セリエAの監督で3人目、パルマ指揮官も新型コロナウイルス感染「血液検査で発覚した」

2020.06.07 21:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パルマのロベルト・ダヴェルサ監督(44)が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していたことを明かした。

イタリアは、ヨーロッパで最も早く新型コロナウイルス の感染が爆発。特に北部のロンバルディア地方で感染者が爆発的に増加し、一時は世界で最も感染者と死者を出している地域となっていた。

その後、ロックダウン(都市封鎖)の成果もあり徐々に感染拡大が収まり、3月中旬から延期されていたセリエAも6月20日から再開することが決定した。

そんな中、ダヴェルサ監督が新型コロナウイルスに感染していたことを告白。セリエAの監督では、ジャン・ピエロ・ガスペッリーニ監督(アタランタ)、ジュゼッペ・イアキーニ監督(フィオレンティーナ)に次いで、3人目の感染者となった。

3月に感染していた可能性があると明かしたダヴェルサ監督は、当時のことをイタリア『パルマ・トゥデイ』で語った。

「私はSPALとの試合後(3月9日)、数日間体調を崩していた」

「それは大したことなかったので、綿棒による検査(PCR検査)を受けなかったし、COVID-19を持っているかどうかも分からなかった。これは、過去数日間の抗体を見つける血液検査で発覚した」

「私は、毎年この時期になると、多かれ少なかれ体温が上がる。それはちょうど37度だった。家族と一緒にロックダウンの期間を過ごした。選手として、そして監督としてできなかったことを、この時間で行なった」

パルマは20日の再開ゲームでトリノと対戦する。ダヴェルサ監督は、再開に向けて前向きな姿勢を示した。

「私は前向きな感覚を持っている。サッカーについてトレーニングし、再び話し始めることができたことは素晴らしいことだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ディバラがセリエAのシーズンMVPに輝く! 中断期間に新型コロナ感染もリーグ9連覇に貢献

ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(26)が2019-20シーズンのセリエA最優秀選手賞に輝いた。 新型コロナウイルスの影響で一時中断を強いられたものの、約3カ月の中断期間を経て再開し、ユベントスのリーグ9連覇で幕を閉じたセリエA。 そしてレガ・セリエAは4日、今季の年間最優秀賞にユベントスの9連覇に大きく貢献したディバラを選出した。同選手は、セリエAで33試合に出場して11得点7アシストを記録。中断期間中には新型コロナウイルスに感染し、約1カ月半の闘病生活を強いられたが、再開後は4試合連続ゴールを決めるなど、チームの連覇に貢献した。 そのほか、最優秀若手選手賞にパルマのスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(20)、最優秀FWにラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(30)、最優秀MFにアタランタの元アルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメス(32)、最優秀DFにインテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(28)、最優秀GKにポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(30)が選ばれた。 2020.08.05 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

パルマとの壮絶の打ち合いで敗れたレッチェが1年でセリエBに降格《セリエA》

セリエA第38節が2日にイタリア各地で行われた。 降格圏に位置する18位レッチェ(勝ち点35)は、11位パルマ(勝ち点44)をホームに迎えた一戦。試合開始早々にレッチェは失点する。11分、ボックス右から仕掛けたエルナニが対角線にグラウンダーのシュートを放つと、左ポストを直撃したボールがゴール前のルシオーニに当たり、オウンゴールとなった。 先制を許したレッチェは、24分にも再び失点する。ボックス右でパスを受けたエルナニのマイナスの折り返しを受けたカプラーリがペナルティアーク内からダイレクトシュートをゴール右に突き刺した。 2点のビハインドを追うレッチェは40分、ドリブルでボックス右深くまで侵入したマンコースのクロスをバラクがヘディングを叩き込み、1点を返した。さらに前半終了間際の45分にもショートコーナーを受けたファルコの左クロスをメッカリエッロが頭で流し込み、試合を振り出しに戻した。 同点で迎えた後半も、レッチェは早い時間に失点を許す。52分、ボックス左深くまで持ち上がったカプラーリのバックパスをバリッラがダイレクトで折り返すと、コーネリウスが流し込んだ。再びリードを許したレッチェは、67分にもイングレーゼにゴールネットを揺らされ、4失点を喫してしまう。 レッチェはその2分後の69分、シャコフのヘディングシュートのこぼれ球をラパドゥーラが押し込んで1点差に迫ったが、反撃はここまで。3-4で敗れたレッチェは、1年でのセリエB降格が決定した。 ◆セリエA第38節 結果 ▽8/2(日) SPAL 1-3 フィオレンティーナ ジェノア 3-0 ヴェローナ レッチェ 3-4 パルマ ボローニャ 1-1 トリノ サッスオーロ 0-1 ウディネーゼ ▽8/1(土) ブレシア 1-1 サンプドリア ユベントス 1-3 ローマ ナポリ 3-1 ラツィオ アタランタ 0-2 インテル ミラン 3-0 カリアリ 2020.08.03 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

アレハンドロ・ゴメス弾で逆転勝利のアタランタが暫定2位に浮上!《セリエA》

アタランタは28日、セリエA第37節でパルマとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。 前節のミラン戦をドローで終え、3位に後退したアタランタは、その試合からスタメンを4人変更。マリノフスキーやハテボエル、トロイらに代えてパシャリッチやカスターニュ、シュタロらをスタメンで起用した。 試合は積極的な入りを見せるパルマに対し、やや後手を踏む展開となったアタランタは8分にピンチを迎える。中盤のクルゼフスキがシュート性のパスを縦に送ると、ボックス右で収めたカプラーリの折り返しをボックス左に走り込んだガリオーロがダイレクトシュート。しかし、これはGKゴッリーニの好セーブで難を逃れた。 その後も押し込まれる展開を強いられたアタランタは、43分にジェルビーニョのスルーパスでボックス中央から侵入したクルゼフスキにゴールネットを揺らされ、1点のビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、1点を追うアタランタはパシャリッチとシュタロを下げてマリノフスキーとディムスティを投入。さらに61分には、カルダーラを下げてムリエルをピッチに送り出した。 立ち上がりから攻勢をかけるアタランタは、70分にボックス右手前でアレハンドロ・ゴメスが倒されFKを獲得すると、これを低弾道で狙ったマリノフスキーのシュートがゴール右隅に突き刺さった。。 同点弾で勢いづくアタランタは84分、ダイアゴナルなドリブルで中央に切り込んだアレハンドロ・ゴメスがペナルティアーク手前から左足一閃。強烈なシュートにGKセペは一歩も動けず、アタランタが逆転に成功した。 その後、アタランタは後半アディショナルタイムにピンチを迎えたが、クルティッチのシュートはゴール手前でハテボエルがブロック。結局、試合は2-1でタイムアップ。勝利したアタランタはインテルをかわし暫定2位に浮上している。 2020.07.29 04:35 Wed
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のサンプ、後半の3発でパルマに逆転勝利! ここ6試合で5勝目《セリエA》

サンプドリアは19日、セリエA第34節でパルマとのアウェイ戦に臨み、3-2で逆転勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節カリアリ戦を快勝し、ここ5試合で4勝目を挙げた14位サンプドリア(勝ち点38)は、吉田が4バックの右センターバックで6試合連続スタメンとなった。 12位パルマ(勝ち点40)に対し、守勢の入りとなったサンプドリアは、18分に失点する。CKの流れからボックス左でルーズボールを処理したジェルビーニョにネットを揺らされた。 さらに24分、分厚い攻めを受けた流れからカプラーリにネットを揺らされるも、VARの末にオフサイドがあり、サンプドリアは助かった。 しかし41分、追加点を奪われる。ボックス右まで持ち上がったクルゼフスキのシュートをクリアにかかったベレシュインスキのクリアがそのまま自陣ゴールに吸い込まれた。 前半に何もできなかったサンプドリアは後半から若手FWのボナッツォーリを投入。すると開始3分、左CKからシャボットがヘディングシュートを決めて1点差に詰め寄った。 勢い付くサンプドリアが前がかる中、69分に追いつく。ボックス左からクアリアレッラが絶妙なループシュートでネットを揺らした。 止まらないサンプドリアは78分、逆転に成功する。ボックス左のボナッツォーリがクアリアレッラのスルーパスに反応し、左足でシュートを流し込んだ。 これが決勝点となってサンプドリアが後半の3発で逆転勝利。ここ6試合で5勝を挙げ、好調を維持している。 2020.07.20 02:11 Mon
twitterfacebook
thumb

後半の3ゴールで逆転勝利を飾ったミランがEL圏内のナポリに勝ち点で並ぶ!《セリエA》

ミランは15日、セリエA第33節でパルマとホームで対戦し、3-1で勝利した。 7位ミラン(勝ち点50)は直近のナポリ戦を2-2のドローで終え、ヨーロッパリーグ圏内の7位を死守。後続を引き離すためにも勝ち点3の欲しいミランは、前節からスタメンを3人変更。パケタやレビッチ、ベナセルに代えてレオン、ビリア、ボナヴェントゥーラをスタメンで起用。この試合がミラン通算100試合目となるイブラヒモビッチを最前線に、2列目に右からレオン、ボナヴェントゥーラ、チャルハノールと並べた。 12位パルマ(勝ち点40)に対し、立ち上がりから攻勢に出るミランは14分、ペナルティアーク内でチャルハノールがブルグマンに倒されFKを獲得。このFKをイブラヒモビッチが直接狙ったが、これは壁に入ったガリオーロの顔面を直撃した。 攻勢を続けるミランは、21分に決定機。左サイドを持ち上がったテオ・エルナンデスのクロスをニアのイブラヒモビッチがヒールで流すと、最後はボナヴェントゥーラが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 その後も主導権を握るミランだったが、パルマは44分にワンチャンスをモノにする。ジェルビーニョの縦パスでボックス右深くまで抜け出したグラッシの折り返しを走り込んだクルティッチがダイレクトでゴール右隅に流し込んだ。 先制を許したミランは、直後の45分にボックス左から侵入したテオ・エルナンデスが決定機を迎えたが、シュートはGKセペのビッグセーブに阻まれた。 迎えた後半は早い時間にスコアが動く。ミランは55分、左サイドでパスを受けたケシエがダイアゴナルなカットインから右足一閃。強烈なロングシュートは相手GKが一歩も動けず、ゴール右に突き刺さった。 幸先良く同点に追いついたミランは、59分にも左サイドで獲得したFKからチャルハノールがクロスを供給すると、ロマニョーリがヘディングシュートを叩き込み、逆転に成功した。 勢いの止まらないミランは77分、ボナヴェントゥーラのパスをペナルティアーク右で受けたチャルハノールがワントラップから強烈なミドルシュートを放つと、これがゴール左隅に突き刺さり、試合を決定づける3点目を奪った。 結局、試合はそのまま3-1で終了。逆転勝利を飾ったミランは、同日に行われた試合でボローニャと引き分けた6位ナポリと勝ち点で並んでいる。 2020.07.16 04:51 Thu
twitterfacebook