財政難のフラメンゴ、ジェルソン売却を考慮! 新天地はチェルシーorドルトムント?

2020.06.08 21:11 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フラメンゴに所属するブラジル人MFジェルソン(23)は、わずか1年でヨーロッパに復帰する可能性が高いようだ。

2016年夏にフルミネンセからローマに加入したジェルソンは、当初“左利きのポグバ”として大きな期待を集めていた。しかし、ローマとレンタル先のフィオレンティーナで大きなインパクトを残せず、昨夏にフラメンゴへ完全移籍し、母国に復帰。


それでも、慣れ親しんだ母国で完全復活を果たしたレフティーは、昨シーズンの公式戦36試合に出場し2ゴール4アシストの数字を残すなど攻守両面で躍動。コパ・リベルタドーレスとカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAの2冠、FIFAクラブ・ワールドカップ準優勝に大きく貢献していた。

母国での華々しい復活を受けて、ジェルソンの元にはアーセナルやトッテナムからの接触があり、先月初旬には同選手の父親であるマルコス・サントス氏が、問い合わせ段階ではあるものの、複数クラブからの接触を認めていた。

さらに、今回ブラジル『FOX Sports』は、ジェルソンの去就に関する新たな情報を提供している。

同メディアによると、フラメンゴは7500万ユーロ(約92億5000万円)近い負債を抱えており、数選手の売却でそれを補填する必要に迫られているという。

そして、先日にトッテナムが1800万ユーロ(約22億2000万円)のオファーを掲示したとされるジェルソンには、3500万ユーロ(約43億2000万円)の移籍金を要求しているようだ。

また、ジェルソンの関係者によると、クラブは6月20日までに条件を満たす正式なオファーが届くことを期待しており、同選手の代理人もヨーロッパで移籍に向けた交渉を行っている模様。その交渉相手に関しては、チェルシーとドルトムントの名前が挙がっている。

移籍先については情報が錯綜している感もあるが、ジェルソンのヨーロッパ再上陸の可能性は高そうだ。

関連ニュース
thumb

リール、フラメンゴに貸し出したチアゴ・マイアのレンタル期間を延長

リールは2日、フラメンゴにレンタル中のU-23ブラジル代表MFチアゴ・マイア(23)のレンタル期間延長を発表した。これにより、同選手は2021-22シーズン終了まで母国クラブに残留することになった。 2014年にサントスでプロデビューを飾ったチアゴ・マイアは、卓越した戦術眼を生かした守備力と、高精度の左足から繰り出されるパスを武器とする新進気鋭のボランチ。2017年の夏に加入したリールでは、加入初年度から主力して在籍2年半で公式戦68試合に出場。 しかし、2019-20シーズンはケガの影響もあって出場機会を失い、2020年1月にフラメンゴに1年間のレンタル移籍で加入。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで優勝を果たしたチームにおいて前半戦は主力として活躍も、昨年12月に負ったヒザ前十字じん帯断裂の重傷によって、後半戦を棒に振っていた。 2021.03.03 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フラメンゴがブラジル・セリエA連覇! 本田圭佑が所属したボタフォゴは最下位で2部降格

2020シーズンのブラジル・セリエA最終節が25日に行われ、フラメンゴの2年連続8度目の優勝が決定した。 首位で最終節に臨んだフラメンゴは4位のサンパウロと対戦。勝てば文句なしの自力優勝だったが、前半アディショナルタイムに、得点ランクでトップに立つFWルシアーノにゴールを決められ先制を許してしまう。後半立ち上がりにFWブルーノ・エンヒキのゴールで同点に追いつくものの、その7分後に再び失点し、2-1で敗れた。 しかし、2位のインテルナシオナウがコリンチャンスに0-0で引き分けたため、フラメンゴが1ポイント差で逃げ切り、優勝を果たした。 試合後、優勝会見に臨んでいたロジェリオ・セニ監督は、突然現れた選手たちから伝統的なアイスバケツを喰らわされ、「凍えそうだ! 尊敬の欠如だ!」と冗談を交えながら喜びを分かち合った。 一方、日本代表MF本田圭佑が1月まで在籍したボタフォゴは最下位でシーズンを終え、クラブ創設以来3度目の2部降格となった。 ◆ブラジル・セリエA2020シーズン最終順位 1.フラメンゴ(71Pt) 2.インテルナシオウナウ(70Pt) 3.アトレチコ・ミネイロ(68Pt) 4.サンパウロ(66Pt) --コパ・リベルタドーレス本選出場-- 5.フルミネンセ(64Pt) 6.グレミオ(59Pt) --コパ・リベルタドーレス予選出場-- 7.パルメイラス(58Pt) 8.サントス(54Pt) 9.アトレチコ・パラナエンセ(53Pt) 10.ブラガンチーノ(53Pt) 11.セアラー(52Pt) 12.コリンチャンス(51Pt) --コパ・スダメリカーナ出場-- 13.アトレチコ・ゴイアニエンセ(50Pt) 14.バイーア(44Pt) 15.スポルチ・レシフェ(42Pt) 16.フォルタレーザ(41Pt) --降格圏-- 17.ヴァスコ・ダ・ガマ(41Pt) 18.ゴイアス(37Pt) 19.コリチーバ(31Pt) 20.ボタフォゴ(27Pt) 2021.02.26 17:09 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸が噂されたU-20ブラジル代表FWリンコンを完全移籍で獲得「人生の新しいチャレンジ」

ヴィッセル神戸は20日、フラメンゴからU-20ブラジル代表FWリンコン(20)を完全移籍で獲得することを発表した。 リンコンは、フラメンゴの下部組織。U-17ブラジル代表として活躍したことで、欧州のビッグクラブからの注目も集めていた逸材として知られる。 2018年にフラメンゴのファーストチームへ昇格すると、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは、37試合で4ゴール3アシストを記録。コパ・リベルタドーレスでは8試合で2ゴールを記録していた。 2019シーズンはセリエA、コパ・リベルタドーレスの2冠の達成していた。 <div id="cws_ad">◆リンコンがフラメンゴで決めた初ゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2V2lFanNrbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リンコンにはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のFCシンナティも獲得を目指していたが、神戸が見事に獲得レースに勝利した。 リンコンはクラブを通じてコメントしている。 「ヴィッセル神戸のサポーターの皆さんこんにちは。リンコンです。今年も神様のご加護がサポーターの皆さんにありますように。人生の新しいチャレンジのチャンスをくれたヴィッセル神戸に感謝しています。同時に、サポーターの皆さんの愛情のこもったメッセージに感謝しています。では、またすぐに」 2021.01.20 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

行き先はやっぱり神戸! 紆余曲折のU-20ブラジル代表FWリンコン、再交渉実り合意と現地報道

去就が二転三転しているフラメンゴのU-20ブラジル代表FWリンコン(20)だが、やはりヴィッセル神戸への移籍となるようだ。ブラジル『UOL』が報じた。 リンコンは、フラメンゴの下部組織。U-17ブラジル代表として活躍したことで、欧州のビッグクラブからの注目も集めていた。 <div id="cws_ad">◆リンコンがフラメンゴで決めた初ゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2V2lFanNrbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> そのリンコンをめぐっては神戸がフラメンゴとレンタル移籍で合意に至ったとされていた中、同じく興味を持っていたメジャーリーグ・サッカー(MLS)のFCシンナティが完全移籍でのオファーを提示。アメリカ行きが濃厚とされていた。 一方で、神戸はリンコン獲得を諦めず、フラメンゴと再度交渉すると報じられていた中、神戸行きで合意。書面を取り交わすのみと報じられている。 リンコン本人が日本でのプレーを望んでいたということもあり、一転して神戸行きに合意したとのことだ。 なお、条件は完全移籍で、保有権の75%を300万ドル(約3億1200万円)で買い取るとのこと。契約期間は3年間とみられている。 リンコンは2018年にフラメンゴのファーストチームへ昇格すると、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは、37試合で4ゴール3アシストを記録。コパ・リベルタドーレスでは8試合で2ゴールを記録していた。 2021.01.15 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸が獲得目指すFWリンコンがMLSに? 神戸はフラメンゴと交渉継続へ

ヴィッセル神戸が獲得に動いていたフラメンゴのU-20ブラジル代表FWリンコン(20)だが、一転してアメリカに行く可能性が高まっている。ブラジル『グローボ』が報じた。 リンコンは、フラメンゴの下部組織で育ち、2017年にU-17ブラジル代表としてU-17南米選手権やU-17ワールドカップで活躍。欧州のビッグクラブも注目していた若手ストライカーだ。 <div id="cws_ad">◆リンコンがフラメンゴで決めた初ゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2V2lFanNrbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 神戸はレンタル移籍での獲得を目指してフラメンゴと交渉。すでにフラメンゴの構想に入っていないリンコンに対して、クラブは移籍を容認していた。 リンコン本人も神戸への移籍を前向きに捉えており、条件の細部を詰めるだけと見られていた。 しかし、ここに来て一転、フラメンゴがアメリカ行きに合意すると報道。神戸とともにリンコンの獲得に動いていたメジャーリーグ・サッカー(MLS)のFCシンシナティに移籍する可能性が高いようだ。 FCシンシナティは、フラメンゴに対して買い取りのオファーを出したとのこと。さらに、リンコン側に給与を提示しているとのことだ。 しかし、『グローボ』によると神戸もリンコンの獲得を諦めていないとのこと。フラメンゴの要求に対して交渉を続ける姿勢を示しているようだ。 当初は、レンタル移籍での合意がなされており、50%以上の試合に出場した場合は買い取り義務が発生するという条件だった。しかし、フラメンゴはリンコンが10試合続けてプレーした場合も買い取り義務が発生するという条件を提示してきたとのことだ。 さらに、50万ドル(約5200万円)のレンタル移籍で、買い取り義務は300万ドル(約3億1200万円)とされていたが、状況が変わってきたようだ。 神戸はフラメンゴと再び交渉を行うようだが、果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。 2021.01.14 16:07 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly