遠藤&原口がフル出場! ハノーファー2連勝もシュツットガルトは下位にゴールレスドロー《ブンデスリーガ2部》

2020.06.07 22:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ2部第30節が7日に行われ、オスナブリュックをホームに迎えたシュツットガルトはゴールレスドローに終わった。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。

自動昇格圏の2位に位置するシュツットガルト(勝ち点51)が、14位オスナブリュックを(勝ち点34)をホームに迎えた一戦。

2連勝中のシュツットガルトは[4-1-4-1]を採用し、17試合連続先発となった遠藤は中盤アンカーでスタート。終始押し込む展開としながらも決め手を欠き、0-0の引き分けに終わった。

また、7位ハノーファー(勝ち点39)は4位ハイデンハイム(勝ち点48)をホームに迎え、2-1で勝利。6試合連続スタメンとなったハノーファーのMF原口元気は[4-4-2]のトップ下でフル出場し、チームの2連勝に貢献している。
コメント
関連ニュース
thumb

J・マルティネス、現役引退orシュツットガルトでキャリア続行?

ポルティモネンセに所属する元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネス(33)の胸中は、現役引退かシュツットガルトでの現役続行で揺れているようだ。ドイツ『transfermarkt』が報じている。 ポルト在籍時に、プリメイラ・リーガ3年連続得点王に輝いたJ・マルティネスは、2015年夏に鳴り物入りでアトレティコ・マドリーへ加入。しかし、この移籍をキッカケに順風満帆だったキャリアが暗転。 アトレティコでは思うような成功を収められず、わずか半年で中国スーパーリーグの広州恒大へ完全移籍。しかし、度重なる足首のケガに悩まされ、在籍2年間でわずか4ゴールとここでも大きく期待を裏切り、2018年3月にクラブとの契約を解消。その後、2018年9月からポルティモネンセに加入し、慣れ親しんだポルトガルの地で復活を目指したが、在籍2年間で公式戦54試合12ゴールと振るわず、チームも今シーズンのプリメイラ・リーガを17位で終え、無念の降格となった。 そういった苦境や足首の問題を受けて、マルティネスは現役引退を考慮していることを明かした。 「まだ100%、キャリアを終える決断をしたわけではないけど、1年前から考えていたことだった。今後数日のうちに、どのような決断をするのか発表するつもりだ」 「足首のケガは僕にとって大きなリスクになっている。そういった状況の中では自分が思った通りのプレーができないんだ」 その一方で、マルティネスの代理人を務めるグスタボ・ガロ氏は、コロンビアのテレビ番組『Gol Caracol』で同選手の現役続行の可能性を示唆している。降格に伴いポルティモネンセ退団は確実とし、来シーズンからブンデスリーガに復帰するシュツットガルト移籍の可能性を認めている。 「私とジャクソンは長い間、去就に関して話し合ってきた。そういった中で、彼にはシュツットガルトへのオプションがあることも伝えている。彼はそのオプションを好んでいるように見えるし、彼の好きなようにさせたいと思っている。ただ、彼はまだ現役を終えることは考えていないよ」 なお、シュツットガルトでは元ドイツ代表FWマリオ・ゴメス(35)の現役引退に加え、アルゼンチン代表FWニコラス・ゴンサレス(22)に移籍の可能性があり、センターフォワードの補強が急務となっている。 ただ、ガロ氏はマルティネスが前述の足首の問題でフルタイムでの活躍が難しいことを認めており、移籍に向けては幾つかの障害があるという。 「ジャクソンは足首の問題で毎試合のようにプレーすることはできない」 「彼は正直な男で、交渉するクラブに対しても自身のコンディションを維持するために特別なトレーニングが必要なことを伝えている」 その研ぎ澄まされた得点感覚を考えれば、時間限定のジョーカーとしてまだまだ活躍が期待されるところだが、マルティネスはシュツットガルトあるいは他クラブでのキャリア継続か、現役引退かいずれの選択肢を選ぶことになるのか…。 2020.07.29 15:39 Wed
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、今季レンタル加入の守護神コベルを完全移籍で獲得!

遠藤航の所属するシュツットガルトは28日、ホッフェンハイムからスイス代表GKグレゴール・コベル(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 194㎝の大型GKであるコベルは、2016年の夏にホッフェンハイムに加入。トップチームではDFBポカール1試合に出場にとどまっており、主にセカンドチームでプレー。2019年の冬にアウグスブルクに半年間のレンタル移籍を経験し、公式戦18試合でプレー。 その後、昨夏の移籍市場でシュツットガルトへレンタル移籍で加入すると、守護神としてブンデス2部で31試合に出場し、1年での1部昇格に貢献していた。 シュツットガルトへの完全移籍が決まったコベルは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「シュツットガルトはとても居心地が良く、ここで僕は大きく成長することが出来た。だから、ここで長くプレーしたいと常に強調してきたんだ。昨シーズンは昇格という重要な目標を達成できたが、今は僕たちがブンデスリーガで自分たちの力を示すという大きな課題に直面している。そのためにも僕は昨シーズン同じように自分の役割をしっかり果たしたいと思ってるよ」 2020.07.29 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

来季昇格のシュツットガルト、ハノーファーからDFアントンを獲得!

遠藤航の所属するシュツットガルトは28日、ハノーファーからドイツ人DFヴァルデマール・アントン(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までで、背番号は「2」を着用する。 シュツットガルトへの移籍が決まったアントンは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「シュツットガルトへ加入できたことをとても嬉しく思っている。僕には様々な選択肢があったけど、シュツットガルトへの移籍は迷わなかったよ。シュツットガルトは伝統のあるクラブだ。そんなクラブの責任者が僕のために多くの努力をしてくれ、話し合いでは僕の将来の道筋を明確にしてくれた。僕はそれにとても感銘を受けたんだ」 ハノーファーの下部組織出身のアントンは、2015年7月にトップチームに昇格。ハノーファーでは、センターバックを主戦場に守備的MFや右サイドバックもこなす万能型の守備者として公式戦137試合に出場。今季もセンターバックと守備的MFを主戦場に公式戦31試合に出場していた。 2020.07.29 01:10 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤航在籍のシュツットガルト、アーセナルから若手CBマヴロパノスをローンで獲得

アーセナルは16日、ギリシャ人DFコンスタンティノス・マヴロパノス(22)との新契約締結およびシュツットガルトへの1年間のレンタル移籍を発表した。 マヴロパノスは2018年1月に母国のPASヤニナからアーセナルへ加入した192cmの長身センターバック。高い身体能力を持つ若手DFは、アーセナルではここまで公式戦8試合に出場。今シーズンの後半戦はブンデスリーガ2部のニュルンベルクにレンタル移籍。リーグ戦12試合に出場し、ブンデスリーガ2部残留に貢献していた。 来シーズンにブンデスリーガ1部に復帰するシュツットガルトで背番号5を背負うことになったマヴロパノスは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「シュツットガルトへの移籍は僕のキャリアにおける新たな挑戦になる。クラブ幹部の人たちと監督からの信頼に感謝しているよ」 「ここでの目標はその信頼に対して良いパフォーマンスで報い、シュツットガルトが素晴らしいシーズンを送るために自分自身の役割を全うすることだ」 また、アーセナル時代にマヴロパノスを獲得した張本人であり、シュツットガルトのスポーツ・ディレクターを務めるスヴェン・ミスリンタート氏は、同選手との再タッグに満足感を示している。 「我々はアーセナル時代からお互いをよく理解しているし、彼の成長を見守ってきた。コンスタンティノスは強さと速さを兼ね備えている。彼の技術と野心は我々と非常にマッチするはずだ」 なお、シュツットガルトには日本代表DF遠藤航が在籍しており、守備的MFや時にセンターバックを務める遠藤はマヴロパノスとの共演が増えそうだ。 2020.07.16 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

来季は日本人と同僚に? アーセナルDFマヴロパノスの行き先はドイツが濃厚

アーセナルの元U-21ギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノス(22)を巡る獲得レースが激化しているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 2018年1月にギリシャのPASヤニナから完全移籍で加入したマヴロパノス。今シーズンはヨーロパリーグで1試合に出場するも、大半をU-23チームで過ごしており、1月にブンデスリーガ2部のニュルンベルクへとレンタル移籍していた。 ニュルンベルクではセンターバックとして主力を担い、ブンデスリーガ2部で11試合に出場。レンタル期間終了でアーセナルへと復帰していた。 現在のアーセナルにはセンターバックが6名おり、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、元ブラジル代表DFダビド・ルイス、元ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ、スペイン人DFパブロ・マリ、イングランド人DFロブ・ホールディング、DFカラム・チャンバースが居る。また、サンテチェンヌへとレンタル移籍していたU-21フランス代表DFウィリアム・サリバも復帰が決定しており、現段階で8名が来シーズンのポジションを争うこととなる。 アーセナルには、レンタル移籍でのオファーが来ているとのこと。その筆頭はブンデスリーガの残留を決めたブレーメンとのこと。一方で、来シーズンからブンデスリーガに昇格するシュツットガルトも熱心に狙っているとのことだ。 シュツットガルトのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるのは、アーセナルにマヴロパノスを連れて来たスヴェン・ミスリンタート氏であり、シュツットガルト行きの可能性も高いようだ。 最近のアーセナルは、ドイツへ若手選手を武者修行に出す傾向が強く、FW レイス・ネルソン(ホッフェンハイム)やMFエミール・スミス=ロウ(RBライプツィヒ)などの成功例もある。 センターバック人事は以前から注目を集めているアーセナル。来シーズンはどのような顔ぶれになるのだろうか。 2020.07.14 13:00 Tue
twitterfacebook