ドルトムントがブンデス残留を目指すマインツにホームで完敗…《ブンデスリーガ》

2020.06.18 05:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
首位を独走していたバイエルンが、2試合を残してリーグ8連覇を決めたブンデスリーガでは、1位から4位までに与えられる来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いが激化している。すでに来季のCL出場権が確定している2位ドルトムント(勝ち点66)は、17日にブンデスリーガ第32節でマインツとホームで対戦し、0-2で敗戦した。

前節のデュッセルドルフ戦をハーランドの劇的弾で辛勝したドルトムントは、その試合からスタメンを1人変更。アカンジに代えてハーランドが4試合ぶりのスタメンとなった。

立ち上がりからボールを保持するドルトムントは15分、ハキミの右クロスをボックス左のラファエル・ゲレイロが頭で折り返すと、中央のヴィツェルが右足ボレーで合わせたが、このシュートは相手DFのブロックに阻まれた。

その後も攻勢に出るドルトムントだったが、ブンデス残留を目指すマインツに先制を許す。33分、マテタのパスを右サイドで受けたバクがダイレクトクロスを上げると、ゴール前に走り込んだブルクハルトがヘディングシュートをゴールに突き刺した。

迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはマインツ。48分、オニシウォのロングシュートのこぼれ球に反応したラツァがボックス内でフンメルスに倒されPKを獲得。これをマテタがゴール右に決めた。

リードを広げられたドルトムントは、51分にピシュチェクを下げてシュメルツァーを投入。ヴィツェルをアンカーに据えた[4-3-3]へ布陣を変更。すると72分、ボックス右手前で獲得したFKをハキミが直接狙うも、これは相手GKがわずかに触り、クロスバーを直撃した。

その後も何度か攻め込む場面を作りだしたドルトムントだが、集中した守りを見せるマインツ守備陣とGKフロリアン・ミュラーの牙城を最後まで崩すことが出来ず。試合は0-2でドルトムントが敗戦した。

一方、3位のライプツィヒ(勝ち点62)は、デュッセルドルフとホームで対戦し、2-2の引き分けに終わった。試合はゴールレスで迎えた後半に動く。60分、左サイドを持ち上がったカンプルがボックス左手前からコントロールシュート。これがゴール右に突き刺さった。

先制したライプツィヒは、63分にもザビッツァーの右クロスをファーサイドのハルステンベルクが胸で落とすと、最後はヴェルナーがワントラップからシュートをゴール右に突き刺した。

立て続けのゴールで2点をリードしたライプツィヒだったが、試合終盤にまさかの展開が待っていた。87分、ソボッカが放ったシュートをゴール前のスクルツィブスキがコースを変えてゴール左に流し込む。さらに後半アディショナルタイムには、左CKの流れからA・ホフマンにヘディングシュートを叩き込まれ、試合は2-2の引き分けに終わった。

その他、5位のレバークーゼン(勝ち点57)はケルンとホームで対戦し、3-1で勝利。また、ヨーロッパリーグ出場権を狙う8位のホッフェンハイム(勝ち点43)は、アウェイでアウグスブルクに3-1で勝利した。

◆ブンデス順位表(6/18現在)
(勝点/試合数/得失点差)
1.バイエルン (76/32/62)
2.ドルトムント (66/32/45)
3.ライプツィヒ (63/32/45)
4.レバークーゼン (60/32/18)
――――――――――CL出場権
5.ボルシアMG (59/32/23)
6.ヴォルフスブルク (46/32/3)
――――――――――EL出場権
7.ホッフェンハイム (46/32/-8)
関連ニュース
thumb

ドルトムント、ムニエがコロナ検査で陽性に

ドルトムントは3日、ベルギー代表DFトーマス・ムニエが新型コロナウイルス検査で陽性だったことを報告した。 新シーズンに向けてスイスでトレーニングキャンプを行なっていたドルトムント。ムニエはスイスキャンプ入り前に行った2度の検査と、スイス出国前の検査では陰性を示していたものの、最近の検査で陽性が判明したようだ。 しばらくは隔離措置が取られることになり、新シーズンの開幕を告げる7日のDFBポカール1回戦、ヴェーエン・ヴィースバーデン戦の欠場が確定した。 なお、ムニエは2日前にインスタグラムでMFトルガン・アザールとMFアクセル・ヴィツェルとのスリーショットを投稿していたが、こちらの2選手に関して感染は報告されていない。 2021.08.03 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷明け後、およそ半年ぶりにドルトムントへ戻ってきたヴィツェル「新加入選手みたいな気分」

ドルトムントのMFベルギー代表アクセル・ヴィツェルがチーム復帰への喜びを語った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ヴィツェルは1月9日の昨季のブンデスリーガ第15節、RBライプツィヒ戦で負傷交代。その後の検査でアキレス腱断裂との診断結果が発表され、同月11日には手術を実施していた。ユーロ2020に間に合うか微妙とみられていたが、驚異的な回復力を見せてベルギー代表として6月17日のデンマーク代表で実践復帰した。 代表参加後の休暇を木曜日(29日)に終え、翌日にドルトムントのメディアラウンドに立ち寄ったヴィツェルは「新加入選手みたいな気分」とコメント。 それもそうだろう。チームは現在、新加入組のオランダ代表FWドニエル・マレン、スイス代表GKグレゴール・コベルらに加え、育成年代のプレーヤーを中心にトレーニングが行われているからだ。 それでもヴィツェルは復帰できたこと、チームに戻ってこれたことに喜びを感じている様子だ。 「長い間チームから離れてしまっていたね。6カ月間、ほとんどの人とスタッフに会っていないんだ。だから、戻ってこれてとても幸せだよ。ユーロに参加できると信じていたし、それが叶って神に感謝している」 ドルトムントは8月7日にリーグ戦の開幕に先立って行われるDFBポカール1回戦を戦う。チームに合流してから取れる時間はあまりないが、台所事情を考れば起用される可能性は高い。新しい指揮官マルコ・ローゼ監督についても「とてもいい感じ」だと話しており、タイトルへの渇望を口にした。 「誰もがチャンピオンになりたいと思っている。1度や2度、素晴らしいプレーをすればいいわけじゃない。だから、僕らの最も大切な仕事は、シーズンを通してレベルを高く保つことだ。成功すれば、素晴らしいことを成し遂げられるだろう」 2021.07.31 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトSD、ハーランドの移籍を改めて否定 「我々が同意しなければ彼は出て行けない」

ドルトムントのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)の今夏移籍を改めて否定した。 2020年冬にザルツブルクから加入したハーランド。昨季は公式戦41試合に出場し、41ゴール12アシストという圧巻の成績を残した。 その得点力に多くのビッグクラブが関心を寄せており、チェルシーは1億7500万ユーロ(約227億円)の大金を投じて獲得を試みたと報じられている。 そんな中、ドイツ『Ruhr Nachrichten』のインタビューに答えたツォルク氏は移籍を否定。5月にも若きストライカーの残留を明言していたが、今回も噂に待ったをかけた。 「我々が同意しなければ彼は出て行けない。それが事実だ。彼のアドバイザーとの話し合いで、我々は自らの立場を明確にした」 「ミーノ・ライオラ(ハーランドの代理人)は『ドルトムントとは絶対に争わない』とも言っている」 「しかし噂話に筋が通らなくなるため、メディアはそのことをほとんど報じない」 「アーリング自身も、来季もここでプレーすることをスイスでの会見にて明確にしている」 とはいえ、来夏には契約解除金が半減してしまうハーランド。クラブに留めておけるのはあと1年か。 2021.07.31 15:06 Sat
twitterfacebook
thumb

冨安不在のボローニャに3発快勝のドルトムントがPSM2勝目を飾る!

ドルトムントは30日、プレシーズンマッチでボローニャと対戦し、3-0で勝利した。 3試合目のプレシーズンマッチとなるドルトムントは、ダイアモンド型の[4-4-2]の布陣の採用。2トップにハーランドとティゲスを起用し、中盤はトップ下にロイス、右にレイナ、左にブラント、アンカーにダフードを据えた。 一方、東京オリンピックに参加してしている日本代表DF冨安健洋が不在のボローニャは、オルソリーニやサンソーネ、デ・シルベストリらが先発に名を連ねた。 試合は立ち上がりからドルトムントが攻勢をかけると8分、敵陣左サイドでブラントがボールをカットすると、これをボックス左横で拾ったハーランドがティゲスとのワンツーでボックス左深くまで切り込みゴールネットを揺らしたが、これはハーランドのオフサイドを取られ、ノーゴールとなった。 攻勢を続けるドルトムントは、22分にもロイスのパスでボックス左まで駆け上がったブラントがダイレクトクロスを供給すると、最後はゴールエリア右のハーランドが頭で合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 チャンスを逃したドルトムントだが、直後にスコアを動かす。24分、ボックス右手前でパスを受けたハーランドが縦への突破からシュート。これは飛び出した相手GKに弾かれたが、こぼれ球をレイナがゴールに突き刺した。 先制後もドルトムントが敵陣で試合を進めて主導権を握ると、42分に追加点が生まれる。右CKのセカンドボールをパスラックが左に展開すると、ロイスのダイレクトをクロスをマロニーが頭で合わせると、これがゴール左に吸い込まれた。 さらに前半終了間際の45分にも、ドリブルでボックス内まで持ち上がったダフードのシュートのこぼれ球をティゲスが流し込み、ドルトムントが3点のリードで前半を終えた。 迎えた後半も主導権を握るドルトムントは、63分にボックス左から侵入したロイスの折り返しをハーランドがダイレクトで合わせたが、これはわずかにゴール左。さらに78分には、中盤で獲得したFKをカマラが素早くリスタートすると、これを受けたロイスがボックス外からミドルシュート狙ったが、これはクロスバーを直撃した。 結局、19本のシュートを放つなどボローニャを圧倒したドルトムントが3-0で完勝。プレシーズンマッチ2勝目を飾った。 ドルトムント 3-0 ボローニャ 【ドルトムント】 レイナ(前24) マロニー(前42) ティゲス(前45) 2021.07.31 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

複数ポジションでの起用に前向きなエムレ・ジャン「必要とされるならノーとは言わない」

ドルトムントのドイツ代表MFエムレ・ジャンが、新シーズンへ向けた意気込みを語った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 2020年1月にユベントスからドルトムントにレンタル移籍で加わり、同年7月に完全移籍を果たしたジャンは、ここまで公式戦55試合出場4ゴール6アシストを記録。2020-21シーズンも公式戦40試合に出場しており、センターバックやサイドバックのポジションもこなすなどユーティリティ性の高さでチームを支えた。 こうした活躍もあり、ジャンは6月に開催されたユーロ2020にもドイツ代表の一員として参加。3試合に出場したもののチームはラウンド16で敗れ、不本意な成績で大会を後にしている。 ユーロ大会後は休暇に入っていたジャンだが、現在は既にチームに合流。8月の開幕に向けた準備期間が足りないことは認めつつ、それでもチームから任される役割を全うしたいと語った。 「チームが最適な準備をできていないことは誰もが知っていると思う。だからといって、嘆いてもいられない。多くのクラブが同じような状況にあるのだから。僕らはアクセルを踏み込み、良いスタートを切る必要がある。まだ100%の体調ではないとしてもね」 「自分が必要とされているのであれば、どこのポジションであってもノーとは言わないよ。僕のバッテリーは今、最大限に充填されている」 「休暇を終えた後で再び走り出し、ウェイトルームでエクササイズをしていた。遅くとも数週間以内には、100%の状態に戻ると思うよ。今は何もゼロからのスタートというわけではないからね」 また、ジャンはドイツ代表でのこれからについてもコメント。来年開催される予定のカタール・ワールドカップ(W杯)に出場して、チームがかつての栄光を取り戻すサポートがしたいと意気込んだ。 「クラブで自分をしっかり主張して、再び代表チームに名乗りを上げたいね。来年のW杯で活躍できるようになっていたい。代表の仲間と共にまた良いサッカー、成功したサッカーがしたいと思う。ここ2、3年は期待を裏切ることが多かったからね」 2021.07.30 15:57 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly