に抜け出しダイレクトシュートをゴールネットに突き刺した。 迎えた後半、2点を追うブレーメンは大迫を下げてビッテンコートを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはアウェイのヘルタだった。 62分、GKからのロングフィードを前線で受けたコルドバの落としをダリダが拾うと、ペナルティアーク手前まで持ち上がりラストパス。ボックス左で待ち構えたマテウス・クーニャのダイレクトシュートはGKパブレンカの手を弾き、そのままゴールネットに吸い込まれた。 リードを広げられたブレーメンは69分、オーバーラップしたアウグスティンションの左クロスをファーサイドのゼルケがヘディングシュートをニアサイドに叩き込み、1点を返す。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。すると90分、トゥザールのスルーパスで左サイドを抜け出したレッキーが右足アウトサイドでクロスを入れると、中央を駆け上がったコルドバが流し込み、ヘルタが試合を決定づける4点目を奪取。 結局、試合はそのまま1-4で終了。ホーム開幕戦で4失点を喫したブレーメンは、開幕黒星スタートとなった。 2020.09.20 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫の同僚DFトプラクがふくらはぎを負傷し開幕戦欠場が確定

ブレーメンは16日、元トルコ代表DFエメル・トプラクの負傷を発表。開幕戦を欠場することとなった。 ブレーメンの発表によると、トプラクは16日にダニエル・ヘルマン医師によるMRI検査を受けたとのこと。その結果、ふくらはぎの筋肉に損傷が確認された。 クラブは全治を明かしていないものの、リハビリの経過を見て、復帰時期を決定するとしている。 ブレーメンは19日に予定されている2020-21シーズンのブンデスリーガ開幕節でヘルタ・ベルリンを迎える。 トプラクは、2019-20シーズンはドルトムントからのレンタル移籍でブレーメンに加入したものの、ケガなどの影響もあり公式戦12試合の出場に留まることに。それでも、今シーズンは完全移籍し、DFBポカールのカール・ツァイス・イエナ戦にフル出場していた。 フロリアン・コーフェルト監督はトプラクの働きに期待を寄せていたが、しばらくは欠いて戦うことになりそうだ。 2020.09.17 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫先発のブレーメン、チョンの移籍後初弾などで2回戦進出《DFBポカール》

ブレーメンは12日、DFBポカール1回戦でイエナとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は前半のみの出場となった。 ブレーメンの新シーズン公式戦初戦。先発となった大迫は、[3-5-2]の左インサイドMFの位置でスタートした。 4部のイエナに対し、立ち上がりからボールを保持して押し込んだブレーメンは、18分にFKの流れからゲブレ・セラシェのボレーシュートが左ポストに直撃。 続く27分には大迫がゴール正面の位置からミドルシュートを狙うと、43分には決定機を演出。大迫のパスでボックス右へ抜け出したゼルケがシュートに持ち込んだがGKに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 後半から大迫に代えてマンチェスター・ユナイテッドからレンタルで加入のチョンを投入したブレーメンは開始2分、左CKからゲブレ・セラシェのヘディングシュートがバーに直撃。 それでも49分に先制する。左サイドからアウグスティンションの上げたクロスにサージェントが頭で合わせた。 その後もチョンやビッテンコートがゴールに迫ったブレーメンが追加点に近づいた中、イエナに反撃の隙を見せることなく時間を消化。 そんな中、84分のピンチをGKパブレンカが凌いだブレーメンは、88分に決定的な2点目。チョンがクラーセンのスルーパスに抜け出してGKとの一対一を制した。後半の2発で勝利したブレーメンが2回戦へ勝ち上がっている。 2020.09.13 05:42 Sun
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、ブレーメンのエースFWラシツァ獲得に動くか

アストン・ビラがブレーメンのコソボ代表FWミロト・ラシツァ(24)の獲得に向けて公式オファーを準備しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 2018年1月に加入して以降、左ウイングやセカンドトップを主戦場にブレーメンの主力アタッカーに成長したラシツァ。昨シーズンは公式戦34試合で11ゴール8アシストという数字を残していた。 予てより、ラシツァ本人がステップアップ希望を公言していることもあり、財政面の問題を抱えるブレーメンは適切なオファーが届いた場合、放出を容認する構えだ。 ただ、以前から有力な新天地候補に挙がるRBライプツィヒからの1500万ユーロ(約18億9000万円)のオファーはすでに拒否されていた。 そういった中、前線の補強を目指すアストン・ビラは、ブレーメンが2000万ユーロ(約25億1000万円)を要求しているとされるラシツァに対する公式オファーを出すことを検討しているようだ。 なお、ラシツァ自身はチャンピオンズリーグに出場するライプツィヒでのプレーを希望する一方、プレミアリーグでのプレーにも関心があるようだ。 2020.09.12 16:04 Sat
twitterfacebook
thumb

ブレーメンのコソボ代表FWラシツァを巡ってアストン・ビラとナポリが一騎打ちか

ブレーメンのコソボ代表FWミロト・ラシツァ(24)を巡って争奪戦が繰り広げられている模様だ。 ラシツァは2018年1月にフィテッセから加入したウイングを主戦場とするアタッカー。センターFWやセカンドトップをこなすポリバレント性も備えており、昨季は多くのオプションをもたらしつつ、ブンデスリーガで28試合8ゴール7アシストの記録を残した。 そんなラシツァには以前からライプツィヒが関心。本人も家族のいるドイツに残ることやチャンピオンズリーグ出場の望みを叶えられるライプツィヒは魅力的な新天地だとして、移籍に前向きな姿勢を示していた。 しかし、レンタル組の買い取りに資金が必要となるブレーメンは安売りを拒否。「値下げの意思はない」と、スポーツ・ディレクター(SD)を務めているフランク・バウマン氏の言葉通り、ボーナス込みで総額1800万ユーロ(約22億6600万円)のライプツィヒのオファーを一蹴したようだ。説得には2500万ユーロ(約31億4700万円)の移籍金が必要になると見られている。 そんな中、ドイツ『Deich Stube』によると、アストン・ビラがこの要求額を満たすオファーを用意しているとのこと。同クラブは先日にイングランド人FWオリー・ワトキンスをクラブ市場最高額の移籍金でブレントフォードから獲得したが、ラシツァ獲得に必要な金額とほぼ同額だ。 一方で、今夏に8100万ユーロ(約100億2000万円)の移籍金でリールからナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンを獲得したナポリも関心を寄せているようで、この2クラブ、あるいはライプツィヒを含めた3クラブによる争奪戦の様相を呈している。 2020.09.11 17:53 Fri
twitterfacebook