ビルバオがガリターノ監督と契約延長…今季はコパ・デル・レイ制覇に王手

2020.05.31 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アスレティック・ビルバオは31日、ガイスカ・ガリターノ監督(44)との契約延長を発表した。1年間の延長となり、2021年6月30日までの契約となる。

ガリターノ監督は、現役引退後エイバルで監督業をスタート。その後、レアル・バジャドリー、デポルティボ・ラ・コルーニャで指揮を執り、2017年7月にリザーブチームのビルバオ・アスレティックの監督に就任した。

そこでは55試合を指揮すると、2018年12月に成績不振によりエドゥアルド・ベリッソ監督が解任され、トップチームの監督に就任した。

昨シーズンはチームを立て直しラ・リーガを8位で終えると、今シーズンはここまで9勝10分8敗で10位につけている。また、コパ・デル・レイでは決勝に駒を進め、レアル・ソシエダとのバスクダービーでのタイトル獲得を目指す。

ガリターノ監督は今回の契約延長について「クラブから示された自信にとても満足している。私が子供の頃から、心に思っているチームだ。それを受けることは、喜びであり責任だ」とコメントしている。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、J・アルバのバックアップにユーリをリストアップ! ネックは1億ユーロの違約金

バルセロナがアスレティック・ビルバオに所属するスペイン人DFユーリ・ベルチチェ(30)に関心を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 近年、スペイン代表DFジョルディ・アルバ(31)のバックアッパー探しに苦戦するバルセロナ。昨夏にはベティスからスペイン人DFジュニオル・フィルポ(23)を獲得したものの、シーズンを通して適応に苦しみ、今夏には早くも放出候補にリストアップされている。 そのため、今夏の移籍市場に向けてはパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表DFレイヴァン・クルザワ(27)、ポルトのブラジル代表DFアレックス・テレス(27)らの獲得に動いていたが、いずれも交渉が難航していた。 そういった状況の中でクラブは、新たな候補としてアスレティックの主力の獲得に関心を示しているようだ。 バスク出身でトッテナムのアカデミー育ちのユーリは、レアル・ソシエダでの活躍をキッカケに2017年にはPSGにステップアップ。PSGでは準主力として国内3冠に貢献したものの、翌年にアカデミー時代を過ごした古巣アスレティックへ復帰。 すると、直近2シーズンは左サイドバック、ウイングバックの絶対的な主力に君臨。今シーズンはラ・リーガ33試合2ゴール2アシストの数字を残すなど、リーグ屈指の左サイドバックとして評価を高めている。 バルセロナはラ・リーガでの豊富な経験に加え、攻守両面で計算が立つユーリを評価しているが、獲得に向けてネックは1億ユーロ(約123億円)に設定されている契約解除金だ。 バスク属地主義を掲げ選手補強が地元に限られるアスレティックでは補強に高額な移籍金を支払うケースが少なく、財政面が非常に安定している。そのため、選手の放出に関して基本的に交渉のテーブルに着くことが少なく、他クラブが引き抜く場合、契約解除金を全額支払う必要が多い。 したがって、バルセロナがユーリの獲得に動く場合、現状では前述の1憶ユーロを支払うしか手段がなく、アスレティックを交渉のテーブルに座らせられるかが獲得のカギを握る。 2020.07.24 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

まさに鉄人! ビルバオFWイニャキ・ウィリアムズが4季連続でリーグ戦全試合出場

ビルバオのスペイン人FWイニャキ・ウィリアムズが凄まじい記録を叩き出した。 名門ビルバオの生え抜き選手として、スピードやスタミナ、屈強なフィジカルを武器に活躍を続けるイニャキ・ウィリアムズ。2014年12月に、当時の指揮官だったエルネスト・バルベルデの下、ラ・リーガのコルドバ戦でトップチームデビューを果たすと、20歳ながら同シーズンの終盤戦には主力に定着していた。 それから5年半、今季は新型コロナウイルスの影響でおよそ3カ月もの中断を強いられたが、今月19日に無事に全日程を終了。11位という成績だったビルバオにおいてイニャキ・ウィリアムズはリーグ戦全38試合に出場。そしてなんと、これで4シーズン連続でリーグ戦全試合に出場したことになった。 リーグ戦で最後に欠場したのは2015-16シーズンの4月に行われたマラガ戦。ケガで出場出来なかったが、次節のアトレティコ・マドリー戦で復帰を果たすと、今季最終節のグラナダ戦までの以降157試合、1試合も休まず試合に出続けた。サッカーの様々な記録を取り扱う『Squawka』によると、その期間は1550日以上にも上るようだ。 昨年8月には2028年までの超長期契約締結で話題を集めたイニャキ・ウィリアムズ。26歳ながらビルバオでの公式戦出場は通算249試合を数え、歴代26番目の数字を誇る。現状のトップはガンバ大阪でもプレーした元スペイン代表FWマルケル・スサエタの507試合だが、イニャキ・ウィリアムズの底知れぬ体力と情熱を持ってすれば、新たな記録を生み出すことは、そう難しい事ではないのかもしれない。 2020.07.22 18:25 Wed
twitterfacebook
thumb

バネガの1G1Aでビルバオに逆転勝利のセビージャがCL圏内堅守!《ラ・リーガ》

セビージャは9日、ラ・リーガ第35節でアスレティック・ビルバオとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 チャンピオンズリーグ出場圏内の4位に位置するセビージャ(勝ち点60)が、9位ビルバオ(勝ち点48)のホームに乗り込んだ一戦。 前節エイバル戦での正GKヴァツリークの負傷により控えGKボノを起用したセビージャは、3トップにエン=ネシリ、オカンポス、スソと並べた。 そのセビージャは10分にオカンポスが際どいシュートを浴びせる良い入りを見せていたが、29分に失点する。ヴェスガのミドルシュートのルーズボールをボックス右のケパに蹴り込まれた。 失点後、ハーフタイムにかけてもセビージャが押し込む流れが続いたが、前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、56分にスソのミドルシュートでゴールに迫ったセビージャは、61分にも決定機。しかし、ゴール至近距離からのオカンポスのシュートはGKウナイ・シモンのファインセーブに阻まれてしまう。 ゴールが遠いセビージャはムニルとL・デ・ヨングを投入。すると69分、ムニルが得たペナルティアーク中央からのFKをバネガが直接ゴール右に蹴り込んでセビージャが同点とした。 さらに74分、一気にセビージャが逆転する。右サイドからのバネガのアーリークロスにムニルがヘッドで押し込んだ。 5分間で逆転したセビージャは、終盤にかけてはビルバオの反撃を許さずに2-1で勝利。直接対決で上回っているアトレティコ・マドリーに勝ち点で並び、3位浮上となっている。 2020.07.10 06:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、ベニャとサン・ホセの両ベテランが今季限りで退団

アスレティック・ビルバオは7日、ベニャ・エチェバリア(31)と、ミケル・サン・ホセ・ドミンゲス(33)の両選手が今季をもって退団することを発表した。 ビルバオの下部組織出身であるベニャは、2013年夏にベティスから復帰。ビルバオでは公式戦242試合の出場で12ゴール32アシストを記録した。ただ、今季はケガの影響もあって公式戦14試合の出場に留まっていた。 一方、ベニャと同じくビルバオの下部組織出身であるサン・ホセは、2009年夏にリバプールから復帰。ビルバオでは公式戦397試合の出場で37ゴール12アシストを記録。今季は公式戦12試合の出場に留まっていた。 2020.07.08 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

またしてもPK成功で勝利に導いたセルヒオ・ラモス「唯一考えていることは3ポイント」

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオ戦の結果を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 5日に敵地でビルバオと対峙したマドリー。試合は長らくこう着状態が続いたが、DFマルセロが獲得したPKのチャンスをS・ラモスがゴール右隅に決めてみせ、1-0で勝利した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆頼れる男が見せる芸術的ディフェンス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGYTM2VFd6VyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 再開後、7戦5発とセンターバックながら二桁得点に到達したS・ラモス。試合後のインタビューに応じると、以下のように述べている。 「3ポイントは非常に重要だ。僕たちに残っているリーグ戦の試合で最も重要な試合の1つだとわかっていた。ビルバオはいつも物事を複雑にさせる敵だ」 「再開後、試合は11試合残っていた。試合ごとに3ポイントを獲得するために着実に進まなければいけなかった」 「僕たちはまた、チームとして準備をして、こういった対戦相手に対して素晴らしいフィジカルレベルを示した。幸いにもリーグ戦は自分たち次第だ。優勝したいと思っている。最初の1分から、試合に勝ちに行くという姿勢を見せたが、全試合を3-0で勝つことはできない。これは決勝戦だった」 今シーズン全PKを成功させているS・ラモスは「PKを蹴るときに唯一考えていることは3ポイントだ。不安と緊張が来た瞬間に心地よく感じる。僕が引き受けるのが正しいと思う。責任と結果がそこにはあるからだ。チームを助けるなら、何回でも喜んでやる」とPK時の心境を語った。 2020.07.06 10:15 Mon
twitterfacebook