アンデルレヒトが元U-21ドイツ代表GKヴェレンロイターを完全移籍で獲得

2020.06.06 12:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンデルレヒトは5日、エールディビジのヴィレムⅡから元U-21ドイツ代表GKティモン・ヴェレンロイター(24)が完全移籍で加入することを発表した。

ヴェレンロイターは、カールスルーエやシャルケの下部組織で育ち、2014年7月にトップ昇格。19歳でブンデスリーガとチャンピオンズリーグでデビューを果たしていた。2015年7月にはマジョルカへとレンタル移籍を経験すると、正守護神として公式戦33試合に出場。その後シャルケに戻るも、2017年7月にヴィレムⅡへと完全移籍していた。

ヴィレムⅡでは、公式戦77試合に出場。今シーズンも正守護神としてエールディビジで25試合に出場。今シーズンのエールディビジは途中でシーズンが打ち切りとなったが、ヴィレムⅡは5位でフィニッシュしていた。

ヴェレンロイターは今回の移籍について「アンデルレヒトのような組織でサッカーをすることが認められたのは名誉なことだ。僕はアンデルレヒトのプレースタイルに完全に同意し、才能ある若手たちに僕の経験を発揮できるよう全力を尽くします」とコメント。「また、ファンとグループつについて知り、新たなシーズンが始まるのを楽しみにしている」と語り、新天地での意気込みをあらわにした。

なお、アンデルレヒトとヴェレンロイターは2024年まで契約を結んだとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、今冬にレンタル加入したMFサレマーカーズの買い取りOPを行使

ミランは1日、U-23ベルギー代表MFアレクシス・サレマーカーズ(21)の買取オプションを行使したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 ベルギー屈指の名門アンデルレヒトのアカデミー出身のサレマーカーズは2018年2月にトップチームデビュー。右サイドを主戦場とする突破力と攻撃センスに長けたアタッカーは、トップチームで公式戦64試合2ゴール6アシストを記録した。 この活躍が認められ、今冬にミランへレンタル移籍で加入。ミランでは出場機会に恵まれず、公式戦6試合で92分の出場にとどまっていた。それでも出場した際にはポテンシャルを感じさせるプレーを披露しており、今回の完全移籍を勝ち取った。 なお、移籍金について明かされていないが、フランス『Foot Mercato』によれば総額700万ユーロ(約8億5000万円)になるとのことだ。 2020.07.02 02:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ロサンゼルスFC、アンデルレヒト退団のホンジュラス代表DFが加入!

メジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するロサンゼルスFCは17日、ホンジュラス代表DFアンディ・ナハル(27)の加入を発表した。 ナハルは今月末にアンデルレヒトとの契約が終了するため、フリーでの加入となる。 ホンジュラス出身のナハルは13歳で家族と共にアメリカに移住。DCユナイテッドでプロキャリアをスタートすると、2010シーズンにはMLSの最優秀新人賞を獲得。その後、2013年にベルギーの名門アンデルレヒトに移籍し、以降は右サイドバックやサイドハーフを主戦場に在籍7年間で公式戦150試合以上に出場していた。ただ、今シーズンはケガの影響によりほぼ1年を棒に振っていた。 また、ホンジュラス代表では通算36キャップを誇り、2014年ブラジル・ワールドカップにも出場していた。 2020.06.19 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒト選手兼任監督コンパニ、ペップのアシスタントコーチ就任話に断りか

マンチェスター・シティが来季に向け、生きる伝説の呼び戻しプランを画策したが、良い返事を得られなかったようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 シティは昨年12月、アシスタントコーチだったミケル・アルテタ氏がアーセナル監督就任を理由に退団。それ以来、アシスタントコーチのポジションは空席となっており、ジョゼップ・グアルディオラ監督も来季開幕前の新たな参謀役の擁立を求めているという。 そこで新たなアシスタントコーチとして白羽の矢が立ったのが、名センターバックとしてシティの歴史に名を刻む元ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(34)だ。昨季限りでエティハド・スタジアムに別れを告げ、選手兼任監督としてアンデルレヒトに今季加入した。 シティは生きる伝説の来季スタッフ入りを目指して、非公式ながらコンパニと会談。しかし、コンパニは2022年まで契約を残しているアンデルレヒトに残留したく、話を断った模様だ。 シティ在籍11年間で主将としてだけでなく、守備者としても存在感を誇り、4度のプレミアリーグ優勝などに貢献したコンパニ。今回こそ断られてしまったが、将来的に指導者として復帰する絵を思い描いているシティの寝顔は叶うのだろうか。 2020.05.30 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

クラブ・ブルージュ、アンデルレヒトへレンタル中のシャドリに関心…2年前にもオファー

クラブ・ブルージュが、モナコからアンデルレヒトにレンタル中のベルギー代表MFナセル・シャドリ(30)に関心を示しているようだ。地元メディア『La Derniere Heure』が報じている。 トゥベンテやトッテナム、WBAなどでプレーしたシャドリは、2018年の夏にモナコへ完全移籍。加入初年度となった2018-19シーズンは、公式戦22試合に出場したがノーゴールとインパクトを残せず。 今シーズンはベルギー代表のチームメートであるDFヴァンサン・コンパニが選手兼監督を務めるアンデルレヒトへレンタル移籍。ジュピラー・プロ・リーグは新型コロナウイルの影響でシーズン半ばにして中止が決定したものの、ここまで17試合に出場し8ゴール5アシストをマークしていた。 『La Derniere Heure』によれば、レンタル中のアンデルレヒトはシャドリの買い取りを希望したが、同選手がモナコから受け取っている給与の半額しか準備できず交渉が難航。今季終了後にはモナコに戻ることが濃厚となっている。そこにクラブ・ブルージュが接触を図るという。 クラブ・ブルージュは、以前からシャドリに関心を示していたクラブで、2018年の夏にもモナコと同額の1200万ユーロ(当時レート:約15億6000万円)をオファーを提示していた。 なお、モナコとシャドリの契約は2021年までとなっており、市場推定移籍金は800万ユーロ(約9億2500万円)と見込まれている。 2020.05.09 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ナスリが解雇報道に物申す!「適当な憶測はやめろ」

先日、所属先のアンデルレヒト解雇が報じられた元フランス代表MFサミル・ナスリが全くの誤報であると憤りを露わにしている。 地元メディア『La Dernière Heure』によると、新型コロナウイルスの猛威が続く間、アンデルレヒトでは選手に移動や練習日程の報告を義務付けていた。だが、ナスリは規定を無視してUAEのドバイへ渡航。これがクラブの逆鱗に触れ、チームの秩序を乱すとして解雇に向けて動き始めたと伝えられた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJMTlJWeXlGZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> しかしナスリは後日、インスタグラムでフランス『レキップ』の記者とビデオ通話した際に真相を述べ、大きな怒りを露わにした。 「何にもないよ。怒りが頂点に達しそうだ。いつどこで誰が消えた?これは僕が見て見ぬふりをすべきなのか?」 「いやだね。僕はちゃんと医療スタッフのチーフにもヴァンサン・コンパニにも毎日報告している。勝手な憶測は止めてくれ」 「僕は今後のシーズンの日程が知りたいんだ。プレーオフをするのかしないのか。僕たちはもう次のシーズンを見据えている。もう今シーズンにこだわっていない」 クラブ解雇は事実無根であることを強調したナスリ。なお、ジュピラー・プロ・リーグは今月2日に打ち切りを発表し、暫定首位だったクラブ・ブルージュの優勝を宣言していたが、UEFA(欧州サッカー連盟)が圧力をかけたことにより、打ち切り撤回に傾き始めている。 2020.04.21 19:10 Tue
twitterfacebook