離脱長引くロイス、やはり今季中の復帰困難か…独メディア指摘

2020.06.09 09:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントに所属するドイツ代表FWマルコ・ロイスはやはり今季中の復帰が厳しいのかもしれない。

今季公式戦26試合に出場して12得点7アシストを記録するロイス。新型コロナウイルスによる中断前の2月に行われたDFBポカール3回戦のブレーメン戦で右足付け根の筋肉損傷を負った。


ドルトムントは16日のブンデスリーガ再開後、第28節のバイエルン戦こそ落としたが、そのほかの4試合を全勝。しかし、主将は依然としてチームの輪に加わることができていない。

ロイスの離脱見込みは当初、4週間。本当ならもう復帰していてもおかしくないが、ドイツ『キッカー』によると、現在も別メニューが続き、全体に合流できていない現状だという。

そうした状況を受け、長引く離脱の理由として、ケガの内容が「内転筋の腱断裂」だった可能性があるとも…。そのため、4試合を残す今季中の復帰が厳しいとの見方が強まっているようだ。

また、追って報じたドイツ『ビルト』は医師数名の見解を紹介。「そういうケガに対する基本的な治療法は保存療法。通常3カ月ほどだが、4、5カ月を要することもある」と述べたという。

一方で、「マルコ・ロイスが負ったそうした類のケガはおそらく保存治療より手術の方が良い。迅速に目標を成し遂げるための手段になる」と語り、手術を勧めた医師もいる模様だ。

関連ニュース
thumb

DFBポカール準決勝対戦カード決定!ドルトムントはバイエルン撃破のホルシュタイン・キールと激突

7日にDFBポカール準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準決勝の対戦カードが決定した。 4大会ぶり5度目の優勝を目指すドルトムントは、準々決勝でボルシアMGに1-0と辛勝し4強入り。そして、準決勝では2回戦で優勝候補筆頭のバイエルンからジャイアントキリングを決めた2部所属のホルシュタイン・キールとの対戦が決定した。 また、今季のブンデスリーガで首位バイエルンを追走する2位のRBライプツィヒは、準々決勝でヴォルフスブルクを2-0で下し準決勝進出を果たした。そして、2大会ぶりの決勝進出を目指すユリアン・ナーゲルスマン監督率いるライプツィヒは、4月7日に延期されたFW大迫勇也を擁するブレーメンと2部所属のヤーン・レーゲンスブルクの勝者との対戦が決定した。 なお、準決勝は5月1日と2日に開催予定だ。準決勝対戦カードは以下の通り。 ◆DFBポカール準決勝 5/1,2 ブレーメンorヤーン・レーゲンスブルク(2部)vsRBライプツィヒ ドルトムントvsホルシュタイン・キール(2部) 2021.03.08 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムント主将ロイスがバイエルン戦の判定に怒り!「あれがバイエルンだったら…」

ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが、敗れたバイエルン戦の一部判定に憤りを見せている。 6日にブンデスリーガ第24節でバイエルンとのデア・クラシカーに臨んだドルトムント。試合は開始9分のFWアーリング・ハーランドの連続ゴールで2点のリードを得る絶好のスタートダッシュを切ったが、相手のエースFWロベルト・レヴァンドフスキも黙っておらず、こちらも前半で2ゴールを決めて、同点で試合を折り返す。 後半はしばらく2-2のまま進んだが、88分にMFレオン・ゴレツカのゴールでバイエルンの逆転を許すと、90分にはレヴァンドフスキにダメ押しのハットトリックを決められて4-2で敗戦。首位ライプツィヒとの勝ち点差は16に広がってしまった。 試合後、判定に不満を漏らしたのが主将のロイスだ。指摘したのはバイエルンの3点目の直前シーン。同選手は既にベンチに下がっていたが、MFエムレ・ジャンがFWレロイ・ザネに倒されていたところで笛が吹かれるべきだったと主張している。 「僕は明らかなファウルだと思う。ベンチから見た限りではね。正直に言うと、それがバイエルンだったら、主審は100%笛を鳴らしていただろう。そういうものなんだよ。バイエルンには笛が吹かれる。そうなんだ」 ロイスはしかし、敗戦の理由はその場面だけではなかったと語る。チームには勇気が欠けていたとして、負けを認めた。 「(勝つには)十分ではなかったね。スタートは良かったんだけど、途中でサッカーを止めてしまった」 「もちろんバイエルンが良かったのは認めるよ。世界トップクラスのチームだからね。でも僕たちはピッチ上でもっとやるべきだった。勇気を持ってね。今日がそれができていなかったよ」 2021.03.07 14:29 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:バイエルン 4-2 ドルトムント《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第24節、バイエルンとドルトムントによるデア・クラシカーが6日にアリアンツ・アレーナで行われ、ホームのバイエルンが4-2で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽バイエルン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210307_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ノイアー 5.5 2失点共に難しい対応だった。以降はセーブ機会が少ない中、押し込んだチームの背後のスペースをきっちりケアした   DF 4 ジューレ 6.0 2失点目は中途半端な対応で自サイドを崩される。ただ、立ち上がり以降は攻撃でリズムを掴み、守備の局面でもきっちり立て直してきた   17 J・ボアテング 6.0 1失点目はハーランドに寄せ切れずも、立ち上がり以降はハーランドを粘り強く抑え込んだ。要所で局面を変える正確なフィードを供給。それだけに負傷交代は痛恨…   (→ハビ・マルティネス 5.5) センターバックでスクランブル起用もティゲス相手に問題が生じることはなかった   27 アラバ 6.0 ボアテング同様に立ち上がり以降は攻守に安定感抜群のプレーを見せた。ハーランドへの的確な対応に加え、攻撃時は正確な散らしでキミッヒと共にビルドアップの起点に   19 アルフォンソ・デイビス 5.5 守備では序盤にロイスへの対応に苦慮も以降はスピードを生かした守備で貢献。ただ、攻撃面ではコマンの個人技が効いていたこともあり、見せ場はほぼなかった   MF 10 サネ 6.5 見事な仕掛けからレヴァンドフスキの1点目をアシスト。後半はやや相手の守備に苦戦も、試合を通した攻守両面での貢献度は高かった   (→リュカ -)   6 キミッヒ 6.0 立ち上がりは相手の配置、アグレッシブさに面食らったが、以降は中盤をきっちりとコントロール。的確な散らし、攻守の切り替えに加え、ミドルシュートの意識も高かった   25 ミュラー 5.5 前線からの守備で貢献も、肝心の攻撃では幾度からしい飛び出しを見せたが、最後のプレーの質やアイデアを欠いた   (→チュポ=モティング -)   18 ゴレツカ 7.0 普段に比べて決定機に絡む回数は少なかったが、最後の最後に大仕事。中盤のバランサー役としても機能した   29 コマン 6.5 鋭い仕掛けで同点ゴールに繋がるPKを奪取。ムニエとのマッチアップで優位に立ち攻め手となった   (→ニャブリ 5.5) 前節はドッペルパック達成も、今日の試合では相手の守備にうまく抑え込まれて存在感を発揮できず   FW 9 レヴァンドフスキ 7.0 デア・クラシカーで圧巻のドライアーパック達成。今季リーグ戦のゴール数を早くも31点に乗せた   監督 フリック 6.5 相手の出方が予想外だったか、試合の入りに失敗。それでも、最終的に2点差を付けて勝ち切る見事な勝負強さを見せた   ▽ドルトムント採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210307_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 35 ヒッツ 5.5 屈辱の4失点も幾度か好守を見せるなど、個人としては及第点の出来   DF 23 ジャン 5.5 粘りの守備や局面を変える持ち出しなど古巣相手に奮闘。ただ、相手のクオリティに屈した   15 フンメルス 5.0 前半は立ち上がりに好フィードで決定機を演出。ただ、ライン設定に苦しみ最後は守備を締め切れず、厳しい敗戦に   5 ザガドゥ 5.5 中央を締めながら身体を張った守備を見せた。個人としてはまずまずの出来   (→モレイ 5.5) 献身的な守備を見せたが、チームは敗戦   MF 24 ムニエ 4.5 立ち上がりはロングボールのターゲットとして攻勢に一役買ったが、以降は強度の低さ、判断の悪さで守備面の穴となった   8 ダフード 5.0 立ち上がりは攻守に良い動きを見せたが、やや軽率に与えたPKが痛恨。後半は献身的に守備をこなすも、攻撃面ではなかなか起点となれず   11 ロイス 5.5 立ち上がりは相手守備をうまくかく乱。以降は守勢の中で守備の貢献を見せた   (→ヘイニエル 5.5) 押し込まれた状況の中で守備に奔走   10 T・アザール 6.0 2点目をアシスト。以降はカウンターの起点とはなれなかったが、守備では身体を張った   (→ブラント 5.5) 攻撃面では苦戦も求められた守備の役割はこなした   6 デラネイ 5.5 先制点の起点に。以降は中盤でスペースを埋めながら対人でもよく身体を張った   (→ベリンガム 5.5) デラネイの役割を引き継いで強度の高い守備対応を見せた   14 N・シュルツ 5.0 2点目の起点となったが、バイエルン1点目の守備対応ではサネに翻弄された。守備の強度で物足りなかった   FW 9 ハーランド 6.5 圧巻のドッペルパックを達成。ただ、右足首を痛めたか、後半早い時間帯の交代に…   (→ティゲス 5.0) 守備はこなしたが、攻撃面では相手守備陣に格の違いを見せつけられた   監督 テルジッチ 5.5 サンチョら多くの負傷者を抱える中、最高の入りを見せたが、最後は王者に力負け   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! レヴァンドフスキ(バイエルン) 決勝点を決めたゴレツカも捨てがたいが、大一番でドライアーパックを達成する圧巻の勝負強さを発揮した大エースをMOMに選出。絶妙な動き出しで奪った1点目でチームに流れを引き寄せ、最後は見事な個人技でダメ押しの4点目を奪取した。   バイエルン 4-2 ドルトムント 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(前26) レヴァンドフスキ(前44[PK]) ゴレツカ(後43) レヴァンドフスキ(後45) 【ドルトムント】 ハーランド(前2) ハーランド(前9) 2021.03.07 04:50 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキのハットでバイエルンがデア・クラシカー逆転勝利、首位キープ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第24節、バイエルンvsドルトムントのデア・クラシカーが6日に行われ、4-2でバイエルンが逆転勝利した。 前節ケルン戦を5発圧勝として3試合ぶりの白星としたバイエルン(勝ち点52)は、直前の試合で2位ライプツィヒが勝利したことで暫定ながら首位の座を奪われた中、コロナ明けのミュラーが先発に復帰、現状のベストメンバーで臨んだ。 一方、公式戦4連勝と好調の5位ドルトムント(勝ち点39)は、4日前に行われたDFBポカールではボルシアMGに勝利してベスト4進出。しかし、その試合でサンチョとラファエウ・ゲレイロが負傷し、欠場となった。3日後にチャンピオンズリーグのセビージャ戦を控える中、一部主力を欠いてのデア・クラシカーとなった。 試合は開始2分に動く。ボックス手前左からハーランドが左足を振り抜くと、J・ボアテングにディフレクトしたシュートがゴール右に決まった。 さらに9分、ドルトムントに追加点。N・シュルツのスルーパスでボックス左に抜け出したT・アザールが中に折り返し、最後はハーランドが押し込んだ。 素晴らしいスタートを切ったドルトムントだったが、徐々にバイエルンが反撃。26分、ボックス右で縦に仕掛けたサネがクロスを送ると、ゴール前のレヴァンドフスキが押し込んで1点を返す。 ここからバイエルンの攻勢が強まると、42分にPKを獲得する。コマンがボックス左角でダフードに倒されるとVARの末、PKとなった。これをレヴァンドフスキが決め、バイエルンが追い付いて前半を終えた。 後半もバイエルンがペースを握る中、劣勢のドルトムントは60分にT・アザールと足首を痛めたハーランドに代えてティゲスとブラントを投入。 その後もバイエルンがハーフコートで試合を進めるも、自陣に引いたドルトムントを崩しきることができない。 それでも終盤に逆転に成功する。88分、ルーズボールをボックス中央のゴレツカがボレーで決めきった。さらに2分後、バイエルンに決定的な4点目。ペナルティアーク中央でパスを受けたレヴァンドフスキがゴール左にシュートを蹴り込んだ。 レヴァンドフスキのハットトリックの活躍でバイエルンがデア・クラシカーを制し、首位キープに成功している。 2021.03.07 04:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、サンチョ&ゲレイロがバイエルン戦欠場確定…レイナもメンバー外に

バイエルンとの“デア・クラシカー”に臨むドルトムントだが、主力を数名欠くことが決定してしまった。 ドルトムントは6日、ブンデスリーガ第24節でバイエルンと対戦する。首位を走るバイエルンに、勝ち点差「13」の5位につけるドルトムントが挑む形となる。 例年とは違う立ち位置での両者の対決だが、この大一番でドルトムントは選手を欠いて臨むこととなる。 遠征への帯同が不安視されていたのは、イングランド代表MFジェイドン・サンチョ、ポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ。両者は、2日に行われたDFBポカール準々決勝ボルシアMG戦で負傷交代していた。 試合に向けた会見でエディン・テルジッチ監督が「プレーできる可能性はある。今日の検査次第だ。希望は捨てていないよ」と2人の状態について言及していたが、実際に遠征するメンバーの中に2人は加わることはなかった。 さらに、サンチョとゲレイロに加え、アメリカ代表MFジョバンニ・レイナもメンバー外になったことをドルトムントが発表している。 レイナに関しては理由が言及されていないが、ミュンヘン行きの飛行機には乗っていないようだ。 2021.03.06 17:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly