元セレソンFWフレッジ、古巣帰還へ600kmを自転車移動? コロナ禍での慈善活動

2020.06.02 17:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルミネンセへの復帰が決定した元ブラジル代表FWフレッジ(36)が、リオデジャネイロまでの道のりを自転車を使って移動することを宣言した。

5月31日、2009年から2016年まで在籍したフルミネンセへの4年ぶりの復帰が発表されたフレッジ。

その翌日には公式『インスタグラム』を通じて、自身が住むベロオリゾンテからリオデジャネイロまでの、およそ600kmといわれる道のりを自転車を使って移動することを発表した。

フレッジは今回の計画について、「今日から始めているフルミネンセトレーニングセンターへの自転車での移動は、4000人の世帯へ配布するための食料品バスケットを受け取ることが目的なんだ」と、サポートチームを伴ったチャリティー活動であることを説明している。

また、260万人のフォロワーを抱える元セレソンは、「今回のチャリティーサイクルを通じてみんなの支援を頼りにしている。僕は自転車で走り、みんなは自宅から寄付をしてほしい。そして、大きな目的のために一緒に力を合わせよう」と、寄付の呼びかけを行っている。

ブラジル代表として通算39試合18ゴールの記録を持つフレッジは、これまでクルゼイロやリヨン、アトレチコ・ミネイロで活躍。昨シーズンはクルゼイロでリーグ戦30試合で5ゴールを挙げていた。

なお、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が深刻なブラジルではファベーラと呼ばれる貧民街を中心に、多くの人たちがコロナ禍での支援を求めている。

関連ニュース
thumb

アトレティコがフルミネンセの逸材FWマルコス・パウロの獲得を正式発表!

アトレティコ・マドリーは5日、フルミネンセを退団した元U-19ポルトガル代表FWマルコス・パウロ(20)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2026年6月30日までとなる。 フルミネンセの下部組織出身のマルコス・パウロは、2019年にトップチームに昇格。左サイドを主戦場としながらも両サイドでプレーが可能で、高い身体能力と個での打開力、パスセンスを併せ持つ万能型アタッカーだ。 これまでフルミネンセでは、公式戦65試合に出場し11ゴール10アシストをマーク。昨季のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)では24試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 なお、ブラジル生まれでありながらもポルトガル国籍を有し、U-19ポルトガル代表として2019年のトゥーロン国際にも参加していた同選手はEU圏内の選手扱いとなる。 2021.07.06 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シティがカイキに続き逸材MFメティーニョ獲得! フルミネンセが公式発表

マンチェスター・シティがフルミネンセに所属するブラジル人MFメティーニョ(18)を完全移籍で獲得することになった。フルミネンセが15日、 『シティ・フットボール・グループ』への移籍を発表した。 DRコンゴ人の両親の下、1歳でブラジルに移住したメティーニョは、トップチームデビューは果たしていないものの、フルミネンセの下部組織で印象的なパフォーマンスを披露し続け、イギリス『ガーディアン』が選出する“Next Generation 2020”に選出された逸材ボランチだ。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、メティーニョは直接シティに加入せず、『シティ・フットボール・グループ』傘下のクラブにレンタル移籍することになる模様。現時点では来シーズンからリーグ・アンに昇格するトロワが有力候補に挙がっている。 なお、シティとフルミネンセでは今年4月にU-17ブラジル代表FWカイキ(17)の移籍が発表されていた。 <span class="paragraph-title">【画像】シティ加入の逸材ボランチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Fluminense libera volante Metinho pra se apresentar ao seu novo clube. Saiba mais &gt;&gt; <a href="https://t.co/VRnJ02FFAT">https://t.co/VRnJ02FFAT</a><br><br>: Mailson Santana/FFC <a href="https://t.co/Z8Zbfa9NUd">pic.twitter.com/Z8Zbfa9NUd</a></p>&mdash; Fluminense F.C. (@FluminenseFC) <a href="https://twitter.com/FluminenseFC/status/1404784770349940739?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.06.15 23:38 Tue
twitterfacebook
thumb

シティがフルミネンセの17歳FWカイキ獲得合意を発表! 左利きのネイマールと評される逸材

マンチェスター・シティは23日、U-17ブラジル代表FWカイキ(17)の完全移籍での獲得に関してフルミネンセと合意したことを発表した。なお、今シーズン終了までは引き続きフルミネンセに残留することになる。 カイキの愛称で知られるカイキ・ダ・シウバ・シャガスは、フルミネンセの下部組織に所属する左利きのアタッカー。右ウイングを主戦場に利き足は異なるものの、ブラジル代表FWネイマールを彷彿とさせる、圧倒的な個の打開力を最大の特長とする逸材だ。今シーズンはカンピオナート・カリオカで8試合2ゴールを記録している。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、U-18カテゴリーで南米最高のタレントの1人とも評される逸材に関して両クラブは、1000万ユーロ(約13億円)+インセンティブ(最大700万ユーロ)、将来のリセール時に移籍金20%を支払うという条件で合意に至ったという。 また、加入時期は2022年6月となり、カイキとシティは2027年までの5年契約を締結する予定だという。 <span class="paragraph-title">【動画】左利きのネイマールの鮮やかなソロゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">&quot;OS MLK É LISO&quot; <br><br>Kayky levou muito a sério a história do &quot;vai, faz a fila e vem um de cada vez&quot;! Tá maluco! Golaço! <a href="https://t.co/NW2GWLZ6wm">pic.twitter.com/NW2GWLZ6wm</a></p>&mdash; TNT Sports Brasil (@TNTSportsBR) <a href="https://twitter.com/TNTSportsBR/status/1381395507797487625?ref_src=twsrc%5Etfw">April 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.04.24 00:36 Sat
twitterfacebook
thumb

シティがフルミネンセの逸材WGカイキ獲得へ! 2022年夏の加入に

マンチェスター・シティがフルミネンセに所属するU-17ブラジル代表FWカイキ(17)を完全移籍で獲得することが決定的となった。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏、イギリス『ガーディアン』が報じている。 カイキの愛称で知られるカイキ・ダ・シウバ・シャガスは、フルミネンセの下部組織に所属する左利きのアタッカー。右ウイングを主戦場に利き足は異なるものの、ブラジル代表FWネイマールを彷彿とさせる、圧倒的な個の打開力を最大の特長とする逸材だ。今シーズンはカンピオナート・カリオカで6試合2ゴールを記録している。 U-18カテゴリーで南米最高のタレントの1人とも評されるカイキは、1000万ユーロ(約12億7000万円)+インセンティブ(最大700万ユーロ)、将来のリセール時に移籍金20%を支払うという条件でクラブ間の交渉がほぼ合意に至っているという。 そして、加入時期は2022年6月となり、カイキとシティは2027年までの5年契約を締結する予定だという。 また、シティとフルミネンセの間ではブラジル人MFメティーニョ(17)の移籍交渉も行われている模様。DRコンゴ人の両親の下、1歳でブラジルに移住したメティーニョは、『ガーディアン』が選出する“Next Generation 2020”に選出される逸材ボランチだ。 <span class="paragraph-title">【動画】左利きのネイマールの鮮やかなソロゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">&quot;OS MLK É LISO&quot; <br><br>Kayky levou muito a sério a história do &quot;vai, faz a fila e vem um de cada vez&quot;! Tá maluco! Golaço! <a href="https://t.co/NW2GWLZ6wm">pic.twitter.com/NW2GWLZ6wm</a></p>&mdash; TNT Sports Brasil (@TNTSportsBR) <a href="https://twitter.com/TNTSportsBR/status/1381395507797487625?ref_src=twsrc%5Etfw">April 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.04.13 23:49 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪が獲得目指すウェリントン・シウバがフルミネンセを退団

ガンバ大阪が獲得に動いているFWウェリントン・シウバ(28)だが、所属クラブとの契約を解除したようだ。ブラジル『UOL』が報じた。 かつてはアーセナルでもプレーしたウェリントン・シウバは、フルミネンセに所属。クラブとの契約は6月末まで残っている状況だった。 これまでの報道ではG大阪との交渉が進んでいる一方で、フルミネンセとの合意に至っていなかったとされていたが、『UOL』によるとブラジルサッカー連盟(CBF)が正式にフルミネンセを退団したと通達したとのことだ。 なお、フルミネンセはウェリントン・シウバに対して給料の未払いなど負債があったものの、移籍金を取らないことでG大阪がその負債を負担することになるという。 ウェリントン・シウバはチームから離れて、別メニューをこなしており、日本政府が外国人の新規入国を認めたのちに来日するとのことだ。 右ウイングを主戦場としながらも、左ウイングも務められるウェリントン・シウバはフルミネンセの下部組織出身。2011年1月にはアーセナルへと完全移籍を果たすも出番はなく、レバンテやアルコヤノ、レアル・ムルシア、アルメリア、ボルトンへと武者修行を繰り返した。 ラ・リーガでは33試合6アシスト、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)では72試合8ゴール5アシストと、スペインで経験を積んだウェリントン・シウバは、2016年7月にフルミネンセへ復帰。2018年1月からインテルナシオナルへレンタル移籍を経験するも、2020年2月に復帰していた。 今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで22試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 2021.03.11 12:41 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly