ウェールズ指揮官のギグス「リバプールの戦術から取り入れている」

2020.05.29 20:51 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェールズ代表を率いるライアン・ギグス監督が、リバプールの戦術スタイルを参考にしていることを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

マンチェスター・ユナイテッドで歴代最多出場数を誇るギグス監督は、2014年の現役引退後、同クラブでのアシスタントを経て、2018年1月から母国ウェールズの代表監督に就任。現在は来夏に延期となったユーロ2020に向けてチーム強化を図っている。

ギグス監督の指導者としての指針となっているのは、現役時代に師事したアレックス・ファーガソン監督や、アシスタントを務めたルイス・ファン・ハール監督だが、ユナイテッドのライバルであるマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督やリバプールのユルゲン・クロップ監督の手腕を高く評価し、参考にしているという。

「新型コロナウイルスの影響で複雑なシーズンとなっているが、私が注目しているのはリバプールがファンタスティックなチームでユルゲン・クロップという偉大な監督が率いていることだ。ユナイテッドのファンとして言うのは気が引けるが、今シーズンのリバプールは魅力的だ」

「もちろん、彼らはこのまま進んでいくだろうし、どんな形であれ、リーグ優勝を果たすだろう。昨シーズンはマンチェスター・シティに迫り、この2年間、素晴らしいシーズンを過ごしている。彼らは偉大なチームだ」

「リバプールの戦術から私が取り入れてきたものがある。現在はそれをウェールズ代表で取り入れているところだ」

「願わくば、ユナイテッドがその差を埋めて、彼らに追いついて欲しいね。しかし、称賛すべきチームは称賛しなければならない。リバプールは今シーズンも素晴らしいよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ウェールズ代表指揮官ギグスが懸念…「1年以上は活動できないかも」

ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が来年3月までチームとしての活動から遠ざかる可能性を懸念した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 2019年11月の代表ウィークでユーロ本大会行きを決めたウェールズ代表。しかし、それ以降は新型コロナウイルスの影響もあり、活動できていない。 今夏に開幕予定だったユーロも来夏に先延ばしに。ウェールズ代表もアメリカ代表やオーストリア代表、オランダ代表との強化試合が白紙になった。 ユーロでの躍進を目指して一刻も早く準備にかかりたいギグス監督だが、年内の活動ができない事態を想定しているようだ。 「おそらくだが、1年以上は活動できないだろう。仮に(来年)3月まで続くようなら、(活動しない期間が)18カ月になるかもしれない」 「それは理想的じゃないね。我々は9月、10月、11月に試合ができるようになっているが、それも定かじゃない」 また、欧州サッカー(UEFA)は6月17日に会合を予定しているが、ギグス監督は代表戦に必要な国またぎの移動を問題に挙げ、年内の再開に懐疑的な見解を示した。 「遠征は避けられず、検疫の可能性もあるわけだから、国際試合の開催は少しばかり難しいだろう」 「そうなると、次の活動は3月になる。そこがユーロ前に強化試合をこなせる唯一の期間になるかもしれない」 2020.05.24 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

D・ジェームズ、同胞ベイルとの比較を望まず…憧れのマタ先輩との逸話も明かす

マンチェスター・ユナイテッドに所属するウェールズ代表FWダニエル・ジェームズが、レアル・マドリーでプレーする偉大なる同胞MFガレス・ベイルとの比較を望んでいないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏、スウォンジー・シティからユナイテッドに加入したジェームズは、一時公式戦32戦ノーゴールという深刻なゴール日照りに苦しんだものの、今シーズンここまで公式戦37試合4ゴール7アシストを記録。初のビッグクラブで上々のシーズンを送っている。 フィニッシュの精度など改善点は多いが、爆発的なスプリント能力や勝負度胸といった特長は、利き足は異なるものの、若かりし頃のベイルを彷彿とさせる部分もある。 しかし、ジェームズ自身は“ベイルの後継者”といった周囲からの比較を快く思っていないようだ。 「ウェールズ代表で彼と一緒にプレーできることは本当に素晴らしいことさ」 「彼は本当に素晴らしい人間だし、若手や周りの人たちに対しても本当に良くしてくれるんだ」 「彼がこれまでのキャリアで成し遂げてきたことは本当に凄いよ。左サイドバックから左サイドハーフにポジションを上げ、チャンピオンズリーグまで勝ち取った。本当に偉大な功績だと思うよ」 「だから、彼は僕自身が尊敬しているプレーヤーの1人さ。だけど、現時点で自分が彼と比較されることは少しばかげていると思うよ」 尊敬するベイルとの比較を嫌ったジェームズだが、同じく尊敬する選手の1人である元スペイン代表MFフアン・マタに関しては雄弁な語りを披露。とりわけ、ユナイテッド加入時に受けた気遣いへの感謝を口にしている。 「誰もがリオネル・メッシを尊敬していると思うけど、僕が尊敬しているのはフアン・マタなんだ」 「僕らが初めて会ったとき、彼はロッカールームで僕の隣に座って、『君にとってどれほど重大な移籍かどうかはよくわかっているよ。だから、何か困ったときはこの(電話)番号に連絡してくれよ。もちろん、ロッカールームでもいつでも話しかけてほしい』って言ってくれたんだ。あれは本当に嬉しかったよ」 「それに彼はピッチの上でも本当に優雅だからね。心から尊敬している選手の1人なんだ。彼と同じチームでプレーできるなんて、本当に信じられないよ」 2020.05.02 21:31 Sat
twitterfacebook
thumb

ベイル、2ndライフの準備着々! カーディフに2つ目のバー『Per 59』をオープン予定

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイルが起業家としての2ndライフに尽力している。スペイン『アス』が報じた。 2013年年夏にトッテナムから加わったベイルだが、相次ぐケガで稼働率が低く、たびたび矢面に。4度のラ・リーガ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を経験したが、熱心なゴルフ愛好家としての一面や、代表活動中に「ウェールズ、ゴルフ、マドリー。これが優先順位」と記された巨大なフラッグを掲げるなどのクラブを軽視するかのような言動がさらに反感を集め、近年はピッチ外での振る舞いが悪目立ちしてしまっている。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJReTJYM3VoZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そんなベイルは中国行きの憶測で加熱した昨夏を経て、今季もレアル・マドリーでプレーしているが、ケガ癖が治らず、2月26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・シティ戦を最後に出場なし。そうした序列のさらなる低下を受けて、改めてレアル・マドリーでのキャリア終焉を指摘する声も挙がっているが、本人はフットボーラーから脱却した第二の人生に歩み始めているという。 すでに「フットボール」をテーマにしたスポーツバー『Elevens』の経営者であるベイルはこのたび、2店舗目として、故郷であるウェールズの首都カーディフの中心地でバーレストラン『Per 59』を近くオープンする予定。立ち上げにあたり、建築家とやり取りするため、数ヶ月間もウェールズを通い続けたというベイル監修の下、本人がこよなく愛する「ゴルフ」をテーマにした店内にミニゴルフコースも完備してある模様だ。 そのベイルは母国メディアに「僕はいつもフットボールに集中していて、飲まないから、あまり出歩きもしなかった。だから、『Per 59』のようなビジネスを始めることで、外出が好きな人と交流ができると思った」と語ると、こう続けた。 「外で酔いつぶれるというよりも、みんなを結びつけ、夜の外出を楽しめる選択肢を提供したい。それこそが僕らのやろうとしていること。飲み好きとか、ゴルフ好きかどうかにかかわらず、みんなを集めたい」 「永遠にフットボールをするつもりなんてないから、そうした類のビジネスに興味があるのさ。特に、ウェールズで、僕が生まれた街に恩返しがしたくて、カーディフの発展にできる限り貢献したいと思っている」 2020.03.15 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ラムジーはウェールズ代表に招集できない? イタリア国内の新型コロナウイルス対策で不参加の可能性

ユベントスのMFアーロン・ラムジーに関して、ウェールズ代表に招集できない可能性があるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ラムジーは、今シーズンからユベントスへと移籍。イタリアに活躍の場を移していた。 シーズン当初は負傷の影響もあり出場機会に限られていたが、2020年に入ってからは安定して出場。直近のSPAL戦、インテル戦で連続ゴールを記録するなど存在感を強めている。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHazN3MWl6VCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ウェールズ代表は27日にオーストリア代表と、30日にアメリカ代表との国際親善試合が予定されており、来週にも招集メンバーを発表する予定だったが、ライアン・ギグス監督はラムジーを招集できない可能性があるようだ。 イタリアでは北部を中心に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大。セリエA の試合は無観客で行われてきた中、イタリアのジュゼッペ・コンテ首相が4月3日までサッカーを含めたスポーツイベントの中止を発表していた。 さらに、延期できない仕事や家族の理由がある人のみが旅行できることも取り決められ、飛行機に乗る場合は、正当な理由があることを示す必要があるようだ。 ウェールズサッカー協会(FAW)は、ラムジーが試合出場のためにウェールズまで渡航できるのか、イタリア当局の判断を待つとのこと。問題があった場合は、招集外となるようだ。 ラムジーは、ウェールズ代表として58試合に出場し14ゴールを記録。この2試合に出場すれば60キャップに到達するところだが、許可は下りるだろうか。 2020.03.10 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ジョー・アレンが試合中にアキレス腱断裂…ウェールズ代表が臨むユーロ出場も絶望

ストーク・シティは7日、ウェルズ代表MFジョー・アレンが重傷を負ったことを発表した。 チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するストークは、ハル・シティと対戦。ジョー・アレンは先発出場するも、終了間際に負傷。ストレッチャーで運ばれ、ハーフタイムで交代していた。なお、チームは5-1と大勝していた。 ジョー・アレンは、アキレス腱を断裂したとのこと。このため、今シーズン中の復帰は絶望となり、夏に行われるユーロ2020にもウェールズ代表として出場することは不可能となった。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxY29YSTFEOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ストーク・シティのマイケル・オニール監督は、今回の負傷について試合後にコメント。チームの中心としてプレーしていたジョー・アレンの負傷を悔やんだ。 「残念ながら良いニュースではない。ジョー(・アレン)がアキレス腱を断裂したようだ。これにより、シーズンの残りの期間は離脱する」 「私がクラブにやってきてから、彼は素晴らしいパフォーマンスを見せきたので、とてもショックで悲しい」 「チームにとって彼の重要性と、クラブにとっての彼の重要性だけでなく、ウェールズ代表としてユーロ2020での夏を楽しみしていた。聞くのが本当に残念なニュースだ」 「素晴らしく、すごい選手だ。選手に望む全てを持ち、責任を負い、リーダーとして、大きな声を出さずにプレーでリードする」 「どんなプレーヤーにも起こってもらいたくないことだったが、特にジョーのような若い選手に起きたことには、少し怒りもあるし、ガッカリもしている」 ジョー・アレンは、ウェールズ代表として53試合に出場し2ゴールを記録。ベスト4に進出したユーロ2016では主力としてプレーしていた。 また、今シーズンはチャンピオンシップで35試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 2020.03.08 15:20 Sun
twitterfacebook