ワトフォード主将ディーニーが大胆発言!「どのクラブにもゲイやバイセクシャルはいる」

2020.06.15 20:47 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ワトフォードに所属するイングランド人FWトロイ・ディーニーが大胆発言で注目されている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。プレミアリーグ再開を17日に控える中、ワトフォードの主将も務めるディーニーがイギリス『BBC』で放送されている番組に出演。昨今、注目度を高めている人種差別問題を受けて、性の多様性という観点からこんなコメントを残した。

「僕はどのフットボールチームにも1人はゲイやバイセクシャルの選手はいると公言できる」

フットボール界で初めて同性愛者であることを公にしたのは『スカイ・スポーツ』によるとノリッジやノッティンガム・フォレストでプレーしたイングランド人の故ジャスティン・ファシャヌ氏。また、元ドイツ代表で、プレミアリーグではエバートンやウェストハム、アストン・ビラなどでプレーしたトーマス・ヒッツルスペルガー氏も、現役引退後の2014年1月に、プロスポーツ界で同性愛の裾野を広げるためにとゲイであることを明かしている。

ディーニーも有名選手が先駆者となれば、形見の狭い思いをしているであろう多くの選手の道が開けると考えているようだ。

「もし誰かが声をあげたなら、その最初の1週間で少なくとも100人の選手が同じように手を上げるだろう」

「でも彼らはその最初の1人になりたくないんだ。その責任を負うことになるからね」

「それでも、今なら昔より同性愛であることを告白できる大きなプラットホームが整っていると思う」

「なぜみんながフットボールでもラグビーでもどんなスポーツでも自分が同性愛者であることを引退後に言うんだろうね。プロキャリアを通して、その事実を背負って行くことは相当な重荷になってるんだと思う」
コメント
関連ニュース
thumb

ビジャレアル、ワトフォードから元フランス代表MFキャプーを獲得! 長期離脱MFイボーラの穴埋め

ビジャレアルは30日、ワトフォードから元フランス代表MFエティエン・キャプー(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、冬の移籍市場が開幕する2021年1月4日付けで正式にビジャレアルの一員となる。 トゥールーズでプロデビューしたキャプーは、トッテナムでのプレーを経て、2015の夏にワトフォードに加入。守備的MFをメインに、センターや両サイドで幅広くプレー。加入初年度からレギュラーとして活躍しここまで公式戦181試合に出場し、14ゴール8アシストを記録。 チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格した今シーズンは、背中のケガで出遅れたがここまでリーグ戦11試合に出場していた。 ビジャレアルでは、これまで守備的MFを務めてきたスペイン人MFビセンテ・イボーラが、13日に行われたラ・リーガ第13節のベティス戦で左ヒザ前十字靭帯の断裂の重傷を負い、長期離脱を強いられていた。 2020.12.31 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのクレバリー、英2部ワトフォードと契約延長へ

ワトフォードの元イングランド代表MFトム・クレバリー(31)が契約延長に至ったようだ。 クレバリーはマンチェスター・ユナイテッド下部組織出身で、2012年にイングランド代表デビュー。ユナイテッドの次代を担う中盤のひとりとして期待を集める存在だったが、2015年からエバートンに移り、2017年1月に買取りオプション付きのレンタルでワトフォードに加入した。 その3カ月後にワトフォードから買取オプションが行使され、2022年までの契約を締結。昨季も公式戦19試合1得点の数字を残したが、プレミアリーグ19位フィニッシュのチームはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格した。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、クレバリーはワトフォードと新たに3年契約を結ぶ方向で合意。2023年までワトフォードの一員としてプレーすることを決断したという。 なお、ワトフォードは今季のチャンピオンシップ開幕から5試合を消化した現時点で3勝1分け1敗の5位。主将のクレバリーはその全5試合に出場している。 2020.10.20 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

英2部ワトフォードの元オランダ代表ヤンマートが双方合意で契約解除

チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードは12日、元オランダ代表ダリル・ヤンマート(31)との契約を双方合意の下、解除したと発表した。 ヤンマートは2007年10月にADOでプロデビュー。ヘーレンフェーン、フェイエノールトとオランダ国内でステップアップを重ね、2014年7月に加入したニューカッスルでイングランドに初上陸した。 プレミアリーグ初挑戦から2年目となった2015-16シーズンにクラブは2部に降格したものの、2016年8月にワトフォードへ移籍し、プレミアリーグでのプレーを続行。しかし、在籍4シーズン目となった昨シーズンに自身2度目の2部降格の憂き目にあった。 ワトフォードでは通算85試合に出場し6得点を記録。なお、今シーズンはヒザの負傷により開幕から出場がない状況だった。 ヤンマートはクラブ公式サイトを通じてコメントを発表。2019年のFAカップ決勝進出がワトフォードでの最高の瞬間だということ、そしてクラブへの感謝を語った。 「2019年のFAカップ決勝に進出したことは僕にとって、そしてクラブの歴史の中でも大きな功績であり本当に最高の瞬間だったよ」 「最高の時間を過ごすことが出来た。このクラブには素晴らしい人たちがいた」 「いつか、キャリアの中でも本当に楽しい時間を過ごせたことを懐かしみ振り返ることだろう」 2020.10.13 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、2部降格のワトフォードからDFドーソンをレンタルで獲得

ウェストハムは12日、ワトフォードからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(30)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 189cmの恵まれた体躯に豊富な運動量、身体能力を併せ持つセンターバックのドーソンは、2010年にロッチデールからWBAへ加入。WBAでは長年レギュラーとして活躍し在籍8年間で公式戦225試合に出場し15ゴール12アシストをマーク。 2019年夏にワトフォードに移籍すると、昨シーズンもプレミアリーグ29試合に出場し2ゴールを記録。しかし、クラブは19位でシーズンを終え、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格していた。 なお、ヨーロッパの夏の移籍市場は10月5日に閉幕しているが、イングランドではプレミアリーグとEFLのクラブ(イングランド2部~4部)の間に限り、10月16日まで移籍が認められている。 2020.10.13 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヤングが抱く将来プラン 「ワトフォードで現役を退くチャンスがあるなら飛びつく」

インテルの元イングランド代表DFアシュリー・ヤングがワトフォード愛をさらけ出した。イギリス『サン』が報じている。 アストン・ビラやマンチェスター・ユナイテッドに所属した頃の姿が印象的なヤングだが、元々はワトフォード出身で、1995年にアカデミーに加わり、2003年にトップチームデビュー。2007年のアストン・ビラ移籍まで公式戦通算107試合22得点を記録した。 そんなヤングは今年1月に34歳にして新たな挑戦としてイタリアに活躍の場を移したが、ワトフォードでの引退プランも選択肢のひとつとして思い描いているようだ。今年7月に35歳の誕生日を迎えたなか、ワトフォードのポッドキャストでこう述べたという。 「(ワトフォードに)戻って再びプレーできるのなら、今すぐにでもイタリアから向かう。僕が知っている場所で、生まれた地。今の僕がいるのは彼らのおかげだ。ワトフォードで現役を退くチャンスがあるのなら、僕はそれに飛びつくだろうね」 なお、ヤングは今年1月に昨季終了までの契約でインテル入り。その後、1年延長オプションが行使され、今季いっぱいまでインテルでプレーすることとなっている。 2020.10.09 09:15 Fri
twitterfacebook