ドルトムント戦での退場のクラウスが2試合の出場停止

2020.05.27 01:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツサッカー連盟(DFB)は26日、ヴォルフスブルクMFフェリックス・クラウスに対して、2試合の出場停止処分を科したことを発表した。

クラウスは、23日に行われたブンデスリーガ第27節のドルトムント戦に64分から出場。しかし、80分にマヌエル・アカンジのふくらはぎを踏みつけてしまうと、その後にVAR検証が行われ、レッドカードを提示された。

そして、ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツ裁判所は、クラウスに対して2試合の出場停止処分を言い渡した。

なお、ヴォルフスブルクは今回の処分を受け入れており、同選手は26日に行われるブンデスリーガ第28節のレバークーゼン戦と、30日に行われる第29節のフランクフルト戦を欠場することが確定している。

関連ニュース
thumb

遠藤&伊藤がゴール関与もシュツットガルト、後半AT被弾でヴォルフスブルクとの下位対決を落とす《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは1日、ブンデスリーガ第8節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航は68分までプレー、DF伊藤洋輝はフル出場している。 代表ウィーク前の前節、フランクフルトとの日本人対決に敗れた16位シュツットガルト(勝ち点5)は、遠藤と伊藤が開幕から8試合連続スタメンとなった。 17位ヴォルフスブルク(勝ち点5)に対し、9分にピンチ。しかしヴィマーのヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かった。 さらに14分、FKの流れからゲルハルトのヘディングシュートがゴールを襲うもGKミュラーが好守で救った。 すると22分、シュツットガルトが先制する。流れの中で相手ボックス内に侵入していた伊藤がマイナスクロスをダイレクトでシュート。ゴール前のギラシーがコースを変えてネットを揺らした。 しかし1分後、昨季までシュツットガルトに在籍していたマーモウシュに同点弾を許し、試合は振り出しに。 そして38分、アルノルトの強烈なミドルシュートをGKミュラーは弾ききれず逆転を許してしまった。 それでも前半追加タイム1分、遠藤が得たCKから同点に持ち込む。ショートコーナーの流れからシュテンツェルの右クロスをマヴロパノスがヘッドで叩き込んだ。 迎えた後半、57分に遠藤のパスを受けたムヴァンパがバー直撃のシュートを浴びせたシュツットガルトだったが、劣勢が続く。 68分に遠藤が負傷交代となった中、74分のピンチではGKミュラーが好守で凌ぐも、追加タイム1分に勝ち越される。サイド攻撃を受けた流れから最後はゲルハルトに決められた。 これが決勝点となってシュツットガルトは惜敗。下位対決を落とし、未勝利が続く苦しい状況を抜け出せずにいる。 2022.10.02 00:38 Sun
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表がアルノルトを追加招集も、ブラントがインフルエンザ感染で離脱

ドイツサッカー連盟は21日、ヴォルフスブルクのMFマキシミリアン・アルノルトをドイツ代表に追加招集することを発表した。 ドイツ代表では、GKマヌエル・ノイアー、MFレオン・ゴレツカのバイエルン所属2選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けて離脱することが発表されていた。 GKにはホッフェンハイムのGKオリヴァー・バウマンを追加招集していたが、ゴレツカの代役にアルノルトを招集した。 しかし、ドルトムントのMFユリアン・ブラントがチームを離脱。インフルエンザに感染したと発表されている。なお、新型コロナウイルスの検査では陰性だった。 ドイツは23日にホームでハンガリー代表と、26日にアウェイでイングランド代表とUEFAネーションズリーグ(UNL)の2試合を戦う予定だ。 2022.09.22 11:21 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクで構想外のクルーゼにアメリカ行きの可能性

ヴォルフスブルクの元ドイツ代表FWマックス・クルーゼ(34)にアメリカ行きの公算が高まっているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ブレーメンでプロキャリアをスタートさせ、ザンクトパウリ、フライブルク、ボルシアMGなど、主にドイツのクラブを渡り歩いてきたクルーゼ。今冬には5年半ぶりにヴォルフスブルクに復帰し、リーグ戦14試合の出場で1度のハットトリックを含む7ゴール1アシストの活躍を披露した。 今季はニコ・コバチ新監督の下、リーグ戦5試合に出場したが、10日に行われたフランクフルト戦の直前に監督から二度と起用しないことが伝えられた。背景には、同選手が守備を疎かにしているなど、コミットメントやプロフェッショナリズムの欠如があるという。 現在はヴォルフスブルクでトレーニングを続けているものの、契約解除に向けた話し合いも行っている模様。ヨーロッパの移籍市場は閉鎖しているため、移籍するにはフリーになる必要がある。一方で、『ビルト』によればロサンゼルスFCやインテル・マイアミが興味を持っているようだ。 以前のインタビューでアメリカへの強い愛を語っていたクルーゼ。LAFC加入となればジョルジョ・キエッリーニやガレス・ベイルとチームメイトになるが、果たしてその去就は。 2022.09.16 16:05 Fri
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがヴォルフスブルクに今季初白星を献上…鎌田は65分までプレー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは10日、ブンデスリーガ第6節でヴォルフスブルクと対戦し0-1で敗戦した。フランクフルトのMF鎌田大地は65分までプレー、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 リーグ戦2連勝中のフランクフルトが、リーグ戦未勝利が続くヴォルフスブルクをホームに迎えた一戦。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)でスポルティングCPに0-3と完敗したフランクフルトは、その試合から先発を3人変更。リンドストロームやディナ・エビンベ、レンツに代えてボレ、クナイフ、ルカ・ペッレグリーニを先発で起用。鎌田は[4-2-3-1]の左MFで先発出場している。 試合は一進一退の時間が続いたが、先にチャンスを創出したのはフランクフルト。21分、ルカ・ペッレグリーニの左CKをファーサイドのコロ・ムアニが右アウトサイドで合わせたが、これはサイドネットに外れた。 その後はフランクフルトがやや押し気味に試合を進めると38分、ボレのパスからボックス左へ侵入した鎌田にチャンスが訪れたが、シュートは枠の左に外れる。さらに39分には、ヤキッチのミドルシュートがヴォルフスブルクゴールを脅かしたが、これは左ポストを直撃した。 先制のチャンスを決めきれないフランクフルトは、42分にピンチを迎える。アルノルトのロングパスでDFの裏に抜け出したルーカス・エンメチャがボックス右からゴールを狙ったが、シュートはゴール左に逸れた。 後半も膠着状態が続く中、フランクフルトはセットプレーから先制を許す。60分、ブレカロの左CKにGKトラップが飛び出すも前に入ったラクロワがヘディングシュートを叩き込んだ。 さらにフランクフルトは63分にも、アルノルトの左FKでボックス左深くまで抜け出したワルドシュミットのクロスが相手DFにディフレクトしたボールをルーカス・エンメチャが頭で流し込んだが、これはVARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 VARに救われたフランクフルトは、65分に鎌田を下げてリンドストロームを投入したが、最後までゴールネットを揺らせず。0-1で敗戦でフランクフルトが、ヴォルフスブルクに今季初白星を献上した。 2022.09.11 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ベンフィカがヴォルフスブルクのアメリカ代表DFブルックスを完全移籍で獲得…1年契約

ベンフィカは1日、ヴォルフスブルクのアメリカ代表DFジョン・アンソニー・ブルックス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2023年夏までの1年間となる。背番号は「25」に決まった。 アメリカ人の両親の元、ベルリンで生まれたブルックスは、2007年に14歳でヘルタ・ベルリンのアカデミーに加入。2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)に所属していた2012-13シーズンにファーストチームデビューを果たし、同シーズンのブンデスリーガ昇格に貢献した。 その後、2017年に加入したヴォルフスブルクでは加入2年目にレギュラーを掴むと、公式戦通算146試合に出場し7ゴール5アシストを記録。193cmの恵まれたサイズと屈強なフィジカルを武器に、3バックと4バックを併用するチームのバックラインを支えてきた。 なお、アメリカ代表として45キャップを誇っている。 2022.09.02 18:14 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly