ワトフォード主将ディーニーが大胆発言!「どのクラブにもゲイやバイセクシャルはいる」

2020.06.15 20:47 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ワトフォードに所属するイングランド人FWトロイ・ディーニーが大胆発言で注目されている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。プレミアリーグ再開を17日に控える中、ワトフォードの主将も務めるディーニーがイギリス『BBC』で放送されている番組に出演。昨今、注目度を高めている人種差別問題を受けて、性の多様性という観点からこんなコメントを残した。


「僕はどのフットボールチームにも1人はゲイやバイセクシャルの選手はいると公言できる」

フットボール界で初めて同性愛者であることを公にしたのは『スカイ・スポーツ』によるとノリッジやノッティンガム・フォレストでプレーしたイングランド人の故ジャスティン・ファシャヌ氏。また、元ドイツ代表で、プレミアリーグではエバートンやウェストハム、アストン・ビラなどでプレーしたトーマス・ヒッツルスペルガー氏も、現役引退後の2014年1月に、プロスポーツ界で同性愛の裾野を広げるためにとゲイであることを明かしている。

ディーニーも有名選手が先駆者となれば、形見の狭い思いをしているであろう多くの選手の道が開けると考えているようだ。

「もし誰かが声をあげたなら、その最初の1週間で少なくとも100人の選手が同じように手を上げるだろう」

「でも彼らはその最初の1人になりたくないんだ。その責任を負うことになるからね」

「それでも、今なら昔より同性愛であることを告白できる大きなプラットホームが整っていると思う」

「なぜみんながフットボールでもラグビーでもどんなスポーツでも自分が同性愛者であることを引退後に言うんだろうね。プロキャリアを通して、その事実を背負って行くことは相当な重荷になってるんだと思う」
関連ニュース
thumb

ハマーズ、今季後半戦で主力定着のDFドーソンをワトフォードから買い取り!

ウェストハムは6日、ワトフォードからレンタル加入中のイングランド人DFクレイグ・ドーソン(30)を今シーズン終了後に完全移籍で獲得することを発表した。ドーソンはウェストハムと2023年6月30日までの契約にサインしている。 189cmの恵まれた体躯を誇る屈強なセンターバックのドーソンは、WBAとワトフォードでプレミアリーグ180試合以上に出場してきた経験豊富なプレーヤー。 ワトフォードのチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格の影響もあり、昨年10月の国外の移籍市場閉幕後に、1年間のレンタル移籍でウェストハムに加入した。 シーズン途中での加入ということもあり、昨年末までは控えに甘んじていたが、プレミアリーグ第16節のサウサンプトン戦でハマーズデビューを飾ると、以降15試合連続で先発フル出場。3バックと4バックを併用する4位チームの最終ラインに安定感をもたらし、得意のセットプレーから3ゴールを挙げている。 そして、正式にハマーズの一員となったドーソンは、クラブ公式サイトを通じて新たな意気込みを語っている。 「ウェストハムに来たことは僕にとって素晴らしいことであり、このような伝統あるクラブでプレーできることを光栄に思っている」 「チームには本当の意味での一体感、チームスピリット、そして素晴らしいクオリティがある。このクラブでの自分の将来と、クラブが今後達成できる可能性について期待しているよ」 2021.04.07 01:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、元コロンビア代表MFカルロス・サンチェスがフリー加入

ワトフォードは4日、元コロンビア代表MFカルロス・サンチェス(35)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 カルロス・サンチェスは、リーベル・プレートでプロデビュー後、ヴァランシエンヌ、エルチェ、アストン・ビラ、フィオレンティーナ、エスパニョールとヨーロッパ各国のクラブを渡り歩き、2018年にフィオレンティーナからウェストハムに完全移籍で加入。同クラブでは昨シーズン終了時に契約が満了するまで公式戦17試合に出場していた。 また、2007年から2018年までプレーしたにコロンビア代表では通算88試合に出場。2014年のブラジル大会、2018年のロシア大会と2度のワールドカップにも出場していた実力者だ。 なお、8カ月ぶりに新天地が決定した百戦錬磨の守備的MFは、今月6日に行われるチャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレスト戦から出場可能となる。 2021.03.04 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルカンプの息子ミッチェルがワトフォード加入、先日はポチェッティーノ息子も獲得

チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードは1日、オランダ人MFミッチェル・ベルカンプ(22)の獲得を発表した。 ベルカンプはU-23チームに所属し、契約期間は6カ月間。契約延長オプションもついている。 ミッチェル・ベルカンプは、かつてアーセナルで活躍した元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏の実の息子。オランダのアルメレ・シティの下部組織に所属していた。 U-17からU-21まで順調に昇格するも、2020年7月に退団。半年間の無所属状態を経て、ワトフォード加入が決定した。 ベルカンプは今回の移籍について「とても嬉しく、自分の将来に興奮している」とコメント。「このチャンスを得られたことは素晴らしいことです。ピッチに立ち、ハードワークを始めるのが待ちきれないよ。僕はトライアルを受け、ハードワークし、自分自身を証明するチャンスを得られて本当に嬉しい」と喜んだ。 ポジションについては「攻撃的なMFで、No.10だ」と語り、「ポゼッションを保ち、チャンスを作り、ゴールを決めることが好きだ」と攻撃に関わりたいと意欲を見せた。 ワトフォードはパリ・サンジェルマンで指揮を執るマウリシオ・ポチェッティーノ監督の息子であるスペイン人FWマウリツィオ・ポチェッティーノ(19)も獲得していた。 2021.02.02 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ポチェッティーノ息子がワトフォードに移籍!

トッテナムは1月31日、スペイン人FWマウリツィオ・ポチェッティーノ(19)のワトフォード移籍合意を発表した。 マウリツィオは2019年11月までトッテナムを指揮し、現在はパリ・サンジェルマンを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ氏の実子。左右のウイングを主戦場とする右利きのアタッカーだ。 2015年1月にサウサンプトンのアカデミーから加入し、今シーズンはトッテナムのU-23チームでプレー。プレミアリーグ2で8試合に出場し1ゴールを挙げていた。 2021.02.01 01:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、デウロフェウの完全移籍移行を発表! 今季ワトフォードからレンタル加入

ウディネーゼが元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(26)の完全移籍移行を発表した。新たな契約期間は2024年6月30日までとなる。 バルセロナ下部組織育ちのデウロフェウは2013年7月に1stチーム昇格後、エバートン、セビージャ、ミランでのプレーを経験。2017年夏に買い戻しオプションが行使される形でバルセロナに復帰したが、インパクトを残せず、2018年1月からワトフォードに貸し出され、同年夏に完全移籍を果たした。 そのワトフォードで公式戦通算70試合17得点11アシストと活躍したが、チームは2019-20シーズンのプレミアリーグで19位に終わり、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格。昨年10月からレンタルでウディネーゼに移り、今季はここまで公式戦12試合の出場で1得点1アシストを記録している。 そして、ウディネーゼは30日、デウロフェウの契約に付随する買い取りオプションの行使を決断。両クラブは買い取りオプションの行使額を公表していないが、1700万ユーロ(約21億5000万円)程度とみられる。 2021.01.31 12:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly