プレミアリーグ、8回目のコロナ検査でノリッジ選手1名含む2名に陽性反応

2020.06.14 13:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは13日、プレミアリーグ所属全クラブを対象に今月11日と12日に実施した8回目の新型コロナウイルス(COVID-19)検査で1200名の対象者のうち、2名に陽性反応が出たことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

プライバシーの観点からクラブ名および個人名は明かされていなかったが、リーグの発表を受けてノリッジ・シティは、自クラブの選手1名に陽性反応が出たことを公表している。

ノリッジの当該選手は12日に行われたトッテナムとのトレーニングマッチに出場していたものの、両クラブの選手との間に濃厚接触はなく、同試合に出場したその他の選手に関しては自主的な隔離対象とはならないという。

なお、当該選手はプレミアリーグのプロトコルに沿って、7日間の自主隔離措置を取り、後日再検査を受ける予定だ。

約3か月の中断期間を経て今月17日に再開となるプレミアリーグだが、今後も徹底したコロナウイルス感染予防対策が必須となる。

コメント
関連ニュース
thumb

「ナンセンスだ」アーセナルが獲得狙うブエンディア、ノリッチ指揮官は移籍否定「99%残るだろう」

ノリッジのダニエル・ファルケ監督は、チームの元U-20アルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディア(24)が、チームにとどまると考えているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ブエンディアは昨シーズンのプレミアリーグで36試合1ゴール7アシストを記録。クラブは最下位で降格したものの、好パーマンスを残していた。迎えた今シーズンは、チャンピオンシップ(イングランド2部)でここまで20試合7ゴール7アシストをマークしており、首位を走るチームを支えている。 ブエンディアに対しては、元ドイツ代表MFメスト・エジルがフェネルバフチェに移籍することが確実となったアーセナルが興味を示しており、正式なオファーを用意しているという噂も伝えられていたが、ファルケ監督は、こうした噂をきっぱりと否定。少なくとも、今シーズン終了まではチームにとどまると強調した。 「(移籍については)何も起こらないだろう。この世界で100%の保証はできないが、99%彼は残ると保証できるよ。今この瞬間、私にとって主軸である選手を放出するのはナンセンスだ。クラブとしても、この時期の選手売却は無意味だと感じている」 「アーセナルは間違いなく、この国でもヨーロッパでも最高のクラブの1つだ。だから、選手たちはいつかそこでプレーする可能性もあるだろう。だが、1月はナンセンスだ。正直に言って、我々は今素晴らしい順位にいるからね」 「選手にとって、クラブや監督から信頼され、ファンから愛される立ち位置は素晴らしいと思うよ。しかし、プレミアのビッグクラブやバルセロナ、レアル・マドリー、バイエルンなどが『我々の長期的な解決策になる』と選手を誘えば、いつでも契約は可能になる」 「可能性は十分にあり、その日が来たら私は『選手が成長し、去る時がきた』と言わなければならない。しかし、1月には起こらない。それはナンセンスだ」 2021.01.20 12:37 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン、CBの補強にノリッジのゴッドフリーを確保!

エバートンは5日、ノリッジからイングランド人DFベン・ゴッドフリー(22)を獲得したことを発表した。契約は2025年まで。 186㎝のセンターバックのゴッドフリー。ノリッジでは公式戦通算78試合に出場しており、昨季はプレミアリーグで30試合に出場。昨年11月のエバートン戦では、グディソン・パークで無失点に抑え勝利に貢献している。 センターバックの補強を目指していたエバートンでは、チェルシーのイングランド代表DFフィカヨ・トモリのレンタルに動いていたが、チェルシー内部の事情もあり交渉は難航していた。 その代替案として白羽の矢が立ったゴッドフリーは、MFハメス・ロドリゲスやMFアランらに続く今夏5人目の補強。プレミアでは開幕4連勝で暫定首位に立つトフィーズ加入に「光栄に思う」と、喜びのコメントを残している。 「エバートンと契約し、ビッグクラブの一員となることを光栄に思う。この機会をくれたことにとても感謝しているよ。スタートが待ちきれない」 「エバートンでの目標は試合に勝ってトロフィーを獲得すること。勝つことが好きなんだよ。僕はユニフォームの袖に誇りをかけてプレーする。気遣いの出来る情熱的な若者だよ」 「ファンの皆には110%のプレーを保証する」 「偉大な歴史を持つこのクラブにはワールドクラスの選手たちが揃っている。彼らは僕を上のレベルへ連れて行ってくれるだろう。一緒にピッチに立てるのが楽しみだよ。そして、エバートンで最高の時を過ごせるといいね」 なお、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によると2000万ポンド(約27億3000万円)となっている。 2020.10.05 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

セメドがウルブス移籍濃厚のバルサ、DFアーロンズ獲得に向けてノリッジと交渉中か

バルセロナがノリッジ・シティでプレーするU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズ(20)の獲得に動いているようだ。 ポルトガル代表DFネウソン・セメド(26)のウォルバーハンプトン移籍が決定的となっていることから右サイドバックの補強に動いているバルセロナ。後釜候補の1人として、アヤックスのアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)に関心を示しているものの、資金力で上回るバイエルンも関心を示しており、一部メディアではドイツ行きが間近との情報も噴出している。 イギリス『ガーディアン』によれば、バルセロナはその他の候補として、複数クラブから視線を注がれているアーロンズに関心を示しており、ノリッジと交渉中だという。バルセロナは先週末にレンタルでのオファーを打診したが、ノリッジ側に拒否されたとのことだ。 ただ、交渉は進行しており、ノリッジ側は移籍金2000万ポンド(約26億7000万円)が発生する買い取り義務付きのレンタル移籍であれば、受け入れる構えを見せているようだ。 2018年8月にノリッジでトップチームデビューを飾ったアーロンズは、優れたテクニック、パスセンス、アジリティを武器とする右サイドバック。2019-20シーズンは初挑戦となったプレミアリーグで36試合2アシストの数字を残すなど、最下位で降格したクラブのなかで、印象的な活躍をしていた。 2020.09.23 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

積極補強のニューカッスル、リバプール移籍破談のノリッジDFジャマル・ルイスを獲得!

ニューカッスルは8日、ノリッジの北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までの5年間で、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば1500万ポンド(約20億7000万円)とのことだ。 ルイスは、北アイルランド出身でノリッジの下部組織で育った左サイドバック。2018年1月にファーストチームに昇格すると、2018-19シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で42試合に出場し4アシスト。チームのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 2019-20シーズンはプレミアリーグで28試合に出場し高いパフォーマンスを披露。リバプールは、勤続疲労が懸念されるスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアッパーとして、ルイスの獲得を望んでいたが、移籍金で折り合いが付かず破談に終わっていた。 積極補強を行っているニューカッスルではボーンマスからイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)を、同じくボーンマスを退団していたスコットランド代表MFライアン・フレイザーを、バーンリーを退団していたアイルランド代表MFジェフ・ヘンドリックらを獲得している。 2020.09.09 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、逸材MFスキップがノリッジへ1年間のレンタル移籍

トッテナムは17日、U-21イングランド代表MFオリヴァー・スキップ(19)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジ・シティにレンタル移籍することを発表した。移籍期間は2020-21シーズンの1年間となる。 トッテナムのアカデミー出身のスキップは2018年10月に17歳でトップチームデビュー。過去にデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンから絶賛を浴びたことでも知られる逸材MFは、豊富な運動量と機動力を生かした守備、パスセンスにも優れる攻守両面で貢献可能なセントラルMFだ。 今シーズンは公式戦11試合に出場し、ジョゼ・モウリーニョ監督からの評価も上々で、先月半ばには2024年までの新契約を結んだばかりだった。 ただ、クラブは今後の更なる成長を促すため、ノリッジへ武者修行に出すという決断に至った。なお、スキップにとってはこれがキャリア初の移籍となる。 2020.08.19 13:37 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly