ワトフォード主将ディーニーが大胆発言!「どのクラブにもゲイやバイセクシャルはいる」

2020.06.15 20:47 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ワトフォードに所属するイングランド人FWトロイ・ディーニーが大胆発言で注目されている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

プレミアリーグ再開を17日に控える中、ワトフォードの主将も務めるディーニーがイギリス『BBC』で放送されている番組に出演。昨今、注目度を高めている人種差別問題を受けて、性の多様性という観点からこんなコメントを残した。

「僕はどのフットボールチームにも1人はゲイやバイセクシャルの選手はいると公言できる」

フットボール界で初めて同性愛者であることを公にしたのは『スカイ・スポーツ』によるとノリッジやノッティンガム・フォレストでプレーしたイングランド人の故ジャスティン・ファシャヌ氏。また、元ドイツ代表で、プレミアリーグではエバートンやウェストハム、アストン・ビラなどでプレーしたトーマス・ヒッツルスペルガー氏も、現役引退後の2014年1月に、プロスポーツ界で同性愛の裾野を広げるためにとゲイであることを明かしている。

ディーニーも有名選手が先駆者となれば、形見の狭い思いをしているであろう多くの選手の道が開けると考えているようだ。

「もし誰かが声をあげたなら、その最初の1週間で少なくとも100人の選手が同じように手を上げるだろう」

「でも彼らはその最初の1人になりたくないんだ。その責任を負うことになるからね」

「それでも、今なら昔より同性愛であることを告白できる大きなプラットホームが整っていると思う」

「なぜみんながフットボールでもラグビーでもどんなスポーツでも自分が同性愛者であることを引退後に言うんだろうね。プロキャリアを通して、その事実を背負って行くことは相当な重荷になってるんだと思う」
コメント
関連ニュース
thumb

ワトフォードの3選手がロックダウンプロトコル違反でセインツ戦メンバー外に…

ワトフォードの3選手がイギリス政府定めるロックダウンプロトコルに違反し、サウサンプトン戦のメンバーから外されたようだ。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えている。 ワトフォードは28日に行われたプレミアリーグ第32節のサウサンプトン戦を1-3で敗戦した。 現在、過密日程が続く中、今回の一戦ではリーグ再開後の2試合でいずれもベンチ入りしていたイングランド人FWアンドレ・グレイ、同MFナサニエル・チャロバーの名前がメンバー表になかったが、その理由はケガや戦術的なものではなく、規律違反だったようだ。 『BBC』が伝えるところによれば、現在、イギリスの4人組のガールズグループ『リトル・ミックス』のメンバーのリー・アン・ピノックと交際中のグレイは、今月26日に29歳のバースデーを迎えた際、自宅に20人ほどの友人を集めてパーティーを行ったという。 そして、そのパーティーにチームメートであるチャロバーと、U-20ポルトガル代表MFドミンゴス・クイナが参加していたようだ。 現在、イギリスのロックダウン時の規制においてはソーシャル・ディスタンスの遵守を前提に、庭園や公園であれば、6人未満での集会が認められているが、今回のグレイのケースは完全に規則違反となった。 なお、ワトフォードは今回の一件を受け、選手名を公表していないが、2人の選手に関してロックダウンプロトコル違反を窺わせるSNS上の投稿が確認されていることから調査を行うことを声明で発表している。 2020.06.29 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

後半ATに2人のDFがスーパーゴールの応酬! 3位レスターと17位ワトフォードの一戦は白熱ドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第30節、ワトフォードvsレスター・シティが20日にヴィカレージ・ロードで行われ、1-1のドローに終わった。 新型コロナウイルス(COVID-19)による長期中断を経て、約3カ月ぶりの再開となったプレミアリーグ。 中断前の時点でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位に位置していたレスターは、降格圏と同勝ち点の17位に低迷するワトフォードとの再開初戦に臨んだ。 ロジャーズ、ピアソンという両指揮官の古巣対決に注目が集まったランチタイムキックオフの一戦。試合はボールを保持するアウェイのレスターに対し、ホームのワトフォードが堅守速攻で迎え撃つ形となる。 11分には左サイドを破ったチルウェルのグラウンダークロスに反応したヴァーディがニアに飛び込むが、ここは相手DFのブロックに遭い、今季20点目であり、プレミアリーグ通算100点目となるメモリアルゴールとはならず。 その後はボールの主導権はレスターが握るものの、ワトフォードも集中した守備で決定機を許さず。さらに、ホームチームは34分に相手ボックス付近でエンディディからボールを奪い、ボックス内のドゥクレに絶好機が訪れるが、ここはGKシュマイケルのビッグセーブに阻まれた。 結局、ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりに再びワトフォードに決定機。キャプーからのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したサールがGKと一対一の絶好機を迎えるが、チップキック気味に狙ったシュートは再びシュマイケルが阻止した。 前半の立ち上がり以降、なかなか決定機を作れないレスターだが、61分に久々にチャンスを創出。マディソンのFKをボックス左のソユンクが頭で合わせるが、このシュートはわずかに枠の左に外れる。 その後、互いに5枚に増えた交代枠を積極的に使ってこう着状態の打破を図る中、75分過ぎにレスターにビッグチャンス。ボックス手前右のオルブライトンが強烈なミドルシュートを放つも、これは右ポストの内側を叩く。さらに、こぼれ球を繋いでマディソンが枠を捉えた決定的なシュートを放つが、ここはGKフォスターがファインセーブで阻んだ。 試合終盤にかけては地力で勝るレスターが押し込む展開が続くと、土壇場の90分にようやくゴールをこじ開ける。右サイドのグレイからサイドチェンジを受けたチルウェルがボックス左角度のないところから左足を振り抜くと、これがゴール右上隅の完璧なコースに決まり、イングランド代表DFのスーパーゴールでアウェイチームが先制に成功した。 この得点で勝負ありかに思われたが、ワトフォードがこちらもスーパーゴールで追いつく。93分、左CKの場面でボックス中央の密集でカバセレのコントロールミスとなった浮き球のボールがゴール前にこぼれると、これを本職センターバックのドーソンが圧巻のジャンピングボレー。GKシュマイケルが何とか反応したものの、至近距離からの強烈なシュートはそのままネットを揺らした。 そして、試合終了間際に2つのスーパーゴールが生まれた白熱の一戦は痛み分けのドローに終わった。 2020.06.20 22:44 Sat
twitterfacebook
thumb

唯一ゲーム音声使用に反対のワトフォード、元イングランド代表GKが人工音声について「本当にイライラした」

ワトフォードの元イングランド代表GKベン・フォスターが、無観客試合でのゲーム音声の使用について率直な感想を述べている。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 プレミアリーグは新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で中断していたが、今週ついに再開。多くのファンがその日を待ちわびている。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2R1pCdmNkQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> しかし、再開後の試合は、感染拡大防止の観点から無観客で行われることが決定しており、この措置は来シーズンまで続く可能性も示唆されている。これを受け、プレミアリーグなど多くのリーグでは、EAの世界的人気サッカーゲーム『FIFA』シリーズ内の、観客を模した疑似音声をスタジアムやテレビ中継の際に流すことを承認している。 音声は、試合の邪魔にならないようプレーが行われている最中には再生されず、ボールが外に出るなどして、プレーが切れた際やハーフタイム、試合前のみの再生に限定されている。その他、より実際のスタジアムの雰囲気を再現するため、『FIFA』のゲーム内同様、審判の判定に対してファンからのヤジが飛ぶ使用も存在するなど、最新の技術を駆使して、よりリアルな雰囲気作りを目指しているようだ。 この擬似音声を使用するかどうかは、ホームチームの判断に委ねられているが、現在20クラブ中19クラブが使用を予定しているものの、ワトフォードのみ音声の不使用を発表している。 ワトフォードは練習試合2試合でこの擬似音声をテストした結果、選手の総意をもって不使用を決定したとのこと。ワトフォードの元イングランド代表GKベン・フォスターは、インタビューの中でこの擬似音声に対して率直な感想を述べている。 「本当にイライラした。音声はボールが外に出た時など決まった場面でしか流れず、急に流れ出して邪魔だった」 「チーム全員でこれは要らないということで話がついたよ。(練習試合では)コーチの1人が主審をやっていたんだけど、最悪の主審だった。そしたら擬似音声が『The referee's a w*nker(主審はクソ野郎だ)』ってチャントを歌い始めたんだ」 「そんなことができるなんて誰も知らなかったし、コーチですら笑っていたよ」 2020.06.15 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、元イングランド代表の守護神フォスターと2年間契約延長!

ワトフォードは9日、元イングランド代表GKベン・フォスター(37)と2年間の契約延長で合意したことを発表した。 イングランド代表として8キャップを誇るフォスターは、ストーク・シティやマンチェスター・ユナイテッドなどでプレーし、2018年夏にWBAからワトフォードへ完全移籍で加入した。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2R1pCdmNkQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> ワトフォードでは加入初年度からプレミアリーグ全試合に出場すると、今シーズンもここまでリーグ戦全29試合でゴールマウスを守っている。 なお、ワトフォードは現在勝ち点「27」で残留圏ギリギリの17位に位置。フォスターは、「僕たちは確実に、着実にプレーする必要がある。全力でスタートを切って、再開後に3勝できたら順位表の真ん中に到達できると信じている」と再開後のスタートダッシュへ意気込みをコメント。「6クラブから7クラブはタイトな試合だけど、17位から中位まで行く。良いスタートを切るのは大変だけどね」と残留に向けて気持ちを新たにした。 ワトフォードは20日に3位のレスター・シティと再開初戦を戦う。 2020.06.10 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元エバートンのマルコ・シウバ監督がプレミア復帰に意欲

ワトフォードやエバートンの監督を務めたポルトガル人指揮官のマルコ・シウバ氏(42)が、プレミアリーグ復帰の意向を明らかにした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 スポルティング・リスボンやオリンピアコスの監督をへて、2017年1月のハル・シティ就任でイングランド上陸を果たしたマルコ・シウバ氏。その4カ月後に就任したワトフォードで結果を残し、2018年夏にはエバートンへステップアップを果たす。 初年度はプレミアリーグで8位とまずまずの成績を残したものの、2年目の今季は15試合を消化した時点で4勝2分け9敗で降格圏の18位に沈み、リバプールとのマージーサイド・ダービー大敗直後の昨年12月に解任された。 それ以降はフリーの状態が続いている同氏だが、プレミアリーグで再び指揮を執る熱意は失われていないようだ。 「私の目標がプレミアリーグであることに疑いの余地はない。プレミアリーグを愛している。あのリーグで3クラブを指揮したが、世界で最もタフなリーグだったよ」 「プレミアリーグで証明し続けなければならないことがあるし、それは私が将来に見据えているものだ。それがすぐなのかそうでないのかはわからないが、私の目標だ」 2020.06.09 19:20 Tue
twitterfacebook