ビルバオがガリターノ監督と契約延長…今季はコパ・デル・レイ制覇に王手

2020.05.31 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アスレティック・ビルバオは31日、ガイスカ・ガリターノ監督(44)との契約延長を発表した。1年間の延長となり、2021年6月30日までの契約となる。

ガリターノ監督は、現役引退後エイバルで監督業をスタート。その後、レアル・バジャドリー、デポルティボ・ラ・コルーニャで指揮を執り、2017年7月にリザーブチームのビルバオ・アスレティックの監督に就任した。

そこでは55試合を指揮すると、2018年12月に成績不振によりエドゥアルド・ベリッソ監督が解任され、トップチームの監督に就任した。

昨シーズンはチームを立て直しラ・リーガを8位で終えると、今シーズンはここまで9勝10分8敗で10位につけている。また、コパ・デル・レイでは決勝に駒を進め、レアル・ソシエダとのバスクダービーでのタイトル獲得を目指す。

ガリターノ監督は今回の契約延長について「クラブから示された自信にとても満足している。私が子供の頃から、心に思っているチームだ。それを受けることは、喜びであり責任だ」とコメントしている。
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英が先発フル出場のマジョルカ、見せ場なくビルバオに敗れ残留へ厳しさ増す《ラ・リーガ》

日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは27日、ラ・リーガ第32節でアスレティック・ビルバオと対戦。3-1でビルバオが勝利を収めた。久保は先発フル出場を果たした。 再開後は3戦無敗だったビルバオは、前節のバルセロナ戦で0-1と惜敗。来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を目指す上では負けられない試合となる。 対するマジョルカは、残留を目指すものの、再開後はバルセロナやレアル・マドリーと対戦し4戦未勝利。前節はマドリー相手に0-2で完敗し、厳しい状況が続いている。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=17qix8jo44gr01q97v5c4zu3c5" async></script></div> 立ち上がりからビルバオが落ち着いた入りを見せた一方で、マジョルカはミスが目立つ展開に。 14分、ボックス内左からのムニアインのクロスに対してラウール・ガルシアがファーサイドに飛び込むと、ラゴ・ジュニオールと接触しボックス内で倒れる。このファウルにはVARが介入すると、判定はPKに。これをラウール・ガルシアが自らゴール左へ沈め、ビルバオが先制する。 マジョルカはパスミスが目立ち、良いポジションを久保がとってもパスが出ず、攻撃の形を作れない。そんな中24分、ビルバオは右CKを得るとショートコーナーを仕掛け、イニャキ・ウィリアムズのリターンをウナイ・ロペスがダイレクトクロス。グラウンダーのパスをサンセがダイレクトで決め、ビルバオが追加点を奪う。 マジョルカは前半終了間際にボックス手前右でFKを獲得。久保もキッカーとして立つが、これはセビージャが直接狙うも、シュートは枠を捉えられない。 後半に入り、徐々に攻撃に出るマジョルカ。久保が右サイドから積極的にドリブルを仕掛けるシーンも見せ始める。 すると70分、ラッキーな形でマジョルカがPKを獲得すると、ブディミルが落ち着いて決めて1点差に。その後も久保のドリブルを活かして攻め立て、マジョルカは同点を目指す。 79分には右サイドでボールを持った久保がボックス手前でドリブルでカットイン。相手に倒されるもこぼれ球をダニ・ロドリゲスがミドルシュート。強烈なボールが飛ぶも、わずかに枠を捉えられない。 その後も久保が右サイドから積極的に仕掛けるも、試合を終わらせに行くビルバオは90分にビジャリブレがダメ押しとなるゴールを記録。そのまま試合は終了し、ビルバオが3-1で勝利した。 マジョルカは再開後の初勝利をまたしても上げられず、降格圏の18位のまま。残留ラインの17位エイバルとは勝ち点差6と残留に向けて厳しい状況が続くこととなる。一方のビルバオは、EL出場に向けて貴重な勝ち点3を獲得した。 2020.06.27 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

途中出場ラキティッチ弾でビルバオに辛勝のバルサが暫定首位浮上《ラ・リーガ》

バルセロナは23日、ラ・リーガ第31節でアスレティック・ビルバオをホームに迎え、1-0で辛勝した。 4日前に行われた前節セビージャ戦を引き分け、レアル・マドリーに勝ち点で並ばれて首位陥落となった2位バルセロナ(勝ち点65)は、セビージャ戦のスタメンから2選手を変更。ブラースヴァイトとラキティッチに代えてグリーズマンとアルトゥールを起用した。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwRDFXdnhreCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 10位ビルバオ(勝ち点42)に対し、バルセロナは3トップに右からメッシ、スアレス、グリーズマンと並べた。 オープンな立ち上がりとなった中、スアレスが序盤にシュートを浴びせていったバルセロナだったが、徐々に膠着状態に持ち込まれてしまう。 そして前半半ば以降はハーフコートゲームを展開したバルセロナだったが、決定機を生み出せずに前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、バルセロナは54分にこの試合初のチャンス。メッシのパスを受けたボックス左でフリーのグリーズマンがループシュートを狙ったが、GKウナイ・シモンに阻まれた。 しかしその後も攻めあぐねるバルセロナは65分にラキティッチとファティを投入。すると71分、バルセロナが均衡を破る。ボックス右に侵入したラキティッチが混戦の中でルーズボールを拾い、シュートを蹴り込んだ。 ようやくゴールをこじ開けたバルセロナはメッシやビダルが追加点に迫るシーンが終盤にかけてあった中、1-0で勝利。暫定首位に立ち、明日試合を行うレアル・マドリーにプレッシャーをかけている。 2020.06.24 06:57 Wed
twitterfacebook
thumb

セティエン、今季連敗のビルバオを警戒! ライバルのVAR問題についても言及

バルセロナを率いるキケ・セティエン監督が、ラ・リーガ第31節のアスレティック・ビルバオ戦の前日会見に臨んだ。『ESPN』が伝えている。 19日に行われた第30節のセビージャ戦で0-0の手痛い引き分けを喫したバルセロナ。同節でレアル・マドリーが勝利を収めたため、勝ち点は並んでいるものの、首位の座を奪われている。 首位奪還を目指すセティエン監督は、今季の公式戦で連敗している難敵とのホームゲームに向けて警戒感を口にしている。 「アスレティックは皆が知るようにタフなチームだ。同様に守備面でも優れている。カップ戦(コパ・デル・レイ)で対戦した際、我々はゲームを支配していた。だが、彼らは1つのチャンスで我々を敗った。通常、我々が試合の主導権を握る展開となるが、彼らは常に幾つかのオプションを持っている。打ち負かすのは容易ではない」 「こういった試合では忍耐が重要になる。予想通りの展開になる可能性もあるが、カップ戦のように予測できないことが起きるかもしれない」 「データは気にしない。アスレティックは我々に多くの問題を引き起こすチームだ。カンプ・ノウでは非常に良い連勝記録を持っているが、難しい試合になることを確信している」 「彼らの弱点に目を向けつつ、ウィリアムズを筆頭とするスピードを警戒している。ただ、我々のアプローチはホームとアウェイで常に同じだ。変わらないよ。そして、ライバルは常に恐怖心を抱いてカンプ・ノウへやってくるはずだ」 また、セティエン監督はここ最近話題を集めるライバル、マドリーに関するレフェリング問題についても言及している。 マドリーは21日に行われた第30節のレアル・ソシエダ戦を2-1で勝利。だが、FWヴィニシウス・ジュニオールのPK獲得や、FWカリム・ベンゼマの得点シーンに関するVARを用いた判定が物議を醸していた。 そして、セティエン監督はVARの運用について、新たな進展が必要だと語っている。 「我々にはコントロールできないことがある。我々に依存しないことがね。マドリーの試合は誰もがその場面を目撃していたが、それぞれが判断することだ」 「確かに、VARはフットボールをより良くする可能性を持ったツールだと思う。だが、より正確なビジョンを得られる形で運用しなければならないと思う。理想は様々な角度からプレーを判断できるオプションとしての使い方だ」 「VARは実際のプレーをより鮮明に見せてくれる。ただ、状況によってレビューさせる場面、されない場面あり、それについて考えさせられるところもある」 2020.06.23 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

乾不出場のエイバル、ビルバオと痛み分け《ラ・リーガ》

エイバルは17日、ラ・リーガ第29節でアスレティック・ビルバオとホームで対戦し、2-2で引き分けた。エイバルのMF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。 再開初戦となったレアル・マドリー戦を落とした16位エイバル(勝ち点27)は、乾が引き続きベンチスタートとなった。 再開初戦でアトレティコ・マドリーに引き分けた10位ビルバオ(勝ち点38)に対し、立ち上がりから押し込まれたエイバルは6分にPKを献上する。シュートブロックに入ったエスカランテがボックス内でハンドを取られた。 これをラウール・ガルシアに決められたエイバルは、レアル・マドリー戦同様に悪い入りとなるが、19分に追いついた。 左サイドからのクロスが流れ、ファーサイドのペドロ・レオンがボレー。これをキケ・ガルシアがヘッドでコースを変え、ゴールに押し込んだ。同点として以降はエイバルが流れを引き寄せたが、前半は1-1で終えた。 後半からイニャキ・ウィリアムズを投入してきたビルバオに対し、エイバルが前半同様に主導権を握る展開となると71分、CKの流れからPKを獲得。これをオレジャナが決めたエイバルだったが、クーリングブレイク直後に失点する。 結局、2-2で試合は終了。乾に出番がなかった中、エイバルは勝ち点1を得るにとどまった。 2020.06.18 04:29 Thu
twitterfacebook
thumb

無観客での再開にアトレティコ主将コケが感想「これは新たな日常」「慣れる必要がある」

アトレティコ・マドリーのキャプテンを務めるスペイン代表MFコケが再開初戦のアスレティック・ビルバオ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断していたラ・リーガ。3月初旬に行われた第27節以来、約3カ月ぶりの実戦となった。 試合はビルバオが37分にイケル・ムニアインのゴールで先制するも、アトレティコは直後の39分にジエゴ・コスタがネットを揺らし同点に。その後一進一退の攻防が続くも、試合終盤には途中出場のDFサンティアゴ・アリアスが決定期を迎えるが、GKウナイ・シモンのセーブに阻まれ、1-1のドローに終わっていた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1m3nj09sabxsy1poow5umpai5i" async></script></div> 試合を振り返ったコケは、新たな環境での試合が難しいと語りながらも、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて勝ち続ける必要があると語った。 「とても激しい試合だった。新しい状況に適応する必要がある。最初の試合だったが、これ以上失敗することはない。僕たちは難しい場所で引き分けることとなった。チャンピオンズリーグに参加したいので、3ポイントずつ獲得し続ける必要がある。後半の後半ではチャンスが増えたけど、勝つことは不可能だった」 「前半は相手が僕たちよりも優れていて、全てにおいて上回っていた。彼らのゴールの後、僕たちは少し変化し、追いついた。後半は僕たちは素晴らしかったと思う。2点目を奪うチャンスも作っていた」 また、サポーターがいない中でプレーすることについても言及。新たなスタンダードであることを受け入れなければならないと語った。 「とても違うし、珍しいことだ。結局、これは新たな日常であり、それに慣れ、順応し、最善の方法で立ち向かわなければならない。なぜなら、最も良い状態で順応する人は、誰でもその有利な点を得るからだ」 「リーグ戦が戻ってきてとても幸せだ。結局争うことは良いし、僕たち全てをより良いものにし、本当に競争したかったと感じる」 「3ポイントを獲得できないことは残念だけど、水曜日の試合について考えなければならない。この新しい日常では、3日ごとにプレーするので、考える時間がないまま戦う必要がある」 2020.06.15 10:30 Mon
twitterfacebook