D・ルイス、古巣ベンフィカでの引退願望を再び!

2020.05.24 13:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルに所属する元ブラジル代表DFダビド・ルイス(33)が古巣ベンフィカでの現役引退を再び希望した。イギリス『イブニングスタンダード』が報じている。

攻撃性能も兼備するセンターバックとして知られるD・ルイスは2007〜2011年までベンフィカでプレー後、チェルシーに移籍。その後、パリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシーを渡り歩き、今季からアーセナルに活躍の場を移した。

しかし、D・ルイスはアーセナルとの契約が来季まで。先月も『SporTV』で「彼らとの繋がりを失ったことなんてない。僕の心にある。誰もが僕の復帰願望を知っているはず」と語り、色あせない“ベンフィカ愛”を明らかにしていた。

先月の誕生日で33歳になったD・ルイスはベンフィカの公式サイトのインタビューに応じると、改めて復帰願望を公にした。

「僕は常々、ベンフィカでキャリアを終えたいと言ってきた。フットボール界では全てが変わる。今日の真実は明日になると、嘘になってしまう。でも、僕の気持ちは違う!」

「ベンフィカが大好きだ。夢は彼らの色に染まり、エスタディオ・ダ・ルスのピッチを踏むこと。ベンフィカでの生活や感じたことの全てが僕の人生であり、歴史。彼らの存在は他の選手よりも大きいよ」
コメント