プレミアリーグ、8回目のコロナ検査でノリッジ選手1名含む2名に陽性反応

2020.06.14 13:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは13日、プレミアリーグ所属全クラブを対象に今月11日と12日に実施した8回目の新型コロナウイルス(COVID-19)検査で1200名の対象者のうち、2名に陽性反応が出たことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

プライバシーの観点からクラブ名および個人名は明かされていなかったが、リーグの発表を受けてノリッジ・シティは、自クラブの選手1名に陽性反応が出たことを公表している。

ノリッジの当該選手は12日に行われたトッテナムとのトレーニングマッチに出場していたものの、両クラブの選手との間に濃厚接触はなく、同試合に出場したその他の選手に関しては自主的な隔離対象とはならないという。

なお、当該選手はプレミアリーグのプロトコルに沿って、7日間の自主隔離措置を取り、後日再検査を受ける予定だ。

約3か月の中断期間を経て今月17日に再開となるプレミアリーグだが、今後も徹底したコロナウイルス感染予防対策が必須となる。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、英2部降格ノリッジからロバートソンのバックアッパーを狙う?

リバプールがノリッジ・シティに所属する北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得を検討しているようだ。 今シーズのプレミアリーグで28試合に出場して1得点の数字を残し、頭角を現したルイス。一方で、クラブはリーグ最下位に沈み、1年での降格が決まった。 イギリス『BBC』によると、そのルイスを巡り、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアップを探すリバプールの関心があるようだ。 リバプールは移籍金1000万ポンド(約13億8000万円)での獲得に向けて準備を進めているという。 一方、ノリッジはリバプールU-23に所属するU-19フランス代表DFヤセル・ラローチ(19)に関心を示しており、ルイスの移籍交渉に絡んでくる可能性もある模様だ。 2020.08.05 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

英2部降格ノリッジ、ゴッドフリーにも欧州複数クラブの視線

ノリッジ・シティのイングランド人DFベン・ゴッドフリー(22)に対して、国外から視線が注がれているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ゴッドフリーは2016年にヨーク・シティからノリッジ入りした183cmのセンターバック。昨季のチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で最終ラインの主軸としてチームを優勝に導き、プレミアリーグ昇格の今季も公式戦33試合に出場した。 しかし、ノリッジはプレミアリーグ最下位に終わり、1年でのチャンピオンシップ降格が決定。U-21イングランド代表DFマックス・アーロンズを巡り、バイエルンの関心が取り沙汰されるなど、有望株に相次いで今夏移籍の憶測が浮上している。 そのなか、ゴッドフリーにも国外複数クラブの関心がああり、ドルトムントやRBライプツィヒに続いて、レバークーゼンとミランも加わっての争奪戦に発展する可能性。ミランは先週末のセリエA最終節前に先んじて選手代理人と会談した模様だ。 一方で、ノリッジはゴッドフリーに関して、評価額を3000万ポンド(約41億6000万円)程度に設定。将来的にイングランド代表のレギュラーを射止めるだけのポテンシャルを秘めた選手だと確信しており、その額の要求を譲らない姿勢だという。 昨夏にマンチェスター・ユナイテッドOBの元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が古巣に獲得を進言したことでも知られるゴッドフリー。ノリッジとは2023年まで契約を残しているが、果たして…。 2020.08.04 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンが英2部降格ノリッジの逸材SBアーロンズに関心か

バイエルンがノリッジのU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズ(20)に関心を示しているようだ。ドイツ『スカイ』が伝えている。 バイエルンは今冬の移籍市場においてフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(24)のバックアップとして、レアル・マドリーからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(24)をレンタル移籍で獲得。 しかし、思うようにフィットせず、完全移籍での獲得に動く可能性は限りなく低い模様。そのため、今夏の移籍市場では再び右サイドバックの補強に動く構えだ。 今冬のタイミングからアヤックスのアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)への強い関心が伝えられているが、新たな候補としてイングランド期待の右サイドバックの一人であるアーロンズの動向も注視しているようだ。 2018年8月にノリッジでトップチームデビューを飾ったアーロンズは、優れたテクニック、パスセンス、アジリティを武器に、昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝に大きく貢献。 自身初参戦となった今シーズンのプレミアリーグではチームが最下位での降格となった中、個人としては36試合2アシストの数字を残すなど奮闘を見せていた。 コロナ禍での市場価値の下落に加え、ノリッジの降格に伴い、現時点での移籍金は1830万ポンド(約24億8000万円)程度となっており、バイエルンにとって問題なく支払える金額となっている。 ただ、過去にトッテナムやエバートン、アーセナル、RBライプツィヒといったクラブが関心を示した逸材に関しては、同じく右サイドバックの補強を必要とするレバークーゼンも獲得に動いている模様だ。 2020.07.28 13:38 Tue
twitterfacebook
thumb

PLアシスト記録更新のデ・ブライネ「仲間の決定力にとても感謝」

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがプレミアリーグのアシスト最多記録タイに喜びの心境を明かした。 今シーズンもプレミアリーグ開幕から4試合連続アシストを記録するなど、演出家ぶりを発揮したデ・ブライネは26日に行われた最終節のノリッジ戦(5-0で勝利)でも得点を演出。元フランス代表FWのティエリ・アンリが2002-03シーズンのアーセナル時代に打ち立てたリーグ記録の20アシストに伸ばして、2017-18シーズン以来のアシスト王に輝いた。 そのデ・ブライネはクラブ公式サイトで今シーズンのアシスト王獲得の喜びとともに、偉大なレジェンドに並ぶ記録の樹立をこう振り返っている。 「とても誇りに思うよ。間違いなく素晴らしい結果だけど、僕は仕事の半分しかしていない。チームメイトのゴール前での決定力にとても感謝しているよ。彼らがいなければ、これほど多くのアシストはできなかったからね」 かつてベルギー代表のアシスタントコーチを務めたアンリ氏と親交があり、昨年9月に行われた元ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの功労試合で再会を果たした際、「今年こそ更新するから」と冗談めかして宣戦布告したデ・ブライネ。塗り替えとまでならなかったものの、偉大なレジェンドに良い報告ができそうだ。 2020.07.27 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ジルー弾で降格ノリッジに勝利のチェルシーが3位死守!《プレミアリーグ》

チェルシーは14日、プレミアリーグ第36節でノリッジをホームに迎え、1-0で勝利した。 3日前に行われた前節シェフィールド・ユナイテッド戦を0-3と完敗した3位チェルシー(勝ち点60)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位マンチェスター・ユナイテッドと1ポイント差となっている中、ブレイズ戦のスタメンから5選手を変更。3トップはジルー、ウィリアン、プリシッチが務めた。 前節降格の決まった最下位ノリッジに対し、立ち上がりから押し込んだチェルシーはサイド攻撃を起点に仕掛けると、20分にはジルーがオンターゲットのシュートを記録した。 続く30分にはチャンスを作り、アスピリクエタの右クロスからフリーのジルーがシュート。しかし、右足ダイレクトで合わせたシュートはミートできなかった。 さらに36分には決定機を演出し、右クロスを絶妙なトラップで収めたボックス中央のプリシッチが反転から左足ボレーのシュートで枠を捉えたがGKクルルの好守に阻まれ、直後には右CKからズマが決定的なヘディングシュートを浴びせるもわずかに枠の右に外れてしまう。 このまま前半をゴールレスで終えるかに思われたが、追加タイム3分に押し切った。左サイドからのプリシッチのクロスにジルーが頭で押し込んだ。 後半も敵陣でのプレーを続けたチェルシーだったが、なかなか追加点に迫ることはできない。 75分にようやくジルーの浮き球パスからプリシッチがボレーで合わせる決定機を生むも、GKクルルの好守に阻まれた。 さらに77分、アスピリクエタの右クロスからファーサイドのマルコス・アロンソが頭で合わせるが、ここもGKクルルの好守に阻止された。 それでもジルーのゴールを守り抜いたチェルシーが1-0で勝ち切り、3位を死守している。 2020.07.15 06:11 Wed
twitterfacebook