離脱長引くロイス、やはり今季中の復帰困難か…独メディア指摘

2020.06.09 09:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントに所属するドイツ代表FWマルコ・ロイスはやはり今季中の復帰が厳しいのかもしれない。

今季公式戦26試合に出場して12得点7アシストを記録するロイス。新型コロナウイルスによる中断前の2月に行われたDFBポカール3回戦のブレーメン戦で右足付け根の筋肉損傷を負った。

ドルトムントは16日のブンデスリーガ再開後、第28節のバイエルン戦こそ落としたが、そのほかの4試合を全勝。しかし、主将は依然としてチームの輪に加わることができていない。

ロイスの離脱見込みは当初、4週間。本当ならもう復帰していてもおかしくないが、ドイツ『キッカー』によると、現在も別メニューが続き、全体に合流できていない現状だという。

そうした状況を受け、長引く離脱の理由として、ケガの内容が「内転筋の腱断裂」だった可能性があるとも…。そのため、4試合を残す今季中の復帰が厳しいとの見方が強まっているようだ。

また、追って報じたドイツ『ビルト』は医師数名の見解を紹介。「そういうケガに対する基本的な治療法は保存療法。通常3カ月ほどだが、4、5カ月を要することもある」と述べたという。

一方で、「マルコ・ロイスが負ったそうした類のケガはおそらく保存治療より手術の方が良い。迅速に目標を成し遂げるための手段になる」と語り、手術を勧めた医師もいる模様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキ、恩師クロップを語る「一人の人間としても素晴らしい」

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、かつての師であるユルゲン・クロップ監督について語った。『ESPN』が伝えている。 レヴァンドフスキは、ドルトムント時代の2010年から2014年までの期間にクロップ監督の指導を受けてきた。 そして、加入2年目にセンターフォワードとして完全に覚醒したポーランド代表FWはブンデスリーガ連覇に貢献すると、2012-13シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に導いた。その後、3年連続リーグ20ゴールを達成したエースストライカーは、宿敵バイエルンへと旅立った。 一方、ドルトムント指揮官退任後、2015年途中にリバプールの指揮官に就任したクロップ監督は、就任4年目となった昨シーズンにCL制覇、就任5年目の今シーズンにプレミアリーグ制覇を成し遂げ、今では世界最高の名将の一人に数えられる。 そして、今や世界最高のストライカーの一人と評されるレヴァンドフスキは、かつて指導を受けた世界最高の名将が自身にとって一番の恩師であると明言。さらに、クロップ監督が見せる“父親”、“監督”という2つの顔が、自身を含む多くの選手を魅了しているとしている。 「個人的にユルゲン・クロップは僕にとっての一番のお気に入りだね。その次にペップ・グアルディオラだ。それは100%間違いないね」 「クロップは2つの顔を持っているんだ。父親のような存在である一方、監督やコーチとしての顔もちゃんと持っている。彼は選手たちに対して何でも話してくれるんだ。それは僕らにとって耳心地が良いことだけでなく悪いこともね」 「同様に、選手たちにとって彼は大きなモチベーションになっている。そこに関しては完璧だと言えるね。叱咤激励なんかのさじ加減が絶妙なんだ」 「監督としてのパフォーマンスは驚くべきものだけど、それだけではなく一人の人間としても素晴らしいよ」 2020.08.04 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、補強戦略揶揄のバイエルン名誉会長に不快感 「事実に反する傲慢な発言」

ドルトムントでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が、クラブの補強戦略を揶揄したバイエルンのウリ・ヘーネス名誉会長に不快感を示した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 近年、ヨーロッパ屈指の育成クラブとして高額な売却益を元手にクラブとして成長を続けるドルトムント。その一方で、主力に育った若手の相次ぐ流出を受けて、宿敵バイエルンにブンデスリーガ8連覇を許すなど、肝心のスポーツ面では確固たる成功を収められていない。 そのドルトムントに対して、ヘーネス名誉会長はドイツ『FAZ』のインタビューで、「懸命じゃない」と補強戦略を揶揄した。 「ドルトムントがとても才能のある若手選手を獲得し活躍を見せると、数カ月後にはクラブ内外からいずれ売却対象となるという話しか聞こえてこない」 「仮に、自分が売却対象だと感じた場合、その選手はどうやってクラブのDNAを100%吸収することができると思うか? それは無理だ」 物議を醸す宿敵の総大将からのコメントを受けて、ツォルク氏は「傲慢な発言」と不快感を露わにするとともに、バイエルンとの大きな資金面の差が、望まぬ事態を招いていると主張している。 「それはかなり傲慢な発言であり、事実に反するものもある」 「仮に、毎年のように2億5000万ユーロ(約312億円)以上の収入が得られるのであれば、ああいったふうに自慢するのも簡単だろうね」 なお、2018-19シーズンのバイエルンの売上高は史上最高の約7億5000万ユーロ(約936億円)。一方、ドルトムントは約4億9000万ユーロ(約612億円)と、歴然たる差がある。 それだけにツォルク氏は、ヘーネス名誉会長によるマウントを取る行為に強い怒りを感じたようだ。 2020.08.04 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、サンチョとは個人合意寸前 あとはクラブ間の交渉次第か

ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)のマンチェスター・ユナイテッド移籍に向けた動きに進展があるようだ。 ブレイクを遂げた昨季に続いて、今季も公式戦44試合に出場して20得点20アシストのハイパフォーマンスを披露したサンチョ。今夏の移籍市場で長らくユナイテッドの関心が取り沙汰され続けている。 ドイツ『スカイ』によると、ユナイテッドはサンチョと5年契約締結で基本合意寸前。移籍金1億2000万ユーロ(約149億6000万円)を求めるドルトムントとはまだ合意に至っていないが、分割払いでまとまり得るという。 また、ドルトムントはユナイテッドとサンチョに関する移籍交渉を続けるなか、期限を今月10日に設定。その日から来季に向けた合宿がスイスで始まるため、それまでにサンチョの去就に決着をつけたい模様だ。 報道どおりなら、クラブ間の交渉を残すのみのフェーズに入ったとみられるサンチョの去就。母国イングランドに新天地を求めることになるのか。デッドラインも考えると、この1週間で大きな動きがありそうだ。 2020.08.04 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのU-21ドイツ代表MFブルニッチが昇格逃したハイデンハイムに完全移籍

ドルトムントは3日、U-21ドイツ代表MFジェニス・ブルニッチ(22)がブンデスリーガ2部のハイデンハイムに完全移籍したことを発表した。 U-15から各世代のドイツ代表に選出されてきたセントラルMFのブルニッチは、2016年10月にドルトムントでプロデビュー。ドルトムントでは2試合プレーした後、2017年夏にシュツットガルトにレンタル移籍。 2019-20シーズンは2部のディナモ・ドレスデンにレンタル移籍し、22試合に出場していた。 移籍先のハイデンハイムは2019-20シーズン、2部で3位となりブレーメンとの昇格プレーオフに臨んだがアウェイゴール差で敗れ、昇格を逃していた。 2020.08.04 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、サンチョの移籍期限を10日に設定

ドルトムントがイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の移籍期限を10日に設定したようだ。イギリス『BBC』が報じている。 今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッド行きの噂が取り沙汰されているサンチョ。しかし、ドルトムントは2022年まで契約を残すサンチョの移籍金を1億2000万ユーロ(約149億5000万円)に設定しており、合意には至っていない。 新型コロナウイルスの影響によって今夏の移籍市場は10月5日まで開いているものの、ブンデスリーガの新シーズンが9月18日にスタートすることから、ドルトムントとしては新シーズンに向けてのスカッドを確定させたいために期限を8月10日に設定したとのことだ。 なお、ユナイテッドはドルトムントの希望する移籍金の半額程である6600万ユーロのオファーを提示していると報じられている。 2020.08.03 23:30 Mon
twitterfacebook