WBA、差別撲滅を訴える投稿を揶揄したシーチケホルダーに断固たる姿勢

2020.06.03 16:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するWBAが、人種差別撲滅キャンペーン投稿を揶揄したシーズンチケットホルダーに断固たる姿勢を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。現在、アメリカでは今月25日にミネアポリス近郊で起きたアフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさん(享年46)の暴行死事件を発端に、白人による黒人への差別行為に対する抗議活動が大きな広がりを見せている。

そして、ヨーロッパの多くのクラブでもSNSを通じて人種差別撲滅を訴える試みが行われている。

そういった中、WBAは『#BlackOutTuesday』というキャンペーンに参加し、公式『ツイッター』で黒い背景の画像とともに「Together Stronger(共に強くあろう)」とのメッセージを投稿していた。

しかし、WBAのシーズンチケットホルダーと思われるユーザーは、この投稿に対して、「哀れだ。シーズンチケットをキャンセルする。乾杯」と、揶揄する返信をしてきた。

すると、WBAはすぐさま「あなたは見逃されない」と、人種差別を容認するかのような態度を示した同ユーザーに対して断固たる姿勢を見せた。

その後、同ユーザーは「今回の抗議デモを通じて店が略奪され、店主や警察官が殺害されるかもしれない。とにかく、肌の色に関係なく無実の人が殺害される可能性がある。そういった懸念を含めての意見だった」と釈明している。
コメント
関連ニュース
thumb

"やり直し"でPK成功のB・フェルナンデスが反省「一発で決めなければ」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスは、勝利したWBA戦の試合内容に満足できていないようだ。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 21日に行われたプレミアリーグ第9節でWBAをホームに迎え撃ったユナイテッド。53分にMFフアン・マタが獲得したPKをMFブルーノ・フェルナンデスが成功させて、1-0の辛勝を収めた。 試合後、ブルーノ・フェルナンデスはイギリス『BT Sport』のマイクを通じて、今季リーグ戦ホーム初白星を喜びながらも、もっと良いパフォーマンスができると反省した。 「もちろん、この勝利は僕らにとって本当に重要なことだ。それはオールド・トラフォードでのリーグ戦初勝利だったからではなく、ポイントを獲得する必要があったからだ」 「難しい試合だったね。たくさんのチャンスを作ったが、もっとできるはずだ。僕らにはそのクオリティがある」 また、先制点のシーンについても言及。一度はGKサム・ジョンストンに完璧にセーブされたものの、ゴールラインに足がかかっていなかったとの判定で蹴り直しに。二度目できっちりと成功させていたが、一発で決めなければいけなかったと反省した。 「良くないね。一発で決める必要がある。キーパーの足がライン離れていても問題ないよ。一度目で得点できなかったのはダメだね。二度目は決めれたけど、一回で成功させないと」 「この段階で最も重要なのは3ポイントだ。それが最も重要だが、もっと上手くやれることを見せなければいけない」 2020.11.22 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ブルーノ・フェルナンデスのPK弾で逃げ切ったユナイテッドが今季リーグ戦ホーム初勝利を飾る!《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは21日、プレミアリーグ第9節でWBAと対戦し、1-0で勝利した。 前節、3試合ぶりの勝利を飾った14位ユナイテッドが、開幕から勝利のない18位WBAをホームに迎えた一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)を控えるユナイテッドは、最前線にマルシャルを据えた[4-2-3-1]の布陣を採用し、2列目は右からマタ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォード、ボランチにはマティッチとフレッジを起用した。 [5-4-1]の分厚い守備ブロックを形成するWBAに対して、ユナイテッドは開始早々にチャンスを迎える。2分、ボックス右横で獲得したFKからマタがクロスを供給すると、ニアのマルシャルがヘッドで合わせたが、これは相手GKの好反応を見せ弾き出す。 ボールの主導権を握るユナイテッドは、16分にも中盤でパスカットしたマグワイアがカウンターで持ち上がると、左サイドに展開。これを受けたラッシュフォードの折り返しをボックス内のブルーノ・フェルナンデスが落とすと、最後はマルシャルがダイレクトシュートで狙ったが、これも相手GKの好セーブに阻まれた。 ユナイテッドはハーフタイムにかけても何度かアタッキングサードまでボールを運んだが、そこからの連携や精度に問題があり、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、開始早々にユナイテッドはピンチを迎える。46分、ボックス右から侵入したグラントの折り返しをボックス中央で受けたギャラガーをブルーノ・フェルナンデスが倒すと、主審はPKを宣告。しかし、VARによる検証の結果、ブルーノ・フェルナンデスのタックルはボールに向かっていたと判定され、PKは取り消された。 VARでピンチを脱したユナイテッドは49分、ラッシュフォードがボックス左手前から強烈なミドルシュートでWBAゴールを脅かすと、53分にはマタの左クロスがファーロングのハンドを誘いPKを獲得。 ブルーノ・フェルナンデスのPKは完璧にコースを読んだGKジョンストンのビッグセーブに阻まれたが、キックの際にゴールラインに足がかかっていなかったとの判定で蹴り直しに。蹴り直しとなったPKはブルーノ・フェルナンデスがゴール左にきっちりと決めた。 先制したユナイテッドは、62分にマタを下げてカバーニを投入。すると67分、ボックス右から侵入したブルーノ・フェルナンデスの折り返しをゴールエリア左で受けたラッシュフォードが決定機を迎えたが、シュートは相手GKの好セーブ。71分にも右CKからファーサイドのマグワイアがゴールを脅かしたが、これもGKジョンストンのビッグセーブに阻まれた。 その後も何度かWBAゴールに迫ったユナイテッドだが、最後まで追加点は奪えず。ブルーノ・フェルナンデスのPK弾で勝利したユナイテッドは、5試合目にして今季リーグ戦ホーム初勝利を飾った。 2020.11.22 06:56 Sun
twitterfacebook
thumb

WBAに辛勝もモウリーニョ監督はチームを高評価「見事な団結力だった」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、辛勝となったWBA戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 8日に行われたプレミアリーグ第8節でWBAとのアウェイ戦に臨んだトッテナム。1点が遠い状況だったが、試合終了間際の88分にDFマット・ドハーティのクロスからFWハリー・ケインが決勝ゴールを決めて、1-0の辛勝を収めた。 リーグ戦3連勝を含めて7試合無敗としたモウリーニョ監督は、途中出場で流れを引き寄せたFWカルロス・ヴィニシウスや、クリーンシートを記録したGKウーゴ・ロリスなどを高評価。チームの団結力にご満悦のようだ。 「2ポイントを失ってもおかしくない試合だった。難しい相手だったよ。彼らは我々を止めるため、分析し、ストロングポイントを見定め、全ての扉を閉じようとしていた。そして見事に成し遂げたよ」 「また、それとは別に時間の使い方やインテンシティに関しても戦略があった。彼らはできること全てを試して、本当にハードに戦っていた。良かったのは我々がいつも通りだったということだ」 「難しい試合でチャンスも多いわけではなかった。しかし、押して、押して、押し始めてから可能性を感じた。それからヴィニシウスを投入する時間だと直感し、システムを少し変えて、それまでとは違う問題を彼らに与えた」 「我々はよく守っていた。ウーゴは『俺はここいる』という(気迫を込める)瞬間があったが、彼は決定的なセーブを見せてくれた」 「本当に上手く守り切ってくれたよ。相手には巨大なセンターバックが3人もいてセットプレーでは脅威だったが、我々は(試合を)ほとんど支配していた。見事な団結力だったよ」 「最後の5分間とアディショナルタイムでは、ハリー・ケインは守備に戻ってくれて、ルーカス(・モウラ)は右サイドバック、ソニー(ソン・フンミン)は左サイドバックのように、ボックス前に固まってくれた。彼らの姿勢には本当に満足している」 2020.11.09 16:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ケインのPL通算150ゴール目でWBAに競り勝ったスパーズがリーグ3連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第8節、WBAvsトッテナムが8日にザ・ホーソンズで行われ、アウェイのトッテナムが0-1で勝利した。   前節、ブライトン相手にベイルの復帰弾で競り勝った3位のトッテナムは今季リーグ初のホーム戦白星と共に連勝を記録。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)でもルドゴレツに3-1の快勝を収め、好調を維持している。   今季未勝利で17位に沈むWBAとのアウェイゲームでは先発5人を変更。守護神ロリス、やレギロン、ソン・フンミン、ホイビュルクが復帰したほか、ベイルが復帰後初めてリーグ戦でスタメンを飾った。   今季初勝利に向けて勢いを持った入りを見せたWBAに対して、やや連戦の重さを感じさせるプレーが目立つトッテナム。立ち上がりからボールの主導権を握ったものの、5バックでスペースを消す相手の守備に手を焼く。   13分にはカウンターから左に流れたケインの見事な斜めのパスをボックス手前のエンドンベレが落としてボックス右のソン・フンミンに絶好機。だが、トラップをもたついた結果、相手のゴールカバーを外す狙いを持って放ったシュートは相手の身体を張ったブロックに阻まれた。   その後はシンプルなカウンター、サイドバックの上がった裏のスペースを狙うWBAに押し返される場面が目立ち、幾度か際どいクロスを許し、セットプレーを与える回数も増えていく。ただ、相手のシュート精度の低さ、ダイアーの身体を張ったゴールカバーなどで失点は許さない。   攻撃面で停滞感が顕著も最低限の0-0のスコアで試合を折り返したトッテナムは、後半に入って少しずつ攻撃のギアを上げていく。なかなか枠内シュートまで持ち込めない状況の中、59分にレギロンの強烈なミドルシュートで初めてGKジョンストンを脅かす。   このシュートをキッカケにここから攻勢を強めていくアウェイチームは、相手の深い位置に侵入してはケインやソン・フンミンが積極的に足を振っていくが、相手の身体を張ったブロックにことごとく阻まれる。   何とか押し切りたいモウリーニョ監督はエンドンベレに代えてロ・チェルソ、78分にはベイルとムサ・シソコを下げてルーカス・モウラと、プレミアリーグデビューとなるカルロス・ヴィニシウスを同時投入。ケインをセカンドトップに配した攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。83分にはそのヴィニシウスが強烈な左足のグラウンダーシュートを枠の左下隅に飛ばしたが、ここはGKの好守に遭う。   後半終盤を迎えても1点が遠いトッテナムだったが、この窮地を救ったのはやはり頼れるエースだった。88分、相手陣内右サイドのドハーティがGKと最終ラインの間にクロスボールを入れると、DFとGKに挟まれながらも頭で触ったケインのシュートがゴールネットを揺らした。   そして、ケインのプレミアリーグ通算150点目となったメモリアルゴールを最後まで守り切ったトッテナムが、今季リーグ戦2度目のクリーンシートで今季初の3連勝を飾っている。 2020.11.08 23:09 Sun
twitterfacebook
thumb

移籍締め切り21秒遅れでN・フォレスト行きならず…ポーランド代表MFグロシツキがWBA残留

ポーランド代表MFカミル・グロシツキ(32)は紆余曲折の末にWBAに残留することになった。イギリス『BBC』が伝えている。 これまでスィヴァススポル、スタッド・レンヌ、ハル・シティで活躍したグロシツキは、今年1月末に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたWBAに1年半の契約で完全移籍。昨シーズンは14試合の出場で1ゴール3アシストの活躍をみせ、プレミアリーグ昇格に貢献した。 しかし、今シーズンここまではEFLカップ1試合の出場に留まっており、イングランド国内での移籍最終日となった今月16日にはチャンピオンシップのノッティンガム・フォレストにレンタル移籍することが決定していた。 だが、事務手続きに時間を要したことで、イングランド・フットボールリーグ(EFL)への書類提出が締め切り時間の21秒後になってしまい、移籍は許可されず。 その後、ノッティンガム・フォレストはEFL理事会、独立仲裁委員会に異議申し立てを行っていたが、いずれも申し立てを棄却された。 これを受けて、WBAは29日にグロシツキをプレミアリーグの25名の登録メンバーに登録したことを発表し、同選手のバギーズ残留が正式に決定した。 ノッティンガム・フォレスト移籍を受け入れた中、不運な形でWBA残留となったグロシツキだが、ポーランド代表の一員として臨んだ今月7日のフィンランド代表戦ではハットトリックを挙げる活躍を見せており、コンディションは良好だ。 そのため、ここからクラブでもアピールを続け、ハル時代の2016-17シーズン以来のプレミアリーグ出場を目指したいところだ。 2020.10.30 16:53 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly