AZがアヤックスのCL出場に抗議…シーズン打ち切りも勝ち点で並び今季はダブル達成

2020.05.26 12:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
早期にシーズンの打ち切りを決定したオランダ・エールディビジだが、来シーズンに向けた措置で異論が出たようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、シーズンが軒並みストップしているサッカー界。その中、オランダでは4月24日の時点で今シーズンの打ち切りが決定。これは政府の大規模イベント自粛が9月1日まで延期したことを受けてのものだった。

この決定の結果、今シーズンの優勝チームや昇格、降格チームなしという措置が取られ、首位に立っていたアヤックスの優勝はなくなったものの、中断時点で順位表のトップにいたことから、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられていた。

しかし、この決定に異論を唱えたのがAZだ。AZは打ち切り時点でアヤックスと勝ち点で並んでおり、得失点差で2位に。シーズンが行われていれば優勝できた可能性が大いにあり、この決定に対して不服があるとし、欧州サッカー連盟(UEFA)に書面を送っていた。

オランダでは、首位のチームはCLでプレーオフから、2位のチームは予選2回戦から登場。しかし、今シーズンのCL優勝チームが国内リーグで来シーズンのCL出場権を得た場合は、1位のチームはグループステージからの参加となる。

アヤックスはプレーオフかまたは本大会から出場となるため、来シーズンのCL出場が大きく近づいているものの、AZは3度勝たなければいけない状況だ。

しかし、今シーズンのエールディビジでは、AZはホーム、アウェイ共にアヤックスに勝利。得失点差は客観的な要因であり、直接対決の勝敗では上回っていると主張している。

これを受けたオランダサッカー連盟(KNVB)のスポークスマンは、決定を覆す計画はないとしている。

「次のシーズンのヨーロッパの大会への出場権は、透明性、客観性、スポーツマンシップに基づいて決定した。ランキング通り、アヤックスが1番だ」
コメント
関連ニュース
thumb

候補100選手に久保建英や菅原由勢の名も!2020年のゴールデンボーイ賞は誰の手に?

イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞候補100選手の名を発表した。 同賞は初代受賞者である元オランダ代表MFのラファエル・ファン・デル・ファールト氏の2003年からスタート。欧州でプレーする最も活躍した21歳以下の選手の中から選ばれ、前年は今季からアトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが輝いている。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4bmRuU1l5ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 18度目となる今回も錚々たるタレントが候補入り。FWアーリング・ハーランドとMFジェイドン・サンチョのドルトムント勢、マンチェスター・ユナイテッドのFWメイソン・グリーンウッド、バルセロナのMFアンス・ファティのほか、マジョルカのMF久保建英やAZのDF菅原由勢も名を連ねた。 候補者は毎月、段階的に削られていき、12月に受賞者が決定。ノミネートされた100選手は次のとおり。 ◆2020年のゴールデンボーイ賞候補100選手一覧 マックス・アーロンズ(ノリッジ・シティ) アベル・ルイス(ブラガ) カリム・アデイェミ(ザルツブルク) ヤシン・アドリ(ボルドー) ルシアン・アグメ(インテル) マルレー・アケ(マルセイユ) ティーノ・アンジョリン(チェルシー) イーサン・アンパドゥ(ライプツィヒ) アンヘル・ゴメス(マンチェスター・ユナイテッド) アディル・アウシシュ(パリ・サンジェルマン) ブノワ・バディアシル(モナコ) ミシェル・バッカー(パリ・サンジェルマン) マイロン・ボアドゥ(AZ) エドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ) ラヤン・チェルキ(リヨン) ファクンド・コリーディオ(シント=トロイデン) ダビド・チョリナ(ハイデュク・スプリト) トレイ・コイル(アーセナル) レオン・ダジュク(バイエルン) ジョナサン・デイビッド(ヘント) アルフォンソ・デイビス(バイエルン) カラモコ・デンベレ(セルティック) セルジーニョ・デスト(アヤックス) チアゴ・ジャロ(リール) セバスティアーノ・エスポージト(インテル) ファビオ・シルバ(ポルト) アンス・ファティ(バルセロナ) フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ) ライル・フォスター(セルクル・ブルージュ) エリック・ガルシア(マンチェスター・シティ) ジェームズ・ガーナー(マンチェスター・ユナイテッド) ジェリコ・ガヴリッチ(ツルヴェナ・ズヴェズダ) ルシャレル・ヘールトロイダ(フェイエノールト) ウィレム・ジュベル(モナコ) モルガン・ギブス=ホワイト(ウォルバーハンプトン) ブライアン・ヒル(レガネス) ビリー・ギルモア(チェルシー) クラウディオ・ゴメス(PSV) ゴンサロ・ラモス(ベンフィカ) ロレンソ・ゴンサレス(ザンクト・ガレン) アミーヌ・グイリ(リヨン) ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド) アーリング・ハーランド(ドルトムント) カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー) モハメド・イハッターレン(PSV) カーティス・ジョーンズ(リバプール) オザン・カバク(シャルケ) ママドゥ・カリー・サネ(ユベントス) 久保建英(マジョルカ) モハメド・クドゥス(ノアシェラン) デヤン・クルゼフスキ(パルマ) ディエゴ・ライネス(ベティス) ヤセル・ラローチ(リバプール) イ・ガンイン(バレンシア) ダニエル・マルディーニ(ミラン) フェリックス・マンビンビ(ヤング・ボーイズ) アントニオ・マリン(ディナモ・ザグレブ) スヴェトザル・マルコビッチ(AELラリサ) アレハンドロ・マルケス(ユベントス) ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル) ロイク・ムベ・ソウ(パリ・サンジェルマン) フアン・ミランダ(シャルケ) ネウエン・ペレス(ファマリカン) ジョン・クロード・ヌテンダ(ユベントス) マイケル・オバフェミ(サウサンプトン) パウリーニョ(レバークーゼン) ストラヒニャ・パヴロビッチ(パルチザン・ベオグラード) ペドロ・ネト(ウォルバーハンプトン) エドゥアルド・クアレスマ(スポルティング・リスボン) ラファエル・カマーチョ(スポルティング・リスボン) ヘイニエル(レアル・マドリー) ジョバンニ・レイナ(ドルトムント) アレッシオ・リッカルディ(ローマ) ロドリゴ(レアル・マドリー) ロマリオ・バロ(ポルト) ヨヌツ・ルス(クルージュ) トーマス・サビツァー(LASKリンツ) ブカヨ・サカ(アーセナル) ウィリアム・サリバ(サンテチェンヌ) ジェイドン・サンチョ(ドルトムント) ライアン・セセニョン(トッテナム) セルヒオ・ゴメス(ウエスカ) オリヴァー・スキップ(トッテナム) マティアス・スレ(ユベントス) 菅原由勢(AZ) ドミニク・ショボスライ(ザルツブルク) トマス・タバレス(ベンフィカ) テテ(シャフタール) チアゴ・ロペス(ポルト) サンドロ・トナーリ(ブレシア) フェラン・トーレス(バレンシア) アマド・トラオレ(アタランタ) ラシナ・トラオレ(アヤックス) ヘオルヒー・ツィタンシュヴィリ(ディナモ・キエフ) セップ・ファン・デン・ベルフ(リバプール) ヤリ・フェルスハーレン(アンデルレヒト) ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー) ドゥシャン・ヴラホビッチ(フィオレンティーナ) 2020.06.16 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

AZ、元アヤックス&ユナイテッドのU-19オランダ代表FWバールスの加入を発表

AZは3日、U-19オランダ代表FWミレン・バールス(19)の獲得を発表した。契約期間は2022年までとなっている。 アヤックス出身で2017年夏にマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に入団したウインガーのバールスは、昨年6月にユナイテッドを退団。所属クラブがない状況が続いていたが、今年に入ってAZのトライアルに参加していた。 ユナイテッドではU-18レベルで公式戦18試合の出場で2ゴール5アシストを記録。また、U-19オランダ代表としては2試合に出場していた。 2020.05.04 02:00 Mon
twitterfacebook
thumb

エールディビジ中止が濃厚の中、AZ所属DF菅原由勢が胸中を吐露「チームとしても悔しい」

2019-20シーズンのエールディビジ終了が濃厚となっている中、AZに所属するU-23日本代表DF菅原由勢(19)が、自身のツイッター(@ssggwwrrr)で胸中を明かした。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、エールディビジは3月中旬から中断を余儀なくされていた。そんな中、オランダ政府は22日にイベントの禁止期間を9月1日まで延長することを発表。これによりエールディビジの再開が実質不可能となっていた。 今季リーグ戦の事実上中止が決定的となった中、菅原は23日にツイッターを更新した。 「優勝のチャンスがあり、あのチャンピオンズリーグがかかっていた中での発表。チームとしても悔しいし個人としてもレギュラーを掴めたわけじゃないけど、サッカー人生の中で最も濃いシーズンだったのは間違いない。EL、優勝争い、全てのモノを来季に繋げて、さらに高い舞台へ」 昨夏に名古屋グランパスからレンタル移籍でAZに加入した菅原は、加入後すぐに高い評価を得ると今季のエールディビジで16試合に出場し2ゴール1アシスト。ヨーロッパリーグでも7試合に出場し1ゴールを記録。今年2月にはAZが買い取りオプションを行使し、完全移籍していた。 2020.04.24 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

エールディビジ、シーズン打ち切りに向けてUEFAとの協議へ…

オランダサッカー協会(KNVB)は、国内の大規模イベントの禁止期間延長を受け、欧州サッカー連盟(UEFA)と協議を行った後に、2019-20シーズンのエールディビジを打ち切ることを決めたようだ。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、3月中旬から国内のサッカー活動が停止しているオランダ。オランダ国内では100人以上が参加するイベントの禁止令が出されており、その期間も2度延長されるなど、厳しい情勢は変わっていない。 そんな中、オランダ政府は22日にイベントの禁止期間を9月1日まで延長することを発表。これによりエールディビジの再開が実質不可能となった。 これを受け、エールディビジを統治するKNVBは「政府の決定に基づいて、KNVBは2019-20シーズンを続行しない意向である。今後、KNVBはUEFAに意見を求め、その後に最終決定が下される」との声明を発表。 また、オランダ人ジャーナリストのマルセル・ファン・デル・クラン氏は、イギリス『BBC』のインタビューで「トップレベルのプロクラブにとってこれは大きな打撃だ」とコメント。 「エールディビジは再開することを望んでいた。しかし、ファンを招いての開催は不可能であり、KNVBの会長は無観客での開催は賢明ではないと判断したようだ」 なお、今回の決定についてエールディビジ所属の全クラブが参加する話し合いが、24日に行われる。 エールディビジは9試合を残している中、首位アヤックスと2位AZが同勝ち点で並んでいる。 2020.04.22 23:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、エールディビジ席巻のAZ新星FWに関心!

ミランがAZに所属するオランダ代表FWマイロン・ボアドゥ(19)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 『カルチョメルカート』によると、現在ミランは来シーズンに向けてFWズラタン・イブラヒモビッチやGKジャンルイジ・ドンナルンマ、DFアレッシオ・ロマニョーリ、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラらを顧客に持つ代理人のミーノ・ライオラ氏と、話し合いの機会を設けているという。 その話し合いの一環で大きな議題となりそうなのが、同氏の顧客で今シーズンのエールディビジを席巻する19歳の去就だという。 AZの下部組織出身のボアドゥは10代前半から神童として国内外のビッグクラブのスカウトの注目を集めた逸材アタッカー。 2018-19シーズンのエールディビジ開幕節のNACブレダ戦でクラブ史上最年少ゴール記録(17歳と210日)を樹立しブレイクの兆しを見せると、今シーズンに入って完全覚醒。 ここまでの公式戦38試合で20ゴール13アシストを記録し、14ゴールを挙げているエールディビジでは王者アヤックスに肉薄する2位AZの大躍進の立役者となっている。さらに、AZの相棒であるFWカルヴァン・ステングスと共に初招集となった昨年11月のユーロ2020予選では、デビュー戦となったエストニア代表戦でいきなりゴールを挙げる鮮烈なデビューを飾っていた。 182cmの体躯に爆発的なスピードとドリブルスキル、両足をそん色なく操る万能型ストライカーは、圧倒的な個人技で1人でゴールを奪えば、冷静に周囲を使う判断力にも優れており、今や同世代のトップランナーであるフランス代表FWキリアン・ムバッペの対抗にも挙がっている。 『カルチョメルカート』は、ボアドゥがミラン最高経営責任者(CEO)を務めるイバン・ガジディス氏の求めるストライカーのプロフィールに完璧に合致したタレントだと主張しているが、獲得に向けては多くの競合や高騰する移籍金がネックだという。 現在、ボアドゥの移籍金は2000万ユーロ(約23億7000万円)程度に上昇しており、シーズン終了後には更なる高騰が見込まれる。加えて、ライオラ氏へ高額な手数料を支払う必要もあり、獲得に動いたとしても非常に困難なオペレーションになると予想している。 2020.03.07 19:05 Sat
twitterfacebook