ケガで帰国していた横浜FMのDFチアゴ・マルチンスが再来日、PCR検査も陰性

2020.06.11 18:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜F・マリノスは11日、ブラジル人DFチアゴ・マルチンスが再来日したことを発表した。チアゴ・マルチンスは、右第5中足骨骨折の手術およびリハビリのため3月11日(水)からブラジルに一時帰国。母国でリハビリを続け、6月6日(土)に再来日したとのことだ。

また、日本到着後、入国時に空港でのPCR検査を受け、6月10日(水)に陰性判定を示したことも発表している。
なお、チアゴ・マルチンスは、厚生労働省が発表している新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に基づき、 入国の次の日から起算して14日間は自宅で待機することに。不要不急の外出の自粛、公共交通機関の使用禁止、健康状態のチェックを毎日実施し自主隔離を行うとのことだ。

健康状態に問題がなければ、チアゴ・マルチンスは6月21日(日)をめどにチーム練習に合流する予定。7月4日の再開に向けて調整していく。

関連ニュース
thumb

横浜FM退団のDF池田航が関東2部のエスペランサSCへ移籍

横浜F・マリノスは31日、DF池田航(21)がエスペランサSCへ完全移籍することを発表した。 池田は横浜FMの下部組織育ちで、プライマリー追浜からジュニアユース追浜、ユースと昇格。2020年にトップチームに昇格していた。 1年目の途中からSC相模原へ育成型期限付き移籍すると、2021年はカマタマーレ讃岐へ、2022シーズンは7月にJFLのFCマルヤス岡崎へ育成型期限付き移籍していた。 横浜FMでは試合の出番はなく、Jリーグでは讃岐時代にJ3で2試合に出場したのみ。岡崎ではJFLで7試合に出場していた。 池田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン共に闘わせてもらう事になりました池田航です。個人として成長と経験をこのチームでしていきたいと思います。そしてチームを昇格という目標に向かって頑張ります!エスペランサファミリーの皆さん1年間よろしくお願いします」 エスペランサSCは2022シーズンは関東サッカーリーグ1部を戦っていたが最下位で終了。2023シーズンは2部に降格することが決定している。 2023.01.31 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

日本最高位は浦和もアジアで5位、韓国勢が上位占める…クラブランキングのアジアトップ30にはJリーグ4クラブ

IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)は25日、2022年のアジアサッカー連盟(AFC)所属クラブのランキングを発表した。 様々な統計を行うIFFHS。2022年1月1日から12月31日までの試合結果を基に作成され、勝利数や勝ち点数などからポイントを算出。ランキングを作成している。 Jリーグクラブで最上位は浦和レッズ。98ポイントを獲得し、アジアで5位となった。なお、世界では150位となっている。 アジア1位は天野純が所属する全北現代モータース(韓国)で165ポイント。世界全体でも42位に位置している。また、2位は江坂任が所属する蔚山現代(韓国)で121ポイント。こちらも世界で99位と100位内に入り、韓国の2クラブが上位に並んだ。 3位はアル・ヒラル(サウジアラビア)で112ポイント。4位は大邱FC(韓国)で104.75ポイントとなっている。 なお、6位には川崎フロンターレで93.5ポイント(世界161位)、昨年のJ1王者の横浜F・マリノスは88.5ポイントで8位(世界179位)となっている。 ちなみに、トップ30では日本は4クラブで2位、韓国が8クラブで1位となっている。日本の残り1クラブはヴィッセル神戸で69.5ポイントの16位(世界267位)だった。 <span class="paragraph-subtitle">◆IFFHSクラブランキング(アジア)</span> 順位/世界順位/クラブ名/ポイント 1(42):全北現代モータース(韓国)/165pt 2(99):蔚山現代(韓国)/121pt 3(115):アル・ヒラル(サウジアラビア)/112pt 4(133):大邱FC(韓国)/104.75pt 5(150):浦和レッズ/98pt 6(161):川崎フロンターレ/93.5pt 7(167):アル・シャーブ(サウジアラビア)/91.5pt 8(172):BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)/90.5pt 9(179):横浜F・マリノス/88.5pt 10(183):ナサフ・カルシ(ウズベキスタン)/87pt 11(188):アル・ドゥハイル(カタール)/86pt 12(213):フーラード(イラン)/77.5pt 13(242):シャールジャ(アラブ首長国連邦)/72.75pt 14(249):PFCソグディアナ・ジザフ(ウズベキスタン)/71.5pt 15(250):ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)/71pt 16(267):ヴィッセル神戸/69.5pt 17(271):FCソウル(韓国)/68.5pt 17(271):アル・アハリ・ドバイ(アラブ首長国連邦)/68.5pt 19(296):浦項スティーラース(韓国)/66pt 20(308):セパハン(イラン)/65.5pt 21(310):山東泰山(中国)/64.5pt 22(320):メルボルン・シth(オーストラリア)/63.75pt 23(321):アル・シーブ(オマーン)/63.5pt 24(339):仁川ユナイテッド(韓国)/61.5pt 25(370):アル・タアーウン(サウジアラビア)/58.75pt 26(372):アル・ジャジーラ(アラブ首長国連邦)/58.5pt 27(390):済州ユナイテッド(韓国)/57pt 27(390):パフタコール(ウズベキスタン)/57pt 29(407):アル・サッド(カタール)/55.5pt 29(407):江原FC(韓国)/55.5pt 2023.01.27 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

王者・横浜FMに痛手、DF小池龍太が右膝蓋骨脱臼で手術…全治6〜8週間

横浜F・マリノスは24日、DF小池龍太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、小池は20日のトレーニング中に負傷したとのこと。検査の結果、右膝蓋骨脱臼と診断された。 なお、24日に神奈川県内の病院にて手術。全治は6〜8週間とのことだ。 小池は右サイドバックや左サイドバックで横浜FMを支え、J1では26試合に出場して3ゴールを決め、2022シーズンのリーグ優勝に貢献していた。 2023.01.24 18:38 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMのGK高丘陽平に海外移籍の可能性、 MLSのバンクーバーがオファーと現地報道…かつては工藤壮人氏もプレー

J1王者の横浜F・マリノスを最後尾から支えるGK高丘陽平(26)に海外クラブが興味を示しているようだ。 『ESPN』によると、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスが関心を持っており、すでにオファーを出しているという。 横浜FCの下部組織で育った高丘は、2014年2月にトップチームへ昇格。2018年3月にサガン鳥栖へ期限付き移籍をすると、2019年2月に完全移籍。2020年10月に横浜FMへと完全移籍で加入した。 これまでJ1で111試合に出場。横浜FMでは公式戦85試合に出場し、2022シーズンは見事にリーグ優勝に貢献。ベストイレブンにも選ばれていた。 新シーズンも守護神としての活躍が期待される一方で、『ESPN』は新たな挑戦を望んでいると報道。日本代表も目指す中で、海外に挑戦する可能性があるという。 バンクーバー・ホワイトキャップスは、昨年10月に水頭症により36歳の若さで急逝した工藤壮人氏も在籍。クラブも追悼メッセージを送っていた。 2023.01.23 18:03 Mon
twitterfacebook
thumb

「見てるだけで足パンパン」「太もも破裂する」連覇目指す横浜FM、キャンプでハードなトレーニング

横浜F・マリノスのトレーニングが注目を集めている。 昨季は3年ぶり5度目のリーグ優勝を果たし、ディフェンディングチャンピオンとして新シーズンを迎える横浜FM。JリーグMVPのDF岩田智輝(→セルティック)やFW仲川輝人ら主軸が抜けた穴を、 DF上島拓巳(←柏レイソル)やFW植中朝日(←V・ファーレン長崎)ら新加入が埋め、どのような調和を醸し出すのかに注目が集まる。 チームは16日から宮崎県のシーガイアスクエア1で春季トレーニングキャンプを開始。オン・オフを含め、公式SNSでは様々な公開されている。 その中で注目を集めているのは、ツイッターで「フィジカル要素の強い、ハードなトレーニング」と紹介されたGK陣のトレーニング。設置された3本のカラーコーンバーをくぐって飛び越え、往復してからのセービングするというものだ。 3本行って1セットのようだが、終了後に選手たちがヒザに手をあてる様子からも、負荷がうかがえる。サポーターからも「見てるだけで足パンパンになる」などの声が上がっている。「シラ(白坂楓馬)と(高丘)陽平いけるな。素晴らしい。しかし、超ハードすぎる」、「やばすぎ。こんな太もも破裂する」、「まじ、この練習きついんだよなぁ」などのコメントも寄せられた。 キツいという声が多数を占める中で、昨季J1ベストイレブンの守護神には「高丘だけ飛んでる時の姿勢綺麗だな」との声も。本人もチェックマークを3つ返しており、リーグ連覇やAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)制覇へ向け、頼もしさを感じさせている。 <span class="paragraph-title">【動画】「見ているだけで足パンパン」になりそうな横浜FMのGKトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%972023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宮崎キャンプ2023</a> <br><br>ゴールキーパー陣のトレーニングをピックアップ<br><br>フィジカル要素の強い、ハードなトレーニングに取り組んでいました<a href="https://twitter.com/hashtag/fmarinos?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fmarinos</a> <a href="https://t.co/8PloTPYwZJ">pic.twitter.com/8PloTPYwZJ</a></p>&mdash; 横浜F・マリノス【公式】 (@prompt_fmarinos) <a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos/status/1615281866940219396?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.19 17:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly