後半AT被弾のバレンシア、再開初戦を白星で飾れず…《ラ・リーガ》

2020.06.13 07:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアは12日、ラ・リーガ第28節でレバンテと対戦し、1-1のドローに終わった。新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的なパンデミックを受け、3月から中断に入っていたラ・リーガが約3カ月ぶりの再開となる今節。7位のバレンシア(勝ち点42)は、ホームに13位レバンテを迎えた。

試合はゴールレスで迎えた後半、グラナダは74分にギジャモンにアフタータックルを見舞ったロジェールが2枚目のイエローカードを受け、退場処分となる。

数的優位となったバレンシアは83分、ヴァスの右クロスをニアでガメイロがフリック。これをゴール正面のロドリゴがヘディングシュートで合わせたが、これはゴールライン手前でセルヒオ・ポスティゴにクリアされた。

このままゴールレスでタイムアップかと思われたが89分、遂にスコアが動く。ギジャモンのスルーパスで左サイドを抜け出したガヤのクロスをニアに走り込んだロドリゴが左足で合わせると、右ポストに当たったボールがそのままゴールに吸い込まれた。

待望の先制点を奪ったバレンシアだったが、試合終了間際に最大のピンチを迎える。後半アディショナルタイム4分、相手FKの際にボックス内のポジション争いでディアカビがヴェソを倒してしまう。主審は当初ボックス手前でのFKを宣言したが、VARによる介入でPKが与えられると、このPKをメレロに決められた。

結局、試合はそのまま1-1で終了。逃げ切りに失敗したバレンシアは、ラ・リーガ再開初戦を勝利で飾ることが出来なかった。

また、同日に行われたラ・リーガ第28節のグラナダvsヘタフェは、4位のヘタフェ(勝ち点)がティモルのゴールで先制したが、後半に入りオウンゴールとカルロス・フェルナンデスのゴールで逆転したグラナダがそのまま2-1で勝利した。
コメント
関連ニュース
thumb

マキシ・ゴメス弾で逃げ切ったバレンシアが暫定首位浮上!ソシエダは今季初黒星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第4節のレアル・ソシエダvsバレンシアが29日に行われ、0-1でバレンシアが勝利した。 ここまで1勝2分けで3位のソシエダが、1勝1敗1分けで5位のバレンシアをホームに迎えた一戦。前節エルチェに快勝したソシエダは、その試合から先発メンバーを4人変更。オヤルサバルやポルトゥらに代えてヤヌザイやバレネチェアらを起用。古巣対決となるシルバも先発に名を連ねている。 一方、前節FW岡崎慎司の所属するウエスカと1-1の引き分けに終わったバレンシアは、先発メンバーを5人変更。ゴンサロ・ゲデスやマヌ・バジェホらに代えてイ・ガンインやティエリ・コレイアらが先発で起用した。 立ち上がりからボールの主導権を握るソシエダは13分、シルバのパスで左サイドを抜け出したバレネチェアのクロスをゴール前のイサクがスコーピオンキックで狙うもシュートは枠の上に外れた。 対するバレンシアは28分、ショートコーナーの流れからミドルサード中央でパスを受けたヴァスがロングシュート。このシュートはゴール右隅を捉えたが、GKレミロの好セーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、ソシエダはバレネチェアを下げてオヤルサバルを投入。すると55分、メリノのパスを受けたオヤルサバルがボックス左から侵入しシュートを放ったが、これはGKジャウメがセーブ。 膠着状態が続く中、ソシエダは67分にシルバやヤヌザイ、イサクらを下げて ウィリアン・ジョゼやポルトゥ、ゲバラらを投入。5枚の交代カードを使い切った。一方のバレンシアは、70分にイ・ガンインを下げてガメイロをピッチに送り出した。 この交代で先にチャンスを迎えたのはソシエダ。74分、右サイドを抜け出したゴロサベルがマイナスの折り返しを入れると、ジェイソンのブロックしたこぼれ球をボックス内のオヤルサバルがダイレクトシュート。しかし、これはジェイソンの背中に当たりゴール左に外れた ピンチを凌いだバレンシアは75分、ヴァスのサイドチェンジで左サイドを抜け出したガヤの折り返しをゴール前に走り込んだマキシ・ゴメスが流し込み、待望の先制点を奪った。 このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムにドラマが待っていた。ソシエダは95分、オヤルサバルの左クロスをボックス右のメリノが頭で折り返すと、ゴール前に詰めたエルストンドに当たったボールを最後はル・ノルマンが押し込んだ。 しかし、VARのレビューの結果、エルストンドの腕にボールが当たっておりハンドの判定でゴールは取り消された。結局、試合は0-1でバレンシアが勝利した。 2020.09.30 04:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、最終ライン強化に向けルガーニ&フォイスの獲得を画策

バレンシアが残り少なくなった今夏の移籍市場でイングランドとイタリアからセンターバック2選手の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena COPE』が伝えている。 今夏、バレンシアでは財政難によるチーム崩壊が進んでおり、マンチェスター・シティに移籍したFWフェラン・トーレスをはじめ、MFフランシス・コクランやMFダニエル・パレホ、FWロドリゴ・モレノを売却せざるを得ない事態に陥っている。 特に最終ラインではアタランタへレンタル移籍したDFクリスティアーノ・ピッチーニやレンタルバックとなったDFアレッサンドロ・フロレンツィら5選手がチームを離れており、今夏での補強が急務となっていた。 そこで白羽の矢が立ったのが、ユベントスに所属するイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(26)とトッテナムに所属するアルゼンチン代表DFフアン・フォイス(22)だ。 ルガーニは2015年の冬にエンポリからユベントスに加入。ユベントスでは在籍5年半で公式戦101試合の出場しているが、近年では熾烈なレギュラー争いに苦しみ、マウリツィオ・サッリ前監督が就任した昨季はセリエAで10試合の出場にとどまっていた。 また、すでに開幕した今季もアンドレア・ピルロ新監督の構想外となっており、放出候補に名前が挙げられている。 一方、2017年夏にエストゥディアンテスからトッテナムに加入したフォイス。2018-19シーズンは同胞マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下、公式戦17試合に出場。しかし、更なる飛躍が期待された昨シーズンは公式戦7試合の出場にとどまっていた。 とりわけ、昨年11月に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を勝ち取れず、今シーズンもここまでベンチ外が続いている。 2020.09.29 00:47 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎がクロスバー直撃の決定機に絡むも格上バレンシアとドロー! プリメーラ初ゴール&初勝利はお預けに《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、バレンシアvsウエスカが26日にメスタージャで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は先発し、80分までプレーした。 開幕2戦連続フル出場もチームと共に結果が出ていない岡崎は、格上バレンシアを相手にプリメーラ初ゴール&初勝利を期して敵地での一戦に臨んだ。 この試合、2トップの一角でスタートした岡崎は開始直後の7分にボックス手前右角のセオアネからの精度の高いクロスに反応するが、得意のヘディングシュートはやや当たりが薄く枠の左に外れる。 立ち上がりから動きの量と連動性で勝るウエスカは、決定機こそ作れないものの、ホームチームに攻撃の機会を与えず、互角以上に試合を運んでいく。しかし、38分には自陣右サイドで与えたFKの場面でキッカーのヴァスにゴール方向に向かう鋭い低弾道のボールを入れられると、ゴール前の密集をすり抜けたこのボールがそのままファーポストに吸い込まれ、名手ヴァスの直接FKで先手を奪われた。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢を仕掛けて同点を目指すウエスカは58分に岡崎がシュートを放つなど、フィニッシュの数を増やしていく。61分には左サイドで得たFKの場面でファーでフリーのプリードに絶好機もゴール至近距離から放ったヘディングシュートはGKのファインセーブに遭う。 だが、このプレーで得た右CKの場面でフェレイロからファーのシオバスに精度の高い浮き球のボールが渡ると、これをギリシャ代表DFがファーポストの絶妙なコースに流し込み、同点に追いついた。 これで勢いづいたアウェイチームは逆転ゴールを目指していく中、71分に岡崎に絶好のゴールチャンスが訪れる。ペドロ・ロペスからのクロスに対してボックス中央に入り込み、DFヴァスをブロックしながら右足のボレーシュート。ゴラッソでのプリメーラ初ゴールかに思われたが、このシュートは惜しくもクロスバーに阻まれた。その後、絶好機を逸した岡崎は80分に新戦力オンティベロスとの交代でピッチを後に。 両チームは最後まで勝ち点3を目指して攻め合うも、試合はこのまま1-1でタイムアップ。ここ3試合を通じて最もゴールに迫った岡崎だが、プリメーラ初ゴール&初勝利はお預けに。なお、30日に行われる第4節ではアトレティコ・マドリーをホームで迎え撃つ。 2020.09.27 01:06 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシアが生え抜きMFエスケルドと2024年まで契約延長

バレンシアは21日、下部組織出身のスペイン人MFビセンテ・エスケルド(21)との契約延長を発表した。新契約は2024年6月30日までとなる。 エスケルドは、2012年にバレンシアの下部組織に入団。8シーズンにわたりチームに在籍している。 現在はBチーム所属ながら、2019-20シーズンにラ・リーガでデビューを果たし3試合に出場。今シーズンは開幕から2試合連続で先発出場を果たしていた。 エスケルドは子供の頃から所属しているバレンシアとの契約延長を受け「2024年までバレンシアとの契約を継続できることをとても嬉しく思う」とコメント。「カデーテBにやってきて、全ての選手と同じようにファーストチームに昇格できることを夢見ていた」とクラブからの信頼を得られたことを喜んだ。 2020.09.22 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタが伊代表DFピッチーニのレンタルを発表!

アタランタは9日、イタリア代表DFクリスティアーノ・ピッチーニ(27)をバレンシアからレンタルで獲得したことを発表した。契約には買い取り権利が付いているようだ。 フィオレンティーナの下部組織出身のピッチーニは、ウイングからサイドバックまでこなす右サイドのスペシャリスト。スペツィアやリボルノなどイタリアのクラブをレンタルで渡り歩いたあと、ベティスとスポルティング・リスボン移籍を経て2018年夏にバレンシアに加入した。 すぐに右サイドバックとしてレギュラーに定着したものの、バレンシアでの生活はケガの連続。加入1年目は3度のケガに悩まされると、昨シーズンは右膝蓋骨骨折で1年丸々棒に振ってしまった。だが、今年5月に治療のために埋め込んでいた金属プレートとネジを除去する手術を行い、実戦復帰に近づいている。 イタリア代表では2018年10月のデビューからここまで3試合に出場。母国復帰は2015年にフィオレンティーナからベティスに移籍して以来のこととなる。 2020.09.09 17:36 Wed
twitterfacebook