アストン・ビラ監督の父親が新型コロナウイルス感染で他界…4月にはペップの母もコロナ感染で帰らぬ人に

2020.05.28 15:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラは27日、ディーン・スミス監督の父親であるロン・スミス氏が他界したことを発表した。79歳だった。

クラブの発表によると、ロン・スミス氏は、6年前に認知症と診断。介護施設で過ごして居たものの、4週間前に新型コロナウイルスに感染して居たとのこと。その後入院したものの、帰らぬ人となってしまった。

ロン・スミス氏は長年にわたりアストン・ビラのサポーターであり、ビラ・パーク(アストン・ビラの本拠地)では長年スチュワードとして働いて居たとのこと。ホームゲームにはほとんど訪れており、1982年にチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)優勝も現地ロッテルダムで観戦していたとのことだ。

アストン・ビラは「クラブの全員の考えは、この最も悲惨な時期にディーンとその家族と共に、家族のプライバシーが尊重されることを願います」と声明を発表している。

4月にはマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の母親が、同様に新型コロナウイルスに感染し命を落としていた。
コメント
関連ニュース
thumb

アストン・ビラにさらなる牽制の動き? 主将グリーリッシュに昇給込みの新契約準備

アストン・ビラがイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(24)との契約見直しを予定しているようだ。 今季からプレミアリーグ復帰を果たしたアストン・ビラで主将を務め、公式戦41試合に出場して10得点8アシストを記録したグリーリッシュ。今夏、マンチェスター・ユナイテッドを筆頭にプレミアリーグ複数クラブの関心が取り沙汰されているが、トップリーグ残留を果たしたアストン・ビラに売却意思がなく、移籍金として8000万ポンド(約110億6000万円)を要求して、牽制に努めている模様だ。 そんなアストン・ビラは残留をより確かなものにすべく、新契約の締結も視野に。イギリス『サン』が報じたところによると、現週給7万ポンド(約970万円)のグリーリッシュに対して、新たに週給10万ポンド(約1400万円)の5年契約を打診する見込みだという。 また、今季の補強に1億4000万ポンド(約193億4000万円)を投じたアストン・ビラは来季に向けても3~4選手の獲得費用として約1億ポンド(約138億1000万円)を準備。グリーリッシュがより攻撃面で輝けるようにトップクラスのストライカーとサイドアタッカーの獲得を模索しているとのことだ。 2020.08.05 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ギグス、グリーリッシュ&サンチョ注視の古巣ユナイテッドに「私ならどっちも狙う」

ウェールズ代表の指揮を執るライアン・ギグス氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドに対して、アストン・ビラのイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(24)とドルトムントでプレーするイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の両獲りを勧めた。 今季のプレミアリーグで3位フィニッシュを決め、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したユナイテッド。来季に向け、長らくワイドプレーヤーの獲得が取り沙汰され、その候補としてグリーリッシュとサンチョの名が挙がっている。 最近の報道でプレミアリーグ残留を果たしたアストン・ビラが求める高額な移籍金の支払いを嫌い、グリーリッシュを見送り、サンチョに一本化したともいわれるが、ギグス氏は来季のCL参戦も見越して、両選手とも獲得すべきだと考えているようだ。 『Webby and O'Neill Youtube』に登場すると、古巣のターゲットに挙がるグリーリッシュとサンチョについて「2人とも良い選手だ」と語り始め、「2人ともサインできるチャンスがあるのなら、私は彼らの獲得に乗り出す」と述べた。 「グリーリッシュに関して言うと、彼はすでにプレミアリーグの環境に慣れており、適応の時間が不要。それは良い要素だ。外から見る私からすれば、彼はあの場所でプレーできるメンタリティの持ち主。選手のなかには周りに気を使いすぎてしまうものもいるのだがね。それと、今季の彼から良い点を挙げるなら、(公式戦で)10ゴールを挙げ、二桁得点をマークしたということ。ビラでPKもなく二桁ゴールを挙げた面は実に印象的だ」 「サンチョは素早く、ダイレクトなプレーヤーだが、インテンリジェンスもある。彼が良いのはボックス内でも慌てないところ。ワイドプレーヤーはパニックになりがちだが、彼は適切なパスも出せる。それに、カウンターアタックも得意だ。チームの重心が後ろに傾いているなかで、相手を振り切って、物事を起こすこともできる。2人ともサインできるチャンスがあるのなら、私は彼らの獲得に乗り出す」 なお、グリーリッシュの獲得に必要とされる移籍金額は8000万ポンド(約110億7000万円)。サンチョを引き抜くためには1億900万ポンド(約150億9000万円)が必要になってくるとみられる。 2020.08.02 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、グリーリッシュに関心か… ユナイテッドが撤退でチャンス見出す?

アーセナルが、アストン・ビラに所属するイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(24)に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 マンチェスター・ユナイテッドを中心に、多くのビッグクラブからの関心が伝えられているグリーリッシュ。今シーズンは主将としてチームを牽引し、公式戦41試合10得点8アシストをマーク。EFLカップの決勝進出にも貢献した。 先日に今夏の移籍市場が開幕し、移籍の噂にも進展が期待される中、ユナイテッドはドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の獲得を最優先事項としたことで、グリーリッシュの争奪戦から一歩交代した模様。これをきっかけにしたいアーセナルだが、新型コロナウイルスや来季のチャンピオンズリーグ出場を逃したことによる減収の影響で、財政的な余裕はないと見られている。 一方でアストン・ビラも8000万ポンド(約109億2000万円)以下での売却は認めない方針で、隙になると見られていた2部降格も免れたことで、2023年まで契約を残すグリーリッシュの残留の可能性はさらに高まることとなった。 2020.07.30 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

降格ボーンマスがGLT管理会社に損害賠償求める? 大誤審が17位ビラの残留をアシスト

ボーンマスがゴールライン・テクノロジー(GLT)を管理している『Hawk-Eye Innovations』に対して、損害賠償を求める訴訟を考慮しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今シーズンのプレミアリーグを18位で終えたボーンマス(勝ち点34)は、6シーズンぶりのチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格が決定。最終節では格上エバートンを相手に敵地で3-1の勝利を収めたが、17位のアストン・ビラ(勝ち点35)がウェストハムと1-1のドローに終わったことで、勝ち点1差での無念の降格となった。 ただ、アストン・ビラの残留に関してはシェフィールド・ユナイテッド戦での大誤審による恩恵があり、イングランド国内ではやや物議を醸している。 その大誤審が起きたのは、プレミアリーグ再開初戦として注目が集まった6月17日開催のプレミアリーグ第28節延期分。最終的に0-0のドローに終わった同試合だが、前半終了間際にGLTの誤作動による信じがたい誤審が起きていた。 相手陣内左サイドでブレイズが得たFKの場面でキッカーのFWビリー・シャープがゴール方向に向かうボールを蹴ると、ビラGKエルヤン・ニーランドがファンブル。体勢を崩してゴールのサイドネットに絡まったニーランドは、ボールごとゴールラインを完全に割っていたものの、何食わぬ顔でプレーを再開した。 この明らかなゴールを間近で見ていたブレイズの選手たちはマイケル・オリバー主審にゴールをアピールするが、オリバー主審は右腕に着用している機器がゴールを通知していないことを伝え、ノーゴール判定を支持した。 その後、GLTシステムを管理している『Hawk-Eye Innovations』は、「プレミアリーグとシェフィールド・ユナイテッド、この件により影響を受けたすべての人へ謝罪します」と、全面的にシステムエラーを認め、謝罪を行っていた。 仮に、GLTの誤作動が起こらず、ブレイズのゴールが認められて試合結果もブレイズの勝利に終わった場合、ビラの最終的な勝ち点はボーンマスと同じ34ポイント。さらに、得失点差ではボーンマスが上回っており、ビラが降格となっていた可能性があった。 そのため、ボーンマス取締役会は今週末に行われる会合の場で、降格の一因となった重大なミスを犯した『Hawk-Eye Innovations』に対して、損害賠償を求める訴訟を起こすかどうかの話し合いを行う予定だという。 2020.07.28 19:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ウルブズ、今夏最初の補強はモンテネグロ代表GK

ウォルバーハンプトンは27日、モンテネグロ代表GKマティヤ・サルキッチ(23)をアストン・ビラから獲得したことを発表した。契約は2023年6月30日までとなる。 イングランド出身のサルキッチは、ベルギーのアンデルレヒトの下部組織出身。2015年にアストン・ビラに移り、ウィガンなど国内下位リーグのクラブで経験を積んできた。今季は昨夏からの半年契約でスコットランドのリビングストンに加入。正GKとして公式戦18試合に出場した。 その中で昨年11月には、父の出身であるモンテネグロで代表デビュー。ベラルーシ代表戦で2-0のクリーンシートに貢献した。 なお、チェアマンのジェフ・シー氏によると、来季はレンタルで武者修行に出す予定のようだ。 2020.07.28 04:44 Tue
twitterfacebook