ストラスブール川島永嗣に第二子! インスタで報告

2020.06.01 09:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣(37)が1日、自身のインスタグラム(eijikawashima01)で第二子となる女児の誕生を報告した。川島は「先日、無事に娘が産まれました。この難しい状況下の中、母子共に健康に産まれてきてくれた事に本当に感謝です。そして、色んな不安がある中、頑張って出産してくれた妻に心から感謝です」と綴った。

代表通算81キャップを誇り、2018年からストラスブールでプレーする川島は2014年9月に一般女性と入籍。2015年12月に第一子となる男児を授かった。
コメント
関連ニュース
thumb

【DAZN欧州組応援部】11月度のベストプレーヤーズを選出!TOP3に選ばれたのは?

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、11月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ。今回は10月28日(水)~11月24日(火)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同<br/>DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」11月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:FW吉田麻也(サンプドリア)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_yoshida.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:270分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1勝2敗 </p></div> 9・10月度の「月間ベストプレーヤーズ」で1位に輝いた吉田。引き続きチームの守備の要として試合に出続けているが、対象期間ではチームが2敗。3試合で4失点と締めることができなかった。前節は前半のみで交代となり、今後の起用が気になるところ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:DF冨安健洋(ボローニャ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_tomiyasu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:270分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:2勝1敗 </p></div> 先月はトップ3に入らなかった冨安だが、今月は2位にランクイン。安定したパフォーマンスで苦しんでいたチームの守備を整え、結果が出るように。イタリア国内での評価も相変わらず高い。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:FW伊東純也(ヘンク)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発2試合) 出場時間:189分 成績:1ゴール2アシスト チーム成績:3勝 </p></div> 11月度の1位に輝いた伊東は1ゴール2アシストと結果を残しチームの勝利に貢献。11月22日のムスクロン戦では1ゴール1アシストの活躍でチームの4-1の勝利を呼び込んだ。日本代表戦でも見せたように好調を維持している。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">超WS的期待の選手:FW鈴木武蔵(ベールスホット)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_musashi.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:252分 成績:1ゴール0アシスト チーム成績:2勝1分け </p></div> 期間中のゴールは1だが、コンスタントに出場。チームも昇格組ながらリーグ3位につけており、直近4試合で3勝1分けと調子を上げている。好調なチームで重要な存在となるためにもさらに数字を残すことに期待だ。 2020.12.04 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第5節結果まとめ】三好所属のアントワープがGS突破! アーセナルやローマは首位通過を決める

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が3日に行われた。 すでに決勝トーナメント進出を決めているローマ、アーセナル、レスター・シティ、ホッフェンハイムの4チームの加え、今節で新たにグループステージ突破を決めたのはミラン、、ビジャレアル、トッテナム、アントワープ、レバークーゼン、レンジャーズ、ベンフィカ、グラナダら14チーム。 グループJでは三好康児の所属するアントワープが、グループステージ突破かけてルドゴレツと対戦。試合が動いたのは19分、バイタルエリア中央でボールを受けたホングラが強烈なロングシュートをゴール右に突き刺し、アントワープが先制。後半序盤に同点に追いつかれたアントワープだったが、72分にデ・ラエト、87分にベンソンがゴールネットを揺らし3-1で勝利。決勝トーナメント進出を決めたアントワープは、最終節で同じく決勝トーナメント進出を決めたトッテナムとグループ首位を懸けた直接対決を行う。 また、北川航也が3試合ぶりの先発となったラピド・ウィーンは、アウェイでアーセナルと対戦し、1-4で敗戦。試合は10分にラカゼットの無回転ロングシュートでアーセナルが先制すると、18分にパブロ・マリ、44分にエンケティアがゴールネットを揺らし、3点のリードを奪う。 一矢報いたいラピド・ウィーンは、後半開始早々の47分にアラセのシュートのこぼれ球を北川がボレーシュートで流し込み、反撃の狼煙を上げる。しかし、その後は地力の差を見せつけるアーセナルの猛攻を浴びると66分、途中出場のスミス=ロウにゴールネットを揺らされ、1-4で敗戦した。この結果、EL唯一の5連勝を飾ったアーセナルがグループBを首位で通過した。 その他、グループAでは3連勝のローマが首位突破を決めた。グループCはスラビア・プラハとレバークーゼンが、グループDではレンジャーズとベンフィカが、グループEではグラナダとPSVがそれぞれ勝ち抜け。 また、レスター・シティの勝ち抜けが決まっていたグループGはブラガ、グループHではミランとリールが決勝トーナメントへ駒を進めた。グループIは久保建英の所属するビジャレアルが、グループKではディナモ・ザグレブが首位通過を決め、グループLではホッフェンハイムが首位通過、ツルヴェナ・ズヴェズダが2位通過を決めた。 ■ELグループステージ第5節結果 ◆グループA クルージュ 0-0 CSKAソフィア ローマ 3-1 ヤング・ボーイズ ◆グループB モルデ 3-1 ダンドーク アーセナル 4-1 ラピド・ウィーン ◆グループC ニース 2-3 レバークーゼン スラビア・プラハ 3-0 ハポエル・ベエルシェバ ◆グループD レンジャーズ 3-2 スタンダール・リエージュ ベンフィカ 4-0 レフ・ポズナン ◆グループE グラナダ 0-1 PSV オモニア 2-1 PAOK ◆グループF レアル・ソシエダ 2-2 リエカ AZ 1-1 ナポリ ◆グループG ゾリャ 1-0 レスター・シティ AEKアテネ 2-4 ブラガ ◆グループH リール 2-1 スパルタ・プラハ ミラン 4-2 セルティック ◆グループI スィヴァススポル 0-1 ビジャレアル カラバフ 1-1 マッカビ・テルアビブ ◆グループJ アントワープ 3-1 ルドゴレツ LASK 3-3 トッテナム ◆グループK フェイエノールト 0-2 ディナモ・ザグレブ CSKAモスクワ 0-1 ヴォルフスベルガー ◆グループL ヘント 1-2 リベレツ ツルヴェナ・ズヴェズダ 0-0 ホッフェンハイム 2020.12.04 07:16 Fri
twitterfacebook
thumb

菅原フル出場のAZ、ナポリを圧倒もPK失敗響いてドロー、三つ巴のまま最終節へ《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループF第5節、AZvsナポリが3日に行われ、1-1で引き分けた。AZのDF菅原由勢はフル出場している。 2位AZ(勝ち点7)と首位ナポリ(勝ち点9)による上位対決。3位ソシエダ(勝ち点7)を含めた三つ巴の争いとなっている中、AZは菅原が右サイドバックでスタメンとなった。 一方のナポリはロサーノがベンチスタートとなったもののほぼベストメンバーで臨み、3トップにはインシーニェ、メルテンス、ポリターノが構えた。 AZがアグレッシブに入った中、6分にナポリが最初のチャンスを生かして先制する。右サイドからのディ・ロレンツォのクロスをメルテンスが合わせた。 先制したナポリが自陣に引いて守備ブロックを作る中、AZは20分に同点のチャンス。菅原のクロスが左サイドに流れ、ワインダルの左クロスを中央のアブフラルがダイレクトでシュート。枠の右を捉えていたが、GKオスピナのファインセーブに阻まれた。 その後もAZがボールを持つ中、ハーフタイムにかけてはナポリが危なげなく試合を進め、1点をリードして後半へ折り返した。 迎えた後半もAZがボールを持つ展開で立ち上がると、52分に同点のチャンス。だが、ワインダルの左クロスをファーサイドのステングスが合わせたシュートはわずかに枠の上に外れた。 それでも直後に得た左CKから同点とする。CKのクロスをファーサイドのコープマイネルスがボレーで合わせると、ゴール前のマルティンス・インディがヒールで流し込んだ。 さらに59分、AZがPKを獲得する。アブフラルがボックス左に侵入したところをバカヨコに倒された。このPKをコープマイネルスが蹴ったが、枠の右を狙ったシュートはGKオスピナのファインセーブに阻まれてしまった。 劣勢のナポリはポリターノに代えてロサーノらを投入。すると76分に後半最初の決定機。マリオ・ルイの左クロスにペターニャがヘッドで合わせたが、枠を捉えきれなかった。 さらに86分、ペターニャがスルーパスに抜け出したゴールエリア左に侵入してシュートに持ち込んだが、わずかに枠の右に外れ、1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 グループF第5節もう一試合のレアル・ソシエダvsリエカは2-2で引き分け、最終節を前にナポリが勝ち点10で首位、AZとソシエダが勝ち点8で並ぶ三つ巴のまま決着は最終戦に委ねられることとなった。 2020.12.04 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナムが決勝トーナメント進出も2度のリードを守れず…週末の大一番に不安を残す結果に《EL》

トッテナムは3日、ヨーロッパリーグ(EL)グループJ第5節でLASKとアウェイで対戦し、3-3のドローに終わった。 引き分け以上で決勝トーナメント進出の決まるグループ2位のトッテナム(勝ち点10)は、ゴールレスドローに終わった直近のチェルシー戦から先発を大幅8人変更。ケガで招集外のケインやベルフワイン、ムサ・シソコ、GKロリスらに代えてベイル、ルーカス・モウラ、ロ・チェルソ、GKハートらが先発。最前線にソン・フンミン、2列目に右からベイル、エンドンベレ、ルーカス・モウラと並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 決勝トーナメント進出には勝利が絶対条件の3位LASK(勝ち点6)が積極的な入りを見せる中、トッテナムは32分にチャンス。ボックス左手前で獲得したFKからベイルが直接ゴールを狙ったが、これは壁を直撃。こぼれ球を再びベイルがダイレクトで合わせたが、これも相手DFの体を張ったブロックに阻まれた。 思うように試合を運べないトッテナムは、42分に失点を許す。自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けたLASKは、左サイドを持ち上がったゴイギンガーの横パスをバイタルエリア中央左で受けたミホリが狙いすましたロングシュートをゴール右隅に突き刺した。 先制されたトッテナムだが、すぐに反撃。すると前半アディショナルタイム2分、ボックス左から仕掛けたルーカス・モウラの折り返しをエンドンベレが合わせると、これがアンドラーデのハンドを誘発しPKを獲得。このPKをベイルがゴール左に決め、1-1で前半を終了した。 前半終了間際に追いついたトッテナムは、後半序盤に逆転する。56分、センターサークル付近でホランドのトラップミスを奪ったエンドンベレが前線にロングスルーパスを供給。これに反応したソン・フンミンがボックス内まで持ち上がりゴール左隅にシュートを流し込んだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着状態が続いたが、トッテナムは84分にJ・エッゲシュタインのミドルシュートで失点。再び試合は振り出しに戻ったが直後の86分、トッテナムはロングパスに反応したベルフワインがボックス内でヴィージンガーに倒されてPKを獲得。これをデレ・アリが決め、再び勝ち越す。 このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイム3分に試合が動く。ペナルティアーク手前でパスを受けたカラモコがコントロールショットをゴール右に突き刺し、LASKが土壇場で同点に追いついた。 結局、試合はそのまま3-3でタイムアップ。勝ち点1を積み上げたトッテナムは決勝トーナメント進出を決めたが、2度のリードを追いつかれるなど3日後に行われるアーセナル戦に向けては大きな不安の残る結果となった。 また、三好康児の所属する首位アントワープ(勝ち点10)は、グループJ第5節で最下位のルドゴレツ(勝ち点0)とホームで対戦し、3-1で勝利した。三好はフル出場している。 この結果、アントワープの決勝トーナメント進出が決定。10日の最終節では、トッテナムと首位通過を懸けた直接対決が実現する。 2020.12.04 05:40 Fri
twitterfacebook
thumb

久保先発のビジャレアル、首位での決勝T進出が決定!《EL》

ビジャレアルは3日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第5節でスィヴァススポルとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 前節マッカビ・テルアビブに引き分けに持ち込まれた2位ビジャレアル(勝ち点7)は、引き分け以上で突破となる中、久保がELでは5試合連続スタメンとなった。 ジェラール・モレノやパレホをベンチスタートとしたビジャレアルは、久保が[4-3-3]の右ウイングで先発となった。そのビジャレアルが立ち上がりからボールを持つ展開となった中、8分に先制のチャンス。 久保の左CKからニアサイドの味方がヘッドで逸らし、ファーサイドのフォイスがプッシュも枠の右に外してしまった。 さらに19分には左クロスに合わせたコクランのヘディングシュートが左ポストに直撃した。前半半ば以降もビジャレアルがボールを握った中、36分にはバエナのカットインシュートでゴールに迫るも、前半のうちに得点を奪うには至らず、0-0で後半へ折り返した。 迎えた後半もビジャレアルが押し込む中、58分に久保が交代となってしまう。その後、膠着状態に陥ったことを受けて、68分にパレホとトリゲロスを投入する。 すると75分に均衡を破る。トリゲロスの絶妙な浮き球パスに抜け出したボックス左のハウメ・コスタが丁寧にラストパスを送り、最後はチュクウェゼが押し込んだ。 終盤にかけてはビジャレアルが試合をコントロールして1-0で勝利。2位のマッカビ・テルアビブがカラバフに1-1で引き分けたため、最終節を残して首位通過を決めている。 2020.12.04 04:50 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly